バーベキューソースのカロリーは?おすすめほか

バーベキューソースは、バーベキュー用に作られたソースですが、普通の料理の味つけとしてもご利用になれます。「BBQソース」と表記されている商品もあります。バーベキューソースのカロリーは、大さじ1杯分(15g)で8kcalですが、ほかのソースに比べると少なめです。焼肉のタレなどと比較されがちなバーベキューソースですが、バーベキューに用いる以外にも、さまざまな料理で使うことができます。スペアリブや鶏もも肉を作る際に、バーベキューソースはピッタリです。ほかにも、焼きそばのソースにしたり、チキンナゲットにつけて食べられます。バーベキューが終わったあとで、ソースが余ってしまった場合のご利用方法などをご紹介します。

バーベキューソースのカロリーはどれくらい?

バーベキューソースのカロリーは、大さじ1杯分(15g)で8kcalになります。ほかのソースに比べてカロリー少なめですが、バーベキュー時の肉や野菜の味を引き立てるためにシンプルな味つけがされています。カロリーが少なめなかわり、ビタミンやミネラルなどの栄養価もありませんけど、バーベキューソースはつけて食べる肉でたんぱく質を、野菜からはビタミンが十分に取れますから、それを考えての味つけでしょう。

ちなみに、バーベキューの本場はアメリカですが、アメリカで販売されているバーベキューソースとは、かなり味が違っています。日本で販売されているものは、日本人好みの味に改良されているようです。もともとバーベキューは、アメリカで豚を丸焼きにして食べる風習から始まったもので、家族だけでは一頭の豚を食べることができず、近所の人を集めて食べたのがはじまりとされています。日本式のバーベキューには、牛肉や豚肉以外にソーセージ、玉ねぎ、しいたけ、ピーマン、ナスなどの野菜がふんだんに使われています。アメリカのバーベキューでは、肉が多いイメージがあります。

バーベキューソースのベースとなっているのは、ウスターソースやトマトケチャップで、それにニンニクやショウガ、果汁などが加えられています。これらの内容から、バーベキューソースを手づくりすることもできますが、手づくりのバーベキューソースは雑菌が入りやすく、特にキャンプ場などでバーベキューをする場合の保存には注意が必要です。バーベキューソースを手づくりする場合は、できるだけバーベキューを開始する直前に作り、その場で使い切ることでしょう。バーベキューは夏場に開催されることも多く、食中毒が心配されますから、肉やときには魚介類も食べるバーベキューの食材の扱いには、十分な注意が必要です。

最後に、バーベキューソースと焼肉のタレの違いですが、焼肉のタレは醤油がベースとなっています。バーベキューソースの方がドロッとしています。一般的に焼肉は、焼肉の方をタレにつけて食べますが、バーベキューでは串刺しにした食材にバーベキューソースを塗って焼くことが多いため、タレがしたたり落ちないような粘度に調整されています。焼肉のタレのカロリーは、大さじ1杯分(17g)で32kcalほどです。イメージ的には、焼肉のタレの方が和風でヘルシーなように思えますが、バーベキューソースよりカロリーが高いのは、砂糖や黒蜜など甘味のある成分が含まれているからではないでしょうか。

こんなアレンジの仕方も?バーベーキューソースの使い方

バーベキューが終わったあとでソースが余ってしまった場合ですが、バーベーキューソースにはウスターソースやトマトケチャップが含まれていますから、いろんな料理にご利用になれます。また、バーベーキューソースにマヨネーズやマスタードなどを加えて、ディップソースのようにして食べることもできます。バーベーキューソースが少量の場合は、ほかのソースを足すのもよいでしょう。

焼きそばを焼くときに、ウスターソースや中濃ソースをお使いになるかと思いますが、バーベーキューソースを使うのも良いのではないでしょうか。焼きそばの具には、豚肉やニンジン、ピーマンなどの野菜を入れましょう。また、たこ焼きやお好み焼きなども、バーベーキューソースをつけると洋風な味になります。シューマイにバーベーキューソースは合わないように思えますけど、シューマイに付き物のマスタードを加えると、それほど違和感なく食べられるかもしれません。余ったバーベーキューソースを食卓に出しておけば、いろんなおかずをつけて食べることができるでしょう。

スペアリブや鶏もも肉を食べる際に、バーベーキューソースは役に立ちます。スペアリブや鶏もも肉をバーベーキューソースに漬けておき、冷蔵庫でひと晩ほど寝かせます。あとは、オーブンやフライパンでじっくりと焼きあげましょう。スペアリブは、お酒のつまみやおかずとして美味しく食べられます。

また、バーベーキューソースは「チキンナゲット」に合います。チキンナゲットの作り方ですが、鶏肉をミンチにしたら一口大のハンバーグのようにまとめて、塩・コショウで軽く味つけします。チキンナゲットに唐揚げ粉をまぶして、170〜180℃の油で揚げてください。アツアツのうちに、バーベーキューソースをつけてお召し上がりください。

野菜の肉巻きを作る際にも、バーベーキューソースで手軽に食べることができます。豚のばら肉を巻きつける野菜は、なんでもかまいません。ただ、ぶ厚いと豚肉が巻きつけにくいので、巻きつけやすいようにスティック状にカットしておくとよいでしょう。アスパラガスやいんげんなどは、豚肉に巻きつけやすい食材です。また、豚肉を巻きつけるときに、野菜と豚肉の間にスライスチーズをはさむと、より美味しく仕上がります。スライスチーズをはさむときは、チーズが溶け出さないように豚肉をチーズにかぶせるようにして焼いてください。最後に、バーベーキューソースをからめれば出来上がりです。

バーベキューソースのおすすめ

3位: ハンツ バーベキューソース オリジナル 510g

ハンツ バーベキューソース オリジナル 510g
¥114/100g

2位: ハンツ バーベキューソース ハニーマスタード 510g

ハンツ バーベキューソース ハニーマスタード 510g
¥114/100g

1位: 信州自然王国 環境栽培 バーベキューソース 260g

信州自然王国 環境栽培 バーベキューソース 260g
¥187/100g

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。