おすすめのおいしいマヨネーズ

マヨネーズ

今日のテーマは「マヨネーズ」。大人から子供まで愛される調味料で、一時期マヨラーというのも流行りましたよね。

好きな人はサラダにも何にでもかけてしまうマヨネーズ。今回はマヨネーズ大好きさんにも、そうでない人にも役立つ、マヨネーズについてご紹介し、おすすめ商品から最安ショップまで徹底解剖していきたいと思います。


おすすめのマヨネーズ

まず最初に実際におすすめのマヨネーズを紹介します。スマートショッピングでは同時に価格比較もしているので、おいしいマヨネーズをお得にゲットしましょう。


1. キューピー マヨネーズ カープロゴ付 450g

キューピー マヨネーズ カープロゴ付 450g
¥47/100g
61%安
キューピー マヨネーズ カープロゴ付 450g
¥212 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥255 イトーヨーカドー
他5ショップ

言わずと知れたキューピーマヨネーズ。1925年の発売以来100年に近い歴史があります。日本ではマヨネーズシェアの実に6割を占めており、圧倒的な認知度を誇りっています。キューピーは積極的に海外展開を行なっており、愛好者が続出するなど、海外からの評価も非常に高いです。

お味の方はかなりパンチの効いた味になっています。卵黄のみを使用したタイプで、その濃厚な卵の味わいと、しっかりと感じる酸味がよくマッチしています。マヨネーズがしっかりと主張するので、マヨネーズ感を求めているならまず間違いない商品です。隠し味として用いる場合も、しっかりと料理に味を添えてくれます。いろんなマヨネーズを試して、この味に戻ってくる方も多いようです。

気になるカロリーの方は大さじ一杯(15g)100kcal。カロリーオフになっていないマヨネーズの中では標準レベルとなっています。カロリーがきになる方は、同社が展開するカロリーオフ製品に注目してみてください。

さっぱりしたマヨネーズがいいという志向をお持ちでない方は、まずこのキューピーマヨネーズをおすすめします。そのしっかりした味から本当にどんな料理にでも合うので、汎用性の高い製品です。ちなみに、マヨネーズはただかけるだけでなく、揚げるときに用いたりちょっと焼いてみたりと少し手を加えるだけで料理の顔をガラッと変えてくれます。そんなレシピがキューピーのサイトでまとめられているので、ぜひ一度ご覧になってください。


2. キューピー マヨネーズ プロユース マヨネーズ チューブ 1Kg

キューピー マヨネーズ プロユース マヨネーズ チューブ 1Kg
120円お得
¥56/100g
53%安
キューピー マヨネーズ プロユース マヨネーズ チューブ 1Kg
¥560 Amazon(アマゾン)
¥609 LOHACO(ロハコ)
他1ショップ

「キューピーマヨネーズ プロユース マヨネーズ1kg」は、マイルドな味にコクをプラスして仕上た全卵タイプのマヨネーズです。業務用のマヨネーズとして多くの店舗で愛用されています。

普通のマヨネーズより、酸味が抜けてマイルドで、あっさりした味わいになっています。いつものキューピーの酸味のある味わいを予想していると面食らうので注意が必要です。「酸味」「塩味」「うま味」がうまく調和しているため、どのような素材の味も引き立ててくれます。ポテトサラダをはじめとして、サラダに非常によく合います。他にも用途は幅広く、サンドイッチにはもちろん、自分でタルタルソースを作る場合や、グラタン・ピザ、マヨネーズ炒めなどにも活躍します。

1ヶ月では使い切る必要がありますが、マヨネーズ好きにはガンガン使えて嬉しい大容量サイズ。日常でパンやおかずや果てはご飯までマヨネーズをかけるようなマヨラーの方、家族みんなマヨネーズが大好きというご家庭の方はぜひ。業務用とは言いますが、ご家庭で広く用いられています。


3. キューピーマヨネーズ キューピーハーフ 400g

キューピーマヨネーズ キューピーハーフ 400g
¥48/100g
60%安
キューピーマヨネーズ キューピーハーフ 400g
¥193 SEIYUドットコム(西友)
¥255 イトーヨーカドー
他7ショップ

"キユーピー キューピーハーフ 400g"は、カロリーを気にする方向けのマヨネーズ。マヨネーズは油が多い性質上、どうしても高脂質・高カロリーになりがちの商品の代表格ですよね。カロリーを50%カットすることで、通常のマヨネーズよりあっさりとした味わいになり、かつカロリーに配慮することが可能になりました。

独自の「マイクロエマルション製法」と「たまごおいしさ製法」によって、卵のコクを最大限に活かしつつ、油の粒子を微細にすることで、マヨネーズとしてのおいしさを保ったままカロリーを抑えることに成功しています。逆に若干すっぱい通常マヨネーズより、ハーフのあっさりした味わいのほうが好きな方も多いようです。


4. ピュアセレクト マヨネーズ 袋600g

ピュアセレクト マヨネーズ 袋600g
¥80/100g
34%安
ピュアセレクト マヨネーズ 袋600g
¥477 Amazon(アマゾン)
¥477 LOHACO(ロハコ)
他1ショップ

マヨネーズではキューピーと双璧をなしている、味の素のピュアセレクト。菅野美穂さんのCMでよく知っているという方も多いのでは。マヨネーズの材料である卵、酢、油にとことんこだわることを掲げています。卵にはとれてから3日以内の国産たまご、ピュアセレクトエッグのみを使用しています。

お味の方はまろやかな味わい。全卵タイプでさっぱりとしており、口に残らずスッと溶けていきます。マヨネーズ自体の主張は薄めなので、料理の味を邪魔しません。自然な味わいが好きという方に愛好者が多く、一度ピュアセレクトを試してしまうと、他のマヨネーズが濃くしつこく感じることもあるようです。筆者が試してみたところ、味の薄めの食材に合うなと感じました。

カロリーの方は大さじ一杯(15g)あたり110kcal。キューピーと比べるとやや高めです。カロリーを気にされるなら味の素もカロリーカットタイプのマヨネーズを多く出しているので、そちらを試してみることをおすすめします。

全体的に、自然な味わいのマヨネーズを好まれる方におすすめです。素材の鮮度・品質にもこだわっているので、健康を気にされる方にも一度チェックしていただきたい商品です。


5. 松田のマヨネーズ 辛口 袋300g

松田のマヨネーズ 辛口 袋300g
¥169/100g
松田のマヨネーズ 辛口 袋300g
¥508 Amazon(アマゾン)
¥509 ケンコーコム
他1ショップ

マヨネーズを調べたことがあるなら誰もは一度は見たことのある、株式会社ななくさの郷の「松田のマヨネーズ」。「究極のマヨネーズ」と呼ばれることも。テレビでもよく紹介されており、最近では「マツコの知らない世界」でも絶賛を受けました。、その美味しさの秘密は埼玉と群馬の県境にある自然に溢れた土地で、創業から変わらずたまごを素手で割るところから始める製法。さらには全てが無添加で、一つ一つこだわった素材。作る環境から製造過程、素材までとことんこだわり、自然派を追求したマヨネーズです。

一つ小話を書いておきます。製造者である松田さんのこだわりで、砂糖ではなく蜂蜜を使用。昔一度JAS法で砂糖を使っていないものはマヨネーズとは認められないという宣告を受けたのですが、消費者の署名運動により、結局JAS法の記述まで変えてしまいました。それほど影響力の大きい商品です。

味の方は濃厚ですが脂っこさがなく、まさに優しい味わい。マヨネーズのツンとくる酸っぱさがなく、卵と油自体の味がしっかりと感じられます。自然な味わいを求める人におすすめです。味のバリエーションとして甘口と辛口があり、その差はマスタードの量。甘口の方は蜂蜜が使われていることもあるのでしょうか、とことん甘い味わい。それだけで食べても非常に美味しく、クセになる方が続出しています。辛口の方は酸味が強いわけではなく、甘口よりマヨネーズ感があり、同じく優しい味わいです。

価格の方は大手メーカーと比べると少々高めとなっています。スーパーではあまり見かけず、デパ地下などで取り扱われていますので、探すのが面倒という方は通販での購入がおすすめです。

その素材にこだわった自然な味わいに魅了される方が多く、非常に人気の商品です。素材の安全を気にされる方、現在使っているマヨネーズが濃くて満足できないという方は、ぜひ一度試してみてください。


6. 創健社 有精卵マヨネーズ 袋300g

創健社 有精卵マヨネーズ 袋300g
37円お得
¥115/100g
創健社 有精卵マヨネーズ 袋300g
¥344 ヨドバシカメラ
¥386 ケンコーコム
他1ショップ

合成食品添加物なしの商品にこだわる創健社の、「有精卵マヨネーズ」。その特徴は何と言っても有精卵を材料に使っていることです。有精卵とは、通常の無精卵では狭い土地で雌鶏のみを飼育して卵を産ませるところを、雄鶏と一緒に放し飼いをして、自然に交配出来る環境で取られた卵のことです。実は栄養や味の観点から見ると、有精卵は無精卵と変わりません。それよりも通常よりコストをかけて飼育され、こだわりの資料で育てられていることが美味しさの秘密になっています。

そのこだわりの卵を使ったマヨネーズはかなり濃厚で、卵の味が前面に出た味わいとなっています。それでいて油っこさがなくまろやかな仕上がり。卵の味わいをしっかり感じたいという方におすすめです。

ちなみに、卵だけでなく材料にこだわっています。調味料は使用せず、使われるなたね種子は遺伝子組換えを使用していません。キューピーやピュアセレクトと比較するとお高めの価格設定ですが、それに見合う製法のこだわりが込められています。安全志向の方にはおすすめしたい商品です。


7. オーマイ プラス アマニ油入りマヨネーズ 袋200g

オーマイ プラス アマニ油入りマヨネーズ 袋200g
251円お得
¥138/100g
オーマイ プラス アマニ油入りマヨネーズ 袋200g
¥275 ヨドバシカメラ
¥278 (x2) Amazon(アマゾン)
他5ショップ

「オーマイプラス アマニ油入りマヨネーズ」は日本製粉の大ヒットマヨネーズ。里田まいさんが健康に気をつける中で使用していると報道されて以来大人気となったアマニ油を使っており、健康志向の方にお勧めしたい商品です。ちなみに、「オーマイ」はアマニ油自体も売り出しており、アマゾンでベストセラーの商品になっています。

では、アマニ油にはどのような効果があるのでしょうか?そもそも、アマニ油が注目されたのは、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸(一部の脂肪酸の総称)が含まれているからです。よく知られたものでは、魚に多く含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)があります。これらは、日本人の魚離れとともに不足していると言われる栄養素です。これが不足した場合、欠乏症上として高血圧、中性脂肪の増加に始まり、果ては心臓疾患にもつながると言われています。毎日摂取することで、これらの予防に効果があると言われています。

このアマニ油入りマヨネーズでは、そんなオメガ3脂肪酸を大さじ2杯で1日の摂取量をクリアできます。味の方は塩分控えめで軽めな印象。キューピーのようにパンチのある味わいではなく、あっさりしています。あっさり派の方に。

どうせマヨネーズを食べるなら、健康的な栄養と一緒に食べたいですよね。そんな健康志向の方に、ぜひおすすめです。アマニ油は、日本では藤原紀香さんのブログで紹介されたり、永作博美さんが愛用していると報道されるなど、強い人気を誇っています。ちなみに海外に目を向けるとトップモデルのミランダ・カーも積極的にとっているとか・・/p>


8. キューピーマヨネーズ 卵を味わうマヨネーズ(瓶) 250g

キューピーマヨネーズ 卵を味わうマヨネーズ(瓶) 250g
105円お得
¥493/100g
キューピーマヨネーズ 卵を味わうマヨネーズ(瓶) 250g
¥1,232 Amazon(アマゾン)
¥1,324 ケンコーコム
他2ショップ

キューピーが高級路線として発売した、この「卵を味わうマヨネーズ」。いつものパッケージではなく瓶入りで、高級感を窺わせますね。デザインも可愛くこだわりがあります。強気な価格設定に関わらず、発売当時から品薄状態が長き予約が続出したという、人気の高い商品です。

卵を味わうという名前の通り、「エグロワイヤル」というこだわりの卵を使用しています。この卵は洋菓子やフランス料理によく使用されるものとして知られています。口に入れると濃厚な黄身の味が広がり、非常にインパクトのある味わいとなっています。キューピーらしくぶどう酢の酸味をしっかりと感じる味わいです。そのまま食べても非常に美味しく、シンプルなものと合わせた方がマヨネーズ自体の味が生きるのでおすすめ。パンや温野菜などにかけるだけで、高級感のある食卓にしてくれます。

そのお味からカロリーが高いかと思いきや、通常のキューピーマヨネーズと変わりません。また、日本では見慣れない瓶入りのマヨネーズは密封性が高く、マヨネーズの味を落としてしまう酸化を防いでくれます。味、カロリー、品質に強くこだわりを持った商品です。通信販売や一部の百貨店、小売店での限定販売ですので、お手軽に買おうと思うと通販で買うのがおすすめです。

なかなか手が出にくい価格ではあるかと思いますが、その味、品質へのこだわりから、マヨネーズが好きなら一度は試すべき商品です。また、ちょっとしたプレゼントとしても非常に喜ばれるので、そちらの用途にもぜひ。普段そんなにこだわった調味料を使わないという方に喜ばれること請け合いです。


マヨネーズの基礎知識

マヨネーズの消費量

まず、マヨネーズとは、油と酢、を混ぜた半固体状のドレッシングのことです。卵は卵黄のみを使用する場合と全卵を使用する場合があります。最初、フランス料理で肉用のソースとして使われていたのが、サラダの調味料などとして広まりました。

マヨネーズが生まれたのは今から遡ること90年前、1925(大正14)年で、このときに国産初のマヨネーズが誕生しました。

但し、昔はハガキ1枚が1銭5厘の時代、輸入品の2倍の卵黄を使ったキユーピーマヨネーズは45銭と高く、庶民にとっては高嶺の花でした。当時はポマードと間違えて頭に塗った人もいたそうです。

そこから様々な業者が参入し、戦後には、マヨネーズも庶民の調味料と姿を変えてきました。

昭和40年頃、「ドレッシング」という言葉が日本に定着するまでは、庶民の食卓の調味料と言えば、醤油とウスターソース、味の素、そしてマヨネーズでした。

「マヨラー」という言葉もある程に、日本人のほとんどはマヨネーズが大好きです。ご飯にかけて食べる人がいるほど。ちなみに現在世界ではマヨネーズの消費量第1位はロシア。ロシア人1人あたりのマヨネーズの年間消費量は5.1kgで、日本は1.5kgで世界第19位となっています。マヨラーがいっぱいいそうな日本の3倍以上の消費量です。

また、総務省統計局によると、日本国内では1年間の消費量が多い都道府県は以下のようになっています。

  • 1位 高知県
  • 2位 愛媛県
  • 3位 鳥取県

あまり地域性は見られませんが、最下位は沖縄県となっています。

マヨネーズの歴史と人気がある理由

元々マヨネーズ自体が開発をされた歴史といったものは、18世紀中期の西ヨーロッパ地域で起きた7年戦争の際において、戦いである島に籠るイギリス・スペイン軍を当時のフランス軍の司令官が包囲をして布陣を終えた際に、食事に出された卵と油、そしてレモン果汁などを原材料としたソースからなる肉料理を絶賛し、それがきっかけで世界中に広まったのが始まりであると言われています。

しかも、たった100年足らずで世界中に広がりを見せた人工調味料といえる食材の1つにあたりますので、その普及の速さが如何に瞬く間のものであったかが、窺えるような気もします。実際にも現在の我が国日本の国内においても、多くの人々に愛されて、一般的な食卓へ置かれているような状況でもあります。基本的に、その造り自体も、卵の卵黄のみを使用して製造するものと、卵全体を使用するものとの、大きく分けて2種類のものが存在をしているような現状ですが、どちらの製造法でも作られたものも大変味に申し分が無く、その美味しさといったものはとても格別なものであり、多くの人々に愛され続けているような昨今でもあります。

サラダや揚げ物などに合う、味わいの良さ

なんといってもマヨネーズの味わいの深さについては、野菜サラダや揚げ物、炒め物などの味付けなどでの使用が、最も一般的な利用方法のパターンであるといえます。

それら以外には、ドリアやグラタンなどの原材料などとしても用いられたりするような場合とかもあったりしますが、やはりそうしたオーブン料理などにおいての用法は限られたりしているようなところからも、先程のサラダ類や揚げ物類などにおいての使用などにおいて簡単に出来るといった点で、調理面においての味わいの下準備に用いるお手軽で自分で思うように利用しやすい調味料としてのあり方が、その味わいの良さでの人気の秘密でもあります。

マヨネーズを使用する際の注意点

ただし、料理や調理法などの種類によっては、マヨネーズを同時使用したりするのには向かない、あるいは、構成成分上においての事情により同時使用そのものが禁止をされたりしているようなものなどもあったりしますので、ある程度の扱い方に注意をしたりする面なども、確かに幾らか存在したりしています。

例えば、ゆで卵などを利用して調理を行う、エッグオンエッグなどの類のメニューなどは、カロリーなどが通常の卵料理などよりも非常に高いうえに、構成成分自体の化学反応具合などによっては、人体面においての健康を摂取により何らかの障害や疾患などをもたらすような恐れが、医学法上あると言われています。そうした面を考えたりしても、幾ら味自体が美味しくても、生理学的あるいは食品衛生学的に、本当に安全な食べ方であるかどうかをようく調べたり、栄養士の先生などの意見を訊いてみたりしたうえで、自分なりの調理法自体が靭帯面において、本当に安全であるかどうかについて、ようく確かめたりしていく心掛けが、とても大切です。

食用以外での、マヨネーズの用い方

実は、マヨネーズ自体は食べる以外の使用法にも、多くの利用方法が実在をしたりしています。この段落ではその事について、今から触れてみます。まずはクレヨンなどの落書き落としとしての利用方法についてです。最初にマヨネーズをそのまま、クレヨンの落書き部分に適度に塗り、数分間待ったうえで、濡らした状態の雑巾や布巾、ティッシュペーパーなどで拭き取るという使用法です。この方法はクレヨン以外にも、芯性の書き物などによる落書きなどを落としたりするのには大変有効ですので、クレヨンや色鉛筆などによる落書き落としなどには推奨されるものといえます。

次はきしむドアや音がする戸の回転部分に塗り、音を軽減させたり、あるいはそのドアの取り付け部分や戸の滑車部分の滑性剤として利用していく用法などもあったりしますので、そうした点で本当に役に立つ資源でもあるといえます。

3つ目の用法としては、シールの種類などにもよりますが、ノリ式で貼付をしていく仕様のものであるシールとかの場合には、マヨネーズを塗ったうえで、しばらくの間待ってから剥がすといった方法などもあります。ただし、接着材式のものあるいは特殊化学ノリなどのようなもので貼付部分の加工をされたりしたものなどは、成分上、取れない場合などもありますので、そういったものなどには、専用の剥がし剤を利用するのが無難であることは、いうまでもありません。その他、まだまだ多くの食用以外での用法とかがまだまだありますが、時間の都合上ここではどうか、割愛をさせて頂きます。

マヨネーズにはどんな種類があるの?

マヨネーズはキューピーだけではありません。味の素や創健社などいろいろなメーカーが製造、発売しています。また、キューピーが「卵を味わうマヨネーズ」という瓶入りのマヨネーズを発売して以来、瓶マヨネーズがブームになりましたが、昔は普通のマヨネーズも瓶だったんです。

それぞれの地域の道の駅に行くと、その土地の瓶マヨネーズが売ってありますから、そういうものを買って味比べをするのも楽しいかもしれません。

今は山本食品のわさびマヨネーズやメゾン・ド・トリュフの黒トリュフ入りマヨネーズなど、こだわりの商品も数多く発売されていますので、興味のあるものは取り寄せて、来客やお祝いなど、特別な席で味合うのもいいですね。


マヨネーズのカロリーと栄養分

マヨネーズにはどのくらいのカロリーがあるの?

マヨネーズの味は好きでも、カロリーの高さゆえに敬遠されている方も多いと思います。確かにマヨネーズには多くのカロリーが含まれています。キューピーマヨネーズの場合は15g当たり100kcal 、キューピーハーフだと 50kcal、クオーターで25kcalです。味の素のピュアセレクトは、110kcal 、ピュアセレクトローカロリーだと45kcal、 スーパーローカロリーだと32kcal、べに花マヨネーズは 15g当たり110kcal です。カロリーを抑えた商品もいろいろと出されていますが、やはりこくのあるマヨネーズじゃなければだめだという方もおられるでしょう。そんな方は食べ過ぎには注意しましょうね。

マヨネーズにもこんな栄養が含まれていた!

でも、マヨネーズに含まれるのは資質だけではありません。ビタミンEやビタミンK、レシチン、ルノール酸、ルテインなども含まれるのです。


マヨネーズの効果・効能

食べ過ぎは体に悪いマヨネーズ、それでもマヨネーズには体に良い栄養分も含まれており、以下のような効果・効能があるのです。

1動脈硬化の予防・改善

レシチンという栄養素が含まれています。コレステロールや脂肪を水に溶けやすくする働きがあるので、血中のコレステロールを減らしてくれます。リノール酸にも血中コレステロールを減らす効果があります。そのため、動脈硬化の予防・改善に効果があり、動脈硬化が原因で起こる脳梗塞や心筋梗塞などの発症を防止することが期待されます。

2認知症の予防

またレシチンは「脳の栄養素」と呼ばれていて、脳細胞を活性化し、アルツハイマー等の認知症予防にも効果があります。さらに、シミやそばかすの予防も期待できるのです。

3眼病の予防

ルテインは、マヨネーズの黄色の色素成分となっている栄養で、特に目の機能を向上させる働きがあります。それで、高齢になるとかかりやすい加齢黄斑変性症や白内障などあらゆる眼病予防に期待が持てます。

4シミ、ソバカスの予防

レシチンやリノール酸は血中のコレステロール値を下げ、血流をよくしてくれますので、新陳代謝を促します。すると、肌のターンオーバーも正常になり、メラニンが排出され、シミ、ソバカスの予防にもなります。

5アンチエイジング効果

マヨネーズには、ビタミンEもたっぷり含まれています。ビタミンEは、強力な抗酸化作用を持ち、体内の活性酸素を除去して細胞の老化を防ぐため、アンチエイジング効果が期待できます。

6しもやけや肩こりの改善

ビタミンEには血行促進効果もあるので、しもやけやあかぎれの防止、また肩こりや腰痛の改善にも効果を発揮します。

7止血や骨粗鬆症予防

また、ビタミンKも豊富に含まれます。 ビタミンKは止血効果の高い栄養で、別名「止血のビタミン」と呼ばれています。それで、けがをしたときの傷口からの出血を抑える働きがあります。さらに、カルシウムの働きをもサポートして丈夫な骨を作る働きもあるので、骨粗鬆症の予防や改善も期待できます。

8野菜に含まれる栄養素の吸収を高める

また、マヨネーズは野菜と一緒に食べることで、野菜に含まれる栄養素の吸収を高める手助けもします。

マヨネーズの賢い選び方

マヨネーズといえば赤いキャップが特徴のキューピー。ですが、実はそれ以外にもいろんなおいしいマヨネーズが存在しています。

たかがマヨネーズ、ではありますが、いろんなものにつけて楽しめる調味料がおいしいとなにかと幸せになれるから慎重に選びたいものです。

マヨネーズの主な材料は、卵、油、お酢です。このそれぞれに何を使うかで、味にバリエーションが出てきます。

  • 全卵 vs 卵黄

    卵黄だけで作られたマヨネーズは強いコクがでて、より濃厚な味わいが楽しめます。しかし、卵黄だけ取り出すことに手間もかかるため、市販のマヨネーズでは全卵を使用したものがほとんどになっています。

  • 卵自体の種類

    ブランド卵など、高級な材料を使ったマヨネーズも人気です。有精卵、ヨード卵などのブランド卵を使ったものや、新鮮な卵にこだわった商品があり、人気がでてきています。

  • 油の種類・量

    マヨネーズの70%は脂質と言われるほど。通常は菜種・大豆系の植物油が使われていますが、オリーブオイルが使われたもののほうが健康にはよいです。ただし、油の種類がマヨネーズの味を左右してしまうのも事実。オリーブオイルで作られたマヨネーズは、残念ながらそれほど美味しくないのと、時間がたつと分離してしまうというデメリットはかかえています。

    最近では話題の亜麻仁油を使った製品もでてきました。オメガ3脂肪酸を摂取できるため、健康にはよいです。

    また、カロリーハーフのようにカロリーを抑えめにしたタイプも存在しますが、その分、塩分や添加物は余計に含んでいますので、こちらも一長一短ありです。

  • 酢のタイプ

    基本的にはワインビネガーを使ったものが多いです。が、独自の風味をだすためにリンゴ酢などの果実酢を使ったものや、米酢を使ったようなマヨネーズもあります。


マヨネーズの作り方

簡単マヨネーズの作り方

マヨネーズが切れた時や添加物が心配な方は以下のやり方で、その時使う分のマヨネーズを作りましょう。

簡単マヨネーズ

材料 分量
1個
大さじ1
塩コショウ 少々
サラダ油 150ml
  • ① 卵は卵黄と卵白に分けます。使うのは卵黄のみです。
  • ② 卵黄に酢と塩こしょうを加え、泡立て器で混ぜていきます。
  • ③ サラダ油を少しずつ加えながらさらに混ぜます。
  • ④ サラダ油を一度に入れると分離するので、慎重にスプーン一杯ずつを加えていきます。角が立つようになれば完成です。最後に、塩こしょうで味を整えてください。

マヨネーズの様々な使い方

マヨネーズは本当にさまざまな使い方ができる便利な調味料です。まず、普通にポテトサラダ、マカロニサラダ、やっぱりマヨネーズですよね。アスパラガスやブロッコリーを食べる時も欠かせません。その他にはこんな使い方があります。

1生地にまぜる

ホットケーキやお好み焼きなどの生地に混ぜると、こくが出るうえに、ふわふわになりますよ。ハンバーグの生地に混ぜるのもおすすめです。

2衣の代わりにする

えびの天ぷらなどを作る時に小麦粉の代わりにマヨネーズをつけて揚げるという手があります。にんじんの天ぷらもおいしいですよ。

3マヨネーズで炒める

チャーハンや野菜炒めを作る時、サラダ油の代わりにマヨネーズをフライパンにひくのです。いつもと違うおいしさが楽しめます。

4卵焼きやチャーハン、カレーの隠し味

料理を作る時に、隠し味として、ちょっと使います。

5味噌と合わせる

味噌の塩気とマヨネーズのこくの相性が抜群です。ごはんとも合います。肉料理や魚料理にこれをのせてオーブンで焼けば、みんなが喜ぶごちそうになります。

6ポン酢と合わせる

冷蔵庫の残り野菜を炒めてマヨネーズとポン酢で味付けすると、簡単にもう一品が作れます。

7マヨネーズ焼き

グラタンなどを作る時、マヨネーズをかけて焼くとおいしいですね。もちろんえびにも。

8オリジナルソースを作る

ゆで卵を混ぜてえびフライのタルタルソーズはよく作られると思います。刻んだパセリやオリーブオイルを混ぜて、ゆで野菜やチキンソテーにつけても美味しいです。ホームパーティをする時に、材料からディップソースを作るのは大変ですけど、生クリームや醤油、ポン酢など家にあるものと合わせると、いろいろなディップソースができて、皆を喜ばせることができます。

いろいろな普段使いを工夫して、マヨネーズの世界を広げましょう。

上記のようにマヨネーズが一本あると、お料理の味が広がりますし、何より簡単で便利です。カロリーに注意しながら、マヨネーズをいろいろと楽しみ、あなたのご家庭の食卓を豊かにしましょう。

自作のマヨネーズの作り方

よく多くの料理専門や一般の方で料理を趣味にしたりしている方などのブログなどにおいて、投稿がなされたりしている簡単な作り方について、ここの段落では触れていきたいと思います。大きく分けて以下の2通りがあります。

まずは卵黄のみで作るタイプのものですが、卵黄のみを使用しますので、まずはそれを取り出す作業から始めます。そして卵黄を取り出すと、ボールにそれとともに、マスタード・お酢・塩コショウなどを加えて、泡立て器やかき混ぜ器などでようく混ぜるようにしていきます。その作業の途中で固まり始めるような様子を確認出来たなら、それで完成になります。

そして次は、全卵のすべてを使用する作り方についてですが、この場合、まずは全卵を卵から取り出すと、それを最初から、泡立て器やかき混ぜ器、ミキサーなどで、ようく混ぜるようにします。そして次に、今度は適量のサラダ油を加えながら、かき混ぜ棒で混ぜます。その際にサラダ油が上手く混ざり始めたのを確認をしたら、さらにサラダ油を加えていき保存性を高めていくようにします。そして、正しく混ぜた状態であれば、ある程度は固まり始めているところとなりますので、そのような状態を確認をしたならば、お酢の酸味を和らげていく目的で、砂糖を少しだけ加えて混ぜて、それで完成になります。以上、これらの卵黄のみあるいは全卵を使用した、それぞれの2つからなる製造法が実在をしているような状態ですが、何れでの場合も、意外としったりとしたマヨネーズを製造出来たりしますので、一度は挑戦をしたりしてみる価値は大いにあるかもしれません。

自分に合うマヨネーズ商品の見つけ方

体質的に、市販のマヨネーズなどはどうしても合わないなどといったような方などもおられるかもしれません。そのような方などには、今話した自家製のマヨネーズの工法などがオススメかもしれません。それでもどうしても、仕事や心身面での何らかの事情とかにより自家製のものを製造したりする事が無理なような方の場合には、キューピー社などが開発・製造・販売とかを手掛けているキューピーマヨネーズカロリー2分の1という、カロリーが低いうえに卵アレルギーなどがある方でも、難なく食する事が可能な製品などもありますので、やはりこれがオススメといえます。また、味の素社が開発・製造・販売をしている、ピュアセレクトマヨネーズなどもあり、これなども如何なる方でも難なく普通に食して用いることが可能な成分構成の仕様になっていますので、こちらも大変オススメの商品です。以上、これらのマヨネーズの商品類が、大変アレルギー体質の方、卵が苦手な方などにはオススメといえますので、購入してみる価値は、大いにあります。

スマートショッピングでは、上記以外でも人気のマヨネーズを多数、最安ショップと一緒に紹介しています。

いつもお使いのマヨネーズがあれば、簡単に送料含めてどこが安いか計算できるので、是非チェックしてみてください。


より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。