ひまわり油の効能と使い方は?おすすめ紹介も

夏になると咲く、黄色くて元気な花がひまわりです。そのひまわりの種子を圧搾して抽出されるのがひまわり油です。強い香りがなく食べやすいため、どんな方にもお勧めしたいタイプの油です。このひまわり油にはビタミンやミネラルなど、栄養成分が豊富に含まれており、美容や健康のために役立たせることができます。また油の中には健康の面で問題点もあるタイプもありますが、ひまわり油は商品の選択などをしっかり行えば、美容と健康に役立つ部分だけを上手に取り入れていくことができます。またひまわり油は上質なタイプになるといろんな使用方法ができるのです。ひまわり油の様々ないい点や情報を提供しますので、ぜひ生活の中にひまわり油をうまく活用させてみてはいかがでしょうか。

ひまわり油ってどんな味?

太陽の光をいっぱいに浴びて美しい花を咲かせるのがひまわりですが、ひまわりの種子を絞ることで得られるひまわり油は日常的にいろんな場面で使用される油です。このひまわり油ですが、あまり使用する機会がないという方もいることでしょう。何となくクセがあるような感じがするひまわり油ですが、具体的な味の面でどういった特徴があるのでしょうか。

まずひまわり油はさらっとしており、香りもあまりしないため、どんな料理に使用しても大きく料理の香りを壊すことがありません。ひまわり油の味ですが、香りと同じように特に強い味を感じません。サラダ油や菜種油のようにクセがないため、あまり個性的な味がする油を選択したくないという方でも問題なく使用することができます。

油は調理の方法によって味が違う場合もあります。ひまわり油はまず揚げ物として使用してもさらっとしているのでとても向いています。ひまわり油を使用して揚げ物を作った時には強い香りがしないため、食材自体の味を大きく損ねることがありませんし、とてもおいしく味わうことができます。また炒め物にひまわり油を使用しても食材との相性がとてもいいと言えます。炒め物ではひまわり油で食材を炒めても食材の味を変えてしまったり、クセが強く感じることがありません。揚げ物や炒め物に使った場合、ひまわり油は味にクセが全くありません。

油の中には生のフレッシュな状態で食べるとクセがあるので苦手に感じる方もいることでしょう。例えばココナッツオイルは独特の甘い香りがありますが、その為生の状態で口にするのがとても苦手に感じる方もいます。これに対してひまわり油は調理した場合と同じでクセがなく個性的な味をしていないので、調理をせずに料理を味わう場合でも全く問題なく、料理の味を楽しむことができます。ひまわり油にはオレイン酸が含まれており、便秘などに効果があるとされています。ひまわり油は健康にも効果があるので生の状態で特に味わいたいものです。サラダのドレッシングを作る際にひまわり油を使用することでドレッシング自体がコクを持ち、誰でもおいしく感じることができます。健康維持に役立たせながらおいしく食べることができるひまわり油はどんな方にもおすすめです。また料理初心者の方でクセがなく淡白な味わいの油をとりあえず購入したい場合にはひまわり油がおすすめです。料理全般に使用できるので、最初の1本としては最も最適だと言えるでしょう。

ひまわり油の効能とは?

油の中には様々な美容や健康にいい効果を持っているものが数多くありますが、ひまわり油の場合はどうなのでしょうか。ひまわり油にはいろんな効能があり、美容や健康に対していい効果が期待できます。まずひまわり油の特徴として、オレイン酸がとても多く含まれています。このオレイン酸の効果としてはまず活性酸素の除去に効果的で、加齢や紫外線、乱れた食生活によって体内で発生する活性酸素を除去し、体の酸化を遅らせていく効果を期待することができます。体の様々な不調の主な原因として最近では活性酸素が挙げられますが、その活性酸素対策を行うために体内にオレイン酸を多く取り入れることはとても効果的です。アンチエイジングをしっかりと行っていきたいという場合には毎日の食生活の中にオレイン酸をたっぷり含むひまわり油を取り入れていくといいでしょう。

オレイン酸の効果は単にアンチエイジングだけにとどまりません。悪玉コレステロールの減少に役立たせることができます。現代の日本人は悪玉コレステロールを増やすような食生活を送っていますが、悪玉コレステロールが多くなることで動脈硬化や心筋梗塞を引き起こしやすくなります。これらの症状はとても危険なものですが、それを予防していくためにオレイン酸は役立ちます。ひまわり油を積極的に毎日の食生活に取り入れていくことでオレイン酸を体内に摂取することができるようになり、結果として悪玉コレステロールを減少させていくことができるのです。オレイン酸は便秘に対しても効果を期待することができます。オレイン酸は便を柔らかくするので排便をスムーズにする効果に優れています。便秘になりやすい方は便が固くなりやすく、なかなか排便がスムーズにできません。そういった状態に対してオレイン酸は効果を発揮します。日頃から便秘がちな方、美容のために便秘にならないようにしていきたい方はオレイン酸を多く含むひまわり油を日々の食生活に活用していくといいでしょう。

ひまわり油には単にオレイン酸だけが含まれているのではありません。もう1つ注目したい栄養素としてリノール酸があります。リノール酸には血圧を下げる効果が期待できます。また血中コレステロールを下げる効果も持っています。さらに皮膚の保湿効果に優れており、日常的に皮膚が乾燥してかゆみが発生しやすい方は皮膚の保湿のためにリノール酸を多く含むひまわり油を活用していくといいでしょう。

ひまわり油は本当に危険?

太陽の光を思いっきり浴びて育つひまわりの種子から圧搾して取り出されるひまわり油ですが、安全性の点では問題はないものなのでしょうか。実際にはいくつかの点を気を付けていかなければなりません。

まず油の圧搾方法ですが、伝統的な方法では単に種子を圧搾して油を取り出す方法がなされています。しかし最近ではこの方法だけではなく、有機溶剤を使用してより効率的に抽出する方法を採用している商品もあります。伝統的な方法では高温で作業を行うことがありません。高温で処理をされると油の中に含まれている栄養成分がなくなってしまいます。ひまわり油自体にはビタミンやミネラルなどが複数含まれていますが、そういった体にとっていい栄養素がなくなってしまうので、この点で問題があります。また高温で処理することでトランス脂肪酸が発生してしまう点が懸念されています。最近ではトランス脂肪酸の害についてよく言われるようになってきましたが、トランス脂肪酸は体の健康を損ねる成分なのでできるだけ体内に入れないようにしなければなりません。伝統的な方法では高温処理をしないのでこの点では安全です。しかし最近行われている有機溶剤を使用した高温処理する方法ではトランス脂肪酸が発生してしまうので、健康を損ねてしまうのです。健康の面を考えるとどのひまわり油でもいいわけではなく、伝統的な方法で製造されたひまわり油の商品を購入することが大切になります。

伝統的な製法で作られた商品のいい点としてはビタミンEがより豊富に含まれているところです。ビタミンEは抗酸化作用があり、活性酸素による体の老化を遅らせてくれる効果を期待することができます。活性酸素は体の様々な病気の原因と言われていますが、この活性酸素に対する効果があるのがビタミンEであり、伝統的な製法で製造されたひまわり油には多いのでよりいいと言えます。またビタミンEが多い反面リノール酸が少ないという点も見逃せません。リノール酸は健康のために欠かせない栄養素ですが、多く摂取すると体にとって良くないものなのです。安全性を考えると伝統的な製法で作られたひまわり油が良く、このタイプであれば体への悪影響を減らすことができるのでお勧めです。

ひまわり油も製法が商品によって異なっています。実際に購入をする際にはできるだけ高温処理をせず昔ながらのやり方で作られた商品を選んでいくようにしたいものです。昔ながらの商品の方が安全性の点でより優れているのです。

ひまわり油の作り方と使い方

昔ながらのひまわり油の作り方は手作業で丁寧に行うため、フレッシュで味わいのいいひまわり油を作ることができます。一般的な作り方としてはまずひまわりの選別を行います。特にグレードの高い商品になると品質の悪いひまわりの種はこの時点で除外される為、品質のいい種だけが使用されることになります。ひまわりの種はいきなり圧搾を行うのではなく、まず中の油が取り出しやすくなるために焙煎作業が行われます。この作業によって種子が柔らかくなり、また香ばしい香りも引き出されてきます。焙煎したひまわりの種を圧搾することでひまわり油が取り出されてきます。ただこの時点では不純物の混じっており、そのまま商品にすることはできません。不純物を取り除くために湯洗いによって精製が行われます。さらに濾紙などを利用してより不純物を細かく除去する作業が行われます。現代的な製法では短い時間で製造がされていきますが、伝統的な製法ではこのように時間がかかる方法を敢えて選択し、高品質なひまわり油が製造されます。

ひまわり油は高品質なものほどフレッシュな状態で食べた方がその味をストレートに味わうことができます。ひまわり油の味をダイレクトに味うためには、使い方として加熱せずにそのまま使用します。最も簡単なのはドレッシングを作る際にひまわり油を使用するという方法です。ひまわり油はクセがなくさらっとした味をしているのでオリーブ油よりももっと万人受けします。このひまわり油を使ってドレッシングを作るとコクが強くクセがなく、野菜本来の味を上手に引き出すことができます。ひまわり油の味をそのままで味わいたいという方はドレッシングなどに使用してみるといいでしょう。またパンにつけてみると、よりパンがリッチな味になっておすすめです。

ひまわり油はいろんな料理に使うことができます。特徴でもあるクセがなく食べやすいという点は、食材の味を損ねることがないので、どの料理に使用しても料理をおいしくすることができます。炒め物でも全く問題なく使用できますし、また炒め物にすると適度にコクをプラスし、また食材の味もしっかりと感じることができます。また揚げ物に使用してみるとよりリッチな舌触りと香ばしい香りが感じられ、高級感を持たせることができます。高級な食材を使った揚げ物を作る際にはひまわり油を使用することをお勧めします。ひまわり油は加熱をしても変質がない点がとてもおすすめな理由です。

ひまわり油のおすすめ

5位: ルブラン ヒマワリオイル 瓶 500ml

ルブラン ヒマワリオイル 瓶 500ml
¥302/100ml
34%安

4位: 長崎BKネット 花の岬「香々地」 ひまわり油 瓶 90g

3位: ズッキ ひまわり油 ぺット 918g

ズッキ ひまわり油 ぺット 918g
31円お得
¥52/100ml
89%安

2位: 名寄給食センター 北の耀き ひまわり油 瓶 275g

名寄給食センター 北の耀き ひまわり油 瓶 275g
¥505/100ml
¥1,390 ケンコーコム
¥1,390 爽快ドラッグ

1位: 昭和 オレインリッチ ぺット 600g

昭和 オレインリッチ ぺット 600g
¥79/100ml
83%安
¥471 ケンコーコム
¥472 ヨドバシカメラ
他3ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。