スマショップ検定:節約レベルチェックと通販節約方法

  • 購買履歴からあなたの節約チャンスを30秒計算
  • よく使う通販ショップとID・パスワードを入力するだけ!

セキュアな登録 節約度をチェック!
SmartShoppingで扱う日用品・食品が対象。SEIYUドットコムはDeNA ID、爽快ドラッグ・ケンコーは楽天ID、LohacoはYahoo IDを元に計算。

入力データは、SSLで暗号化通信して安全に取り扱います。また、入力データを本スマショップ検定以外の目的では使用することはありません。



通販節約チェック:スマショップ検定とは

スマショップ検定 節約方法
スマショップ検定
  • あなたは、ネット通販でどれだけ日用品・食品を買っているでしょうか?また、適正な値段で買えているでしょうか?
  • スマショップ検定では、過去のネット通販ショップでの購買履歴を元に、節約レベルを判定します。
  • よくお使いのネット通販ショップのIDを入力いただくと、まず自動的にジャンル別に過去3ヶ月にいくら買い物をしているかがわかります。
  • その上で、ショップ平均価格と比べてどれだけ節約できているか?つねに最安ショップで買えばさらにどれだけ節約できるかを分析します。
  • さらに、スマートショッピングの無料会員になると、年間での節約額を大手7ショップで計算する上、商品別にどれを安く買えていてどれで損をしているかまで、より詳細なデータまでわかり、最高の節約方法を実現できます。
スマショップ検定

意外と大きい節約余地!?定番通販商品の節約額

  • そもそも、一般的に商品がどの程度買われているのでしょうか?以下は、通販でよく買われる主要商品について、年間の消費量と想定購入金額、想定節約額を出してみたものです。
  • 商品カテゴリ 年間消費量 カテゴリ平均価格で買うと 最安価格で買うと 想定節約額
    25.7 l/人 2,570円 874円 1,696円
    お茶ペットボトル 18.0 l/人 4,230円 1,134円 3,096円
    54.6 kg/人 36,855円 20,530円 16,325円
    おむつ 4,160 枚/人 83,200円 47,008円 36,192円
    ビール 45.4 l/人 32,325円 22,064円 10,261円
    ティッシュペーパー 17 箱/人 850円 612円 238円
    トイレットペーパー 50 ロール/人 4,850円 1,025円 3,825円
    合計 - - - 71,633円
    出典:日本ミネラルウォーター協会、伊藤園、米国安定供給確保支援機構、キリンホールディングス、財団法人紙の博物館
  • 例えば水であれば、ショップと商品を選んで、最安ショップ、最安価格で買うより年間1,696円節約可能になります。これが複数商材に至るのですからその影響は計り知れません。スマートショッピングの試算では、月5万円、ネットで飲食品などの買い物をすると仮定すると、商品の価格比較・ショップ比較をすれば、ざっくり年間6万円の節約となります。細かい節約方法もありますが、節約の第一歩は単純に安いものを安いところで買うということです。スマートショッピングを使ってスマートライフを実現させましょう!

通販での節約方法

  • 通販における節約方法には色々ありますが、ここではいつもの飲食品などの買い物における一般的な節約方法をご紹介します。節約方法にも色々なやり方があり、①そもそも買わない、②買った後でうまく使う、③賢く買うと3通りの節約方法があるので、そのそれぞれを以下にまとめています。

通販節約方法①:買わずに節約


▪︎ 収入と支出を可視化する

  • みなさん、自分では避けがちなのですが、やはり1ヶ月の収入と支出、特に支出の方で何をどのくらい買っているのかを可視化するのは節約の第一歩です。最近は簡単に家計簿がつけれる家計簿アプリも出てきているので、ぜひ参考にされてはいかがでしょうか?

▪︎ 洗剤の種類を減らして節約

  • きっちりした人にありがちなのですが、バス用、トイレ用、リビング用、キッチン用・・・と用途に応じて洗剤を買いまくってしまう人いますよね。もちろん、用途次第では便利ですし、使うなら良いのですが、使いかけで余った洗剤が溢れている人も多いです。例えばリビング用・キッチン用は重曹でカバーできるので無駄に増やさずにするだけで大きな節約になります。

▪︎ 固形石鹸を使って節約

  • 意外に効く節約方法がこれ。液体石鹸(ボディソープ)などはすごく洗いやすくて便利な反面、ついつい使い過ぎてしまいがち。効果は同じなのに固形石鹸に変えるだけで、消耗が圧倒的に遅くなります。

▪︎ タバコをやめる・量を減らして節約

  • 長年の習慣はなかなか止められませんが百害あって一利なし。税金も大きいので、特にヘビースモーカーの人にとってはタバコを我慢するだけで大きな節約になります。

▪︎ 休肝日を作って節約

  • お酒が好きな人にとって、お酒を飲まないというのはいくら節約できるからといって選択肢としては厳しいと思います。ここで、休肝日を設けていない人はぜひ休肝日を設けられてはいかがでしょうか?週1回休肝日を設けるという前提で、ビール(約180円)を減らせば、年間ざっくり8,240円の節約になります。

▪︎ 詰め替えを使って節約

  • すごく当たり前の話なのですが、最近は洗剤やシャンプーなど日用品の多くの商品で、ボトルと詰め替え用が売っています。毎回ボトルを買っちゃうことも多いと思うのですが、節約のためには頑張って詰め替え用を買いましょう。ボトルを買い忘れたり、汚くなるのが嫌だという人は100均などで入れ物だけ売っているのでそれで代用しましょう。100円なのですぐに元が取れます。

