安い・激安のカイレザー

7商品 1お気にいり 199view

同じブランドでも容量・入数など考えると、どれが一番安いか?カイレザーを、1個あたりで安い順にご紹介。

激安No.1はカイレザー 4枚刃 替刃 8個でなんと¥98/刃

(並び替え) 人気順安い順

カイレザー 4枚刃 替刃 8個
96円お得
¥98/刃
67%安

カイレザー 4枚刃 替刃 8個

¥784 Amazon(アマゾン)
¥1,101 イトーヨーカドー
他1ショップ
カイレザー 5枚刃 替刃 8個
73円お得
¥131/刃
55%安

カイレザー 5枚刃 替刃 8個

¥1,045 Amazon(アマゾン)
¥1,441 ケンコーコム
他1ショップ
カイレザー 4枚刃 替刃 4個
¥152/刃
48%安

カイレザー 4枚刃 替刃 4個

¥607 ケンコーコム
¥749 イトーヨーカドー
他1ショップ
カイレザー 4枚刃替刃 6個
¥153/刃
48%安

カイレザー 4枚刃替刃 6個

¥916 Amazon(アマゾン)
カイレザー 5枚刃 替刃 4個
¥160/刃
45%安

カイレザー 5枚刃 替刃 4個

¥639 Amazon(アマゾン)
¥752 ケンコーコム
カイレザー 3枚刃 替刃 4個
¥250/刃

カイレザー 3枚刃 替刃 4個

¥998 Amazon(アマゾン)
カイレザー 5枚刃替刃 6個
¥275/刃

カイレザー 5枚刃替刃 6個

¥1,651 Amazon(アマゾン)
| 1 |

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

カイレザーのとにかく安いトップ商品は、1刃あたり¥98〜¥275

容量・入数は4刃〜8刃の幅から選べます。少しだけ試すか、まとめて安く買う/送料無料を狙うは悩みどころ。

商品名 最安価格 容量・入数 刃あたり
カイレザー 4枚刃 替刃 8個 ¥ 784 8刃 ¥98
カイレザー 5枚刃 替刃 8個 ¥ 1,045 8刃 ¥131
カイレザー 4枚刃 替刃 4個 ¥ 607 4刃 ¥152
カイレザー 4枚刃替刃 6個 ¥ 916 6刃 ¥153
カイレザー 5枚刃 替刃 4個 ¥ 639 4刃 ¥160
カイレザー 3枚刃 替刃 4個 ¥ 998 4刃 ¥250
カイレザー 5枚刃替刃 6個 ¥ 1,651 6刃 ¥275


カイレザーの周辺を探す

カイレザーの関連ブランド(安い順)

サブカテゴリの安いアイテム

より広い範囲から探す


関連コラム(15年1月執筆。詳細はブログ)

カミソリが本日のテーマ。男性に取っての朝の仕事の一つにひげそり(カミソリ)があります。今でこそヒゲ文化も出て来て剃らないでも良い人も増えましたが、清潔感を保つ為のひげそりをしている人が多数を占めるかと思います。今日は、一番快適なカミソリはどれか?知られざる一番安いカミソリはどれか?について迫っていき、シック、ジレットが2大ブランドとなるカミソリ市場の中で、国産で快適さを追求する貝印の良さについて特集していきます。

カミソリの種類:カイレザー(貝印)、ジレット、シック

カミソリは以下の3ブランドが日本では強く、それぞれに特徴があります。国産の貝印カイレザー/フェザーと外資系のジレット・シックといった感じです。

[カイレザー(貝印)]

日本の貝印は、東京がカイレザーで、大阪がフェザーで元の会社は同じ兄弟企業なんですが、快適なカミソリという意味で言えば、この貝印のカミソリが最も快適なカミソリと言われています。日本発の貝印カイレザーは、岐阜県関市の日本刀職人の遠藤斉治朗が1908年に創業しました。岐阜県関市の日本刀は、日本史において歴代の戦国武将や猛将たちに、最も高価かつ有名で重宝された日本刀を生産してきたのですが、日本刀が今ではカミソリに変化し、カイレザーとして活躍しています。刃の耐久性も2-3週間程度はもち、軽くて機動性が良く、細かいところまで剃れるのが特徴です。貝印は元々ポケットナイフ製造メーカーとしてスタートし、日本初の国産替刃カミソリを製造したことで知られています。安全剃刀では国内トップのシェア(30%)を持っており、なかでも、使い捨てカミソリにおける国内シェアは50%もあります。また家庭用品の販売も行なっていて、なんと国内では家庭用包丁においてトップシェアを誇っています。海外では欧米限定発売のダマスカス包丁「旬」がヒットしています。この他貝印は、眉ハサミやビューラー等の化粧用品小物の他、ツメキリ・クシのような衛生用品等、刃物をコアとした幅広い商品展開を行っています。また、ドイツの高級家庭用品ブランド「WMF」やアメリカのキッチン用品ブランド「Chef'n」等の輸入代理店も務めていることでも有名です。

[ジレット]

また、ジレット (Gillette) は、現在世界最大のカミソリメーカーで、キング・キャンプ・ジレット社(1901年)として創業し、安全カミソリを開発し、2005年にプロクター・アンド・ギャンブル (P&G) に買収されました。世界規模のシェアでは「ジレット」が7割で独占状態となっています。残り3割が「ウィルキンソン・ソード(欧州名)=シック(日本名)」となっています。

[シック]

シック(Schick)は、元々イギリスの武器メーカーであったウィルキンソン・ソード社(Wilkinson Sword:1772年、ロンドンで設立)から派生した会社で、現在の所有者はアメリカの電池メーカーであるEnergizer Holdings, Inc.(エナジャイザー・ホールディングス)になっています。このシックも貝印と同様、元々はヨーロッパで「刀剣」を作っていたメーカーです。日本ではシック・ジャパンというエナジャイザーの子会社の会社が製造しているためシック(Schick)という商品名で売られていますが、ヨーロッパではウィルキンソン・ソードという名称で販売されています。日本の市場シェアはシックが5割、ジレットが3割、貝印が2割となっています。

快適なカミソリ:貝印カイレザー

この3つの中で、最も快適なカミソリと言われているのが貝印カイレザー/フェザーです。貝印独自の「超・硬刃技術PINK」を採用した高機能な替刃式カミソリ。3つの異なるホルダーには、超硬刃技術『PINK』、Wチタニウムコーティングの3・4・5枚刃すべての替刃が使えます。貝印のウェブサイトを見ると、カイレザー以外にもX-Fit, i-Fitというブランドも存在するようです。貝印カイレザーのカミソリの替刃商品を比較した結果では、セブンもしくはヨドバシが最安値をつけています。貝印カイレザー本体は、アマゾンで693円で売っています。実際、アマゾンかヨドバシで最安であることが多いようです。

貝印、シック、ジレットの最安カミソリは?

それでは、単純に最安のカミソリはどこかというと、スマートショッピングのとにかく安い髭剃りをご覧ください。一番人気のジレットで言うとヨドバシ。シックで言うと爽快ドラッグが幅を利かせている様です。貝印のカイレザー/フェザーほど剃りやすさは劣るという声はあるものの価格的に安いというのが特徴かと思います。刃の耐久性は1週間程度で貝印カイレザー/フェザーよりも重く、デザインのせいか貝印カイレザー/フェザーほど細かいところまで剃ることが出来ないというデメリットもある様です。

結局カミソリはどこで買うのが一番いいの?

ものによるのですが、ジレットの人気商品はヨドバシ、シックの人気商品はアマゾンが安い傾向にある様です。またジレットの替刃に関しては、アマゾンが直近大幅に値下げを行っているということも分かります。それでも安さではなく質を追うので貝印という人は、アマゾンかヨドバシが狙い目でしょう。スマートショッピングでは今回ご紹介した貝印やその他のカミソリ以外にも替刃に関してはカバーしているショップも大きいですし、人気商品の価格比較等が分かります。一度スマートショッピングに足をお運びください!

スマートショッピング まずはよく買う商品の最安値をチェック!

スマートショッピングは日本唯一、日用品・食品に特化した価格比較。送料・ポイントもいれた最安値を計算。

簡単な使い方

  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
©SmartShopping, Inc.