ピーナッツオイルのおすすめはこれ!効果・効能、使い方ほか

ピーナッツオイルってどんな油なの?おすすめほか

ナッツ類はとても香ばしい香りが食欲を増進させたりしてくれますが、そのナッツから抽出されるオイルも素敵な香りをそれぞれ持っています。落花生でおなじみのピーナッツもオイル分を抽出したピーナッツオイルが最近日本でも多く販売されるようになってきました。このオイルは高温でも耐えられるという大きな特徴があり、またいろんなメリットを持っています。ただ日本ではまだなじみが薄い分、ピーナッツオイルに関する特徴について知らない方も多いことでしょう。またピーナッツオイルの持つ効果や効能についても同様にあまり情報を知らない方も多いものです。そこでこのオイルの特徴や効果効能についてお伝えしたいと思います。注意点も含めてしっかりと理解するようにしてください。

最終更新日: 2018-09-11   閲覧数:141

ピーナッツオイルってどんな油?

海外で使用されている食材や調味料が日本国内でも購入することができるようになってきました。オイルというアイテム1つにしてもいろんな商品があり、料理を作る際にアイテムを変えていったりするとよりおいしい食事を自宅で作ることができます。オイルの中でも香ばしさの点で特に魅力があり、今多くの方に注目されてきているのがピーナッツオイルです。スーパーなどでも徐々に商品の数が増えてきています。このアイテムはどういった油なのでしょうか。

ピーナッツオイルとはピーナッツから抽出される油のことです。ピーナッツは落花生のことですが、日本でもおなじみのナッツです。香ばしい香りとリッチな味わいが魅力で、そのまま食べても十分に美味しいですが、それだけではなくクラッシュして料理に使ったり、そのまま炒め物に使用することができます。そんな落花生から抽出されるピーナッツオイルは独特の香ばしい香りがするので料理に多く活用していくことができます。このオイルは日本では以前では見かけることがなかったアイテムですが、アメリカなどでは以前からスーパーなどに置かれており、いろんな料理などに活用することがありました。また中華料理を作る際には頻繁に使用されており、ピーナッツオイルの持つ独特の香ばしい香りが料理に添加されてより素晴らしい味わいに仕上げることができます。

ピーナッツオイルの価格についてですが、一般的に菜種油やサラダ油といった万能な油に比べると高めになっています。ピーナッツオイル自体は揚げ物に使用することは少ないため、多くの料理を一度に使用したりすることがありません。炒め物に使ったり、フレッシュな状態で使用することが多いため、高めな価格設定ではあっても長く消費することができるものです。また菜種油やサラダ油などはさらっとしていて香りも強くないため、あまり香りを添加したくない料理には向いています。反対により香ばしい香りをプラスしたい場合にはピーナッツオイルを積極的に使用するといいでしょう。料理の幅を広げていきたい方は日常的には菜種油やサラダ油を使用し、時にはピーナッツオイルを使用してみるといいでしょう。一般的にはピーナッツオイルはピーナッツ独特の香ばしい香りが特徴なので、日本人が使用してもきっと気に入ってもらえることでしょう。また味の良さだけではなく、体の健康や美容などに役立たせていくことができる点も大きな魅力となっています。

ピーナッツオイルの効果・効能は?

香ばしい香りが特徴のピーナッツオイルですが、単に味がいいだけではなく体や美容にいい効果効能を持っているとより積極的に使用したくなるものです。ピーナッツオイルは実際には効果や効能はあるものなのでしょうか。

まずピーナッツオイルに多く含まれている成分はオレイン酸です。オレイン酸の特徴として悪玉コレステロールを減少させていく効果を期待できるという点です。現代の食生活では脂質の多い食事になりやすく、自然と悪玉コレステロールの値が上がってしまいがちです。この状態を放置していると動脈硬化や心筋梗塞になりやすい体になってしまいます。オレイン酸を積極的に摂取していくことでこういった症状になりにくい体にしていくことができます。またオレイン酸は便秘に対する効果があります。オレイン酸は大腸内の便を柔らかくするので便通がスムーズになります。また排便時に肛門への負担を軽減させていくことができます。ピーナッツオイルを毎日の食事に取り入れるとこういった効果効能を取り入れていくことができます。

ピーナッツオイルにはアンチエイジングに効果的なポリフェノールであるアントシアニジンやプロアントシアニジンが含まれています。これらの成分は体内で発生する活性酸素に対して効果を期待することができます。活性酸素はストレスや紫外線などで体内で発生してしまいますが、それに対してポリフェノールが多く含まれているピーナッツオイルを取り入れることでアンチエイジングを自然に行っていくことができます。またレスベラトールという成分もピーナッツオイルには含まれており、この成分もアンチエイジングに対する効果を期待できます。

ピーナッツオイルはビタミンも含まれていることに注目してほしいものです。特にビタミンAとビタミンEが多く含まれています。これらのビタミンは肌を美しく保つことができ、また目の健康維持にもつながります。美容に対して関心が高い方はピーナッツオイルに注目してみてはいかがでしょうか。ピーナッツオイルはクセがなく味わいがいいオイルなので、食生活に取り入れていくのもとても簡単です。また毎日少しずつ摂取していくことが容易にできる点もメリットとして挙げられます。健康や美容への効果や効能を得たい方はピーナッツオイルを活用してみてください。ただピーナッツオイルもオイルでカロリーが高めになっている食材です。過剰に食べるということはくれぐれも避けるようにしてください。

ピーナッツオイルの使い方

油の中では香ばしい香りが特徴的なのがピーナッツオイルです。このピーナッツオイルは色んな使い方をすることができるものなのです。食用はもちろんですが、そのほかに美容という点でも十分に使用ができます。生活をより豊かにしていくためにその活用方法を知っておくといいでしょう。

まず食用についてですが、ピーナッツオイルは高温で熱しても劣化が特にしにくい油なので、揚げ物や炒め物にはぴったりです。特に衣の部分をカラッと揚げる際には特に高い温度で揚げますが、kの時でもピーナッツオイルなら過熱に十分に耐えられ、劣化の心配がありません。また炒め物をする際に高い温度で中華鍋を使用することがありますが、場合によっては特に温度が高くなってしまいます。そんな時でもピーナッツオイルなら劣化の心配なく食材を強い温度で一気に調理することが可能です。そのため中華料理にはピーナッツオイルはよく使用されています。

ピーナッツオイルはやけどに対して効果があることをご存知でしょうか。外国では実際にやけどをした際に使用されているところもあります。ピーナッツオイルは高温でも劣化しにくいほど安定した品質を保っています。そのため皮膚に塗布しても安定していますし、酸化も起こりにくいので皮膚にとても優しく、また外部からの刺激に対して優しく肌を守ってくれる働きがあります。やけどをした際に軟膏の代わりにピーナッツオイルを使用することができます。手のひらに出して優しく患部に塗布すると肌を落ち着かせてくれます。またやけどをしていなくても肌が乾燥しやすい時期には保湿効果のあるピーナッツオイルを少量肌に塗布することで肌をしっとりとした触感にしてくれます。

ピーナッツオイルには関節痛やリウマチなどの痛みに対して効果があるとされています。加齢などによって関節痛やリウマチは起こってしまいますが、その際に痛みを感じる患部にやさしくマッサージするように塗布をすると痛みを軽減させることができます。ピーナッツオイルの持つ自然の鎮痛効果は効果的で、ケミカルなもので痛みを軽減させることを避けたい方には特におすすめです。

食用以外にもピーナッツオイルは有効ですが、ただ肌に塗布をする場合には肌への刺激やトラブルを防止するために不純物ができる限り入っていない安全な商品を選択し、肌に塗布するようにしてください。そうすれば効果だけを感じ、トラブルを防止することができます。

ピーナッツオイルの注意点

美容や健康に対していい効果を期待することができるのがピーナッツオイルですが、注意しなければならない点もあります。ただ単に健康や美容の面ばかりを求めているとトラブルが起きることもあるので、しっかりと注意点についても理解しておくようにしましょう。

食用にする場合の注意点ですが、過剰摂取になることがあるので食べ過ぎにはくれぐれも注意するようにしてください。ピーナッツオイルはピーナッツ独特の香ばしい香りが食欲を掻き立ててくれます。食欲不振時でもその香りで食欲が増す場合も多くあります。食欲不振時に食欲が湧くことはとても好ましいことですが、反面食べ過ぎてしまう恐れがあります。ピーナッツオイルはあくまでもオイルの一種なので、カロリー自体はとても高い食品です。オイルは1gあたり9キロカロリーの熱量を生みますが、多く摂取しようと思うと簡単にできてしまいます。また炒め物や揚げ物はおいしいのでつい食べ過ぎてしまいます。そうなると自然とピーナッツオイルを摂取することになり、簡単にカロリーオーバーを引き起こしてしまいます。

ピーナッツオイルの過剰摂取によってリノール酸も過剰に摂取してしまうことになるので注意が必要になります。リノール酸は健康維持のために欠かせない成分ですが、過剰に摂取すると健康に対して悪い影響を与えてしまいます。ピーナッツオイルにはリノール酸が多く含まれていますが、ピーナッツオイルを多く食べるとリノール酸を自動的に多く摂取してしまいます。ですからピーナッツオイルがいくら体にいいからといって過剰に摂取をするようなことは避けなければなりません。

ピーナッツオイルには健康だけではなく、美容に対しても効果があります。特に肌への保湿効果や鎮痛効果が期待できます。しかしこういったいい効果があるとしても反面悪い点もあることをしっかりと覚えておいてください。ピーナッツオイルにしても人によってはアレルギー反応を引き起こす場合があります。アレルギー反応としてはかゆみが生じたり、ピリピリした刺激を感じるといったものが代表的なものです。これらの反応を生じた場合にはしばらく使用を避けた方がいいでしょう。また自分がアレルギーを引き起こすかどうかをまず少量のピーナッツオイルによって確認をしてみるとより安全です。安定したオイルではありますが、それでも人によってはアレルギーを起こすことも考えられます。安全に使用し、効果を得るためにも使用前には慎重に取り扱うことが大切です。

ピーナッツオイルのおすすめ

33位: オーフスカールスハムン ピュア ピーナッツオイル 250ml 瓶

商品説明
選び抜かれた原料と最新の精製技術から作られた世界のオイルコレクション。ピーナッツのかすかな香りが食欲を誘うオイル。ドレッシング、マヨネーズ、揚げ物や中華料理に良くあいます。一価不飽和脂肪酸が豊富なノンコレステロールのオイル。栄養成分100g当たり 熱量900KcaL
商品詳細
  • 商品重量:476 g
  • 保存方法:※直射日光及び高温多湿を避けて保存してください。
  • 容器の種類:瓶
  • 原産国名:イギリス
レビュー: 4.45点/5点

全対象ショップのレビューは計38件、その平均は3.99点(5点満点)。レビュー数が充実しており、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
ケンコー5.00点3件
Amazon3.90点35件
外部ショップでの口コミ: 2件
  • 商品の内容成分が良かったです!
  • 身体に良いと聞いて試しに購入。癖もなく使いやすい。 また酸化に強いと言うことで、エゴマ油のように気を遣うこともなく その点でも優秀だと思う。 本当に健康に良いのかは、薬ではないので分かりませんが 信じるものは救われると言うことで。

22位: ルブラン ピーナッツオイル 500ml 瓶

レビュー: 4.00点/5点

全対象ショップのレビューは計38件、その平均は3.99点(5点満点)。レビュー数が充実しており、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
ケンコー5.00点3件
Amazon3.90点35件

11位: ユウキ食品 ピーナッツオイル 瓶 105g

商品説明
ピーナツオイル100%の油です。香ばしい香りとクセのない味わいで、揚げ物からドレッシングまで幅広く使えます。中国の4大料理作物の一つである落花生を絞ったピーナツオイルです。あらゆる料理の香り付けとしてお使い下さい。あっさりとしているので、ドレッシングのベースオイルとしてもご使用いただけます。
商品詳細
  • 容器の種類:瓶
レビュー: 4.30点/5点

全対象ショップのレビューは計39件、その平均は4.30点(5点満点)。レビュー数が充実しており、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.30点39件


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops