綿実油に健康効果が?おすすめ紹介も

綿実油と書いて、めんじつゆと読みます。あまり聞きなれない名前ですが、綿実油は綿の種子から搾ったオイルで、食用にも使われています。19世紀にアメリカで綿実油の生産が始まりましたが、第二次世界大戦以降から、綿実油に代わる大豆油が主流になっていきます。

アメリカから輸入する綿実油もありますが、日本国内でも綿実油を生産しています。ほかの油と比べてやや価格が高めのため、年々消費量は減少の傾向にあります。綿実油は揚げ物や、ツナ缶に使われることが多く、国内では大阪の会社が製造販売しています。食用としても使われていますが、実は綿実油には危険と言われる部分があります。あまり知られていない綿実油の魅力や、メリット・デメリットを紹介します。

最終更新日:   閲覧数:121
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

綿実油は健康に良い?!特徴と成分

綿実油は綿の種子から搾ったオイルのことです。綿実油という名前はあまり聞き慣れませんが、コットンシードオイルという名前なら聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか?400mgの綿実油を作るには、10kgの綿の種子が必要となるため、ほかの油のように大量生産ができません。油を搾った綿の種子のカスは、家畜の餌にしたり、肥料にしたりできるので、搾りかすも余すところなく使われています。

19世紀ごろまでは世界中で消費されていましたが、第二次世界大戦後は大豆油の登場により、徐々に消費量は減っています。数は少ないものの日本国内でも綿実油の消費はあります。しかし全体でも2万トンに過ぎません。2万トンのうち3分の1は国内の会社が製造販売していますが、3分の2はアメリカから輸入してまかなっている状態です。

綿実油は油の中でも酸化に強いという特徴があります。酸化しにくいので、長期保存する加工食品に多く使われています。熱にも強いので、揚げ物用の油にも使われています。油によっては香りや味が強いものもありますが、綿実油はニオイも味もほとんどないので、いろいろな料理にも使えます。

綿実油の成分は、脂肪酸が大半を占めています。それ以外ではパルミチン酸が25%。オレイン酸が20%となっていて、ステアリン酸やミリスチン酸もわずかながら含まれています。

綿実油は体に良い油か?これについては、綿実油には悪玉コレステロールを抑える働きがあることが分かっています。また綿実油に含まれている、植物性ワックスの一種・オクタコサノールという成分に、運動機能を高める働きがあるため、スタミナが必要な時に摂るといいと言われています。オクタコサノールは、渡り鳥が持つ成分としても知られていて、長距離を休むことなく飛び続けられるのは、渡り鳥がオクタコサノールを作りながら飛べるからだと言われています。疲れたが溜まっていて、なかなか抜けない時は疲労回復に綿実油を摂るのもおすすめです。

綿実油にはビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEには高い抗酸化作用があるので、体の酸化やサビを防ぐ効果が期待できます。ビタミンEには、血管の健康をサポートする働きもあります。血行を促進する働きは、冷え性予防や肩こりや腰痛改善といった効果につながります。あまり聞きなれない油ですが、健康効果も期待できますし、美容面での効果も期待できるのです。

スナック菓子を油で揚げる時にも綿実油が使われているので、知らない間に摂取しているということも少なくありません。

綿実油の効能とは?

綿実油はあまりポピュラーではないものの、綿実油が持つ効能は幅広い分野から注目されています。綿実油にはどのような効能があるのかをチェックしてみましょう。

綿実油の原料は綿です。綿の種子を搾ったオイルだから、天然由来のオイルということになります。実は綿として繊維を使いますし、種子を搾ると綿実油になり、搾ったカスは肥料や家畜の餌として使われるので、ゴミがほとんどでないエコなところも魅力です。

一般家庭ではあまり使われていませんが、綿実油はクセがないピュアで上質なオイルということから、プロの料理人や高級料亭などで使われています。他にも手延べ素麺を作る時にも使われていますし、マヨネーズの原料としても使われています。ツナ缶やオイルサーディンにも綿実油が使われています。お菓子を作る時に使うマーガリンやショートニングにも綿実油が使われているので、綿実油を知らない人でもこれらの加工食品を食べたことがあれば、綿実油を摂取しています。

あまりポピュラーではないものの、プロの料理人が認める綿実油には、いくつかの効能もあります。綿実油の効能を紹介します。綿実油には様々な成分が含まれていますが、その一つベータシトステロールには、コレステロールを下げる働きがあることが分かっています。ただし油ですから摂り過ぎると逆効果になります。コレステロールが高くなると、血管に負担をかけます。綿実油は血管を守り血行を促進させる働きがあるので、生活習慣病予防にも役立ちます。

綿実油には豊富なビタミンEが含まれています。ビタミンEには抗酸化作用があるので、酸化に強いのがポイントです。人は年齢とともに老化が進みますが、老化が進むと体が酸化しやすくなります。酸化はサビの原因にもなるので、ビタミンE豊富な綿実油を摂ると、アンチエイジング効果が期待できます。

綿実油が注目されるのは、上質な油という理由以外にも、含まれる成分に優れた効果が期待できるところも理由となっています。綿実油に含まれる、オクタコサノールは高い疲労回復効果が期待できます。天然由来の成分ですから体にも優しく、疲労回復したりスタミナをつけたりしたい時にもおすすめです。綿実油自体が酸化に強く、熱にも強いので長期保存もできますし、様々な料理にも活用できます。数は少ないですが、国内で製造販売している綿実油もあるので、興味がある方は通販で取り寄せ使ってみるのもいいかもしれません。

綿実油の作り方は?

綿実油は現在国内でも、2万トンほどの消費がありますが、その大半はアメリカからの輸入です。19世紀までは世界中で生産され、消費量も今より多かったのですが、第二次世界大戦以降、大豆油の登場により年々消費量は減っている状態です。現在国内では1社だけ、綿実油の製造販売をしている会社があります。国内消費量の3分の1は、その会社がつくっています。

綿実油は綿の種子を搾って作ります。国内でも江戸時代から綿実油が作られていますが、その多くは綿の栽培が盛んな地域でした。綿は元々繊維を紡績にして生地を作るために栽培されていましたが、種子から油が採れることがわかってからは、綿実油を作るようになります。種子を搾ったカスは肥料や家畜の餌になるので、無駄にすることなく使えるのも特徴です。

種子を肥料として使う場合、ほかの肥料に比べて発酵臭が少なく、吸水しにくく、分解速度がゆっくりのため使いやすく長持ちするなどメリットが多くなっています。化学物質などを含まない天然のひりょうですから、安全な肥料として使えます。種子の先端にあるリンターは、工業用としても使われています。

少量の綿実油を作るにもたくさんの種子が必要となるため、大量生産できません。しかし綿実油はピュアで上質な油ということから、プロの料理にも支持されています。種子を搾るという手間と時間がかかる工程を必要とするため、国内で入手できるものも若干価格が高めとなっています。現在は一般家庭の調理油としてというよりも、業務用で使われることが多いです。もちろん一般家庭向けの綿実油もあるので、興味がある人は試してみてはいかがでしょうか?

綿実油の作り方は、綿の種子を搾るといういたってシンプルな方法です。家庭で使う場合は、揚げ物やサラダのドレッシング、炒め物まで幅広く使えます。高級な油ということから、ギフト用にも人気があります。

現在国内で製造販売している会社では、圧搾綿実サラダ油と綿実サラダ油の2種類を販売しています。圧搾綿実サラダ油は、一番搾りの油だから上質でまろやかさが際立っています。綿実サラダ油は、飲食店などプロの料理人が使う油としてにんきがあり、揚げ物用油として多く使われています。

綿実油を使って揚げ物をすると、素材の旨みを引き立たせ、衣がサクサクになるところがポイントです。一番搾りのピュアな綿実油は、そのまま食べられるドレッシングがおすすめです。クセがないのであっさりと美味しく食べられます。

綿実油はなにが危険なの?

綿実油は様々な効能があり、高級なオイルとしても知られていますが、実は危険な部分もあるのです。綿実油の何が危険なのかを説明します。

綿実油にはリノール酸が豊富に含まれています。含有量は全体の50%以上とかなり高くなっています。油に含まれる成分によっては、健康に役立つ場合もあれば、逆に健康を損ねてしまうこともあります。リノール酸は摂り過ぎると脂肪酸が増えてしまい血液をドロドロにする可能性があります。適量なら綿実油に含まれるビタミンEが、血行不良を改善させるという効果が期待できますが、過剰摂取をするとリノール酸も大量に摂取することになるので、生活習慣病のリスクが高まります。

ではどのくらいならいいのか、についてですが、リノール酸の1日あたりの摂取量は約9gと言われています。料理に使わないとしても、素麺やマヨネーズ、マーガリンやショートニング、スナック菓子や揚げ物に使われているので、知らない間に摂取している可能性があります。加工食品にも綿実油が使われているものが多いので、成分や原料をチェックして綿実油が使われていたら、量を控えるようにするのがおすすめです。リノール酸は過剰摂取すると、アレルギーを起こしやすくなると言われています。体質にもよりますが、アレルギー体質の人は綿実油の摂取を控える方がいいかもしれません。

綿実油が危険だと言われる理由として、綿に含まれるゴシポールという成分も関係しています。ゴシポールというのは、環境ホルモンの一種で、精巣毒となる可能性が高いと言われています。綿実油を摂取することで、体内にゴシポールが蓄積されると、精子の質が下がり不妊の原因になることがあります。ゴシポールは、溶血性貧血の原因にもなると言われているので、過剰摂取は避けておくべきでしょう。

現在綿実油を作る時、ゴシポールを可能な限り除去するような作り方をしていますが、この場合、アルカリ処理が必要となるため、綿実油としての良さが大きく損なわれるというデメリットが生じます。

綿実油の消費量が年々減少しているのは、手間が掛かり大量生産できないため、価格が高いからという以外に、危険性があるところも消費量減少の理由になっているのです。ただし適量なら問題ないと言われていますし、毎日摂取しなければいけないわけではありません。ほかの油で代用できる場合は代用すればいいですし、加工品などに使われている場合は、食べる量をセーブするなどで対処できます。

綿実油のおすすめ

3位: 日清オイリオ 綿実油 ぺット 600g

日清オイリオ 綿実油 ぺット 600g
¥75/100ml
31%安
¥449 ケンコーコム
¥457 爽快ドラッグ
他2ショップ

レビュー: 5.00点/5点

全対象ショップのレビューは計8件、その平均は5.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
爽快ドラッグ5.00点4件
Amazon5.00点4件

2位: 岡村製油 一番搾り綿実油 ぺット 400g

岡村製油 一番搾り綿実油 ぺット 400g
¥123/100ml ¥493/個

レビュー: 5.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は5.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon5.00点1件

1位: 岡村製油 ダイヤモンドG 綿実油 ぺット 400g

岡村製油 ダイヤモンドG 綿実油 ぺット 400g
¥13/100ml ¥50/個
88%安
¥502 (x10) Amazon(アマゾン)
¥540 Amazonパントリー

レビュー: 4.40点/5点

全対象ショップのレビューは計3件、その平均は4.40点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.40点3件

綿実油のおすすめの上位商品比較

  商品画像 商品名 最安価格 単位あたり価格 最安ショップ メーカー ブランド
1位の商品岡村製油 ダイヤモンドG 綿実油 ぺット 400g岡村製油 ダイヤモンドG 綿実油 ぺット 400g¥503¥13/100ml ¥50/個Amazon岡村製油岡村製油
2位の商品岡村製油 一番搾り綿実油 ぺット 400g岡村製油 一番搾り綿実油 ぺット 400g¥4,926¥123/100ml ¥493/個Amazon岡村製油岡村製油
3位の商品日清オイリオ 綿実油 ぺット 600g日清オイリオ 綿実油 ぺット 600g¥449¥75/100mlケンコー日清オイリオ日清オイリオ
1位の商品2位の商品3位の商品
岡村製油 ダイヤモンドG 綿実油 ぺット 400g
岡村製油 ダイヤモンドG 綿実油 ぺット 400g
岡村製油 一番搾り綿実油 ぺット 400g
岡村製油 一番搾り綿実油 ぺット 400g
日清オイリオ 綿実油 ぺット 600g
日清オイリオ 綿実油 ぺット 600g
最安価格 ¥503¥4,926¥449
単位あたり価格 ¥13/100ml ¥50/個¥123/100ml ¥493/個¥75/100ml
最安ショップ AmazonAmazonケンコー
メーカー 岡村製油岡村製油日清オイリオ
ブランド 岡村製油岡村製油日清オイリオ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。