【カレー研究家に聞いた】市販カレールー鉄板おすすめ人気ランキング10選

【カレー研究家に聞いた】市販カレールー鉄板おすすめ人気ランキング10選

カレールー
この記事を書いた人

カレーライス、カレーうどん、カレーチャーハン…カレーフレイバーをこよなく愛し続けて○十余年。ほんのひとふり、食欲をそそるカレーの芳しい香りで、いつものメニューを数段ランクアップさせちゃいます!カレーのプロとしておすすめ商品もご紹介。


ご協力いただいた専門家
カレー研究家:スパイシー丸山

インド料理からお家カレーまで精通する次世代のカレー研究家。日本野菜ソムリエ協会カレーマイスター養成講座講師。カレーイベント『スパイシー丸山のカレー夜会』不定期開催。著書に「初めての東京スパイスカレーガイド(さくら舎)」がある。


長年、日本人の食卓を彩ってきた料理の一つがカレーです。
週に1回は必ずカレーを食べるという人も少なくありません。人によっては「毎日カレーでいい!」という方もいるでしょう

専門店で食べるカレーは個性があって美味しいですが、実は市販のカレールーにも種類がたくさん!

バーモントカレーやゴールデンカレーといった定番のカレールーだけでなく、グリーンカレーやマッサマンカレーなど世界のカレーが家庭でも作れます。

カレールー

そこで今回は、家庭料理の定番カレールーをピックアップ

カレーを食べる時に、気になるカロリーや抑える方法、カレールーの種類を詳しく解説。

また甘口、辛口に分けておすすめのカレールーもご紹介します。

さらに、カレー研究家のスパイシー丸山さんからカレールーの種類や比較について、コメントをしていただきました。

スパイシー丸山さんおすすめのカレールー紹介も!
ぜひ、カレールーを選ぶときの参考にしてください。

最終更新日:   閲覧数:21135

カレーの辛さとカロリー比較!

カレールーprot画像
商品名 価格 内容量 カロリー 辛さ タイプ 原材料
1 ハチ食品 カレー専門店のカレールー 191円 180g (20gあたり)102kcal 中辛 フレークタイプ 食用油脂(牛脂、豚脂)、小麦粉、カレー粉、食塩、砂糖、コーンスターチ、チャツネ、野菜(にんにく、トマト)、ビーフエキス、香辛料、オニオン末、ココナッツペースト
2 ゴールデンカレー 320円 198g (18gあたり)87kcal 中辛 固形 小麦粉、食用油脂(パーム油、なたね油)、砂糖、食塩、カレー粉、でん粉、酵母エキス、香辛料、焙煎香辛料(香辛料、コーン油)
3 バーモントカレー 中辛 186円 230g (19gあたり)100kcal 中辛 固形 食用油脂(牛脂豚脂混合油、パーム油)、小麦粉、砂糖、食塩、でんぷん、カレーパウダー、砂糖粉乳混合品、全粉乳、脱脂大豆、はちみつ
4 エスビー カレーの王子さま 1048円(5箱分) 80g (13.3gあたり68.6kcal) 甘口 固形 パーム油、でん粉、デキストリン、ホワイトソルガム、食塩、てん菜糖、野菜ペースト
5 コスモ食品 直火焼カレールー 321円 170g (21gあたり)100kcal 辛口 フレークタイプ 小麦粉、食用油脂(豚脂)、果実・野菜(トマト、玉ねぎ、りんご、にんにく)、カレー粉、食塩、糖類
6 ムソー 直火焙煎カレールゥ 364円 170g - 中辛 フレークタイプ 小麦粉、食用油脂(豚脂)、果実・野菜ペースト(トマト、りんご、玉ねぎ、にんにく)、カレー粉、食塩、砂糖、チャツネ、発酵乳、蓄肉エキス
7 プレミアム熟 191円 160g (20gあたり)105kcal 中辛 固形 食用油脂(牛脂、ラード、パーム油)、小麦粉、食塩、コーンスターチ、カレー粉、砂糖、ポークブイヨン、にんにくペースト、カカオマス
8 フォン・ド・ボー ディナーカレー 321円 194g (19.4gあたり)104kcal 辛口 固形 食用油脂(牛脂、豚脂)、小麦粉、カレー粉、砂糖、食塩、でん粉、ソテー・ド・オニオン、フォン・ド・ボーソース、バナナ、ソースパウダー、
9 フリーデン スパイシーカレー 431円 150g (100gあたり)516kcal 甘口 固形 小麦粉、動物油脂(牛脂)、カレー粉、たん白加水分解物、三温糖、食塩、酵母エキス、カラメル色素(原材料の一部に豚を含む)
10 ジャワカレー スパイシーブレンド 257円 207g (23gたり)124kcal 激辛 固形 食用油脂(牛脂豚脂混合油、パーム油)、小麦粉、食塩、でんぷん、デキストリン、カレーパウダー、オニオンパウダー、ガーリックパウダー、ブラックペパー、ピーナッツバター、玉ねぎ加工品
2018年10月現在の情報です。

カレールーとは

“shutterstock_179714036.jpg”

自宅でカレーを作るときには、カレールーを使うのが一般的です。

カレールーというのは、カレーの素となるものであり、これがあれば簡単にカレーを作ることができるためおすすめしたいです。

カレーとルーの違いって?

“shutterstock_555408001.jpg”

そもそもルーというのは、バターと小麦粉を加熱して混ぜあわせたもの。これにカレー粉を加えたものがカレールーとなります。

固形のものだけではなく、粉末にして売られているものもあります。カレーが完成して汁状になったものをルーと呼ぶ人がいますが、汁状のものはカレーそのものであり、ルーとは異なります

カレールー、粉の成分

カレールーの主原料となっているのは固形脂肪です。カレールーの中のカレー粉の割合は5〜10%くらいとなっています。原材料としては食用油脂や小麦粉、カレー粉、ソースパウダー、香辛料いわゆるスパイスなどです。

カレー粉の割合は商品によって大きく異なっています。カレー好きな人は、カレー粉の割合が多く含まれているものをおすすめします。

カレールーには、安価なものから高級なものまで豊富な種類があります。もちろん風味やスパイスの利き方が大きく違うため是非試してみてください。

カレーパウダーの効能

“shutterstock_186434873.jpg”

また、カレーパウダーにはもとから殺菌効果があったり、油脂が劣化してしまうのを防ぐ効果があります

カレールーを冷蔵庫の中に入れておくと、たまに表面が白っぽくなってしまうことがあります。これは油脂が固まってしまったためです。これは室温に戻すと消えるものなので、品質、料理の際にはもちろん影響ありません

カレールーの種類・比較

“shutterstock_153997736.jpg”

カレールーにはいろいろな種類があります。基本的に辛さは甘口と中辛、辛口に分かれています。メーカーによっては、もっと細かく辛さを分類していることもあります。

種類がありすぎて、どれを選んでいいか迷ってしまう難しいカレールー。

そこで今回は、カレー研究家のスパイシー丸山さんから辛さや形状、値段についてのコメントをいただきました。
選ぶときのポイントを一緒にみていきましょう。


カレー研究家 スパイシー丸山



カレー研究家:スパイシー丸山

インド料理からお家カレーまで精通する次世代のカレー研究家。日本野菜ソムリエ協会カレーマイスター養成講座講師。カレーイベント『スパイシー丸山のカレー夜会』不定期開催。著書に「初めての東京スパイスカレーガイド(さくら舎)」がある。


甘口、中辛、辛口、激辛…辛さ別

“shutterstock_117086992.jpg”

小さな子供だけでなく、甘口のカレーは意外と大人にも人気で、種類も豊富です。甘口なんてと食わず嫌いをせずにおすすめします。

他には夏場は辛いカレー、スパイシーなものを食べて汗をたくさんかきたいなんて人もいるかもしれません。近頃では、辛口よりもっとスパイシーな大辛も続々登場。辛いのが好きな人は、試してみてはいかがでしょう。

スパイシー丸山さんプロフ
スパイシー丸山さん

カレールー選びで最初に気をつけたいのが辛さです。

辛さの基準は明確なものがないためメーカーによって若干のバラつきがあり、同じメーカーでも商品ブランドによって辛味レベルが違うことも。

初めて買う商品なら無難な中辛から試して判断してください。辛いものが苦手な方や小さなお子さんがいるご家庭は甘口を選ぶと良いですね。

カレールーは後から自分好みにカスタマイズすることもできます。辛みを減らすことはできませんが、足りない場合は一味唐辛子や胡椒を加えるだけで簡単に辛さをアップさせることが出来ます。

自分好みに調整してみましょう。

固形とフレーク…形状別

“shutterstock_153997736.jpg”

また、カレールーには固形タイプとフレークの二種類があります。

最初に製造されるときには固形となりますが、それをフレーカーという機械によってフレーク状にしたものも売られています。両者を比較すると、フレークの方が溶けやすいです。

スパイシー丸山さんプロフ
スパイシー丸山さん

カレールーにはスタンダードな固形タイプだけでなく、フレークタイプやペーストタイプの商品があります。

フレークタイプは少量から作ることが出来るので1~2人前のカレーを作りやすく、また溶けやすいので料理のカレー味の味付けとしても活躍してくれます。

ペーストタイプは香り高いものが多く、カレーに香りを求めている方には満足度が高いと思います。

商品名が同じものであればルーの形状が違っても味や仕上がりは同じなので調理スタイルに合わせ選んでみましょう。

慣れた固形ルーで作るのも良いですが、たまに冒険してみるのも良いですね。

低価格帯と高価格帯…値段別

カレールー 価格 値段

低価格帯のカレールーが定番となっていますが、実はカレールーには高価格帯の商品もあるって知っていますか?

