飲むヨーグルトおすすめ特集 | 種類や効果、ダイエットほか

飲むヨーグルトのおすすめと効果的な飲み方ほか

ヨーグルトに含まれている乳酸菌には腸内環境を整える働きがあります。乳酸菌の働きによって腸内環境が整ってくると、便秘が改善されることになります。腸の中に老廃物がなくなると、それによって十分な栄養分の吸収が行われるようになりますので、体の中の代謝がアップして来ます。

体内の代謝レベルがアップすることになると、それによって体に蓄積されてしまっている余分な脂肪を分解可能になってきます。ダイエットの成功の可否は体のもっている代謝レベルを上げることが出来るかどうかとも言われていますので、ヨーグルトによるダイエットは失敗が無いダイエットであるといえます。また、腸の活動が一番盛んになると言われている夜にヨーグルトを食べることによってより大きなヨーグルトの効果が期待できるようにもなります。

最終更新日:   閲覧数:2072
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーグルトとの違いは?

食べるタイプのヨーグルトと、飲むタイプのヨーグルトは同じヨーグルトではあります。これらは全く別物ですが日本人の感覚では同じ名称で呼ぶ事も多く、飲む、食べるで区別していますが、両者の違いはどういったところにあるのでしょう。固形のヨーグルトには、乳酸菌のみで自然に固まったプレーンタイプと、甘みや香料ゼリーなどを使って固めたハードタイプがありますが、飲むタイプのヨーグルト飲料は、単に固形でなく液体と言うだけでなく作り方にも違いがあります。プレーンヨーグルトやハードヨーグルトは後発酵世呼ばれる製法で、種元となる乳酸菌をミルクに後で混ぜ合わせるものです。

ドリンクヨーグルトやフルーツなどのソフトヨーグルトは発酵させたヨーグルトを使う前発酵と呼ばれるもので、それぞれ口当たりや味わいも変わってきます。飲むヨーグルトは、攪拌したヨーグルトを細かく液状にしたもので、決して他の液体で薄めたものではありません。したがって、栄養価も固形ヨーグルトに劣るものではありませんので、安心して健康飲料として活用できるわけです。また、飲むタイプのヨーグルトは、飲用に作られている為非常に飲みやすいという事が言えます。

日本人もヨーグルトが大好きな方が多いのですが、こうした嗜好が定着してきたのはごく最近の事で、元々日本人はミルクを絞る目的で家畜の飼育を行っていませんでしたので、ミルクを飲む習慣もほとんどありませんでした。しかし、明治以降に起きた文明開化の影響で、西洋文化を取り入れていく中、牛や豚の飼育も盛んに行われるようになり、牛乳も栄養価の高い飲み物として飲まれるようになってきました。日本のヨーグルトのほとんどは、この牛乳を原料にしていますが、こうした牛乳が定着していった背景で、牛乳がヨーグルトの原材料として使われるようになってきたわけです。

ヨーグルトの世界的な定義には厳密なものがあり、乳及び乳酸菌を原料としたもので、乳酸菌であるブルガリア株とサーモフィルス株が大量に存在している事で、その発酵作用で作られた物と定められています。日本では、乳及び乳製品の成分規格等に関する省令によって定められたもので、ヨーグルトは単に発酵乳としての位置付けです。日本でヨーグルトと言えば、スプーンで食べるタイプのヨーグルトが加糖タイプと、無糖タイプに分かれて存在していますが、これらとは別に加糖されてサラサラの液体飲料である、ヨーグルト飲料というものがあります。

飲むヨーグルトの種類

飲むヨーグルトには、飲料ブランドメーカーからいくつかの種類が販売されており、それぞれの生産元でその味や風味も変わってきます。飲むヨーグルトは、基本的に甘みを付けられているもので、固形のプレーンヨーグルトのように食べにくさを解消した商品になっているわけです。こうしたヨーグルト飲料は、小さなお子さんにも大人気の商品も多く、その飲みやすさからヨーグルト市場もかなりの大きさになっています。飲むヨーグルトの種類には、大きく分けてどろりとしたプレーンヨーグルトの風味に近いタイプと、フルーティーでサラッとしたのど越しの良いタイプが存在していますが、小さなお子さんにはさらりとした飲み切りタイプの飲むヨーグルトが人気のようです。

飲むヨーグルトの種類は、パッケージにもその違いがあり、紙パックのタイプやペットボトル入りのタイプ、飲み切りタイプの小さな容器入りのものがあり、消費者はこれらをその用途に合わせて購入しています。また、ヨーグルトの風味は、種菌となる乳酸菌によっても違い、効果も変わっていく事が知られていますので、各メーカーではこの種菌となる乳酸菌にも大きな違いがあるのです。

日本は近年になって、こうした乳製品を摂取するようになりましたが、日本には古来より培われてきた発酵食文化というものがあり、乳酸菌も活躍して来ました。発酵食品で思い出されるのは納豆ですが、日本酒やお味噌に醤油、お酢やみりんなども発行させる事によって作り出された食材です。日本で乳酸菌を使った発酵食品と言えば、何と言っても漬物がその代表と言えるもので、ぬか漬けやたくあん、白菜漬けや高菜漬けなど日本の漬物は、この乳酸菌の力なくしては作る事はできなかったのです。またなれ寿司も、この乳酸菌の力を利用したもので、鮒ずしに代表される日本のなれ寿司も健康食と言える発酵食品だったのです。

国内で販売される飲むヨーグルトには、従来から一般的利用されてきたビフィズス菌以外にも、国内で長年作られてきた漬物のすぐき漬けから、乳酸菌を分離して飲むヨーグルトに利用されてできた飲料もあります。また、最近の研究では多くの乳酸菌が、腸内に達するまでにほとんど死滅してしまう為に、思うような効果が挙げられなかったものですが、胃や小腸で生存できる乳酸菌も発見されてきており、N-1株やカゼイ・シロタ株、ラブレ菌など、腸内まで生きたまま届く乳酸菌入りのヨーグルトも売り出されています。

飲むヨーグルトはダイエットに効果的?!

飲むヨーグルトは一般的なヨーグルトよりも飲みやすく、昼食時など気軽に利用できる事から、ダイエットにも最適です。その理由として、飲むヨーグルトにはビタミンを多く含まれており、ダイエット時に不足しがちな栄養をまとめて摂取できるからです。また、ダイエットを健康的に行っていく際に必要なミネラル分も多く含んでおり、体内バランスも正常に保てます。

そして、ほかにも酵素の構成成分として不足がちな亜鉛、体内の抗酸化作用に重要な役割を持つセレンと、ダイエット時に不足しがちなビタミンやミネラルの飛球ができる為に、飲むヨーグルトはダイエットにも向いている要素を多く持っているわけです。また、ビタミンAやビタミンB2には、老廃物を排泄する事で代謝を活発にして、皮膚のターンオーバーを促進させる作用があります。

飲むヨーグルトは、基本的にはどういった食べ合わせでも問題ない食品ですが、いくつかのポイントを押さえておたり、少し工夫をすることで、より身体にとって効果的に摂り入れることができます。まず、食べ過ぎや腸内環境が気になる方は、食物繊維と併せてヨーグルトを食べるようにすると、食物繊維がヨーグルトの乳酸菌を活発にするはたらきがありますので、効果的です。その他にも、ポリフェノールが豊富なココアを混ぜることで、抗酸化作用を期待できます。また、はちみつを加えても、含まれているオリゴ糖が、ヨーグルトの栄養の吸収がよりされやすくなります。

さらに新しい食べ方として知られるようになってきたのは、ホットヨーグルトです。冷たくして飲むものというイメージが強いヨーグルトですが、暖めることによてって、基礎代謝を上げることができるといわれているのです。作り方はとても簡単で、ヨーグルトをレンジで温めて、好きな物を混ぜるだけです。果物のソースと混ぜても良いですし、あたためた飲むヨーグルトに、ショウガシロップなどを混ぜると、温活にもぴったりです。トマトやオリーブオイルなどを入れることで、食事の一品ともなります。

効果的な飲み方を知って、やせ体質に!

飲むヨーグルトを飲んで痩せ体質に近づくためには、摂取するタイミングというのが大切です。一番効果的とされているのが、食後の一杯。食事の消化により胃酸が減っている状態で飲むヨーグルトを摂取すると、乳酸菌が生きたまま腸まで届きます。

また、飲むヨーグルトには、炭水化物や脂肪が含まれています。またタンパク質であるガゼインや、ビタミンやミネラルの種類も豊富ですので、食後の一杯として優れた飲み物という事が言えます。したがってダイエットによる栄養素不足を、ヨーグルトで補う事は、非常に理にかなった方法といえます。

痩せ体質は遺伝から来るものと考えられるもので、いくら食べても太らないものですが、痩せ体質に近づく方法はあります。周囲を見てみると、太った方と痩せている方がいますが、家族で同じものを食べているにも関わらず、太らない・痩せないという事が良くあります。体内に皮下脂肪が溜められ太っていくのは、体内脂肪が消費されない為に起こる現象で、これを効果的に消費するには有酸素運動が良いと言われています。そのため、有酸素運動を行ったあと、飲むヨーグルトを摂取するのも効果的といえるでしょう。

また、カロリー制限を行わないと、食べた食事を優先的にエネルギーで使われ、体内脂肪を消費する事ができません。人のエネルギー源は、三大栄養素からなるものです。これら3つのエネルギー源は、体内で消費されずにいる事で体脂肪と呼ばれるものがこれにあたります。皮下脂肪は緊急時に消費されるエネルギーで、人間の身体は緊急時の為にこのエネルギーを貯め込んでいるわけです。スポーツや体を動かす作業などは、一番エネルギーを消費しやすい状態で、これを労作代謝と言います。また安静時にも常にエネルギーが使われていますが、これを基礎代謝と言い、年齢や性別に季節などでも変わり、体温やストレス環境によっても変わってきます。

飲むヨーグルトのおすすめ

77位: ブルガリアヨーグルト のむヨーグルト プレーン パック200g

66位: プロビオ ヨーグルトR‐1ドリンクタイプ ボトル112ml

55位: プロビオ ヨーグルト LG21 ドリンクタイプ リスクと戦う乳酸菌 ボトル120ml

44位: メグミルク プルーンFe 1日分の鉄分のむヨーグルト 190g

商品説明

メグミルク プルーンFe 1日分の鉄分のむヨーグルト 190gは、これ一本で1日に必要とされる鉄分が摂取できてしまうという雪印メグミルクの人気商品です。

また、鉄分だけでなくビタミンや最近妊娠初期の女性にとても大切だと注目されている葉酸も含まれているのが特徴です。

そして鉄分の薬やサプリメント、食品は鉄分独特の味や香りも強い物が多く苦手という方も多いようですが、その点このメグミルク プルーンFe 1日分の鉄分のむヨーグルト 190gはヨーグルトのまろやかな味わいが広がり鉄分の独特な香りを感じさせません。

スプーンが必要なヨーグルトと違い、190gという丁度良い量とストローで手軽に飲めるタイプなので、どんなシーンでも飲みやすい商品です。

プルーン風味のまろやかで美味しい飲むヨーグルトは、朝食や昼食にプラスして飲んだりおやつの時間にさっと飲むのもお薦めの商品です。

現代の日本人の食生活では、鉄分やカルシウム等の栄養素は必要とされる量を摂取できていないと言われています。

そのため知らず知らずのうちに貧血になっているという事も多い女性や、好き嫌いが激しく必要な栄養が摂取できているのか心配というお子様にもとてもお薦めです。

外部ショップでの口コミ: 2件
  • 妻が貧血気味だったので購入しました。飲み始めてから少しは良くなったようです。
  • ありがとうございます また注文させていただきます

33位: 毎日骨太 1日分のカルシウム のむヨーグルト 190g

22位: ブルガリアヨーグルト のむヨーグルト パック900g

11位: メグミルク 恵ガセリ菌SP株ヨーグルトドリンク 100g

外部ショップでの口コミ: 1件
  • 美味しいですが、やや高いかな。家族にあっと言う間に飲まれてしまいます。

「飲むヨーグルトのおすすめ」に挙げた商品以外にも、「飲むヨーグルト」カテゴリ内で最近スマートショッピングで注目を集めている商品をご紹介します!

55位: ブルガリアヨーグルト Caカルシウム のむヨーグルト LB81 ボトル900g

44位: 小岩井 プラズマ乳酸菌 iMUSE(イミューズ) のむ生乳ヨーグルト115g×24本

33位: ヨーグルトRー1ドリンク 低糖低カロリー ボトル112ml

22位: 450g

11位: 冷蔵 6個 ナチュレ恵 megumi ブルーベリー+いちご 70g×4P

飲むヨーグルトの関連ページ



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops