目薬の効果や正しいさし方は?おすすめの目薬ランキングも

目薬・洗眼薬

目に問題を抱えている方が使うことになるのが目薬です。目薬によって目がとても楽になるでしょう。目に生じていたいろいろな症状を解決することができるのです。とてもメリットがあるでしょう。多くの方が日常的に目薬を使っています。

それでは目薬を使うことによって具体的にどのような効果を期待できるのでしょうか。目薬の正しいさし方とは一体何なのでしょうか。目薬について多くの方が気になっていることを紹介しましょう。目薬を正しく使うための方法や使用期限についても注目しています。こちらを参考にすることによって、これからは目薬をもっと有効活用できるようになるでしょう。目薬はあなたに大きなメリットをもたらしてくれるものなのです。

最終更新日:2020-06-25  閲覧数:22

目薬の効果

目薬を使っている方はたくさんいます。それでは目薬を使うことによってどのような効果があるのでしょうか。目薬の中にはいろいろなビタミンが含まれています。これによって目の健康にとって重要な栄養を補給することができます。たとえばビタミンAが含まれています。こちらは角膜細胞を再生する効果があります。目にうるおいを持たせるために必要なものです。ビタミンEも含まれており、こちらは血行促進作用や抗酸化、抗炎症といった効果を期待できます。ビタミンB2も含まれており、こちらは粘膜や角膜を保護する働きを期待できます。こちらが不足してしまうと目の充血が生じてしまうのです。ビタミンB6は目の組織代謝を活発にするのを助けます。ビタミンB12も含まれており、こちらは目の疲れを改善する効果を期待できるでしょう。

ネオスチグミンという物質の含まれている目薬は注目されています。こちらはパソコンを長時間使用することによって生じる疲れ目に効果があるとされています。目の毛様体の疲れを取り除いてくれるのです。長時間パソコンを使っていると目の疲れが溜まってしまうのです。それは毛様体が疲れているために起きてしまうとされています。そのためネオスチグミンが役に立つのです。

また、ドライアイ対策に効果的な目薬があります。それがムチンという成分です。ドライアイに悩まされている方はたくさんいます。目が乾燥してしまうと痛みが生じてしまったり、さまざまな病気を引き起こしてしまう可能性があるのです。日常生活にも影響が出てしまうでしょう。それを防ぐために目薬が効果的なのです。

目薬の中には目に清涼感を与えてくれるものがあります。冷たい刺激を目に与えてくれるのです。ただし、こちらは健康にとっては特に寄与するものではありません。そのため絶対に必要なものとはいえないでしょう。

このように目薬にはいろいろな物質が含まれており、それらが目にさまざまな健康効果を与えてくれるのです。目を構成する組織に直接働きかけるものが多いのです。目薬によってどの成分が含まれているのかは違います。そのためどの目薬を使うかによってその効果も違ってくるといえるでしょう。自分が求めている効果を発揮してくれる目薬を使うべきでしょう。しっかりと成分表をチェックして比較することが大切なのです。どの成分がどの効果を発揮するのかをきちんと把握して、正しく目薬を選びましょう。目薬は目に大きく寄与するのです。

目薬の正しいさし方・よくある誤ったさし方

目薬は正しくささなければいけません。しかし、目薬の正しいさし方は案外知らないものです。それぞれが自分勝手なやり方で目薬を使っているケースが多いのです。正しいさし方を意識しなければきちんと効果を発揮しないことになります。こちらでは目薬の正しいさし方を紹介しましょう。

まず目薬を使う前にしっかりと手を洗いましょう。汚れている指が容器の先に触れてしまうと汚染してしまうのです。取り外したキャップは清潔な場所に置きましょう。これも汚染防止のために大事なことです。目薬をさす際には片手でも両手でもどちらでも構いません。自分のやりやすい方法を選択しましょう。下のまぶたを軽く引くようにして、目の中に確実に目薬を入れるようにしましょう。

目薬は目から流れ出ないようにしなければいけません。そのためにはまぶたを閉じるか、あるいは目頭を押さえるのが有効でしょう。もし目薬が流れでてしまうようなことがあれば、きちんと効果を発揮できなくなるのです。もし目の周りに目薬が溢れ出ているようならば、それをティッシュやガーゼで拭き取っておきましょう。

以上が目薬の正しいさし方となるのですが、このように上手くできないという方が多いかもしれません。そんな時には利き手で目薬の容器を持つようにして、反対側の手を台にしてさすという方法があります。これならば確実に目薬をさすことができるためおすすめです。

もし2種類以上の目薬を使っているならば、それぞれの効果がきちんと発揮されるように間隔をあけるようにしておきましょう。基本的には5分以上の間隔をあけるべきです。目薬を使い終えたならばしっかりとキャップを閉めておきましょう。そして清潔な場所に保管しておいてください。

誤った目薬のさし方があるため気をつけましょう。たとえば容器の先がまぶたやまつげに接触しているのは誤りです。目に近づけすぎてしまうのもいけません。必ずある程度距離を離して利用するべきでしょう。目薬を使ったあとに目をぱちぱちさせる方がいるのですが、実はこれは誤りです。せっかく目薬が涙点に集まっているのがのどの方へと流れてしまいます。目薬をさした後はじっとしているべきです。用量を守ることも大切です。基本的には1適や2適でも十分なのです。たくさん使いすぎたとしても目薬が溢れ出るだけであり意味がないでしょう。以上の点に注意しながら目薬を使うようにしてください。そうすれば目薬はきちんと効果を発揮します。

目薬の使用期限はどれくらい?

目薬を買った時にその使用期限が気になる方は多いでしょう。目薬の箱に使用期限が記載されていることが多いです。基本的には3年程度となっていることが多いでしょう。ただしこの使用期限というのは基本的に未開封の状態の場合にのみ当てはまります。もし一度でも使ってしまったならば、使用期限は変化してしまうでしょう。それでは開封してしまった目薬の使用期限はどのくらいかというと、だいたい1ヶ月程度と考えておけば良いでしょう。一度でも開封してしまうと空気に触れてしまいます。それによってどんどん使用期限が短くなってしまうのです。

目薬は汚染されてしまうと効果がなくなってしまいます。それどころか目に悪影響を及ぼす可能性もあるのです。そのため普段使う際には汚染しないように清潔な状態で扱わなければいけないのです。指が軽く先端に触れてしまうだけでも汚染されてしまう可能性はあるのです。そのため普段扱う際には十分気をつけましょう。また、一度でも開封したならば常に汚染する可能性が存在しているため、早めに使いきってしまうべきなのです。もちろん、目薬の中には防腐剤や添加物などが含まれていることがあります。それによって長持ちさせる作用が働くこともあるでしょう。しかし、それらの効果も基本的には未開封の状態に限るのです。

どんなに気をつけていたとしても、完全に清潔な状態で目薬を使い続けることは不可能でしょう。そのため開封してから時間が経過するごとにどんどん目薬の汚染が進行していき、質が悪くなっていくと考えた方が良いでしょう。開封後も長期間使用し続けられるようにそもそも作られていないのです。メーカーもそのような保証はしていません。自己責任で使用期限については考えなければいけないのです。

それでは1ヶ月で使い切ることはできるのでしょうか。毎日使っているならば可能でしょう。一般的な目薬の容量だと毎日使い続けることでちょうど1ヶ月程度は持つようになっているのです。すぐに使いきってしまうことがもったいないと感じる方がいるかもしれませんが、そのような心配をする必要はないでしょう。また、目薬をもったいないと思うことよりも目の安全を最優先するべきなのです。いつまでも健康的な目でいられるようにしましょう。目を守るために目薬は役に立つのですが、使い方を誤ってしまったり、目薬の状態によってはそれが逆効果になることもあるということを覚えておきましょう。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。