▪︎ ラップの代用で節約

  • お料理にはすごく便利なラップ。ついつい大量に使ってしまいがちなのですが、毎回ラップを使う時には、他の物で代用できないか考えてみましょう。ここで活躍するのがジップロックなどの、封付きの入れ物。きっちり空気を遮断できますし、繰り返し使えることができる優れものです。ラップの使用量も少なくなりかんたんに節約できます。

通販節約方法②:買った後で節約


▪︎ 本・衣服などを定期的に売って節約

  • 本や衣服など、買ってきては本棚や押し入れの肥やしになっている人いませんか?そういった人は一度思い切って売ってみましょう。フリマアプリや定番のヤフオク、本であればブックオフやAmazonなど、売り方は様々。売れなさそうと思っていても意外に簡単に売れることも多いですし、一度売れるとはまっちゃいますよ。いいお小遣い稼ぎにもなって節約しながら断捨離も出来る。大変おすすめです。

▪︎ 米のとぎ汁を有効活用して節約

  • お米を研ぐ際に出てくる、とぎ汁ですが、みなさんはどうされていますか?排水口に流している人も大変多いことと思います。しかしながら、このお米のとぎ汁、実は様々な活躍方法があるんです。まずは洗浄効果があるので、霧吹きに入れて汚れを落とすのにも使えますし、シンクの掃除や食器の付け洗いなどにも効果的です。体の洗浄や、料理の際の下茹でに使うことでアクや臭みを取り除くこともできるので効果的に節約できます。

通販節約方法③:買い方を節約


▪︎ 安い店で買って節約

  • まずはきっちり価格比較する習慣をつけましょう。物によっては店舗によって1,000円変わる商品もあります。同じ物なら安い店で買うこと間違いなしです。実店舗でも店ごとにあの店は安い、高いなどと言ったりしますが、そこに通販も加えて比較してみてください。スマートショッピングは日用品・食品の価格を通販の主要ショップで比較して最安ショップで買うことが可能です。

▪︎ 単位あたりで安い商品を買って節約


▪︎ 安い使い方ができる類似商品を買って節約

  • 安い使い方ができる類似商品を買うというのも節約方法の一つ。例えばトイレットペーパーですが、シングルタイプとダブル(2枚重ね)のタイプがありますが、ダブルの30m、シングルの60mはほぼ同じ値段になってますよね。もしご家庭でダブルのトイレットペーパーを使われているようであれば、シングルにするだけで実際の消費量はダブルの3分の2ほどに減らすことができます。年間50ロール、4,850円使うとすれば、33ロールに減らすことができる。年間約1,600円の節約をすることが可能です。
  • 単位あたり価格が安いものを買うというのも一つの手ですが、一般的にはそれぞれの店舗のプライベートブランドは安い傾向が高いです。イオン系列であればトップバリュ、セブン系列であればセブンプレミアム、西友であればみなさまのお墨付きなど、それぞれの会社がナショナルブランドではなく、自分のブランドとして提供している商品です。製造段階から関わるので、基本的には通常のナショナルブランドよりも安い価格で提供していることが多いです。こういったプライベートブランドをうまく利用することで節約するというのも一つの方法です。

▪︎ 安い時に買って節約

  • 安い時を見計らって買うのも重要です。またもや宣伝ですがスマートショッピング(リンクはフルグラの事例)では過去の価格トレンドを追っているので、今買うと安いか高いかがわかります。
  • 通販でなければ、各社安売りの曜日や日にちなど特売日が決まっていることが多いです。イオンであれば毎月20日、30日はお客様感謝デーですし、ダイエーであれば毎月1日は一の市、木曜日は木曜の市として有名です。特売日を把握して、活用することで節約ができます。
  • また、各社のセールを活用するというのも手段の一つ。実店舗でよく見られるのは閉店1−3時間くらい前から数十パーセントオフのシールが貼られるタイムセール。実は通販にもこういったセールがたくさんあり、Amazonにもタイムセールがありますし、ロハコにもセールがあります。節約に活用できるセールは盛りだくさん。ちなみに、通販各社のセール時期はここにまとまっていますのでご参考まで。
  • セールの他にアウトレット・訳あり商品も活用すべきです。実店舗だと、訳あり商品棚・見切り品のようなものが置いてありますが、通販でも同様です。アウトレット・訳あり商品であれば通常の価格よりもかなりお安くで買って節約することが可能です。

▪︎ 安くで買って節約

  • まずは、お気に入りのショップで貯まるポイントを最大限活用しましょう。ポイントというのは貯まるのが楽しいので、ついつい放置しがちなのですが、有効期限や使い忘れもあるので、節約の観点からは毎回使えるポイントは使える時にすぐに全額使うのが望ましいです。
  • また、大きなものを通販で買う際などにはギフトカードを活用しましょう。通常、ギフトカードであれば、町の金券ショップなどや上記で紹介しているサイトなどで5-10%安く買うことが可能です。

通販での節約に対するスマートショッピングの考え

  • ネット通販などネットで買い物できるものがますます増えてきて便利になってきています。
  • 特に日用品や食品は、冷蔵庫などの家電とは違って、同じものを繰り返し買うことがほとんど。
  • 数百円〜2,000円程度の日用品が多いけど、何度も買うから、節約額で数万円の差がつくことも。特に、こだわらない生活必需品に近いカテゴリでは、とにかく安ければ良いですよね。
  • 同じ商品を買うのであれば安い店舗で簡単に買ってもらいたい。
  • ネット通販において、何より大事なのは、おトクな値段で、買い忘れなく買えること。
  • さらには、いちいち手間をかけてられないので、それが空気を吸うようにかんたんにできること。
  • スマートショッピングは、通販での買い物の優秀なコンシェルジュとして、あなたのいつものお買い物を強力にサポートします。

スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方

  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
©SmartShopping, Inc.