低価格帯と高価格帯のカレールーの違いをスパイシー丸山さんに聞いてみました。

スパイシー丸山さんプロフ
スパイシー丸山さん

意外と見落としがちなのが高価格帯カレールーの存在。

慣れ親しんだ低価格帯のルーをつい使ってしまいますが、思い切って300円台の高価格帯のカレールーで作ってみると同じ材料なのにその美味しさに驚くはずです。

定番のブランドももちろん美味しいですが、各メーカーの企業努力が凝縮されているのがこの高価格帯商品。

どんな隠し味よりも簡単かつ確実に美味しくなる魔法をぜひ味わってみてください。

いろいろな調理方法

カレールー

“shutterstock_574151977.jpg”

カレールーを使う人もいれば、カレー粉を使う人もいます。カレールーはしっかりと味付けがされていて、カレールーを入れるだけで、簡単にカレー料理を作ることができます。

カレー粉

“shutterstock_301831241.jpg”

それと比較して、カレー粉の場合は、自分で味付けの工夫をしなければいけません。こだわりのオリジナルカレーを作りたいという人は、カレー粉を使うのがおすすめです。

こだわりの料理感を求める場合はカレー粉もおすすめですが、手軽にカレーを作りたい場合はカレールーを使うと便利です。

組み合わせ

“shutterstock_1017271960.jpg”

また、カレールーを複数組み合わせて使っている方もいます。そうすることにより、複雑な味わいを楽しむこともできます。

甘口と中辛や、中辛と辛口など辛さが違うものを組み合わせて、スパイシーさの調節をするのも良いかしれません。いろいろと工夫ができるのが、カレー料理の特徴です。

カレールーは進化し続けていて、メーカーごとにオリジナルのカレーを販売しています。りんごやはちみつを使ったフルーティーな味わいなものや、まろやかでコクのある味わいのもの

なかには、簡単にお店のような味に仕上げることができるちょっと高級志向なカレーも。実に豊富な種類が続々登場しています。

カスタマイズのおすすめ

カレールー カスタマイズ

もっとカレーの風味を感じたいなら、カスタマイズするのがおすすめ!
ということで、スパイシー丸山さんにカスタマイズのポイントを教えていただきました。

スパイシー丸山さんプロフ
スパイシー丸山さん

上級者にオススメなのが仕上げにカレールーをカスタマイズする方法。

例えばカレーの風味をもっと感じたいならカレー粉を仕上げに追加するだけで香りがグンとアップし、クミンやコリアンダー、カルダモンなどのスパイスを追加で入れると本格的なエスニック調の香りに仕上がります。

辛味が欲しければ一味唐辛子などの唐辛子を入れると一気にピリ辛~激辛に。

他にもカツオ節粉を仕上げに入れるだけでお蕎麦屋さんの和風カレーのような香りと味わいになるなど、カスタマイズが上手になると1つのルーで色々な味わいを楽しむことが出来るようになります。

カレー研究家が教える!おすすめのカレールー

スパイシー丸山さん、おすすめのカレールーを紹介します!

ワンランク上の美味しさはハマる人続出!

スパイシー丸山さんプロフ
スパイシー丸山さん

業務用カレーなどで人気のハチ食品から出ているフレークタイプのカレールーです。

深みのあるコクが広がるワンランク上の美味しさはハマる人続出!フレークタイプなので慣れるまで扱いづらいですが、慣れると目分量で1人前から大人数分まで簡単に作ることができます。

サッと煮込むだけで仕上がるのでカレーうどんを作る時にも便利。カツオ節粉との合わせ技で絶品カレーうどんを自宅で簡単に楽しむことができます。

チャック付きなので保存にも便利なのが嬉しいですね。フレークタイプのカレールーの入門編としてもオススメです。

香りが飛ばずしっかりとスパイス感を楽しめる

スパイシー丸山さんプロフ
スパイシー丸山さん

最大手のハウス食品から出ているペーストタイプのカレールーです。

パウチ入り商品はレトルトカレーのイメージを持たれる方も多いですが、固形ルーが固まる前のフレッシュな状態のカレールーを詰めたもの。

固形ルーよりもガッチリ密閉されているので香りが飛ばずしっかりとスパイス感を楽しめるのがポイントです。

具材を炒めて水を加えて煮込み、通常のカレールーと同じタイミングで加えるだけでOKなので使い方もとっても簡単。

スパイスを扱うことにハードルを感じる方は、手軽に作れるペーストタイプのルーを試してみると良いですね。

自宅で簡単にお店の味を再現することができる!

スパイシー丸山さんプロフ
スパイシー丸山さん

エスニック料理好きならぜひ試していただきたいのがタイカレーペースト。

インド料理店はお店でスパイスを挽いてベースを作りますが、タイ料理店は市販のペーストをベースにするお店がほとんど。

つまりタイカレーペーストを手に入れると自宅で簡単にお店の味を再現することができるのです。

世界で愛される“メープロイ”ブランドはタイカレーには欠かせないレモングラス、ガランガル、こぶみかんの皮などが爽やかに香るまさにプロの味わい。

ココナッツミルクを合わせて購入し気軽にタイカレー作りに挑戦してみてください。

辛さが苦手でも大丈夫!子供でも食べやすい甘口カレールー3選

市販カレールー選びで抑えておきたいポイントが辛さのチェック

メーカーによって辛さは異なるので、迷ったらまず中辛から初めてみるといいでしょう。

しかし、お子さんがいる家庭や、辛いものが苦手な方もいます。
そういった方には甘口のカレールーがおすすめです。

これぞ定番のカレールー「バーモントカレー 甘口」

カレールーの中では、定番中の定番の「ハウス バーモントカレー」。

リンゴとはちみつを使った優しいまろやかなカレールーなので、好き嫌いが分かれにくく、子供から大人まで幅広く楽しめます。

カレーだけでなく、バーモントカレーを使ったアレンジレシピも多数あるので、調味料として使用するのも◎

甘口だけど大人向きな味わい「グリコ プレミアム熟カレー 甘口」

二段熟カレーでおなじみの「グリコ プレミアム熟カレー」。

フルーツと乳製品の甘みを活かした、深い味わいが特徴のカレールーで、甘口ですがどちらかといえば大人向きな商品

また、1食ずつ分けて使用できるので、ちょっと使いや保存にもとても便利です。

子供におすすめ!「エスビー カレーの王子さま」

1歳の小さなお子さんでも食べられる、子供向けのカレールー

国産緑黄色野菜と果物の甘みがとけ込み、マイルドで優しい味になっています。

また、化学調味料無添加のカレールーなので、安心して使用できる点も◎
小さなお子さんのカレーデビューにおすすめです。

辛党におすすめ!辛さがクセになる激辛カレールー3選

カレーといえばピリッとくる辛さが特徴のひとつ。

ここでは、辛党必見!おすすめの激辛カレールーをご紹介します。

市販のカレールーでは、激辛No1との声も「ハウス ジャワカレー スパイシーブレンド」

市販カレールーでは激辛No1との声もある「ハウス ジャワカレー スパイシーブレンド」。

辛口ユーザーに食べ応えのある刺激的なカレーで、「特製ルウ」と「仕上げのガラムマサラ」がキレのある辛さと、スパイシーな香りを引き出してくれます。

本当に辛い!市販のカレールーを求めている方におすすめの商品です。

「エスビー ゴールデンカレー バリ辛」

「エスビー ゴールデンカレー バリ辛」は、3つのスパイス「辛さ」、「旨さ」、「香り」に特化した激辛系カレー。

春夏限定販売のカレールーで、香り高いスパイシーな味わいが特徴です。

唐辛子は、世界一辛いとしてギネスに認定された「ブートジョロキア」を使用(2007年2月)。
だからといって、ただ辛いだけではなく、旨味もしっかりあり、「限定ではなくオールシーズンやってほしい」と口コミでも評判のカレールーです。

辛さと高級感が見事に両立「エスビー フォンドボー ディナーカレー 辛口」

フランスで最高の味のベースとされている、フォン・ド・ボー(野菜と仔牛の煮汁)を使用した、最高級欧風カレールー。

日本に、ヨーロッパスタイルの高級即席カレーというジャンルを確立したカレーでもあります。

上記2商品と比べると辛さはありませんが、高級感のある旨味とコクが特徴的
一般的なカレールーとはまた一味違ったカレーを、堪能できるでしょう。

カレー好きライターが選ぶ絶品カレールー3選

“shutterstock_569747083.jpg

皆さん、カレーを作る時、どのカレールーを使っていますか?こだわりの品がある人、色々なものを試してみる人、自分なりのブレンドのある人、様々だと思います。

他のを使ってみたいがどれにすればいいか分からないという方も多いと思います。今回は私、カレー子がカレーマニアとしておすすめのTOP3をご紹介します。

コスモ 直火焼 カレー・ルー 中辛

“shutterstock_197567531.jpg”

コスモ食品は「本物志向の味」を求められて、30周年です。手間と時間を惜しまぬ製品づくりにこだわり、「ずっとあんしん、もっとおいしい」を家庭に届けています。

こちらのおいしさの秘訣はコスモ直火焼製法です。選び抜いた香り高いスパイスと、生の野菜・フルーツ、また隠し味にチャツネ・ヨーグルトを使い、少量ずつ直火で丹念に焼きあげたカレールーになります。

おすすめは仕上げのワンポイント、牛乳。よりマイルドに中辛でもお子様も食べられるようになるのでご家庭でおすすめです。

新宿中村屋 スパイスデリ 純カリー粉

“nakamuraya.jpg”

昭和2年、日本で初めて純印度式カリーを発売した中村屋オリジナルブレンドのカリー粉です。熟成された香り豊かな本物の味を堪能できます。

オリジナルブレンドのスパイスを高温で焙煎した後にスタンピング。さらに熟成させることで、深い香りとコクを引き出しました

カレーはもちろん、その他の料理でも熟成された豊かなコリアンダーとカルダモンの清涼感が際立つ香りと本場の味わいを楽しんでください。

ハチ カレー専門店のカレールー

“hachi.jpg”

30数種類のスパイスをブレンドしたカレー粉を使い、玉ねぎ・にんにく・チャツネなどをココナッツとともにじっくり焙煎しました。さっと溶けるフレークタイプのカレールーです。

カレーは「水」が命と語る、ハチ食品株式会社の工場長。安全と安心を提供するため、素材にこだわりを持っているのです。

少しでも、コックさんが調理場で作る作り方のままで工場で作ろう」という努力がこの製品のクオリティを高め続けているといえるでしょう。

カレールーのカロリーと調理のポイント

“shutterstock_380095699.jpg”

カレールーのカロリーは、どれくらいでしょうか。

100gあたりのカロリーは約500kcal前後。そのため、一皿分のカレールーは、カロリーが約125kcal、白ご飯お茶碗1杯分のカロリーは、235kcal程度です。

そのため標準的なプレーンのカレーライス一皿あたりは、360kcalくらいといえるでしょう。

出来上がったカレーには、ルーのほかにもお肉や野菜なども含まれますので、どのような種類のカレーライスかによってカロリーはかなり異なってきます。基本的には一皿につき約500〜1000kcalくらいです。

カレーライスは料理の中で、カロリーが比較的高いです。そのため、ダイエット中でもカレーライスを食べたいときには、できるだけカロリーカットするための工夫をすることが大切でしょう。

カレールーは、実は高脂質でありカレー粉だけを使うときよりもカロリーは高くなっています

カロリーを抑えるポイント

“shutterstock_289113287.jpg”

それでは、カレーライスのカロリーを抑えるポイントを紹介します。

カレールーはできるだけカロリーの低いものを選ぶようにしましょう。また、カロリーだけでなく脂質の少ないものを選ぶことも重要です。脂質が多いと太りやすくなってしまいます。

お肉の選び方

“shutterstock_579107143.jpg”

カレーの具材の定番の豚肉ですが、豚肉が入ってるとその分カロリーは高くなります。そのため、お肉の中でも鶏肉を選ぶとカロリーを抑えることができます。

特にササミは低カロリー・高タンパクなのでダイエットの味方と言えるでしょう。ササミは100gあたり約100Kcal。一方、豚ばら肉は100gあたり約400Kcalとなっています。

野菜を増やして

“shutterstock_666439780.jpg”

また、カレーにはたくさんの野菜を加えるようにしましょう。野菜を入れることにより、肉の量を少なくしても満腹感を感じることができます。

また、しっかりと栄養も摂れることができ、野菜のうまみでよりおいしくなります。具材を炒めるときに油を使わなければ、さらにカロリーを抑えることができます。

ダイエット中にどうしてもカレーが食べたくなった時は、具材は野菜かチキンを選んでみてはいかがでしょうか。

調理中のポイント

“111.jpg”

カレールーを鍋の中に入れるときには火を止めます。こうすることによって溶けやすくなります。>

ルーを煮立っているところに入れると、表面に膜ができてしまうため溶けにくくなってしまいます。

この膜は小麦粉のデンプンが加熱されたことにより、糊化してしまうために生じます。火を止めて鍋の温度を少し下げてからカレールーを入れるのは、糊化して溶けにくくならないためです。

保存方法は?

“shutterstock_188402957.jpg”

カレールーは、長期保存することが可能です。基本的には常温で1年以上保存することもできます。

カレールーが製造されるときにはきちんと殺菌されており、水分もほとんどない状態で密封されるため、長期保存が可能になっています。そのため、開封しなければ基本的にはカビや細菌が繁殖してしまうような心配はほとんどありません

お気に入りのカレールーと、いろいろな食材を組み合わせたり、複数のカレールーを組み合わせてオリジナルの味を出したりすることもできます。

市販カレールー鉄板おすすめ人気ランキング10選

1010位: ジャワカレー スパイシーブレンド 207g

商品説明

市販カレールウでは、"最強の辛さ"との呼び声もある「ジャワカレー スパイシーブレンド」。

「特製ルウ」と「仕上げ用ガラムマサラ」で作るキレのある辛さと、スパイシーな香りがきわだつカレーが味わえます。

辛口ユーザーも食べ応えのある刺激的な辛さで、激辛党にはたまりません
かといって、ただ辛いわけではなく、しっかりスパイスの効いた旨味があるのもおすすめポイント。

商品詳細
  • カロリー(1皿23gあたり):124kcal
  • 辛さ:激辛
  • タイプ:固形
  • 名称:カレールウ
  • 内容量:207g
  • 寸法:198×98×24mm
レビュー: 4.64点/5点

全対象ショップのレビューは計49件、その平均は4.52点(5点満点)。レビュー数が充実しており、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
ヨドバシ5.00点4件
Amazon4.30点19件
ケンコー4.75点12件
爽快ドラッグ4.50点14件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • ジャワカレー派のものですが スパイシーブレンドは上っ面辛さという印象 ベースのカレーがジャワカレーなので 不味くはないです、むしろ旨いですが 私はジャワカレー辛口で行きます。

99位: フリーデン スパイシーカレー 150g

商品説明

「フリーデン スパイシーカレー」は、40種類のスパイスを調合し、熟成させた香りと風味の高いカレー。

独特の風味があり、口のなかで良い香りが広がっていきます。

甘口のカレールウですが、別袋でガランマサラが付いていて、辛さの調整ができるのも◎

商品詳細
  • カロリー(100gあたり):516kcal
  • 辛さ:甘口
  • タイプ:固形
  • 商品重量:181 g
  • 産地(地方):関西
  • 容器:箱
  • 原材料:小麦粉、動物油脂(牛脂)、カレー粉、たん白加水分解物、三温糖、食塩、酵母エキス、カラメル色素(原材料の一部に豚を含む)
レビュー: 3.00点/5点

全対象ショップのレビューは計3件、その平均は3.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon3.00点3件

88位: フォン・ド・ボー ディナーカレー 5皿分 194g

商品説明

「フォン・ド・ボー ディナーカレー」は、「フォン・ド・ボー」「ソテー・ド・オニオン」「バター感」にこだわり、より奥深く、厚みのある味わいが特徴のカレールウ

日本初の本格派欧風カレールウで、ホテルやレストランでしか食べられなかった深い味わいの欧風カレーが、家庭でも楽しめます。

いつもと違う高級感のあるカレーを楽しみたい方は、ぜひ一度試してみてください。

商品詳細
  • カロリー(1皿19.4gあたり):104kcal
  • 辛さ:辛口
  • タイプ:固形
  • 原材料:食用油脂(牛脂、豚脂)、小麦粉、ソテー・ド・オニオン、カレー粉、食塩、砂糖、でん粉、フォン・ド・ボーソース、バナナ、ソースパウダー、ミルクパウダー、香辛料、ローストオニオンパウダー、オニオンエキス、バター、煮込みマサラペースト、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆・バナナ・りんごを含む) / カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酸味料、乳化剤、香料
レビュー: 4.57点/5点

全対象ショップのレビューは計13件、その平均は4.33点(5点満点)。レビューが多く、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
Amazon3.90点7件
ヨドバシ5.00点1件
爽快ドラッグ4.80点5件
外部ショップでの口コミ: 2件
  • 近くのスーパーでは中々見つけれなくておりました。またの機会がございましたら宜しくお願いいたします。
  • 対応も早くよかっと思います。

77位: プレミアム熟 160g

商品説明

より大人向きのカレールーがこの「プレミアム熟カレー」。

バラエティに富んだ20種類の食材と、じっくりと500時間かけて熟成させたスパイスを使用しているので、手間暇をかけずに、大人の味覚とこだわりを満足させられる上質な深い味わいのカレーが楽しめます。

二段熟カレー時代から続く、「らくわけトレー」もあり、ちょっと使いや保存にもとても便利です。

商品詳細
  • カロリー(1皿20gあたり):105kcal
  • 辛さ:中辛
  • タイプ:固形
  • 商品重量:191g
  • 原産国名:日本
レビュー: 2.80点/5点

全対象ショップのレビューは計3件、その平均は2.80点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon2.80点3件

66位: ムソー 直火焙煎カレールゥ 170g

商品説明

自然食品、有機食品、無添加食品の研究開発及び販売を行うムソー株式会社から発売されている中辛タイプのカレールーです。

170g入りで、ひと袋で6皿から8皿分のカレーを作ることができます。本品の中にはカレールゥだけで乾燥剤等は入っておりません

またカラメル色素は使用せず自然な色味で仕上げています。無添加のカレールーをお探しの方におすすめです。

商品詳細
  • 原材料:小麦粉、食用油脂(豚脂)、果実・野菜ペースト(トマト、りんご、玉ねぎ、にんにく)、カレー粉、食塩、砂糖、チャツネ、発酵乳、蓄肉エキス(鶏肉、豚肉を含む)、酵母エキス
  • アレルギー物質:乳、小麦
  • 容量:170g
レビュー: 4.25点/5点

全対象ショップのレビューは計31件、その平均は4.42点(5点満点)。レビュー数が充実しており、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
ケンコー4.50点26件
爽快ドラッグ4.00点5件

55位: コスモ食品 直火焼カレールー 170g

商品説明

「コスモ 直火焼カレールー 辛口 袋170g」はコスモ食品から発売されている、辛口味のカレールーです。

すぐに溶ける便利なフレークタイプでカレーを作るためだけでなく、カレー味の料理に使用できます

直火焼カレールーシリーズの特徴はコスモの直火焼製法とよばれる、合わせた材料を少量ずつ直火で丹念に焼きあげる方法を採用。

"美味しさのためなら時間を惜しまない"コスモ自慢のカレールーです。

商品詳細
  • カロリー(1皿21gあたり):100kcal
  • 辛さ:辛口
  • タイプ:フレークタイプ
  • シリーズ名:コスモ直火焼
  • ブランド:直火焼カレー
  • 賞味期限:365日
  • 添加物:カラメル
  • 内容量(g):170g
  • 表示すべきアレルギー項目 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:小麦、豚肉、りんご、乳、鶏肉
  • 原材料 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:小麦粉、食用油脂(豚脂)、果実・野菜(トマト、玉ねぎ、りんご、にんにく)、カレー粉、食塩、糖類(上白糖、黒砂糖)、チャツネ、発酵乳、肉エキス(ポーク・チキン)、酵母エキス、ココナッツミルク、ココアパウダー、スパイスマサラ、カラメル色素
レビュー: 4.76点/5点

全対象ショップのレビューは計27件、その平均は4.66点(5点満点)。レビューが多く、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
Amazonパントリー5.00点2件
ケンコー4.67点12件
LOHACO4.60点13件
外部ショップでの口コミ: 3件
  • 後味がいいので沢山おかわりをしてその日に子供が全部食べてしまいます。 作るのが楽しみです。
  • 市販ばかりですが数種類をブレンドしています。コレが入ると特においしく感じるので見つけたら購入しています。
  • スパイシーでおいしかったです。また買います

44位: エスビー カレーの王子さま 80g

商品説明

「エスビー カレーの王子さま」は、1歳から食べられる、子供用カレールー

国産緑黄色野菜と果実の甘みがとけ込む、小さなお子さまも喜ぶマイルドな味わい!
アレルギー起因食物をほとんど使用していないので、安心して食べることができます。

化学調味料無添加、植物油脂使用、牛由来原材料不使用。

商品詳細
  • カロリー(1皿13.3gあたり):68.6kcal
  • 辛さ:甘口
  • タイプ:固形
  • 商品重量:499 g
レビュー: 4.20点/5点

全対象ショップのレビューは計7件、その平均は4.20点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.20点7件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • 品质も何の问题もなくて、とても好きです。もっと安くしたらいいのに、

33位: バーモントカレー 中辛 230g

商品説明

「バーモントカレー 中辛」は、リンゴとハチミツを使ったまろやかさが特徴のカレールー。

中辛ですが、他のカレールーと比べると辛味はあまりなく、小さなお子様から大人まで幅広い層の方におすすめです。

残ったルウを、フタをカパッとはめて、すっきりしまえる「しまえルウ」もとても便利。

味、コク、食べやすさ、3拍子揃った人気No1カレールーと言ってもいいでしょう。

商品詳細
  • カロリー(1皿19gあたり):100kcal
  • 辛さ:中辛
  • タイプ:固形
  • ブランド:バーモントカレー
  • 内容量(g):230g
レビュー: 4.43点/5点

全対象ショップのレビューは計179件、その平均は3.87点(5点満点)。レビューが多く、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
Amazonパントリー4.10点4件
ヨドバシ5.00点1件
LOHACO4.20点25件
Amazon3.80点149件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • テニス大会の賞品にしました。日常的に使用される者なので大変喜ばれました。

22位: ゴールデンカレー 198g

商品説明

「エスビー ゴールデンカレー」は、35種類の香りきわだつスパイスとハーブの絶妙なバランス。豊かな風味広がる香り高いロングセラーのカレールーです。

香りを強化することで、スパイスやハーブによる味の厚みやコク深さを実現。

厳選された食材が生みだす、リッチな味わいと"黄金の香り"をお楽しみいただだけます。

商品詳細
  • カロリー(18gあたり):87kcal
  • 辛さ:中辛
  • タイプ:固形
  • 原材料:小麦粉、食用油脂(パーム油、なたね油)、砂糖、食塩、カレー粉、でん粉、酵母エキス、香辛料、焙煎香辛料(香辛料、コーン油)、ハーブオイル、たん白加水分解物(ゼラチン)、ソースパウダー、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、(原材料の一部に大豆、りんごを含む)
レビュー: 2.88点/5点

全対象ショップのレビューは計31件、その平均は3.45点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazonパントリー3.50点14件
ヨドバシ4.50点2件
Amazon3.50点14件
爽快ドラッグ総合評価なし1件

11位: ハチ食品 カレー専門店のカレールー 180g

商品説明

1845年に創業した、日本ではじめてカレー粉を国産化したハチ食品から発売されているフレークタイプのカレールーです。

辛さは中辛タイプ。180gで約9皿分のカレーを作ることができます。大容量タイプの500gも発売されており本品とともにパッケージはチャック付きで保存に便利です。

30数種類のスパイスをブレンドしたカレー粉を使用し、玉ねぎ・にんにく・チャツネなどをココナッツとともにじっくり焙煎。

ガラムマサラを加えて仕上げ香りを引き立たせています。フレークタイプなので調理中に溶けやすく、急いでいるときなどにもとても使いやすくなっています。

商品詳細
  • カロリー(1皿20gあたり):102kcal
  • 辛さ:中辛
  • タイプ:フレークタイプ
  • 成分:たんぱく質1.4g、脂質6.7g、炭水化物9.1g、ナトリウム780mg、食塩相当量2.0g
  • 原材料:食用油脂(牛脂、豚脂)、小麦粉、カレー粉、食塩、砂糖、コーンスターチ、チャツネ、野菜(にんにく、トマト)、ビーフエキス、香辛料、オニオン末、ココナッツペースト、ソース末、しょうゆ末、ココア末、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、香辛料抽出物、香料
レビュー: 4.34点/5点

全対象ショップのレビューは計15件、その平均は4.13点(5点満点)。レビューが多く、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
ヨドバシ4.67点3件
Amazon4.00点12件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • キューブタイプだと油が気になりますがこれはフレーク状なので扱いやすいです。レトルトカレーもありますが辛口が一番美味しいと私は思います。

市販カレールー鉄板おすすめ人気ランキング10選の上位商品比較

  商品画像 商品名 最安価格 単位あたり価格 メーカー ブランド
1ハチ食品 カレー専門店のカレールー 180gハチ食品 カレー専門店のカレールー 180g¥320¥178/100gハチ食品ハチ食品
2ゴールデンカレー 198gゴールデンカレー 198g¥191¥96/100gエスビーゴールデンカレー
3バーモントカレー 中辛 230gバーモントカレー 中辛 230g¥167¥73/100gハウスバーモントカレー
4エスビー カレーの王子さま 80gエスビー カレーの王子さま 80g¥185¥231/100gエスビーエスビー
5コスモ食品 直火焼カレールー 170gコスモ食品 直火焼カレールー 170g¥348¥205/100gコスモ食品コスモ食品

「市販カレールー鉄板おすすめ人気ランキング10選」に挙げた商品以外にも、「カレールー」カテゴリ内で最近スマートショッピングで注目を集めている商品をご紹介します!

11位: フリーデン スパイシーカレー 150g

商品説明

「フリーデン スパイシーカレー」は、40種類のスパイスを調合し、熟成させた香りと風味の高いカレー。

独特の風味があり、口のなかで良い香りが広がっていきます。

甘口のカレールウですが、別袋でガランマサラが付いていて、辛さの調整ができるのも◎

商品詳細
  • カロリー(100gあたり):516kcal
  • 辛さ:甘口
  • タイプ:固形
  • 商品重量:181 g
  • 産地(地方):関西
  • 容器:箱
  • 原材料:小麦粉、動物油脂(牛脂)、カレー粉、たん白加水分解物、三温糖、食塩、酵母エキス、カラメル色素(原材料の一部に豚を含む)
レビュー: 3.00点/5点

全対象ショップのレビューは計3件、その平均は3.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon3.00点3件


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops