オリゴ糖 鉄板おすすめ人気ランキング10選【管理栄養士・予防医学士が健康のためになる商品を紹介!芸能人が愛用するマルチオリゴ糖も!】

オリゴ糖

ご協力いただいた専門家

管理栄養士・予防医学士:佐藤 彩香
管理栄養士・予防医学士:佐藤 彩香

健康を土台とした実践型の栄養サポートを行い、プロアスリート~スポーツキッズ、ダイエット希望の方など累計5000人を超える方と関わる。現在はパーソナル栄養サポート、セミナー講師、ライター活動、レシピ開発なども行いながら、「あなたのかかりつけ栄養士」として活動をしている。

ブログアイコン


男女問わず、健康への関心が高まっている昨今。

ダイエットでもただカロリーダウンするだけでなく、健康的で美しく痩せることを目指す人が増えています。 “美と健康”のカギを握るのは腸内環境の改善と言われていますが、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれると話題なのがオリゴ糖です。

ここでは、オリゴ糖の種類から、どんな効果や特徴があるのか? ダイエットに効果はあるのか? どんなふうに摂取するのがよいのか? 知っているようで知らないオリゴ糖の魅力に迫ります。

↓詳しく見る↓

安いオリゴ糖はこちら
最終更新日:2019-11-12  閲覧数:50838

管理栄養士・予防医学士さんが自信を持って紹介する2商品

「管理栄養士・予防医学士」の佐藤彩香さんに、おすすめのオリゴ糖を3商品ご紹介していただきました。


佐藤彩香さんプロフ
管理栄養士・予防医学士:佐藤 彩香

健康を土台とした実践型の栄養サポートを行い、プロアスリート~スポーツキッズ、ダイエット希望の方など累計5000人を超える方と関わる。
現在はパーソナル栄養サポート、セミナー講師、ライター活動、レシピ開発なども行いながら、「あなたのかかりつけ栄養士」として活動をしている。


1
高純度99.5%のオリゴ糖

佐藤彩香さんプロフ
佐藤彩香さん

オリゴ糖を健康目的で摂取したいのであれば粉末がおすすめ。

粉状のオリゴ糖は、オリゴ糖の含有量が高いものが多いのが魅力の一つ。オリゴ糖の成分を高めるために顆粒に加工する事で、99.5%という高純度に仕上げており、「質」がとても良いです。

甘味は液体タイプに劣りますが、料理に使うこともできますし、砂糖の代わりの甘味のアクセントとしても十分機能してくれるでしょう。

腸まで届きやすいラフィノース(ビートオリゴ糖)を原材料に使用しているところも魅力的ですし、原材料にもこだわりつつ、丁寧に作っている商品。

袋分けされているので、持ち運びもでき、外食が多い方も継続しやすいポイントです。

2
数種類のオリゴ糖が共同作業

佐藤彩香さんプロフ
佐藤彩香さん

上記で述べたように、オリゴ糖を健康目的で摂取したいのであれば粉末がおすすめです。

かつ、ここの商品は、数種類のオリゴ糖が入っているのが魅力的。

一般的には1種類のオリゴ糖で作られることが多いのですが、腸内のビフィズス菌も種類がさまざまなので、それに適応するとなると、数種類のオリゴ糖があるのは良いポイント。

また、使用方法の相談だけでなく、「健康管理士」による 健康・美容相談窓口を設けるなどのサポート体制も充実。

これからは自分にあった商品や方法を見つけていくのが大事です。

3
甘味料としてしっかりした役割

佐藤彩香さんプロフ
佐藤彩香さん

砂糖の代わりに使いたい、しっかりと甘さが欲しいという方には、液体タイプのオリゴ糖がおすすめ。

液体タイプは、粉状タイプより安価で手に入れやすいというメリットが。

ただし液体タイプのオリゴ糖は、添加物を含んだものが多いというデメリットも。そんな中、ここの商品は、着色料や保存料を一切使用していないので、どの年代の方も安心して使える商品になります。

毎日の食事に取り入れていくものであれば、余計なものが入っていない方が安心ですよね。

腸まで届きやすいビートオリゴ糖を原材料に使用しているところも、魅力の一つになります。

売れ筋ランキング10選を比較!価格や特徴は?

商品画像
商品名
価格
特徴
商品リンク
1
6375円
純度の高い粉末タイプ・品質推奨品
2
400円
植物由来・熱や酸に強い・シロップタイプ
3
446円
イソマルトオリゴ糖55%含有・コスパ良し
4
493円
乳果オリゴ糖・低カロリー・スティック包装
5
2284円
特定保健用食品・フラクトオリゴ糖・低カロリー
6
435円
オリゴ糖甘味料・カロリーカット
7
370円
乳酸菌を含有・ヨーグルト味
8
761円
シロップタイプ・カロリー控えめで使いやすい
9
2685円
ビート糖蜜から抽出・保存料着色料不使用
10
3240円
ラフィノース・純度99.5%
2019年5月現在の情報です。

オリゴ糖の種類

そもそもオリゴ糖とは?

腸イメージ

「オリゴ糖」の存在は知っていても、一体どんな性質のものなのか理解している人は少ないかもしれません。

オリゴ糖とは糖質の一種。糖はブドウ糖や果糖などの「単糖類」、デンプンやセルロースなどの「多糖類」、そして単糖類が複数結合して構成された「オリゴ糖」に分類されます。

オリゴ糖は、単糖類と多糖類の中間的な存在と言えます。

単糖類はすぐに消化吸収されるので血糖値を急上昇させますが、オリゴ糖を分解するための酵素を私たちは持っていません。そのため、オリゴ糖は胃や小腸・消化管で分解されずに大腸まで届けられるのです。

オリゴ糖にはいくつも種類がある

ヨーグルト

オリゴ糖は主に、乳糖・砂糖・デンプンと酵素の働きで生まれるものと、大豆・綿実殻・てんさいからつくられる2種類にわけられますが、原料の組み合わせによって、さまざまな種類のものがつくられています。

甘さが強い「乳果オリゴ糖(ラクトスクロース)」

原料は乳糖と砂糖。オリゴ糖のなかでも強い甘味があり、発酵ヨーグルトなどに使用されています。

“おなかの調子を整える”として特保マークの表示が認められています。

料理にも使いやすい「イソマルトオリゴ糖」

でんぷんからつくられるイソマルトオリゴ糖は、コクのある甘味が特徴。

はちみつ、味噌、醤油などの調味料にもよく使われ、熱や酸に強いため、料理向きのオリゴ糖です。こちらも特保マークの表示が認められています。

甘さ控えめの「フラクトオリゴ糖」

アスパラやニンニク、ゴボウや玉ねぎに含まれており、甘味は控えめ。製品の場合は、砂糖を発酵させてフラクトオリゴ糖がつくられていることが多いようです。

ミネラルの吸収、ビフィズス菌の増殖作用、カルシウム吸収促進、また高齢者の骨密度低下を抑制する効果も期待できます。ほかのオリゴ糖と同じように、特保マークの表示が認められています。

ビフィズス菌を増加させる「ガラクトオリゴ糖」

乳糖を原料につくられますが、ガラクトオリゴ糖は母乳や牛乳中にも天然物質として含まれています。

ビフィズス菌を増加させ、便秘改善、ミネラル吸収促進などの機能があり、熱や酸にも強いのでさまざまな食品に使われています。特保マーク表示認可。

腸内細菌を活性化する「大豆オリゴ糖」

大豆に含まれるオリゴ糖で、味噌や醤油などの大豆製品に多く含まれています。腸内細菌を活性化させ、ほかのオリゴ糖よりも少ない量で便秘解消や腸内環境改善に効果が期待できます。

また、熱や酸に強く、砂糖に近い甘味もあります。特保マーク表示認可。

ざっとあげただけでも、これだけの周囲があるオリゴ糖。甘みの強さや味、特徴はそれぞれのオリゴ糖で異なるため、効果的に摂取するには、ちょっとしたコツが必要になります。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops