おすすめの豚丼のたれ:作り方やアレンジレシピ、通販最安価格を紹介

豚丼のたれ

「あーお腹減ったなー」「今夜はがっつりいきたいなー」なーんていいつつも、現実は厳しいものでお財布の中身はすっからかん、贅沢できるお金なんて中々ないですよね!(私だけ?)お金がないから外食なんてできないし、かといって自炊ってなんかめんどくさいですよね...でも美味しいものをがっつり食べたい、こんな欲求を満たす、お手軽料理があるじゃないか!そう、丼ものです!

丼ものの歴史はそこまで古くなく、室町時代に出てきた「芳飯」が原型だと言われています。後に江戸で一杯盛り切り飲食物を提供する店を「慳貪屋(けんどんや)」が生まれ、忙しい時に素早く、安く、簡単に食べれる庶民に広まった食事方法だったとされています。つまり、丼ものははるか昔から、私たち庶民の味方だったわけであります。

さて、丼ものにもいろいろありますよね。牛丼にカツ丼、親子丼に他人丼、天丼にうな丼...

そんな数ある丼の中でもキング・オブ・ドンブリこそ、今回のテーマである「豚丼」だと思うのです。何でかって?そりゃあ安いですもの、豚肉(笑)でも、豚肉だけじゃあダメ、やっぱり豚丼の決め手は濃厚であまーい「タレ」ですよね。実はこのタレ、安く作れる上に超万能で、いろんなお料理に合うんです!今回は、そんな万能調味料の「豚丼のたれ」レシピと、豚丼のたれを使ったアレンジメニュー、おすすめの豚丼のたれをご紹介します!


目次


豚丼のたれの作り方

材料

材料
醤油 大さじ3
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ1

醤油:みりん:砂糖 = 3:2:1の割合ですね。これがベースになります。このベース材料を、鍋で半分ぐらい煮詰まるまで火を通します。灰汁が出てきたら、その都度取ってくださいね。次は入れてみると美味しくなる(かも?)隠し味を紹介していきます。

隠し味

材料 説明
ショウガ 甘いだけじゃなく、きりっと締まった味のタレになります!「豚肉の生姜焼き」なんてメニューがあるくらいですから、豚丼のタレに合わないわけがないですよね。
おろしニンニク これも定番の隠し味!ショウガとテイストは似た感じですね...後にご紹介するりんごや玉ねぎと愛称バツグンです!
すりりんご 単調な味じゃなく、コクと深みが欲しいときに。りんごを入れるときは砂糖を気持ち少なめにすると良いでしょう。フルーティーな香りは食用増進効果バツグンです!
おろし玉ねぎ 味をより深くしたいときに入れてみるとよいでしょう。りんごがあるなら是非ご一緒に...相性抜群です。
味噌 日本人はみんな大好き、調味料の「さ・し・す・せ・そ」の内の一つ、味噌です。お味噌を入れることでタレにコクと深みが増します。また、味噌は殺菌能力が非常に高いためタレの保存性が高まるという特徴もあります。塩分が気になる場合はベースの醤油を少し少なめに...
ハチミツ フルーティーな味わいをタレに加えたいなら、ハチミツを加えると良いでしょう。ハチミツにはお肉を柔らかくする効果もありますから、豚丼をよりジューシーにしてくれる効果もあります。殺菌効果も高いので、保存性も高めることができます。りんごやにんにくと愛称◎です。
クミン クミンって知っていますか?カレーのあのいい香りの素になるスパイスなんです。カレーの材料をタレに!?なんて思われちゃうかもしれませんが、実はクミンは豚肉と相性が良く、煮込み料理ではよく使われるんですよ。少しクセが強くなってしまうかもしれないので、入れるときは気持ち控えめにすると良いでしょう。
インスタントコーヒー びっくり系隠し味その2です(笑)コーヒーは強い苦みとコクをもつので、甘くなりすぎたタレの味を引き締めつつ、より深みのある味にしてくれます。クミン同様、入れすぎには注意してくださいね。以外に、みそとの相性が良かったりします。

豚丼のタレ、簡単なようで実は奥が深いんです。ベースのタレだけでも十分美味しいんですが、今回紹介した隠し味を参考に自分だけのカスタマイズを見つけてみてください!


豚丼のたれを使ったアレンジレシピ

照り焼きタレの鶏つくね

  • 1 味付けした鶏ひき肉とみじん切りにした大葉,ねぎを混ぜ合わせて一口サイズにまとめる.
  • 2 まとめたひき肉を油をひいたフライパンに,弱火でじっくり火を通す.
  • 3 両面に焼き色をつけ火の通りを確認したら,豚丼のタレを投入!ひっくり返しながら煮詰めていきます.
  • 4 煮汁が少なくなり,ブクブクしてきたら完成です.

照り焼きダレとしての豚丼タレアレンジです.ハンバーグやチキンステーキなんかでも,同じような使い方ができそうですね.

豚丼タレの濃厚肉じゃが

  • 1 じゃがいも,にんじん,たまねぎ,豚バラ肉といった普通の肉じゃがの材料を用意,それぞれを適当な形に切ったら鍋に適量油を引いて中火で炒めます.
  • 2 お肉が白くなってきたら水をカップ二杯分入れます.
  • 3 お鍋が沸騰してきたら,2で水を入れたカップ1/2杯分の豚丼のタレを投入,さらに弱火で煮込んでいきます.
  • 4 野菜に味が通ってきたら完成です.真っ黒なんですっごく味が濃そうに見えますが,美味しく頂ける範囲の味付けにちゃんとなっています(笑)

豚丼のタレは,煮込み料理にも活用できちゃいます.肉じゃがもアレンジレシピが豊富なので,アレンジ肉じゃがのアレンジレシピ,なんていうのもできそうですよね.

いかがでしたでしょうか?豚丼のタレは豚丼だけじゃなく,いろんな場面で活躍するので,常にキープしておきたい調味料ですよね.


豚丼のたれの保存方法

最後に,タレの保存方法や保存上の注意についてお話したいと思います.

保存方法

砂糖は加熱していくと180℃近くまで温度が上がるので大変危険です!保存するときは必ず耐熱容器に入れるようにしてください.冷めるまで待てばいいんじゃないの?という声も聞こえてきそうですが,冷めてくると粘性が増してくるので,鍋にくっついてしまい掃除が大変になってしまいます.熱いうちに耐熱容器に移して,冷めたら冷蔵庫へ...が一番無難な保存方法かと思います.

継ぎ足しタレは危険?秘伝のタレが腐らない理由

「創業以来使い続けている秘伝のタレ...」なんてフレーズ,焼き鳥屋さんなどで耳にしたことがあると思います.創業以来使い続けていれば腐ってしまいそうですが,どうして腐らないんでしょうか?

答えは「定期的な火入れ」と「具入れによる低温殺菌」なんです!定期的な火入れで,殺菌を加熱消毒するのはもちろん,焼き鳥やうなぎのタレは,熱を入れた具材をタレにつける際に,低温殺菌がおこなわれているのだそうです.温度ごとの殺菌能力は次のようになっています.

  • 低温殺菌 … 63~68℃ / 30分
  • 高温殺菌 … 75℃以上 / 15分以上
  • 超高温殺菌 … 120~150℃ / 1~3秒

低温度でも,時間をかければ十分殺菌能力を得られるわけです.営業をしている間,常に殺菌が行われているようなものなので,何十年と腐らずにタレを継ぎ足しで使っていけるんですね(繁盛してないと難しい気もしますが(笑)).

さて,この継ぎ足しを家庭でも再現できるかというと...正直一般家庭ではしんどいです.一日中調理をしている環境ならともかく,一般家庭では「具入れによる低温殺菌」ができないんです.

しかし,「定期的な火入れ」だけである程度タレの寿命を引き延ばす方法があります.ポイントは,大量の氷で加熱した鍋を急速に冷ますこと!雑菌が急速に繁殖するのは,実は火を入れたタレが冷めていく過程なのです.せっかく火入れで雑菌を殺しても,生き残った雑菌がまた繁殖してしまうんですね.なので,残った雑菌が繁殖しないようにするために急速に鍋を冷ましてしまうのです.これでかなりタレの寿命が延びますよ。

おすすめの豚丼のたれと最安価格比較

最後に、おすすめの豚丼のたれを、価格比較で最安ショップを明らかにしながら紹介していきます。


1. ソラチ 豚丼のたれ 2.3Kg

ソラチ 豚丼のたれ 2.3Kg
ソラチ 豚丼のたれ 2.3Kg
¥2,179 Amazon(アマゾン)

ソラチ 十勝豚丼のたれは、北海道のタレ屋、ソラチが提供する豚丼のたれです。中でも豚丼は十勝の名物で、近年は北海道を代表する食文化のひとつとして日本中で親しまれるようになって来ました。「十勝豚丼のたれ」は、醤油をベースに、水を一切加えずに作り上げた十勝地方独特の甘辛い濃厚な味わいとなっていて、それが豚肉の旨みを引き出し、絶品の豚丼に仕上がります。これ一本で、豚丼が約90杯作れます。


2. ソラチ 十勝 豚丼のたれ 275g

ソラチ 十勝 豚丼のたれ 275g
ソラチ 十勝 豚丼のたれ 275g
¥293 (x12) Amazon(アマゾン)
¥297 SEIYUドットコム(西友)
他5ショップ

ソラチ 十勝 豚丼のたれは、北海道十勝地方の伝統的な名物料理です。醤油と砂糖ベースでつくったこのたれは水を一切使用していないため、独特な甘さと焼きあがりの食欲をそそる香ばしさが特徴となっています。現在も全国的にも有名な人気メニューで、40年余り、変わらぬ味を守り続けております。肉じゃがや肉そぼろ等、万能調味料としても幅広くご使用頂けます。


3. 盛田 豚丼のたれ 195g

盛田 豚丼のたれ 195g
盛田 豚丼のたれ 195g
¥214 ケンコーコム
¥216 (x3) Amazon(アマゾン)

盛田 今夜は豚丼は、醤油の蔵元がつくる醤油ベースのたれで、本場・帯広で食されている豚丼のたれの味を研究し作り上げました。豚丼は、豚肉を焼いてタレにからめてご飯にのせるだけの簡単な丼ぶりで北海道帯広では、家庭でよく登場するメニューのひとつとなっています。たまり醤油で旨みとコクがプラスされます。香ばしく甘めの味が、豚肉によく合います。

お好みで山椒の粉をふりかけますと、味がひきしまり、大人の味になります。フライパンひとつで、簡単にボリューム満点な丼が出来あがる簡便調味料です。化学調味料無添加です。


4. ダイショー 豚丼のたれ 180g

ダイショー 豚丼のたれ 180g
ダイショー 豚丼のたれ 180g
¥2,160 Amazon(アマゾン)

豚丼は、北海道帯広の名物で、照り焼きにした豚肉をご飯にのせた丼です。たれはたまり醤油とざらめ糖を使用し、味に深みとコクを出したたれになっています。

作り方:

  • 1. フライパンにバター又はサラダ油を熱し、豚肉を炒め、火が通ったら本品を入れてからめます。
  • 2. ご飯の上に1でつくったからめた具を盛りつけてできあがりです。


5. ソラチ 十勝みそ豚丼のたれ 260g

ソラチ 十勝みそ豚丼のたれ 260g
ソラチ 十勝みそ豚丼のたれ 260g
¥1,000 Amazon(アマゾン)

ソラチ 十勝みそ豚丼のたれは北海道のたれ屋さん、ソラチが提供する豚丼のたれで、豚肉とこのタレがあれば簡単にみそ味の豚丼が作れます。 みそベースの甘辛いタレが、豚肉などあらゆる食材に香ばしく良く合います。


スマートショッピングでは、上記以外でも人気のおすすめの豚丼のたれを多数、最安ショップと一緒に紹介しています。

気になる豚丼のたれがあれば、簡単に送料含めてどこが安いか計算できるので、是非チェックしてみてください。

豚丼のタレのいろいろな活用法やカスタマイズ,保存方法を紹介しましたが,いかがでしたでしょうか?豚丼のタレは応用が効いて,なにより美味しい万能調味料なので,ご家庭の冷蔵庫に常にキープしておくようにしてみてください.お料理の幅がグンと広がること間違いなしです.タレに入れる調味料を変えて,時には今回紹介した調味料以外のものを加えたりして,あなただけの,「世界で一つのオリジナルタレ」を作ってみてください!


より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。