ホワイトソースの使い方の基本は?おすすめ商品も

ホワイトソースは名前の通り、小麦粉やブイヨンなどを使って、白い牛乳を煮詰めて作られています。「ベシャメルソース」とも呼ばれていますが、こちらはフランス料理に使われています。ホワイトソースのカロリーは100gで147kcal、これを生クリームに変えると422kcalとカロリーが上がり、豆乳にした場合は46kcalにカロリーをおさえることができます。調味料などを加えやすい、比較的アレンジしやすいソースです。ホワイトソースの定番メニューには、「クリームシチュー」や「グラタン」などがあります。ほかに「クリームパスタ」や「チーズフォンデュ」のような、手軽にホワイトソースを使ったアレンジレシピについてご紹介します。

ホワイトソースのカロリーはどれくらい?

ホワイトソースは温めた牛乳をゆっくりかきまぜながら、小麦粉とバターを少しずつ加えてルーを作ります。ホワイトソースを作るのが面倒だったり、急いでいるときなどは、生クリームを入れて作る簡単な方法もあります。牛乳や生クリームの代わりに豆乳や豆腐を加えればよりヘルシーになり、カロリーを減らすことができるでしょう。

ホワイトソースのカロリーですが、100gで147kcalになります。ホワイトソースの代わりに生クリームを用いると、同じ100gで422kcalにもなるため、カロリーオーバーではないでしょうか。植物油を使った生クリームの方が、カロリーが低めです。しかし、生クリームを使った方がルーにコクが出るようです。これを豆乳にすれば、100gでわずか46kcalとなり、いかに豆乳がヘルシーであるかがわかります。ただし、豆乳は少し味にクセがありますから、味が気になる場合は豆乳の分量をおさえめにして、少しずつ加えていかれた方がよろしいでしょう。

豆乳の味があまり好きではない場合などは、豆腐を代用する方法があります。豆腐は、豆乳から作られます。豆乳ににがりを加えて固めたものが、豆腐です。木綿豆腐のカロリーは100g中72kcalで、豆乳の46kcalより栄養があります。豆乳の代わりに豆腐を用いる場合は、水分が足りませんから牛乳を加えてください。

クリームシチューは、ホワイトソースで作る代表的な料理ですが、そのカロリーは一皿で269kcalになります。野菜を入れれば、カロリーはそれほど上がりませんけど、肉やソーセージなどの具をたっぷりにすると、カロリーアップとなります。クリームシチューは、パスタやグラタン、ドリアなどのあらゆる料理に使うことができます。カレー粉を加えると、「カレーシチュー」になります。クリームシチューが余ったら、ほかの料理にアレンジしましょう。

グラタンもまた、ホワイトソースをベースにして作られます。グラタンの場合は、マカロニを使ったグラタンだと一人前で488kcalになります。ご飯を使ったドリアにすると591kcalとなり、バターライスやチーズなどを加えた分だけカロリーが増えます。同じドリアでも、ヘルシーな鶏肉を使った「チキンドリア」と、魚介類がたっぷり入った「シーフードドリア」では、カロリーが異なります。カロリーを控えめにしたい場合は、野菜やきのこなどの低カロリーの食材を使いましょう。

ホワイトソースの使い方の基本 | アレンジレシピも

ホワイトソースで作る料理としてよく知られているのは、ドリアやグラタンなどでしょう。購入する人が使いやすいように、ドリア用のホワイトソースには「ドリアソース」、グラタン用のホワイトソースには、「グラタンソース」などという名前がつけられています。もっとも、グラタンをドリアソースで食べたとしても、それほど違和感はないようです。

クリームコロッケなども、ホワイトソースで作ることができます。クリームコロッケを作る場合は、爆発させないように気をつけてください。水分の多いクリームコロッケは、空気をしっかり抜きながら作らないと、油で揚げている最中に爆発の原因になります。特に、中身に水分の多いエビやカニを入れる場合に注意が必要です。エビやカニの水分をしっかり蒸発させてから入れるようにしましょう。

クリームパスタは、ホワイトソースをパスタにかけるだけの簡単な料理です。人気の高い「カルボナーラ」は、卵とホワイトソースで作ります。ベーコンと黒コショウのきいた美味しいクリームパスタです。牛乳だけで生クリームがなくても、カルボナーラを美味しく作れます。また、クリームパスタのアレンジレシピとしては、ホワイトソースにカレー粉を加えた「カレークリームパスタ」、また、ホワイトソースに味噌を加えると、和風のパスタになります。ほかにも、鮭フレークを加えたり、タラコを入れたり、なんでも加えることができるのが、ホワイトソースの使いやすさでしょう。

ホワイトソースにローリエやナツメグなどのスパイスを少し加えると、牛乳臭さが気にならなくなります。牛乳が苦手な方は、香辛料を使ってみてください。ただし、ホワイトソースにブイヨンやコンソメ、クレイジーソルトなどを加える場合は、塩分の量に気をつけましょう。

チーズフォンデュなどにも、ホワイトソースが使われています。ホワイトソースが余ったら、少量でも作れますから、野菜などをつけて食べるときに重宝します。ただし、チーズフォンデュは、チーズを多めにするとカロリーが高くなってしまいますけど、カロリーが気になる場合は、ホワイトソースを多めにしたり、チーズの種類を変えてみるのもよいでしょう。カッテージチーズなどは、100gにつき105kcalとチーズにしては低カロリーですが、クリームチーズは346kcalでカロリー高めです。味のお好みもあるかと思いますけど、チーズフォンデュを食べる際には、チーズ同士のカロリーを比較してみてください。

ホワイトソースのおすすめ

5位: リケン ホワイトソース 1Kg

リケン ホワイトソース 1Kg
¥148/100g

4位: ママー クッキングソースホワイトソース袋160g

ママー クッキングソースホワイトソース袋160g
¥111/100g
38%安

3位: ハインツ ホワイトソース EO缶290g

ハインツ ホワイトソース EO缶290g
41円お得
¥66/100g
63%安
¥191 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥192 SEIYUドットコム(西友)
他7ショップ

2位: ハインツ ホワイトソース特選 EO缶290g

ハインツ ホワイトソース特選 EO缶290g
¥113/100g ¥328/個
37%安
¥328 (x4) Amazon(アマゾン)
¥386 イトーヨーカドー

商品説明

「ハインツ ホワイトソース特選 EO缶290g」はハインツが開発した、レストランの味がご家庭でも手軽に味わえるホワイトソースが入った缶詰タイプの商品です。

1缶はご家族でも一緒に楽しめるサイズで、内容量は290g。カロリーは1缶125kcalです。

ハインツでは1974年から業務用としてホワイトソースを発売しました。こちらの特選シリーズはレストランやカフェなどのプロの味を家庭でも楽しめるように作られ販売されています。

原材料に含まれる野菜は玉ねぎ、セロリ、それらにバターと生クリームをたっぷり使用し、白ワインを加えてコク深く上質に仕上げています。

牛乳や豆乳を加えてクリームシチューにはもちろん、お好きな野菜を入れて作るスープにクリーム煮、グラタンソース、パスタソースとして使うなどアレンジすれば幅広く活用できます。ホワイトソースが好きな方にはぜひ試していただきたいプレミアムなソースです。1缶常備しておくと忙しいときの時短料理にもなり味は本格派。一人暮らしの方でも料理のレパートリーも広がりますのでおすすめです。なお乳製品、小麦粉、大豆、鶏肉が含まれますのでアレルギーのある方はお気をつけください。

1位: ハインツ そのまま使える!ホワイトソース 210g

ハインツ そのまま使える!ホワイトソース 210g
¥97/100g
46%安
¥203 ヨドバシカメラ
¥204 SEIYUドットコム(西友)
他5ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。