クローブのおすすめ | 価格は?効果・効能や使い方ほか

クローブの効果・効能とは?おすすめ商品ほか

みなさんは、クローブというスパイスをご存知でしょうか。クローブとは、チョウジノキという植物から採れる蕾を、乾燥させて使うスパイスのことをいいます。

見た目は、くぎのような形が特徴です。中国では釘(くぎ)と同じ意味を持つ丁という漢字を使って、丁香などとよばれていました。その後日本にクローブが渡ってきたときは、その名のまま丁香と呼ばれるようになりました。

昔から日本にもあったクローブですが、スパイスとしてだけでなく、お香や医療の現場で使われてきました。クローブには、どうやら長い間重用される効果が隠されているようです。どのような効果・効能があるのか、徹底的に調べてみました。

クローブはバニラのような甘い香りと、スーッとするスパイス独特の香りが混じっています。かなり匂いが強いため、香り付けや肉料理の臭みをとるときなどは特に重宝されます。他にもどのような料理に使われることが多いのか、調べてみました。

最終更新日:   閲覧数:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クローブとはどんなスパイス?

インドネシア原産のチョウジノキから採れるスパイスが、クローブです。クローブとなるのは、チョウジノキの開花する前の花蕾の部分。花蕾は、7月〜9月と、1月〜2月の年2回収穫することができます。チョウジノキは、縦に細長く枝が生えていきます。花は高い位置にできるため、枝を切り落として収穫します。

収穫した花蕾は、手作業で枝や葉と振り分けられます。そのあと4〜5日、もしくは1週間程度天日干しをして乾燥させます。鮮やかな緑色だった花蕾は乾燥をさせている間に、茶色くなり、クローブのもつ独特な香りを漂わせるようになります。

ちなみに枝や葉からは、クローブオイルを抽出することができます。クローブと同じく独特の香りをもつクローブオイルは、アロマオイルや、ゴキブリや昆虫の忌避剤として使われています。かつての日本では、日本刀のさび止めとして活用されていました。

乾燥させたクローブの花蕾は、見た目にかなり特徴があります。花蕾は長さがおよそ1.5cmくらい。その形はまるでくぎのよう。この見た目から、欧米でもアジアでも、くぎを元とした名前を付けています。

英語圏ではclove(クローブ)と呼ばれていて、この単語にはくぎという意味があります。中国でもくぎという意味を持つ丁の文字を使って、丁香や丁子などと呼ばれています。日本ではどちらの名前でも呼ばれています。

クローブは、見た目だけでなく、匂いにも特徴があります。スパイスの中でもかなり強烈で、クローブが入っている袋を開けた瞬間から、バニラのような甘い香りと鼻に抜けるツンとした香りが漂います。あまりに強力なので、遠くからでも匂いでわかるという意味を込めて百里香とも呼ばれています。

強烈なのは匂いだけではありません。クローブには強い殺菌力があります。クローブの主な生産国であるインドネシアやインド、そして中国では、紀元前から殺菌や消毒のための薬草としてクローブが使われていました。古代の中国では、身を清めるために、臣下が皇帝の前に出るときに口に含んで消毒をしたと言われています。

先ほどクローブオイルが日本刀に使われていたと述べた通り、クローブは日本にも、古い時代より輸入されていました。定かではありませんが、5、6世紀には日本に渡っていたと言われています。多くの美術工芸品を収納していた正倉院にも、当時輸入されたと言われているクローブがあります。

クローブの効果・効能とは?

見た目や味、匂いも独特なクローブ。どのような効果や効能があるのでしょうか。クローブは、漢方としても古くから使われています。特にクローブには鎮痛作用や抗菌作用の効果があります。歯の痛みや歯肉炎などの痛みを和らげるとされていて、歯医者では麻酔剤としても使われています。

クローブオイルを皮膚に塗ると、筋肉の痛みが和らぐ効果もあります。しかし、クローブオイルは刺激の強いオイルなので、アトピー持ちの方など、皮膚の弱い方は直接塗るのは控えたほうがいいでしょう。

クローブの主な成分は、オイゲノールという香りの成分が含まれています。クローブの特徴的な香りは、このオイゲノールが含まれていることによって生み出されます。

オイゲノールには、抗菌作用に加えて、抗酸化作用があります。老化を防止し、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を予防します。また、血行を促進する働きも持っているので、肌質や腸内環境の改善など、アンチエイジングの効果も期待することができます。

血行促進によって、胃腸の消化を助けてくれる働きも期待できます。血流が良くなることで、身体が温かくなったり、自律神経を整えるなどの効果も同時にあわられてきます。オイゲノールは、身体の内側から体調を整えてくれる効果をもった成分です。

クローブの持つ強烈な香りは、虫除けの成分としても重宝されています。特に、ゴキブリなどの害虫は、クローブの香りを嫌う傾向があります。台所やゴミ箱など、ゴキブリが現れそうな場所に置いておくだけで、そこには現れなくなるほどの効果があると言われています。

一方私たち人間にとって、クローブの香りは、リラックス効果があるとされています。甘いのにツンとした不思議な香りは、気分を高めたいときには興奮剤として、気持ちが落ち込んでいるときは鎮静剤として役に立ちます。

原産国かつ、クローブの消費量も多いインドネシアでは、なんとクローブを主にタバコの材料として利用しています。タバコの葉に、粉にしてつぶしたクローブを混ぜて作ります。有名なのが「ガラム」というタバコです。ガラムは遠くから吸っていても分かるほど、クローブの甘い香りが漂います。

このようにクローブは、健康にいい効果を期待することができます。しかし、刺激の強いスパイスなので、摂取する量にも気をつけなければなりません。目安は1日大さじ2杯がちょうどいいと言われています。これ以上摂取しすぎると、吐き気やめまい、下痢などの症状が出てくる場合があります。

また、オイゲノールには生理周期を整える通経作用もあるため、妊娠中の方はクローブの摂取は控えた方が良いでしょう。

クローブの使い方は? | おすすめ料理も

クローブの大きな特徴といえば、なんといっても強烈な香り。バニラのような甘ったるい濃厚な香りの中に、さわやかなすっきりとした刺激のある香りが混じっています。この香りを活かして、いろいろな料理を作ることができます。どのような料理とも相性が良く、主に香り付けとして利用されます。

スパイスには、素材をそのまま乾燥させてあるホールタイプと、粉状にすりつぶしたパウダータイプの2種類があります。どちらのタイプでも、クローブはかんたんに使うことができます。

まず、ホールタイプの使い方から紹介します。ホールタイプは、野菜や肉に直接さしこむと、とても使いやすいです。肉にさした場合は、香りづけだけでなく、肉の臭みを取ることもできます。野菜の場合も、肉の場合も使い方は同じ。十字の切り込みを入れて、そこにクローブを差し込みます。

クローブは、そのまま食べると刺激が強いので、料理が完成したら具材から引き抜いておきましょう。あらかじめ具材にさしておけば、鍋の中で見失うこともないのでオススメです。どうしても具材に差し込みたくないという方は、市販で売っているお茶パックなどに入れて鍋に投入するという方法でも応用できます。

パウダータイプは、直接料理に振りかけたり、調理前のひき肉などに練り込んで使います。ホールタイプ同様、香り付けのために使われていることが多いです。

クローブはどのような料理でも相性がいいです。よく使われるのが、カレーやシチュー、ポトフなどのスープ、肉料理など。いつも作る定番の料理に飽きたときに、ちょっとしたアレンジとして加えると、いつもと違った味を楽しむことができます。

メインの料理だけでなく、クッキーやケーキ、マフィンなどのお菓子にもクローブが活躍します。パウダータイプを使って、生地に練り込んだり、アイスクリームにかけると、スパイスの効いたお菓子に変身。りんごのコンポートを作るとき、シナモンではなくクローブを使えば、また一味違ったコンポートが作れます。

クローブを使って料理をするときに注意したいのが、分量。クローブは香りや味が強力なスパイスなので、一度に使いすぎると、料理本来の味を打ち消してしまいます。ホールタイプを使う場合は、肉100gに対して、クローブ2本がちょうどいい分量と言われています。カレーライスで煮込む場合は、4〜5人前で3〜5本が目安となっています。

パウダータイプも、1人前のスープやチャイにかける場合はひとふり程度で充分です。カレーライスに入れる場合は4〜5人前で小さじ1/2がちょうどいい分量です。

クローブは、分量にさえ気をつければ、料理初心者の方でもかんたんに使うことができます。いつもの料理からステップアップしたいという方は、ぜひクローブを使った料理にチャレンジしてみてください。

クローブのおすすめ

55位: マコーミック ゴールドライン クローブ 16g

商品詳細
  • 商品重量:68 g
レビュー: 1.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は1.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon1.00点1件

44位: ニュークラウンエース クローブ 瓶 22g

33位: ヴォークススパイス クローブ 瓶 22g

商品詳細
  • 商品重量:118 g
  • 認定:日本有機栽培認定食品(有機JAS)
  • 原産国名:インドネシア産

22位: マスコット クローブ 瓶 30g

商品詳細
  • 商品重量:118 g
  • 容器の種類:瓶
  • 原産国名:マレーシア
レビュー: 3.30点/5点

全対象ショップのレビューは計10件、その平均は3.30点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon3.30点10件

11位: ギャバン クローブス 瓶 12g

商品詳細
  • 商品重量:408 g

クローブのおすすめの上位商品比較

  商品画像 商品名 最安価格 単位あたり価格 メーカー ブランド
1位の商品ギャバン クローブス 瓶 12gギャバン クローブス 瓶 12g¥227¥1893/100g
¥227/個
ハウス食品ギャバン
2位の商品マスコット クローブ 瓶 30gマスコット クローブ 瓶 30g¥297¥990/100gマスコットフーズマスコット
3位の商品ヴォークススパイス クローブ 瓶 22gヴォークススパイス クローブ 瓶 22g¥1,089¥4950/100gヴォークス・トレーディングヴォークススパイス
4位の商品ニュークラウンエース クローブ 瓶 22gニュークラウンエース クローブ 瓶 22g¥513¥2332/100gハウス食品ニュークラウンエース
5位の商品マコーミック ゴールドライン クローブ 16gマコーミック ゴールドライン クローブ 16g¥243¥1519/100gユウキ食品マコーミック

「クローブのおすすめ」に挙げた商品以外にも、「クローブ」カテゴリ内で最近スマートショッピングで注目を集めている商品をご紹介します!

22位: エスビースパイス クローブ 瓶 15g

11位: ギャバン グローブス 缶 70g

商品詳細
  • 商品重量:109 g
  • 容器の種類:缶
  • 原産国名:日本
  • 原材料:クローブス
レビュー: 4.30点/5点

全対象ショップのレビューは計2件、その平均は4.30点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.30点2件

クローブの関連ページ

スマートショッピング人気記事


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。