白砂糖のおすすめはどれ?健康やカロリー、アレルギーほか

白砂糖のおすすめと健康への影響・カロリー

粉砂糖・白砂糖

白砂糖は漂白されているから良くない」こんな話を聞いたことはありませんか?

実はこれ、まったくのウソ。白砂糖は砂糖以外の成分を取り除き、純粋な結晶だけを取り出したもの。本来、純粋な砂糖の結晶は無色透明なため、光を反射したときに白く見えるだけなのです。

飲み物や料理、お菓子にも欠かせない身近な調味料でありながら、少し誤解している人も多い白砂糖。健康への影響は?カロリーは?アレルギーはある? こうした疑問に製造方法や成分を見ながら答えていきます。

最終更新日: 2018-10-26   閲覧数:13

白砂糖は健康にいいの?

なぜかあまり健康に良くないイメージのある白砂糖。果たして本当なのでしょうか?

こうしたマイナスイメージの原因のひとつは、数年前頃から、「白砂糖は漂白されている」という噂が広がったから。しかし、これは真実ではありません。また、世界保健機構(WHO)が1日の砂糖の摂取を摂取カロリーの5%に抑えるべきと発表したこともあって、「白砂糖=健康に良くない」のイメージが付いてしまいました。

WHOが砂糖の制限を呼びかけた背景には、加工食品が増え、日常的に砂糖を摂取するようになったことで、肥満や生活習慣病が増加しているからです。

そもそも糖は、体内で必要なエネルギー源です。とくに体内で最も糖を必要とするのは脳。脳がエネルギーとして必要とするブドウ糖の量は、1日あたり120gくらいといわれています。1回の食事で肝臓に貯蔵できるブドウ糖の量は約60g。血液中のブドウ糖は1時間で5g消費されるため、食事を抜いたりすると脳にエネルギー源を届けることができません。

例えば、昼食後の血液にはたっぷりとブドウ糖が含まれていますが、時間が経過すると減っていきます。おやつを食べたり、コーヒーに少し砂糖を入れて飲むことは、夕食までの間に糖分を補給するという意味で有効です。

白砂糖は健康にいいの?

ただし、エネルギー源となるブドウ糖は炭水化物から摂取できますし、フルーツの果糖や牛乳の乳糖からも糖を摂取できます。つまり、自然なものからも摂取することができるということです。

加工食品を食べると、さらに砂糖が加えられているため、結果的に糖質を多く摂取してしまうことになります。ですが、白砂糖が健康に悪いというわけではありません

缶ジュースやお菓子、シリアル、ケチャップ、缶詰など、甘さをさほど感じない加工食品にも砂糖が使われているため、意識しないうちに糖を摂りすぎてしまうことが問題になっています。

また、白砂糖は漂白したから白いのではありません

砂糖の原材料はさとうきびの絞り汁です。不純物を凝縮・沈殿させてろ過したり、活性炭などに吸着させて取り除いて、純粋な砂糖の結晶だけを取り除きます。純粋な砂糖の結晶は無色透明で、光を反射するので白く見えます

ちなみに、三温糖も同じ製造方法で作られています。製造工程で最初にできるのは、白砂糖ですが、残った糖液をさらに煮詰めてできるのが三温糖です。茶色いのは加熱により糖分がこげたため、カラメル色をしているからです。

白砂糖以外の砂糖の種類

白砂糖、三温糖以外の砂糖の種類には、他にもこんなものがあります。

粉砂糖(粉糖・パウダーシュガー)

粉砂糖とは、グラニュー糖を砕いて作る、粒子が細かい砂糖のこと。通常は工場で作られますが、グラニュー糖をコーヒーミルで挽いたり、乳鉢ですったりして作ることもできます。

粉砂糖は、素早く溶かした砂糖が必要な、料理の工業生産過程にも使用。家庭料理においては、ケーキのデコレーションやアイシング、フロスティングなどを作るときに使われます。また、焼き菓子やパンに甘みと彩りを少し足したいときに振りかけたりも。

きび砂糖

きび砂糖とは、さとうきびを原料に、精製途中にさとうきびの糖液を煮詰めて作る砂糖のこと。原料のさとうきびの苦みや灰汁は製造過程で取り除かれ、まろやかな甘さで色は茶色いのが特徴です。

うまみ成分が多いので、調理するときに色が濃くなったり、照りがつきやすい一面も。甘みは他の砂糖と大差はなく、上白糖などの砂糖の代用が可能です。

てんさい糖

てんさい糖とは、甜菜(ビート)と呼ばれる大根のような野菜を原料として、糖分を抽出した砂糖のこと。抽出した糖分をろ過して煮詰め、結晶と糖蜜に分けてそれぞれ乾燥させると、結晶は上白糖などの白い砂糖、糖蜜はてんさい糖になります。

味は、まろやかな甘さに風味やコクが加わった甘み。ミネラル分が豊富で、体質改善やダイエットにも効果があるようです。

一番の特徴は、オリゴ糖が含まれていること。腸内のビフィズス菌を活発にし、腸内環境を整える手助けをしてくれます。

白砂糖のカロリーは?

白砂糖とほかの砂糖でどのくらいカロリーや成分に違いがあるのでしょうか?

主な砂糖で比較してみましょう(数値はいずれも100gあたり)。

白砂糖のカロリーは?
白砂糖(上白糖) 三温糖 黒砂糖
カロリー 384kcal 380kcal 352kcal
タンパク質 0g 0.1g 1.7g
カルシウム 1mg 30mg 240mg
0.1mg 0.5mg 4.7mg
ビタミンB1 0mg 微量 0.05mg
ビタミンB2 0mg 0.01mg 0.07mg

こうやって比較すると、白砂糖が格段カロリーが高いというわけでもなさそうです

白砂糖は製造工程のなかで、不純物を取り除いているので、カルシウムやビタミンなどの成分はほぼ入っていません。黒砂糖に含まれているカルシウム量は1日の栄養所要量600gの約3分の1を占めていますが、それ以外のタンパク質やビタミンは黒砂糖・三温糖ともにわずかしか含んでいません。

白砂糖にアレルギーはあるの?

ここ最近耳にするのが「砂糖をやめるとアレルギーがよくなる」「砂糖がアトビーの原因になる」というもの。

これは砂糖そのものがアレルギーの原因となっているわけではなく、過剰に摂取すると健康に悪影響を及ぼす可能性があるということです。

砂糖や炭水化物を過剰摂取すると、インスリンの分泌が高まります。インスリンは副腎皮質で生産されるステロイドホルモンのコルチゾール分泌を低下させてしまうため、副腎疲労を起こしてしまう可能性があります

白砂糖にアレルギーはあるの?

副腎疲労になるとコルチゾールの抗炎症作用が弱まるため、アレルギー症状が出たり、ひどくなったりします。また、風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなることも……。ストレスやタバコ、コーヒーも副腎疲労の原因になります。

また、「砂糖を食べると血液が酸性になる」「砂糖は骨の中のカルシウムを溶かす」というのも誤った情報。そもそも砂糖は酸性食品ではありませんし、人間の体は血液を中性に保つ働きがあるため、特定の食品を食べたからといって酸性やアルカリ性になることはありません。さらに言えば、砂糖は体内に入るとお米と同じでブドウ糖になります。砂糖が原因で血液が酸性になったり、カルシウムを溶かしたりすることはありません。

都市伝説的に噂が広がったことで、誤解されていることも多い白砂糖。過剰に摂取すると健康に良くないことは、どんな食材・食品でも同じこと。体に負担のない適量を知ることが大切なのです。WHOは「成人1日あたりの砂糖摂取量は25g程度までが望ましい」と指針を発表しています。砂糖25gはティースプーン6杯ほどです。日頃口にしている加工食品にどのくらい砂糖が含まれているのかをチェックして、適度な量を摂取するよう心がけましょう。

白砂糖の作り方

最後に、白砂糖はどうやって作られるのか詳しく見ていきましょう。

砂糖は、さとうきびを原料にしたものと、大根の仲間であるテンサイを原料にしたものがあります。さとうきびは沖縄県や鹿児島県のような暖かい地域で栽培されるのに対し、テンサイは北海道のように冷涼な地域で栽培されます。

まずは、さとうきびからの製造法

収穫したさとうきびを粉砕し、汁をしぼります。石灰乳を加えて加熱し、タンパク質や着色物質などの不純物を沈殿させ、上澄み液を煮詰めます。この上澄み液を結晶をつくる機械に入れ、純粋な結晶ができるのです。これを「原料糖」と呼びます。ここから消費地に近い工場に運ばれ、精製の工程に入ります。

白砂糖の作り方

原料糖をお湯に溶かし、石灰乳を加えて炭酸ガスを吹き込み、不純物を沈殿させます。そして、沈殿物をろ過した糖液を活性炭などに通し、さらに残りの不純物を取り除きます。こうして再び結晶をつくり、砂糖の完成となります。

次に、テンサイからの製造法

収穫したテンサイを粉砕し、温水に入れてショ糖分を抽出します。そこに石灰乳と炭酸ガスを加えて不純物を沈殿させ、ろ過して取り除きます。さらにイオン交換樹脂に通して残りの不純物、着色物質を除去。最後に結晶をつくり、遠心分離器で結晶と糖液に分類して完成です。

こうしてつくられた結晶と糖液から、グラニュー糖・ザラメ・上白糖・粉砂糖・三温糖など、さまざまな種類の砂糖がつくられるのです。

白砂糖のおすすめ

33位: スプーン印 1/2上白糖 250g

商品説明

赤いスプーンのパッケージでおなじみの三井製糖の上白糖ですが、この商品は見慣れたものとはちょっと違うスタントパックのパッケージの商品です。1/2上白糖は、上白糖に高甘味度甘味料をプラスして甘さを2倍に調整した機能性甘味料です。使用量は今までの半分なのにお砂糖のおいしさはそのままなので、上白糖と同じようにどんな料理やデザートでも飲み物にも使えて、カロリーを抑えることができる優れものです。使用されている甘味料は、お酢の成分から作られるアセスルファムカリウムとキク科の植物から抽出したステビアです。そして、みかんの皮などから抽出させる成分から作られた糖転移ビタミンPを配合する独自の技術によって、さっぱりとした甘さとおいしさが維持されています。この商品は、一般的な白砂糖より約20%安い購入できますが、普通の上白糖よりは割高です。しかし、使用量が半分で済み体にも優しいことを考えると、コスパの良い商品と言って良いでしょう。三井製糖のホームページには、1/2上白糖を使ったおすすめレシピが色々紹介されているので、いつもの料理をおいしくヘルシーに作って、毎日の食卓をより健康的にするための参考にしてみてはいかがでしょうか。

商品詳細
  • 原産国:日本
  • 種類:上白糖
  • ブランド:スプーン印
レビュー: 4.30点/5点

全対象ショップのレビューは計3件、その平均は4.30点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
LOHACO4.30点3件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • 毎日使っています。カロリーをあまり気にせず普通のお砂糖と同じ味なのでとてもいいです。

22位: バラ印 上白糖 PTK 1Kg

商品説明

バラ印上白糖は、創業から100年以上の歴史がある大日本明治製糖株式会社の商品です。大日本明治製糖は、お砂糖やその他の糖類とその副産物の製造、加工、販売をはじめ、調味料の輸入、製造、加工、販売や食材の輸入、販売をおこなっていて、その上白糖は、大きな赤いバラのパッケージが目印の商品です。砂糖事業を会社の核としている大日本明治製糖では、新東日本製糖・関門製糖・関西製糖という3か所の生産拠点で上白糖をはじめとする精製糖を製造し大手代理店によって全国で販売されているので、店頭で赤いバラ印を目にしたことがある方も多いかもしれません。大日本明治製糖では、お砂糖の原料として、沖縄や鹿児島などの国内産のさとうきびとオーストラリア、タイ、フィリピン、グアテマラ、南アフリカ、ブラジルなどの海外産さとうきび、北海道産の甜菜から粗精製した原料粗糖を使用しています。それぞれ収穫時期が違うので、製造時期によって原産地別の配合比率を変えて作っています。上白糖は白く見えるので漂白していると勘違いされることがありますが、実際は無色透明の結晶で、漂白剤や蛍光染料などは使われていないので安心です。1Kg入りの上白糖は重いのでネット通販を利用すると便利ですが、それだけでは送料がかかってしまうことも多いでしょう。お砂糖類は賞味期限がなく長期保存が可能な商品なので、何かのついでに一緒に購入しておいたりまとめ買いするのが賢い買い方です。

商品詳細
  • 商品重量:5 Kg
  • 保存方法:包装時に入る空気を抜くために特殊シールで包装しています。 お買い上げ後、虫の侵入、移り臭を防ぐためフタのある容器に入れて保管してください。
  • 容器の種類:パック
  • 原産国名:日本
レビュー: 4.00点/5点

全対象ショップのレビューは計5件、その平均は4.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
ケンコー4.00点5件

11位: パールエース 上白糖 1Kg

商品説明

パールエースは、上白糖や三温糖などの精糖、角砂糖などの砂糖二次加工品、オリゴ糖製品、原料糖の調達、甘味料などの糖化製品や澱粉製品など、 糖に特化した商品の販売を行っている会社です。パールエースの上白糖は、赤い真珠がデザインされたパッケージが目印の商品です。世界的には砂糖といえばグラニュー糖ですが、日本では砂糖といえば上白糖のことを指します。原料となるさとうきびや甜菜から原料糖となるものを搾り取り、そこから取り出した粗糖液という結晶を溶かした液体を濾過して再結晶させて結晶を分離したものがグラニュー糖です。そして、粗糖液を濾過した糖液に転化糖液を加えてから結晶を分離したものが上白糖になります。転化糖を加えているため、グラニュー糖よりも甘みやコクがあり、約1%程度の水分を含んでしっとりとしています。転化糖を加えた上白糖を利用している国は、実は世界中でほぼ日本だけです。しかし、日本では最も消費量が多い甘味料で、どのような料理にも使える万能の甘味料として幅広く使われています。上白糖にはいくつかのメーカーの商品がありますが、この商品は1Kg入りで約230円とお買い得な商品です。お砂糖は重いのでネット通販を利用して安く購入するのが便利な買い方です。

商品詳細
  • 種類:上白糖
  • ブランド:パールエース
レビュー: 4.51点/5点

全対象ショップのレビューは計185件、その平均は4.38点(5点満点)。レビューが多く、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
ヨドバシ4.64点28件
LOHACO4.30点138件
爽快ドラッグ4.58点19件
外部ショップでの口コミ: 4件
  • いつもお世話になっております。ご丁寧なご対応且つ梱包にも感謝致しております。
  • やっぱり普通のものにしてみました。 いろいろ高いものも使ってみましたが、やっぱりシンプルに
  • どんだけ上白糖つかうねん!と言う程うちは上白糖がないと困る家です。スーパーの安売りでは足らず、ポイント使って安く有名メーカーの砂糖が手に入れる事が出来とても重宝しています。
  • リピート購入です。こちらのショップはとても重宝させていただいております。

白砂糖のおすすめの上位商品比較

  商品画像 商品名 最安価格 単位あたり価格 メーカー ブランド
1パールエース 上白糖 1Kgパールエース 上白糖 1Kg¥227¥23/100gパールエースパールエース
2バラ印 上白糖 PTK 1Kgバラ印 上白糖 PTK 1Kg¥367¥37/100g大日本明治製糖バラ印
3スプーン印 1/2上白糖 250gスプーン印 1/2上白糖 250g¥188¥75/100g三井製糖スプーン印

「白砂糖のおすすめ」に挙げた商品以外にも、「粉砂糖・白砂糖」カテゴリ内で最近スマートショッピングで注目を集めている商品をご紹介します!

55位: カップ印 白砂糖 袋500g

商品説明

カップ印 白砂糖 袋500gは、日本の砂糖の中で一番有名ではないでしょうか。その袋のデザインを見ればだれでも一度は目にしたことがあるはずです。少なくとも日本の家庭では広く使われているのが特徴です。一般にカップ印 白砂糖 袋500gは白砂糖といわれていますが、様々な使い道があるのが特徴ではないでしょうか。基本的に家庭で使われているのは調理の時ではないでしょうか。またお菓子を作ったりする場合にもこの砂糖を使います。飲み物にも入れることができますのでかなり幅広い使い道があると言えるでしょう。飲み物に入れる場合はお湯と一緒に混ぜればすぐ解けますし、お湯を利用しなくても少し混ぜれば簡単に溶かすことができます。

価格は125円で売られています。

基本的にこの佐藤には賞味期限がありません。一度あけたらできるだけ早めに使った方がいいですが、しばらく使わなくても問題ありません。しかし、開封してしばらくすると固まってしまう可能性があります。これは湿気をふくむためです。乾燥している時はいいですが、湿気が多い時期はふたをしっかりしめておくことが重要になるでしょう。もし、湿気で固まってしまった場合はそこに食パンの破片を入れておくと塊が崩れます。

44位: 私の台所 ワッフルシュガー あられ糖 50g

商品説明
製菓、製パン用の大粒の砂糖です。ベルギーワッフルやマフィンなどの焼き菓子や、パンなどのデコレーションとしてご使用ください。ジャムやホイップクリーム、メープルシロップなどをつけたり、フルーツを添えて。<ご注意>直射日光、高温多湿を避けて保存してください。また、開封後は密封してなるべくお早めにご使用ください。
商品詳細
  • 商品重量:340 g
外部ショップでの口コミ: 2件
  • 思っていた通りの商品でよいと評価します。
  • 思っていたより粒が大きかったのですが、使うには問題なかったのです。

33位: カップ印 果糖 1Kg

商品説明
果糖は蜂蜜や果物に多く含まれている天然の糖です。砂糖やぶどう糖とは化学的に異なる糖で、さわやかな甘さが特徴です。低温時には砂糖の約1.5倍の甘さが得られるため、清涼飲料水などには砂糖より少ない使用量で済み、その分カロリーが低減できます。エネルギー量:4Kcal/g(砂糖と同じ)
商品詳細
  • 内容量:1kg-1.9kg
レビュー: 4.30点/5点

全対象ショップのレビューは計26件、その平均は4.30点(5点満点)。レビュー数が充実しており、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.30点26件

22位: スプーン印 上白糖 袋500g

商品説明

スプーン印上白糖袋500gは、おなじみのスプーン印上白糖1kgでは多すぎるという方のためのお手頃サイズの商品です。

スプーン印は三井製糖株式会社のブランドです。三井製糖は1947年に創業したお砂糖の製造販売を行う大手企業です。

そもそも、お砂糖が日本に伝わったのは8世紀奈良時代と言われています。16世紀に入ると南蛮貿易が盛んになりたくさんのお砂糖が輸入されるようになりました。そして18世紀以降になると江戸幕府によって国内でのお砂糖の生産が盛んになり、明治時代にはお砂糖が一般家庭にも広がりました。

お砂糖の成分のほとんどは蔗糖という糖質です。上白糖は蔗糖に転化糖液を加えて製造するので、水分を含んでしっとりとしていて、グラニュー糖より甘みが強いのが特徴です。実は世界ではお砂糖と言えばグラニュー糖が一般的で、上白糖はほぼ日本でのみ使用されています。

上白糖というと、あまりに身近な基礎調味料なので改めて新しい利用法を考えるということは少ないかと思いますが、三井製糖のホームページにはお砂糖を使ったおすすめレシピが紹介されていますので、いつも使っているお砂糖で新しい料理やお菓子に挑戦してみるのはいかがでしょうか。

11位: 上白糖 1Kg

商品説明
ごく少量の水分が保持されているため、しっとりとしてソフトな「上白糖」。甘味はグラニュ糖よりも強く、日本特有の砂糖としてパン、菓子類、アイスクリーム、飲料などに広く使われる万能タイプの砂糖です。上白糖は、高純度のファインリカーを使用して結晶化されますので、優れた加工適性を持っています。
商品詳細
  • 商品重量:1.02 Kg


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops