ダイエットに効果的なおでんの具材は?おすすめおでんランキング

特に冬場になると食べたくなるものがおでんです。多くの日本人が愛している料理の一つといえるでしょう。さまざまな具が含まれており、それぞれが自分の好きな具を決めているものです。それぞれがおでんに対してこだわりを持っていることでしょう。今ではコンビニで気軽に買うことができるようになっています。地域ごとに特徴があり、家庭で作られることもあります。地域や家庭ごとに独自のこだわりがあって、特徴的なおでんが存在しています。

それではおでんというのはダイエットに効果があるのでしょうか。おでんの中にはいろいろな具があるのですが、その中でも特にダイエットにおすすめなものは何なのでしょうか。これらの点に注目していきましょう。おでんについて紹介します。

ダイエットに効果的なおでんの具材は?おすすめおでんランキング 目次

おでんの種類

おでんの種類

おでんにはさまざまな具材が入っています。それらを紹介しましょう。一般的におでんによく入っているものとしては大根やちくわ、昆布、こんにゃく、しらたき、がんもどき、巾着といったものがあります。大根は厚切りにしたものが使われています。おでんの王様と呼ばれることがあり、大人気のおでん種です。たまごも人気の高いおでん種の一つとなっています。普通の卵だけではなくてうずらの卵が使われることもあります。昆布は出汁を取る際に使って、そのあとに昆布を取り出してそれを結んでおでん種としても活用します。おでんに使われるこんにゃくにはいろいろな種類があります。白や黒のものがあり、ゆずや青海苔、ごまなどのこんにゃくが使われるケースもあるでしょう。巾着は油揚げの中に餅が入ったものです。

ここからは地域やお店によって使われるおでん種を紹介しましょう。まずちくわぶがあります。小麦粉を原料としたものであり、ちくわのような形にしてあります。関東と東北でよく食べられており、その他の地域では一般的ではありません。関東に少ない具材として西日本ではすじ肉が使われることがあります。すじ肉をぶつ切りにしたものを串に刺した状態でおでんの中に入れます。

洋風おでんと称されるものもあり、その中にはソーセージが入っていることがあります。ホットドッグに使われるフランクフルトが沖縄ではおでん種として使われています。トマトをまるごと一つ使う場合もあります。

おでんの具については地域性が色濃く出ます。たとえば北海道や東北地方の場合はジャガイモがよく使われます。魚介類としてはカニやつぶ貝、タチなどがあります。揚げかまぼこの具材としてはマフラーという長方形に切られた分厚いさつま揚げや長方形のさつま揚げである角天などがあります。関東地方でははんぺんが使われることが多いです。長野県ではそばを使うことがあります。東海地方では豚バラが入れられることがあります。北陸地方では加賀巻といって野菜をさつま揚げのようにして揚げたものが具材となっている場合があります。熊本県では馬すじといって馬のすじ肉がおでんに使われていて定番です。

おでんに使われる出汁としては、東日本では昆布と削り節が使われます。関西や北陸では昆布です。中国や四国では焼きアゴや煮干しが使われています。このようにおでんには細かい部分でいろいろな違いがあるのです。それぞれの方にとって馴染み深いおでんの味は異なるでしょう。

おでんのカロリー

おでんのカロリー

ダイエットをしたい方にとっておでんのカロリーはとても気になるでしょう。おでんの場合は具材を一つ一つ食べていくことになり、どのようなおでん種をチョイスするかによってカロリーは大幅に異なってしまうでしょう。そのためそれぞれの具材のカロリーを把握しておくことは大切なのです。

たとえばさつま揚げは83kcalとなっています。ゆでたまごは1個あたりが76kcalです。ちくわは48kcalであり、大根は18kcalとなっています。こんにゃくや昆布は3kcal程度と非常にカロリーが低くなっています。カロリーの高い具材としては、がんもどきが91kcalです。ウインナーソーセージは64kcalとなっています。ちくわぶは68kcalです。はんぺんや牛すじ肉は47kcalです。

以上はだいたい具材1つあたりのカロリーとなっています。そのためどんどん特定の具材を食べていけばその分カロリーは増えていくでしょう。そのため自分はどのくらいのカロリーまで摂取したいのかを計算しておくことは大切です。たまごやがんもどきといった具材についてはたくさん食べてしまうと摂取カロリーがとても増えてしまうでしょう。その結果太りやすくなってしまうかもしれません。

おでんの具材は基本的にはカロリーの低いものばかりとなっています。脂身のあるようなものはほとんどなく、野菜や魚介類が特に多く用いられているからです。ただし、おでんをおかずにしてご飯を食べる場合には、おでんだけでは物足りなくなってしまう方も多いでしょう。そのため普通のおかずがあって、そこにさらにおでんが加わってしまうならば、結果的にカロリーはとても高くなってしまいます。低カロリーのものが必ずしもヘルシーになるとは限らないのです。そのためダイエットをしたいならば上手く量を調節することは大切なのです。

おでんというのは食べるタイミングが人それぞれ異なるでしょう。たとえばちょっと小腹がすいたときにコンビニでおでんを買うという方がいるかもしれません。この場合は食べ過ぎてしまうことはないでしょう。しかし、おやつ感覚でおでんを食べてしまうと、意外とカロリーは高くなりやすいです。あるいは夕飯のメインのおかずとしておでんを食べるというケースもあるでしょう。飲みに行った時にお酒のおつまみとしておでんを食べる方もいます。

このようにおでんを食べる状況はさまざまなため、一般的な摂取量がどの程度なのかを決めることは難しいでしょう。おでんは非常に幅広いため、中には高カロリーの具材が使われていることもあります。

おでんダイエットと注意点

おでんダイエットと注意点

おでんをダイエットに活用しようとしている方がいます。確かにおでんにはダイエットに向いている要素がたくさんあるのです。まずおでんは低カロリーの具材がたくさんあります。そのためいろいろな具材を食べたとしても合計カロリーはそれほど高くなっていないのです。いろいろな味を楽しむことができて、なおかつ低カロリーというのはとても理想的でしょう。また、おでんというのは基本的に安いです。コンビニで買ったとしてもあまり高くはありません。自分で材料を買ってきて作ったとすればもっと安上がりになるでしょう。そのためダイエットだけではなくて食費を抑えることにも向いているのです。

おでんというのは食物繊維が豊富に含まれている具材が多いです。食物繊維をたくさん取ることによって、腸内環境を整えられるでしょう。便秘を解消することができて、消化吸収を改善させることができるため、ダイエット効果を期待できるのです。また、食物繊維がたくさんあるために満腹感を得やすいという特徴もあります。お腹をきちんと満たすことができるのです。

ただし、おでんの具材には塩分の多いものがたくさんあります。そのためおでんをたくさん食べ過ぎることによって、塩分の摂り過ぎになってしまう可能性があるでしょう。これは健康に悪いことであり、肌がむくんでしまう原因にもなるのです。ダイエット中におでんを食べたいならばできるだけ塩分を抑えるようにしましょう。特にコンビニのおでんには塩分がたくさん含まれているケースが多いため気をつけましょう。

また、具材によってはカロリーの高いものもあります。出汁のとり方によっては汁そのものにカロリーがたくさん含まれていることもあるでしょう。基本的に汁がたっぷりと染み込んでいるようなものは塩分をたくさん摂ることになってしまいます。作る時に塩分を抑えるようにするか、あまり汁を飲まないようにすることは大切です。

おでんだけで食事を済ませようとする方がいるかもしれません。しかし、おでんには野菜が不足しているため、おでんの他に野菜を使った料理を用意しておくと良いでしょう。あるいはおでんの具材としてたくさんの野菜を使うという方法もあります。

このようにおでんというのはダイエットに向いている要素がたくさんあります。塩分に気をつけて、野菜も別に食べるようにすれば、ダイエット中の食事としては最適でしょう。ぜひともあなたのダイエットにおでんを活用してみましょう。

おすすめおでんランキング

3位: 魚河岸あげ プレーン 4個

魚河岸あげ プレーン 4個
¥85/100g
37%安
¥169 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥181 SEIYUネットスーパー(ス)

2位: 丸善 鶏鍋おでん 1Kg

丸善 鶏鍋おでん 1Kg
¥76/100g
44%安

1位: 揚げボール 10粒 110g

揚げボール 10粒 110g
¥142/100g
¥192 SEIYUネットスーパー(ス)
¥212 ヨーカドーネットスーパー(ス)

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。