格安SIM20社を徹底比較!あなたにピッタリのmvnoは?【保存版】

SIMの種類は?
必要な通信料は?
料金の上限は?
使いたい回線は?
検索結果はこちら

おすすめ格安SIMカード検索

ここ数年で一気に認知度が上がった「格安SIM」。格安SIMとは、お手頃な価格で通信サービスが利用できるICカードのこと。 格安SIMを使うと、その名の通り月々のスマホ代がかなり安くなります

格安SIMカードにはメリット・デメリットがあるものの、安いし乗り換えたい!使ってみたい!と思う方もたくさんいるでしょう。

一方で、名前は知っているけどどんなサービスなのかわからない、使ってみたいけどどうやってやればいいのかわからない、安すぎるのがかえって心配・・・こんなお悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

そこで格安SIM初心者のための、格安SIM情報をたっぷり紹介!おすすめの格安SIMカード会社15社も紹介しますので、格安SIMが気になっている方必見ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMについて

格安SIMって何?

格安SIMって何?

世間に浸透したといっても、格安SIMって一体何なの?と疑問に思う方もまだまだたくさんいらっしゃるでしょう。

格安SIMについてかんたんに説明しますね。

格安SIMとは、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリア会社よりも安い価格で通信サービスが利用できるICカードを指します。

みなさんが利用しているスマホには、必ず「SIMカード」というものが挿入されています。

SIMカードって何?

格安SIMとSIMカード

SIMカードとは、通信回線を利用するためのカードのこと

SIMカードにはそれぞれIDが登録されていて、SIMカードをスマホに挿入してIDを認識させることで、通信回線を利用できるようになるという仕組み

SIMカードがないと通話やキャリアメールなどの通信サービスが利用できないので、みなさんのスマホにも必ず挿入されていると思います。

SIMロックとSIMフリー

格安SIMとSIMフリー

そんなSIMカードは、スマホをキャリアで契約した場合は、基本的にキャリアのものが使用されています

ドコモならドコモのSIMカードauならauのSIMカードソフトバンクならソフトバンクのSIMカード、といった感じに。

大手キャリアのSIMカードは、通信速度の安定や、初期設定などのサポートの充実といったメリットもある一方、他社のSIMカードは使えないようにしていたり(SIMロック)、決められた価格や2年間の縛りがあったりと、制約も多いのが現実です。

しかし、2015年にSIMロックは解除が義務化。大手キャリアで購入した端末でもSIMロックを解除できるようになりました

このSIMロックを解除した端末を「SIMフリー」といいます。

MVNOによる格安SIMの登場!

格安SIMの登場

SIMフリーの端末を持てるようになって新たに注目されたのが、格安SIM

MVNOと呼ばれる事業者たちが大手キャリアから通信回線を借り、独自のサービス・サポートを付け加えてSIMカードを格安で販売するようになったのです。

SIMフリー端末、MVNO事業者の登場によって、私たちがスマホを自由に利用できる可能性が広がったんですね。

どうして格安SIMは安いの?

格安SIMはなぜ安い?

ここで、どうして格安SIMは大手キャリアSIMに比べて価格が安いのだろう?、と疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

格安SIMが安いのには、3つの理由があります。

  • 格安SIMは回線をまとめて借りている
  • 大手キャリアが網羅している販売に関するサポートやサービスをなくしコスト削減
  • データ通信量や通信速度をあらかじめ制限している。

この3つの理由によって、格安SIMはお得な価格でみなさんに提供できるんですね。

格安SIMのメリット・デメリット

格安SIMについて、お分りいただけましたでしょうか。

続いて、格安SIMのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

格安SIMのメリット

まずは格安SIMを利用するメリットを紹介します。

  • とにかく安い!
  • 料金プランが自由に選べる
  • 2年縛りがない

とにかく安い!

格安といわれているくらいですから、やはり大手キャリアの価格と比べると大きな差があります

大手キャリアと契約すると、スマホ代・プラン料金に加え、かけ放題などの通話サービスや各種サポート代がかかるので、1ヶ月8,000円前後かかると思われます。

一方で格安SIMを利用すると、通話サービスやサポート代はかからないことがほどんどなので、1ヶ月3,000円前後で利用できるようになります。

仮に、大手キャリアの料金が1ヶ月8,000万円で格安SIMが1ヶ月3,000円だとすると、1年間格安SIMを利用した方がなんと60,000円も節約できるのです。

料金プランが自由に選べる

格安SIMの料金プランは、基本的にデータ通信プラン、データ通信プラン+SMS、データ通信プラン+音声通話の3タイプ。

そこからさらに利用したい通信量を決めていきます。もちろん利用できる通信量の上限を上げれば価格も上がっていきます

通信量の制限は細かく設定されている会社も多いので、自分の使いやすいようにお得にプランを設定できるのが嬉しいですね。

格安SIMは自由度が高い

2年縛りがない

大手キャリアで契約するときに面倒なのが2年契約、いわゆる「2年縛り」のシステム。

格安SIMには2年縛りがなく、データ通信プランやデータ通信+SMSプランの場合はそもそも最低契約期間や解約金がないことがほとんど。

データ通信+音声通話のプランには最低契約期間が設けられますが、その期間も半年〜1年の場合が多く、契約期間が過ぎればいつでも解約できるシステムになっています

試しに契約してみたり、自分に合わなかったら気軽に乗り換えられるので、契約の自由度が高くて便利ですね

デメリット

格安SIMのデメリット

格安SIMの魅力的なメリットを紹介しましたが、一方でデメリットも

格安SIMのデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 通信回線が不安定・データ通信料などの制限が厳しい
  • サポート体制が整っていない
  • クレジットカード支払いの場合が多い

通信回線が不安定・データ通信料などの制限が厳しい

これは格安SIM最大のデメリットと思われます。

もともと大手キャリアの回線を借りたものをさらにみんなで共有するので、通信速度が遅くなることもしばしば。

通信速度に上限のないプランを契約したとしても、時間帯によって回線速度が混雑すれば、その影響で通信速度が落ちることもあります

また多くの人が利用すればするほど回線が混雑し、通信が不安定になってしまいます

サポート体制が整っていない

格安SIMを安く提供できる理由の一つに「コストの削減」が挙げられます。

余計な人件費やサポート費をカットすることで格安SIMそのものの価格を下げられているのです。

つまり、購入後のアフターケアの部分は大手キャリア会社に比べると劣っている部分があります。

SIMカードの初期設定など複雑な操作を必要とする場合もあるので、慣れていない人にはあまり向かないかもしれませんね。

格安SIMはサポート体制が少ない

クレジットカード支払いの場合が多い

多くの格安SIMは支払いがクレジットカードのみの対応となっていることがあります。

もちろん会社によっては口座振り替えやデビットカードでの支払いを可能にしているところもありますが、格安SIM会社の選択肢が減ってしまうデメリットがあります。

格安SIMの選び方

ここからは格安SIMを選ぶときのポイントを紹介します。

SIMのタイプを決める

格安SIMのタイプを選ぶ

まずは、SIMのタイプを選びましょう。先ほど紹介した通り、SIMには3つのタイプがあります。

データ通信プラン、データ通信+SMS、データ通信+音声通話の3タイプ。

データ通信プラン

データ通信のみ使えるプラン。

データ通信では、インターネットの閲覧やアプリの利用ができます。

一方で、スマホの音声通話が使えなくなってしまうデメリットも。

節約方法としては、「LINE」や「Skype」などの無料通話アプリを使うようにしましょう。

3タイプの中で一番価格が安くなっています。

格安SIMデータ通信プラン

データ通信+SMS

データ通信のプランに、SMS機能がついたプラン。

SMSはショートメッセージサービスの略で、電話番号を使って短いテキストが遅れるサービスです。

一見必要ないかなと思いがちですが、最近は「LINE」や「Google」、「Facebook」などのサービスを利用するときに「SMS認証」というものを使うことがあります。

これは携帯電話の番号を利用して本人確認を行うサービスで、不正利用を防ぐ効果も。

データ通信プランの価格に100円ほどプラスするだけなので、いざというときのために入れておいて損はないでしょう

データ通信+音声通話

最後が、データ通信のプランに音声通話の機能がついたプラン。

キャリア会社で契約するのと同じように、090、080、070から始まる携帯電話番号を発行することができます。

しかもキャリア会社の携帯電話番号をMNPを使ってそのまま移すこともできるので、今まで使っていた番号が利用できるのです。

無料通話アプリよりも電波が強く、安定して通話できるうえに、110や119などの緊急番号にかけられるのもメリット。

3つのタイプの中で一番料金が高くなります。

通信データ量を決める

格安SIMのデータ量

どのSIMのタイプにするか決めたら、次に通信データ量を決めましょう。

まずは自分が月にどのくらい通信データ量を使用しているかチェック

通信データ量を測定してくれるアプリなどもありますが、一番正確に確認できるのは各キャリアのサポートページです。

各キャリアによって確認方法は異なりますが、サポートページにログインすると表示されていることが多いようです

少量パック

あまり外でスマホを使わない、という方は1GB〜2GBの少量パックで十分でしょう。

少量パックだと月々の支払いをかなり抑えられます

中量パック

通勤や会社でスマホを使う方は、3GB〜10GBくらいの中量パックがおすすめ。

ほどんどの方がこの通信データ量のプランにしているのではないでしょうか。

大容量パック・使い放題

普段から動画をみたりソーシャルゲームをやる方は、大容量パック、もしくは使い放題のプランにしましょう。

使い放題のプランがある格安SIMカード会社は「UQ モバイル」、「U-mobile」、「DTI SIM」など。

もちろん大容量のプランや使い放題のプランにした場合、その分月々の支払いは高くなります

ちなみに、月の合計ではなく1日単位でデータ量の使用を制限するプランもあります。

例えば、1日100MBの利用が可能で、月の合計は3GB使用が可能、という仕組み。

通信データ量に関するプランは格安SIM会社によってかなり異なるので、先ほど紹介した格安SIMカード会社の比較表を使ってしっかりチェックしてくださいね

通信速度を確認する

格安SIMの通信速度

通信データ量と一緒にチェックしておきたいプランが、通信速度

格安SIMの通信速度は、低速プラン(200kbps)と高速プラン(75Mbps以上)の二つがあります。

高速プラン

高速プランは大手キャリアの通信速度とほぼ同様

インターネットはもちろん、LINEやTwitter、YouTubeなども問題なく閲覧できます

低速プラン

一方低速プランはやや通信速度が落ちるので、これらのサービスが利用しづらくなります。

特に画像が多かったり、高画質の動画だったりすると読み込みに時間がかかることも。

通信速度に関しては各会社によって差があるので、しっかり確認しておきましょう。

キャリアの回線で決めるのも◎

格安SIMのキャリア回線

格安SIMは、ドコモやauなどの大手キャリア会社から回線を借りている、というのは先ほどお話ししましたね。

そのため、回線の通信速度や通信の安定は各会社によって差が生まれてきます

主な格安SIMカード会社がどこの回線を利用しているのか、紹介します。

ドコモ回線

多くの格安SIMカード会社は、ドコモ回線を利用しています。

ドコモ回線のメリットは、やはり電波網が広いのと通信速度が早く安定している点が挙げられます。

ドコモ回線を利用している主な格安SIMカード会社は以下の通り。

  • 楽天モバイル
  • LINEモバイル
  • DMM Mobile
  • OCN モバイル ONE
  • FREETEL
  • イオンモバイル
  • UQモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • RepairSIM
  • QTモバイル

au回線

現状ドコモ回線の方が利用されている数が多いのですが、au回線を利用している格安SIMカード会社もあります。

au回線を利用している主な格安SIMカード会社は以下の通り。

  • J:COM MOBILE
  • Fiimo
  • TikiTiki
  • イオンモバイル
  • UQモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • QTモバイル

ソフトバンク回線

以前までは、格安SIMの回線はほとんどがドコモ回線とau回線を利用していて、ソフトバンク回線を利用した格安SIMカード会社は見かけられませんでした

ところが、ここ数年の格安SIMの人気の波にのってようやくソフトバンク回線を利用した格安SIMも登場するように

ソフトバンク回線を利用している主な格安SIMカード会社は以下の通り。

  • ワイモバイル
  • b-moboile
  • nuroモバイル
  • U-mobile
  • Hitスマホ
  • RepairSIM
  • QTモバイル
  • 格安SIMの各キャリア回線

    ちなみにリストをみてお気づきになったと思いますが、格安SIMの会社によっては複数の回線が利用できるところもあります

    ドコモ回線とau回線が利用できる格安SIMカード会社

    • イオンモバイル
    • UQモバイル
    • BIGLOBEモバイル
    • IIJmio
    • mineo

    ドコモ回線とソフトバンク回線が利用できる格安SIMカード会社

    • RepairSIM

    ドコモ回線とau回線とソフトバンク回線が利用できる格安SIMカード会社

    • QTモバイル

    大手キャリアで契約している場合、複数の回線が利用できると乗り換えもしやすくて便利ですね

    格安SIMを選ぶときは、各会社ごとに対応しているキャリアの回線もチェックしてみましょう

まとめ

格安SIMまとめ

今後も、格安SIMは世間に浸透していくでしょう。

格安SIMのメリットデメリットを理解し、自分に合った使い方で上手に節約してくださいね。

格安SIMを取り扱っている会社も増え、料金プランやオリジナルのサービスも複雑になってきました

初めて格安SIMを購入される方はもちろん、格安SIMをすでに利用している方も、各社のサービスをよく比較して検討するようにしましょう

  • 格安SIMカード

  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops