菜種油を健康的に使うには?おすすめ紹介も

日本国内ではいろんな油が販売されており、種類によっていろんな料理に活用されてきています。料理に強いコクとうまみをプラスするために欠かせない油ですが、中でもクセがなく強い味がないことで人気が高いのが菜種油です。料理に使用しても食材の味を損ねることがないので、料理初心者の方には特におすすめしたい油です。そんな日常的に使用できる便利な菜種油ですが、サラダ油と間違えられることがあります。実際には違いがあるのでしょうか。また菜種油には健康や美容のために役立つ成分が含まれているのでしょうか。さらに上手な使い方とはどういったものなのでしょうか。これらについて説明をしていきますので、毎日の生活に役立たせてください。

サラダ油との違い

今ではいろんな料理が食べられるようになったこともあって、植物油もいろんな種類の商品が販売されています。その中で菜種油はよくスーパーなどで見かけますが、同時にサラダ油も数多くの商品を見る機会があるのではないでしょうか。実際には菜種油とサラダ油とはどういった違いがあるのでしょうか。

まず菜種油についてですが、この原料となるのはセイヨウアブラナと呼ばれる植物です。この植物を原料としており、圧縮などの処理を施すことによって抽出される油が菜種油です。セイヨウアブラナは日本国内でも自生していることがあり、とてもなじみの深い植物です。黄色くて背の高い花が咲く植物ですが、種子は黒くなっています。この黒い種を集めて絞ることで菜種油が採取されます。日本における生産量の中心となっているのは菜種油で半分以上の生産量を誇っています。ただスーパーではキャノーラ油を商品として見かけることがありますが、実はこれも菜種油の一種となっています。これはキャノーラ品種の菜種から抽出された油のことなのです。菜種油は加熱しても変質しにくいという特徴があり、また料理をするとカラッとした仕上がりになるので揚げ物にはぴったりです。またクセがないため、炒め物に使用しても食材の味を損なうことがありません。

菜種油に対してサラダ油というのは1種類の植物から抽出された油を指すのではなく、いくつかの原材料から抽出された植物油脂を指します。もともとは料理用に精製されたもので、料理一般に使用することができます。原料となるのは綿実や大豆、ゴマやサフラワーなどがあります。ごま油でおなじみのゴマも原料となっているのです。これらから搾り取られて生成されたものがサラダ油なのです。特徴としては低温でも結晶化しないので、季節に関係なく安定した品質を保つことができます。また味や香りにクセがなく、サラサラしているのでどんな料理に使用しても食材の味を損ねることがありません。繊細な料理に使用しても全く味を変えないため、サラダなどしつこい味を避けたい料理では大活躍します。

このようにサラダ油の原材料の中に菜種が含まれていることから、菜種油もサラダ油の一種だと言っていいでしょう。それだけサラダ油は色んな植物を原材料としているのです。ただどちらもクセがないため、利用用途が幅広いという点では似通っています。料理初心者の方にとってはどちらも扱いやすいものなので、まずは1本をといったときはどちらかを選択するといいでしょう。

菜種油にはどんな効能が?

日本で最も古い油でもある菜種油ですが、植物性でヘルシーな印象があります。またさらっとしていてクセがないので、いろんな料理に活用させていくことができます。そんな万能な菜種油ですが、何か体に対するいい効能は期待することができるのでしょうか。

まず菜種油で注目したい成分としてはオレイン酸が挙げられます。これはオリーブ油などにも含まれている成分ですが、血中コレステロール値を下げる効果があると言われています。オレイン酸を摂取することによって、体の健康を害するとされる悪玉コレステロールが血管内に付着するのを避ける働きを持っています。それによって血中のコレステロール値を下げることができるのです。そのため動脈硬化や心臓に関する疾患の予防に役立ちます。特に現代の食生活は悪玉コレステロールの摂取が多いため、血管に関する病気になりやすいものです。体全体の健康を維持していくためにもオレイン酸を含む菜種油は積極的に利用したいものです。

オレイン酸は血管に関するいい効能を持っているだけではなく、便秘を解消する効果も期待することができます。オレイン酸は大腸の働きを活発にし、それによって便通を良くし、便秘になりがちな大腸の改善を図っていくことができます。大腸に刺激を与えるので蠕動運動を促すのです。また腸内の便を柔らかくするため、便通がスムーズになります。ただ大量に摂取をするとカロリーオーバーになってしまうので、適量は守るようにしなければなりません。日常的に便秘になっている方は食物繊維の摂取が必要ですが、それに合わせてオレイン酸を含む菜種油の活用もおすすめします。

菜種油に多く含まれている栄養素としてはビタミンKがあります。ビタミンKは骨粗鬆症の予防に対する効果が期待できます。骨粗鬆症を予防するためには骨の原料であるカルシウムを毎日しっかりと摂取していくことが大切ですが、単にカルシウムを摂取するだけでは骨を強くしていくことができません。ビタミンKは骨にカルシウムを沈着させる働きを持っています。そのため摂取したカルシウムが有効に働くのを助けてくれるのです。上手な取り方の提案としては、カルシウムを多く含む食品を選択し、それを炒め物に使うことでカルシウムとビタミンKの両方の摂取が可能になります。なかなか日常の生活の中でビタミンKを積極的に摂取しようと意識することがないものですが、自然とこの栄養素を上手に取り入れていくために菜種油を活用することはとてもいいことなのです。

菜種油の作り方

植物油は商品によっていろんな製法がありますが、菜種油は昔からの製法で作られていることが多いものです。手を加えすぎないシンプルな製法の菜種油は香りもよく、とても味わいがあるものです。それでは菜種油の作り方はどういったやり方になっているのでしょうか。

まず菜種は種子を摘み取っていきますが、黒い種子を一端一気に摘み取っていき、そこから選別が行われます。選別はいい種子だけを選ぶという作業ですが、これを行うことで品質のいい種子から絞り出されるフレッシュで高品質な菜種油を取り出すことができます。より高品質な菜種油を抽出する場合にはある一定の基準を超えるものだけを慎重に選んでいく作業がさらに行われます。選別された種子はそのまま絞り出されるのではなく、釜などを使ってじっくりと炒っていきます。こうすることによって香ばしい香りが引き出されます。

炒った種子は圧縮機によって搾られ、フレッシュな菜種油がどんどん絞り出されていきます。搾りたての菜種油はフレッシュで香りもとても新鮮です。この作業が終わったらお湯洗いという工程が行われます。これは菜種油に付着した汚れをお湯によって洗い流すというもので、自然で安全な方法です。お湯洗いによってきれいになった菜種油は一晩置かれます。翌日になって上澄みの油を再度お湯洗いによって洗浄をしていきます。お湯洗いをすることで多少でも水分が含まれているため、完全に水分を飛ばすために熱を加えます。最後に濾過を行うことで美しい黄金色でとろっとした菜種油が完成します。

この方法が昔から日本で行われてきた伝統的な菜種油の製法になります。一つ一つの作業は重要なため、短縮をしたりすることはできないものです。手間がかかる作業を繰り返していくことで不純物をしっかりと除去することができますし、また美しい色の菜種油を作り出すことができるのです。最近では伝統的な製法ではなくもっと簡単な作り方を行うことが多くなってきています。海外からの輸入品も登場するようになり、いろんな商品がお店に並ぶようになってきています。しかし昔ながらの作り方で作られた菜種油は香りや味が全く異なっており、その為料理の味をより一層いいものにしたいという方は伝統的な作り方によって作られたタイプの商品を選ぶことが大切になります。また菜種油は伝統的な作り方の商品であってもクセがないのでどんな料理に活用しても素材の味を変えてしまうことがなく、より料理の味を引き立ててくれます。

菜種油を健康的に使うには?

色んな使い方ができるのが菜種油の大きな特徴でありメリットですが、健康を意識したヘルシーな使い方をしていきたいものです。それではどういった使い方をしていったらいいのでしょうか。まず菜種油にはビタミンKが含まれており、その為骨を丈夫にしたい場合には積極的に取り入れていくことをお勧めします。ビタミンKはカルシウムが骨に沈着するのを促しますが、骨を丈夫にするための材料としてカルシウムが必要になります。そのためカルシウムを豊富に含む食材を使って菜種油で調理をし、その料理を日々の食生活の中に取り入れていくといいでしょう。カルシウムを豊富に含む食材としては小松菜やホウレン草などがあります。こういった食材を炒めものに活用すると骨粗鬆症の予防などにつながります。

菜種油には栄養素の中でも特にオレイン酸が含まれており、これは便秘の解消につながっていきます。便秘で悩んでいる方、また便秘にならないようにしていきたいと思っている方にはオレイン酸を豊富に含む菜種油を毎日の生活に登場させていくといいでしょう。より一層便秘予防につながる方法としては食物繊維を多く含む食材を積極的に選び、その食材を使って炒めたり揚げたりしていくやり方が提案できます。食物繊維を豊富に含む食材として野菜がありますが、この他に水溶性の食物繊維が多い藻類、また大麦などもたっぷりの食物繊維が含まれています。ただ大麦などは炒め物に使いにくいと思われがちですが、リゾットとして活用し、まず最初に菜種油で大麦を炒めると自然と両方の食材を口に入れることができるものです。このように自然な方法で食物繊維を多く含む食材と菜種油で調理をして便秘予防に役立たせる方法もおすすめです。

菜種油の中でも一番搾りなど、高品質でフレッシュなタイプも適切な使い方をすることでより菜種油のおいしさを再発見することができるものです。高品質な菜種油は熱を加えるのではなく、フレッシュな状態で利用するのが最もお勧めです。中でも食材にそのままかけたり、ドレッシングを自宅で手作りする際に菜種油を使用するとフレッシュな状態の菜種油の味を堪能することができます。日常的に炒め物や揚げ物で使われることが多い菜種油もその味をそのままストレートに感じる機会を作ればもっとおいしくいただけることができます。菜種油を常に生のまま味わう機会がない方は特にこの方法で本来のおいしい味を感じてみてはいかがでしょうか。

菜種油のおすすめ

5位: 理研 一番搾りキャノーラ油 ぺット 1000g

理研 一番搾りキャノーラ油 ぺット 1000g
507円お得
¥28/100ml
76%安
¥283 Amazon(アマゾン)
¥284 ヨドバシカメラ
他1ショップ

4位: カネゲン 圧搾一番しぼり 国産なたねサラダ油 ぺット 910g

カネゲン 圧搾一番しぼり 国産なたねサラダ油 ぺット 910g
¥101/100ml
¥919 Amazon(アマゾン)
¥1,604 ケンコーコム
他1ショップ

商品説明

カネ源 圧搾一番しぼり国産なたねサラダ油 910gは、菜種を原料として圧搾法により圧力をかけて一番目に搾りだしたフレッシュなくせも存在しないサラダ油です。油を使う料理である揚げ物もちろん、炒め物、和食や西洋料理、中華料理などの各種料理で用いることができ、家庭でも重宝される油となります。

特に揚げ物での使用は、素材をからっと揚げることができる魅力を持っています。味も淡泊でありながら、品質の良さもあるため、一般的に市販されているサラダ油と違います。

原料となる菜種についても国産だけに拘り、しかも遺伝子組み換えではないので、品質にも優れたサラダ油となります。なおカネ源 圧搾一番しぼり国産なたねサラダ油 910gの価格についても900円前後となり、1gが1円程度を相場とするため、品質の良さがありながら値段も安いのも魅力です。

実際に活用された方の口コミも良く、外国産の遺伝子組み換えの菜種を用いて製造されることが多い点があるのを、希少価値の高い国産のみを使っている点で安心との声も多いです。それだけでなく、揚げたり炒めたりした場合には、その油っぽさを一切感じることなく、非常にヘルシーなイメージがあるという納得の声も多いです。

デメリットがあるとすれば、油っぽくない分だけ量を使ってしまうと嬉しい悲鳴も聞かれます。

3位: 味の素 さらさらキャノーラ油 ぺット 1000g

味の素 さらさらキャノーラ油 ぺット 1000g
¥25/100ml
79%安
¥246 ヨドバシカメラ
¥247 LOHACO(ロハコ)
他5ショップ

2位: ボーソー油 一番しぼり 菜種油 ぺット 910g

ボーソー油 一番しぼり 菜種油 ぺット 910g
¥84/100ml
¥765 ケンコーコム
¥773 LOHACO(ロハコ)
他2ショップ

1位: 日清オイリオ 日清 キャノーラ油 ぺット 1000g

日清オイリオ 日清 キャノーラ油 ぺット 1000g
¥24/100ml
80%安
¥235 SEIYUドットコム(西友)
¥279 ヨドバシカメラ
他6ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。