中濃ソースの使い方は?おすすめランキングほか

海外から流れてきたソースという食文化は、私達の生活と密接な関係にあります。古くから日本にある醤油には劣るものの、その歴史は長く、日本国内に流れ込んだのはなんと江戸時代に遡るという説もあるほど。そんな長い歴史を持つソースは、醤油と共に食生活には欠かせない存在で、どのような料理にかけても味や香りが食欲をそそり、料理をより美味しいものへと昇華してくれるものです。日本人にも馴染み深いソースには、ウスターソース、中濃ソース、とんかつソースの3種類があることは皆さんもご存知のはず。それではこれらにはどのような違いがあるのでしょうか。今回は中濃ソースに焦点をあて、カロリーやおすすめの使用法、代用方法についてご紹介していきます。

中濃ソースってどんなソース?

身近な調味料として今や醤油と共に私達の食卓には欠かせない存在になったソース。ソースは主にウスターソースと中濃ソース、そしてとんかつソースの3種類がありますが、それぞれ微妙に味も香りも異なります。それでは具体的にどのような違いがあるのかについて見ていきましょう。

まずは中濃ソースについてですね。中濃ソースはその名からも分かるように濃さが真ん中で、味、香りについてもウスターソースととんかつソースの中間に位置するソースとなります。一般的にソースは粘度と味、辛味の違いで分けることができ、中濃ソースはそれなりにとろみがあり、味については辛味と甘み、そして酸味のバランスが良く、何に使っても美味しい、オールラウンダーです。

次にウスターソースととんかつソースについて見ていきましょう。ウスターソースは皆さんもご存知の通り、とろみが少なく、どちらかというと醤油に近い見た目をしていますが、その味は辛味が強く、スパイシーな香りが強いという特徴を持っています。これに対してとんかつソースはウスターソースとは全く逆で、とろみが多いのが特徴的ですね。とんかつソースの味については、甘みが非常に強く、ウスターソースのような辛味や酸味はほとんどありません。

JAS規格では、ソースの味よりも粘度の差に重きを置いており、ウスターと中濃、濃厚ソースのそれぞれに明確な定義付けがなされています。その定義とは、ウスターソースが0.2Pa・S未満であること、中濃ソースが0.2 Pa・S以上2.0 Pa・S未満のもの、濃厚ソースは2.0 Pa・S以上のもの、というものです。「Pa・S」は液体の粘度を意味する単位で、したがってそれぞれが粘度によって区分けされていることが分かりますね。

中濃ソースの魅力は、ウスターソースには無い甘さがある点、そしてとんかつソースのような濃厚ソースには無い辛味や酸味がある点ですよね。両者のちょうど中間に位置する中濃ソースは2つの良いとこ取りをしてしまうソースで、汎用性の高さが魅力となります。オールラウンダーで料理に使用するのも良いですし、できあがった料理にかけて食べるのも良いという、どこにも使える、何にも使えるのが魅力です。ちなみに、関西地方では中濃ソースは一般的に知られてはおらず、主に東日本にて親しまれている調味料、という小ネタも知っておくと話のネタになるかもしれませんね。味わったことがないという関西の方、ぜひ中濃ソースを使ってみてください。

中濃ソースのカロリーはどれくらい?

調味料は料理の味を微調整するために必要で、食卓には欠かせないものですが、かけすぎてしまうと健康に悪影響を及ぼしてしまいますので注意が必要です。ダイエットを気にしている人にとっては調味料が持っているカロリーも気になるところだと思いますので、中濃ソースのカロリーについてご紹介していきます。

中濃ソースのカロリーは100gあたり、およそ130kcal前後となっています。発売されているメーカーによっては多少の上下がありますが、100kcalを切ることはありません。100gという量が分かりにくいかもしれませんので、大さじ1あたりにこの値を換算すると、だいたい20kcal程度となります。少しだけかけて味を微調整するだけならば特に気にならないカロリーではありますが、フライや揚げ物などにかけると、ただでさえ食事の方のカロリーが高いにも関わらず、より高めてしまうことになりますので注意が必要ですね。

カロリーの高い調味料として有名なのは、やはりマヨネーズです。マヨネーズのカロリーは100gあたり、なんと約700kcalとなっています。ごはんは100gで168kcalであることを考慮しても、異様に高カロリーであることが分かりますね。この他には油系の調味料はカロリーが高く、たとえばバターやマーガリン、ラー油といったものにも注意した方が良いかもしれません。これは逆に言えば中濃ソースは比較的低カロリーで済んでいると捉えることもできますね。

それでは逆に低カロリーの調味料にはどのようなものがあるのでしょうか。日本人なら誰でも使用する醤油は、大さじ1あたりおよそ18kcalと、中濃ソースとあまり大差がありません。実はお酢関係が低カロリーで、米酢はおおさじ1あたり7kcal、リンゴ酢はおよそ4kcalなど、ほとんどが10kcal以下になっています。また果汁関係も酢と同じく低カロリーで、4kcalから5kcal前後のものが多いです。少塩多酢、という造語が健康のスローガンに掲げられていることがありますが、確かにカロリー面を考慮しても酢を使った料理は体に良さそうですね。

カロリーだけを考慮すると比較的低カロリーな中濃ソースですが、塩分を考慮すると、やはりかけ過ぎは禁物です。中濃ソースの塩分含有量はウスターソースや醤油などよりも少ないもののそれでも全く無いわけではありません。最近では減塩のソースなども販売されていますので、塩分が気になるという方はこういったソースを使用することをおすすめします。

中濃ソースの使い方は? | 代用方法も

関西地方ではあまり馴染みのない中濃ソースは、使い方が分からないという方も多いかもしれませんが、使うタイミングは人それぞれですし、あまり気にせずに使ってみることをおすすめします。味わいはソースでありながら若干甘く、ウスターソースのようなスパイシーな香りと濃厚ソースのようなとろみを合わせ持っていて、まさに両者の中間に位置するソースです。かける対象になる食べ物も幅広く、濃厚ソースのようにとんかつなどにかけても美味しいですし、お好み焼きやたこ焼きなどにかけることもありますし、フライにかけて食べても美味しいです。関西ではスーパーにて販売されていないことが多いので、ネットショッピングを活用して、ぜひご賞味ください。

少々凝った中濃ソースの使い方としては、料理に混ぜて使用するという方法が挙げられますね。焼きそばや焼きうどんの味の決め手に中濃ソースを使うと、醤油やめんつゆなどでは出ない深いコクが生まれ、また香辛料の香りを程良くまとうことになります。また、他の調味料と混ぜて使用することも多いですね。中濃ソースとケチャップを混ぜて火にかけ、デミグラスソースを作って楽しんだり、ハンバーグに中濃ソースとマヨネーズを混ぜた特製ソースをかけて食べたりなど、調味料との合わせ方も自由自在です。

もしも近場にて中濃ソースが手に入らないのならば、代用することも可能です。中濃ソースは濃厚ソース(とんかつソース)やウスターソースを活用することで代用できますので、ぜひ実践してみてください。

濃厚ソースを使った中濃ソースの作り方は、濃厚ソースに酢とケチャップを混ぜるだけというシンプルなもの。分量の割合は濃厚ソース3に対して酢1、ケチャップを1/2から1程度の割合です。お好みソースなどの甘めの濃厚ソースでも作ることができます。割合は目安ですので、もう少し味を変えたいという方はそれぞれの割合を少しだけ変化させるのも良いでしょう。

ウスターソースを用いて中濃ソースを作る際には、ウスターソースと濃厚ソース(とんかつソース)を1:1の割合で混ぜてみましょう。もう少し辛くしたいならばウスターソースの量を増やして微調整してみると、好みの味に近づきます。中濃ソースはウスターソースと濃厚ソースの中間の味なわけですから、2つを掛け合わせればちょうど真ん中の味ができあがる、と覚えておくと良いかもしれません。中濃ソースを味わったことが無いけれど、買うほどでもないと思っている方は、こういった代用方法でぜひ関東の味を楽しんでみてください。

中濃ソースおすすめランキング

5位: カゴメ 醸熟 中濃ソース ペット500ml

カゴメ 醸熟 中濃ソース ペット500ml
3193円お得
¥42/100ml ¥212/個
64%安

4位: ふらの農協 厳選野菜ソース中濃 ペット300ml

ふらの農協 厳選野菜ソース中濃 ペット300ml
¥81/100ml
31%安
¥243 ヨドバシカメラ
¥270 (x10) Amazon(アマゾン)

3位: トキハソース 新生ソース 濃厚 200ml

トキハソース 新生ソース 濃厚 200ml
¥270/100ml ¥540/個

2位: ブルドック 有機野菜使用糖類カロリーハーフソース ペット300ml

ブルドック 有機野菜使用糖類カロリーハーフソース ペット300ml
584円お得
¥91/100ml
¥274 ケンコーコム
¥277 (x3) Amazon(アマゾン)
他3ショップ

1位: ブルドック 中濃ソース ボトル500ml

ブルドック 中濃ソース ボトル500ml
¥42/100ml
64%安
¥212 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥213 SEIYUドットコム(西友)
他4ショップ

商品説明

「ブルドック 中濃ソース 500ml」はブルドッグから発売されている、中濃タイプのソースです。

中濃ソースとはスパイシーな味わいでさらっとしたウスターソースと、甘みがあり濃厚でマイルドなとんかつソースの2つを足して2で割ったような中間の味わいを持っています。2つのソースのそれぞれの良さが活かされている万能ソースともいえます。ソース選びに迷った時はまず中間の中濃ソースを選ぶと、お好み焼き、たこ焼き、コロッケなどのフライにもよく合います。

原材料にはトマト、プルーン、りんご、レモン、にんじん、たまねぎの野菜とフルーツが使用されています。栄養成分は大さじ1杯を15mlとしてエネルギーは23kcal、炭水化物5.5g、ナトリウム384mg、食塩相当量1.0g、たんぱく質は0.1g、脂質は含まれていません。また着色料、増粘剤、化学調味料、甘味料の食品添加物は加えておりません。

500mlサイズはキッチンに常備しておくのにちょうどいいサイズです。そのほか一人暮らしの方やソースをあまり使わない方には300ml、テーブルの上に置いておくのにぴったりな170ml、60mlの小さなサイズも販売されています。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。