【カレーのプロからのコメントも!】レトルトカレー鉄板おすすめ人気食べ比べランキング10選

【カレーのプロからのコメントも!】レトルトカレー鉄板おすすめ人気食べ比べランキング10選

レトルトカレートップ画像
この記事を書いた人

定番のレトルトからちょっと変わったレトルトまで、気になったものはとりあえず片っ端から買い漁っています。特にレトルトカレーは、家のストックを欠かさないほど好き。


ご協力いただいた専門家

なるなぎさまプロフ画像
レトルトカレー批評家(専門家):なるなぎ

小さいころからカレーライスが大好きで、毎週土曜日はレトルトカレーを食べる日と決めています。コンビニで買えるレトルトカレーから名店の味を再現したカレー、ご当地カレーなどジャンルにこだわらず、お店やインターネットで美味しそうなものを見つけたら、つい手あたりしだい買ってしまいます。とくに最近はレトルトでも凝ったものや本格的な味のものが多いので、お店で提供されるカレーに匹敵する味を家庭で楽しめるのが魅力です。

なるなぎさんブログ

スパイシー丸山さまプロフ画像
カレー研究家(専門家):スパイシー丸山

インド料理からお家カレーまで精通する次世代のカレー研究家。日本野菜ソムリエ協会カレーマイスター養成講座講師。カレーイベント『スパイシー丸山のカレー夜会』不定期開催。著書に「初めての東京スパイスカレーガイド(さくら舎)」がある。

スパイシー丸山 アメブロ ブログ

子供から大人まで大好きなカレー、嫌いな方には滅多にお目にかかれません。
自宅でカレーを作って、「うちのカレーは美味しい」と思ったことのある人もけっこういるのでは?。

但し、作る時間があるときは良いですが、外出した日や、仕事から帰ってきて何もないという人にとっては、レトルトカレーはまさに地獄に仏

簡単に食事を取ることができ、栄養的にも十分ですね
レトルトカレーはレトルト食品の中でも圧倒的に販売量が多く、中には40年近くの間、ずっと売れ筋商品となっているものも。

本日はそんなおすすめのレトルトカレーについて特集してみたいと思います。

特集の目玉は10種類のレトルトカレーを辛さ、食感、具材、コク、コスパの5つの軸で徹底比較・評価。


こちらをランキング形式にてご紹介します!

そのほかにも、「レトルトカレー:3つの人気のヒケツ」、「実はこんな商品も!3タイプの定番外レトルトカレー」。
また、レトルトカレーの歴史やカロリーなどにも踏み込んだ記事を掲載。

さらにはレトルトカレー批評家によるおすすめレトルトカレーの紹介記事も!
ぜひ読んでみてくださいね。

レトルトカレー鉄板おすすめ人気ランキング10選

レトルトカレーは、手間をかけずにご飯の用意ができるのでてとも便利ですよね

レトルトカレーといえば湯煎で温めるのが一般的でしたが、最近では、レンジで温めるだけで出来上がるタイプも登場

働いていて、家事の時間がなかなかとれない人にとっては、とてもありがたいですね。
家には常にレトルトカレーのストックがたくさん置いてあるなんてかたも。

ストック食材にもなるレトルトカレー、どうしてもコスパのいいものばかり選んでしまいますが、レトルトカレーの種類は 実に豊富

近在の小さなスーパーで見かけるだけでもかなりの数に驚きます。定番のスタンダードなものから、ご当地カレー、見た目がちょっとヤバそうなものも・・・

そこで、今回はレトルトカレーを10商品選んで、食べ比べをしてランキングにまとめてみました!

「自分のおすすめ商品」、「価格の安い商品」、「スマートショッピングのサイト内で人気の商品」、「他のネットショップで人気の商品」の4つを判断基準とし、独断と偏見で10商品選出。

味や食感、辛さなど、みなさんが気になるであろうポイントを比較しています。

ただし我が家ではレトルトカレーの消費量が多いので、ついレトルトカレーにはコスパを求めてしまいます

今回選出したランキング商品については、どちらかというと価格重視

もちろんコスパがいい商品の中にも、おいしい商品はあるのでみなさんにご紹介できたらと思います。

その代わりと言っては何ですが、記事中盤からカレー専門家が紹介する「おいしいカレー」、「目新しいカレー」について掲載しています。
こちらもぜひご確認ください。

また、今回ワタクシがランキングに選出した商品は全て「中辛」
辛さはメーカーによって差があるので、中辛の中でも辛いか、甘いかという部分に注目しながらレビューを書いています。

ちなみに味に関しては、ルーにコクがあって、野菜がごろっとしている商品が好み
そういった商品に高いポイントが付いています。

なかなかレトルトカレーに具の多さを求めるのは酷かもしれませんが。
しかし最近では具材をメインに置いた商品もあるので、そこには高評価を付けてあげたいところです。

実際食べ比べてみたレトルトカレーはこちら

今回比較した商品のパッケージと中身の写真です。
価格が高い商品の方が、心なしかパッケージにこだわりがあるような。。。

カレーランキング

10位: カレーの王子さま レトルト アレルギー特定原材料等27品目不使用 甘口(1コ入)

ライター評価

ルーの甘さはもはやおやつ!?ある意味刺激的なお味。

コメント

子どものカレーデビューの定番といえばカレーの王子様。小さい頃はお気に入りでよく食べていましたが、改めて食べてみると思っていた以上に甘い!

細かく刻んである野菜がぎっしり入っていますが、野菜の味を打ち消すレベルの甘さにびっくりしました。私も大人になってしまったんですね・・・

評価
辛さ 評価 評価 評価 評価 評価
食感 評価 評価 評価 評価 評価
具材 評価 評価 評価 評価 評価
コク 評価 評価 評価 評価 評価
コスパ 評価 評価 評価 評価 評価

パッケージと外観

商品説明

1歳から始められる、幼児向けのカレー。離乳食が終わったお子さんでも安心して食べられるように、アレルギー特定原材料等27品目を含む原材料を使っていなかったり、アレルギーに配慮し国産緑黄色野菜を使っていたり、安心・安全、健康・栄養をコンセプトとして作られています。野菜やひよこ豆は、食べやすいように刻んであり、小さいお子さんのカレーデビューを応援してくれます。

商品詳細

  • 原産国:日本
  • 賞味期限:24ヶ月
  • 名称:野菜カレー
  • 内容量:70g
  • 寸法:縦150×横110×高さ9mm
  • 栄養成分:たんぱく質 1.1g 脂質 2.2g 炭水化物 9.4g 食塩相当量 0.6g
  • ブランド:カレーの王子さま
  • 辛さ:甘口
  • エネルギー:62kcal:1食あたり
  • 原材料 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:ソテー・ド・オニオン、野菜・果実(人参、さつまいも、じゃがいも、デーツ、ピーマン、しょうが、セロリ、にんにく)、ひよこ豆、なたね油、てん菜糖、カレー粉、トマトペースト、食塩、酵母エキス、野菜・果実ペースト(還元水
  • 原材料1 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:プルーン、デキストリン、ピーマン、大根、ブロッコリー、キャベツ、ほうれん草、黄ピーマン、白菜、トマトピューレー、玉ねぎ、ブルーベリー、パイナップル、かぼちゃ、食塩、人参、セロリ、オリーブ油)、スイートコーンパウダー、香辛料

外部ショップでの口コミ: 1件

うま味調味料無添加で、味も悪くなく、とても気に入りました。

9位: カリー屋カレー 中辛 200g

ライター評価

コスパ良し。大家族のストック用にオススメ!

コメント

我が家の定番の商品。とにかく価格が安い!10商品の中でも一番の安さです。ただし、味に関しては、なんとも形容しがたい味。値段相応かなと感じました。これぞレトルトカレー。
後からピリッとくる辛さがあります。

評価
辛さ 評価 評価 評価 評価 評価
食感 評価 評価 評価 評価 評価
具材 評価 評価 評価 評価 評価
コク 評価 評価 評価 評価 評価
コスパ 評価 評価 評価 評価 評価

パッケージと外観

商品説明

カリー屋カレーは、ハウス食品のレトルトカレー。CMで有名な、バーモンドカレーなどでもよく知られており、カレーといえば、ハウス食品と言われています。その中でも、このカリー屋カレーは、多くのネットショップでも、ベストセラーになるほどの人気商品です

サラッとしたルーに、しっかりとしたコクのあるカレー。特にクセのなる味ではなく、万人向けと言えるでしょう。その分食べ飽きない安定性と、なんといっても価格の安さが光ります。非常食としてまとめ買いする人も多いです。

ルーが200gと多めなので、がっつり食べたい時におすすめ。また、サラッとしたルーなのでパンにつけて食べる時にもおすすめです。味に特に好き嫌いのない人には、味・価格のどちらの面からも本当におすすめできるレトルトカレーです

商品詳細

  • 作業時間:調理時間3~5分:1人前
  • ブランド:カリー屋カレー
  • 辛さ:中辛
  • 原産国:日本国(製造)
  • 賞味期限:製造後2年
  • 内容量(g):200g
  • 保存方法:この製品はレトルトパウチ食品ですので、保存料は使用しておりません。室温で長期間保存できます。
  • 表示すべきアレルギー項目 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:小麦、牛肉、大豆、鶏肉、豚肉
  • 原材料 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:野菜(じゃがいも、にんじん)、小麦粉、牛脂豚脂混合油、牛肉、砂糖・ぶどう糖果糖液糖、カレーパウダー、トマトペースト、食塩、でんぷん、ソテーオニオン、酵母エキス、しょう油、ガーリックペースト、オニオンパウダー、香辛料、ガーリックパウダー、チキンブイヨン等

レビュー: 4.07点/5点

全対象ショップのレビューは計778件、その平均は4.17点(5点満点)。レビューが多く、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
LOHACO4.20点719件
ヨーカドースーパー3.80点59件

外部ショップでの口コミ: 9件

大変おいしく頂きました。

料理が苦手な男性には、有り難い食材ですね。 また、購入したいです。

とても良い商品が購入できました。また必要が生じれば購入したいと思っています。 

(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)

もらえるポイントを計算に入れれば近所のスーパーよりもお安く買えました。

具もほどよく入っていて辛さも満足です。また購入したいと思ってます。

やっぱり中村屋のカレーは美味しいです!

いつも食べているカレーなので安心です。

ポイント消化のため購入しました。まだ食べていません。小腹がすいたときにでも食べます。

8位: メガ盛りカレー 中辛 300g

ライター評価

内容量300gのボリューミーさで、男子ウケ抜群!

コメント

こちらもコスパ最強のレトルトカレー。内容量300gと、ボリューム感満点です。そのわりにはカロリーは10商品の中で5番目と、意外と控えめ。
具は少なめですが、この量なら食べ盛りの男の子でも十分満腹になります。もったりとした舌触りで、しっかりとした辛味があります。

評価
辛さ 評価 評価 評価 評価 評価
食感 評価 評価 評価 評価 評価
具材 評価 評価 評価 評価 評価
コク 評価 評価 評価 評価 評価
コスパ 評価 評価 評価 評価 評価

パッケージと外観

商品説明

ハチ食品は、カレー粉を日本で初めて販売した会社です。創業者が窓に止まった一匹の、黄金色に輝く蜂を目にして、社名が決まったそうです。カレー・スパイスメーカーで、新鮮さにこだわったスパイスを多く使用しているのが特徴です

直火焙煎したルウと、2種類の自家製で実績のあるカレー粉をベースに、角切り野菜と挽肉を煮込んだカレーで、通常より多い1人前300gの特盛タイプです

商品詳細

  • ブランド:メガ盛り
  • 辛さ:中辛
  • 賞味期限:730日
  • 内容量(g):300g
  • 表示すべきアレルギー項目 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:小麦、鶏肉、牛肉、大豆、りんご、乳
  • 原材料 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:野菜(玉ねぎ、じゃがいも、人参、しょうが、にんにく)、小麦粉、挽肉(鶏、牛)、砂糖、豚脂、トマトペースト、食塩、コーンスターチ、カレー粉、ビーフエキス、ウスターソース、たん白加水分解物、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香料、香辛料抽出物

レビュー: 5.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は5.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
ヨドバシ5.00点1件

外部ショップでの口コミ: 5件

大学の寮にいる息子に送りましたが早々に届いて息子も喜んでいました。 又機会が有れば、送ってやりたいと思います。

大変、満足しています。機会があればまたお願いします。

味はとても美味しいです 量もたっぷりあって満足してます 辛さは、一番辛いのでも、個人的には物足りないので、もっと辛いのあれば嬉しいです

大変美味しかったです。また購入させていただきます。どうもありがとうございました。

注文してから到着までがとても早かったです 量も値段も満足してます

7位: ボンカレー ボンカレーゴールド 中辛 180g

ライター評価

昔ながらのカレーの味をみごと再現!

コメント

昔ながらのカレーといえば、ボンカレー。最近のボンカレーは、袋のままレンジで温められるタイプなので、とても手軽に調理できるのがおすすめポイントです。

ほかの商品と比べると、ルーにとろみがあって、小麦粉の味を一段と強く感じます。

評価
辛さ 評価 評価 評価 評価 評価
食感 評価 評価 評価 評価 評価
具材 評価 評価 評価 評価 評価
コク 評価 評価 評価 評価 評価
コスパ 評価 評価 評価 評価 評価

パッケージと外観

商品説明

大塚食品が販売するベストセラー商品。昔懐かしのスタンダードな味が特徴で、子どもからお年寄りまで楽しめる味になっています。国産のたまねぎ・にんじん・じゃがいもを使用、安心して食べられます。さらにボンカレーの特徴は、レンジで調理ができるというポイント。わざわざお湯を沸かさなくても、レンジで温めるだけでカンタン手軽にカレーを楽しめます。

商品詳細

  • シリーズ名:ボンカレーゴールド
  • ブランド:ボンカレー
  • 辛さ:中辛

レビュー: 3.25点/5点

全対象ショップのレビューは計79件、その平均は4.23点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.20点44件
LOHACO4.40点34件
ケンコー総合評価なし1件

外部ショップでの口コミ: 9件

また、利用したいと思います。

待望の非常食が到着しました。以前はコンビニで購入していましたが、ある時期から置いて無いのでネットを通じて利用させてもらいました。

レンジでそのままチンできるレトルトカレーを探して今回お安く購入出来て良かったです。私が留守中でも子供だけで安全に温められて重宝しています。

何度食べても飽きません。今は甘口だけですが辛口も購入します

大変、満足しています。機会があればまたお願いします。

スーパーで特価販売しなくなったので、ネット購入を決めました。割高だけれど仕方がないですね。

いつも近くのお店で購入していましたが、こちらのショップの方が安いので注文しました。 子供の好きな美味しいカレーが安価で買えて満足です。

子供の頃から大好きで夏休みといえばボンカレーでした。シンプルなんですけど、なぜか食べたくなる味ですよね❗

カレー大好きなんでこれは安くて助かりました!

6位: おいしいカレー 中辛 180g

ライター評価

価格もお味もちょうどいい。安定感があります。

コメント

初めて食べたのですが、咖喱屋カレーと同じくらいの安さということで選んでみました。その名もおいしいカレー。かなり攻めたネーミングではありますが、可もなく不可もなくという印象。

じゃがいもが多めに入っていて、ルーは野菜をすりおろしていれてあるような食感がします。1食分用のレトルトカレーの中では、153kcalと一番カロリーが低かったです

評価
辛さ 評価 評価 評価 評価 評価
食感 評価 評価 評価 評価 評価
具材 評価 評価 評価 評価 評価
コク 評価 評価 評価 評価 評価
コスパ 評価 評価 評価 評価 評価

パッケージと外観

商品説明

S&Bから販売されている、レトルトカレー。長時間ソテーした、ソテー・ド・オニオンをたっぷりと使い、15種類のすりおろし野菜や果実を加え、自然のとろみで仕上げています。中辛は、通常サイズと「軽く2人前」サイズの2種類があり、たっぷり食べたい人や家族など、様々なシーンで活用できます。

商品詳細

  • 100gあたり熱量:83kcal
  • 製造国:日本
  • ブランド:おいしいカレー
  • 辛さ:中辛
  • サイズ:165×130×120mm
  • 賞味期限:製造日より720日
  • 内容量:180g
  • 表示すべきアレルギー項目 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:小麦、牛肉、大豆、鶏肉、豚肉
  • 原材料1 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:野菜(じゃがいも、人参、玉ねぎ)、ソテー・ド・オニオン、食用油脂(牛脂、豚脂)、牛肉、砂糖、カレー粉、食塩、でん粉、トマトペースト、ローストオニオンペースト(牛脂、玉ねぎ)、チキンエキス、香辛料、ビーフエキス
  • 原材料2 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:野菜・果実ペースト(還元水飴、プルーン、ピーマン、デキストリン、大根、ブロッコリーキャベツ、ほうれん草、白菜、トマトピューレー、玉ねぎ、ブルーベリー、パイナップル、かぼちゃ、食塩、人参、セロリ、オリーブ油)、香味油、醤油加工品
  • 原材料3 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香辛料抽出物、香料、(原材料の一部に小麦、豚肉を含む)

レビュー: 1.80点/5点

全対象ショップのレビューは計74件、その平均は3.50点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
LOHACO3.60点72件
ケンコー総合評価なし2件

外部ショップでの口コミ: 2件

レトルトではめずらしく具がたくさん入っていて、 味もおいしかったです。

大変、満足しています。機会があればまたお願いします。

5位: ちょい食べカレー 中辛 30g×5

ライター評価

これでいつでもどこでもカレーが食べられるぞ!

コメント

スマートショッピング内だけでなく、他のネットショップでも人気だったスティックタイプのレトルトカレー。

冷たいままでもおいしいと書いてあったので、そのまま食べてみたところ、確かにおいしかったです。そこまで辛くなく、後味にピリッときます。

小分けの袋に入っているので、子どものお弁当に便利ですね。トーストにかけてもおいしそうです。

評価
辛さ 評価 評価 評価 評価 評価
食感 評価 評価 評価 評価 評価
具材 評価 評価 評価 評価 評価
コク 評価 評価 評価 評価 評価
コスパ 評価 評価 評価 評価 評価

パッケージと外観

商品説明

温めなくてもそのままで、おいしく食べられるスティックタイプの中辛カレーです。隠し味のリンゴペーストがおいしさの秘密です。まろやかさを生み出し、後をひくおいしさになっています。

朝の忙しい時間でも、トーストにかけてチーズを重ねて焼けばあっという間にカレーチーズトーストになり、育ち盛り・食べ盛りのお子様も、大満足の朝食メニューになるでしょう。持ち運びに便利なスティックタイプなので、お弁当にもぴったりです。サラダのドレッシングやピザソースなどアレンジは無限大です。

冷めても美味しい秘訣は、油脂の配合を工夫し、植物油脂を使うことで、常温でもおいしく食べれるようにしているからです。そのため外出先でも、冷たいままおいしいカレーが食べられます。

1本あたりの量を30gにしていることで、お弁当にかけたり、パンにつけたり、いろんなメニューに使いやすくなっています。内袋の切り口を分かりやすく表示しており、開けやすくなっているので小さなお子様でも安心です

またスティック型で持ちやすく、中身をしぼりやすいので、どこでもかんたんに使えます。温めないタイプで、周りへのにおいも気にならないので、学校やオフィスのランチも活用できます

商品詳細

  • ブランド:ちょい食べカレー

レビュー: 4.71点/5点

全対象ショップのレビューは計44件、その平均は4.67点(5点満点)。レビューが多く、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
ヨドバシ5.00点4件
LOHACO4.40点16件
ケンコー5.00点5件
爽快ドラッグ4.74点19件

外部ショップでの口コミ: 5件

名前のとおりでおいしいです!

朝食にもってこいです。LEEが出るのを楽しみにしています。

弁当のチョイ足しに重宝します。

量も辛さも丁度良く ご飯にかけて食べれいます 中辛のみなのでしょうか? 辛口も食べてみたいような でもやはり中辛を頼んでしまいますので定番ですね。

私は、食べれないのだけど、家族のお弁当のお供として買いました。が、なかなか使ってくれなかったのです。

4位: カレー曜日 中辛 250g

ライター評価

大きめにカットされた野菜がぎっしり。食感が最高!

コメント

こちらもスマートショッピングを始め、他のネットショップで人気の商品。初めて食べました。

ルーはかなりどろっとしていますね。味は薄めに感じましたが、野菜が大きくてゴロゴロ入っているので、食べ応え満点
野菜がたっぷり入っている分、お値段は少し高めになってしまいますが、これなら満腹感もしっかり味わえます。

評価
辛さ 評価 評価 評価 評価 評価
食感 評価 評価 評価 評価 評価
具材 評価 評価 評価 評価 評価
コク 評価 評価 評価 評価 評価
コスパ 評価 評価 評価 評価 評価

パッケージと外観

商品説明

「エビス カレー曜日」は、「カレーの王子さま」や「GOLDEN CURRY」でも有名な、S&B社のレトルトカレー。実は日本で固形ルーを発売したのはS&Bが初めてです。中でも「カレー曜日」は、大きめにカットされたじゃがいもやにんじん、牛肉がごろごろ入っており、家庭で作ったような優しい味わいが特徴です

具の多さに加え、薄めが多いレトルトカレーなのに、小麦粉を使ったしっかりしたとろみ、甘みのあるマイルドな味は、まさに家庭的なカレー。

値段は少し高めですが、色々なレトルトを試して、結局ここに戻ってきてしまうという方も多いようです。レトルトでは、野菜が少なくて栄養が気になるという方にも、おすすめです

辛さや食材にこだわった、高級なレトルトカレーとは一線を画します。安定したカレーをお求めの方、疲れてホッとしたい方、是非お試しあれ

商品詳細

  • ブランド:カレー曜日
  • 辛さ:中辛
  • 原産国:製造国:日本
  • 賞味期限:720日
  • 内容量(g):230g
  • 表示すべきアレルギー項目 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:小麦、乳、牛肉、大豆、鶏肉、バナナ、りんご

レビュー: 4.36点/5点

全対象ショップのレビューは計51件、その平均は4.23点(5点満点)。レビュー数が充実しており、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
ヨドバシ4.67点3件
LOHACO4.20点21件
Amazon4.20点27件

外部ショップでの口コミ: 2件

余っていたポイントで買いました。非常食に持ってこいです。

こちらの商品を置いているスーパーが少ないのでまとめ買いしました。レトルトカレーの中ではとても美味しいと思っています。じゃがいもが大きくて味も良く、肉も嫌味が無いので大満足です。

3位: ヤチヨ よこすか海軍カレー 200g

ライター評価

毎週金曜日のお楽しみといえば・・・やっぱり海軍カレーでしょ。

コメント

海上自衛隊の基地がある、横須賀の名物ご当地カレー。神奈川県出身としては外せない商品です。
甘いような辛いような、独特の香辛料の味がしますね。10商品の中で一番辛かったです。

具材は、牛肉と野菜がたくさん入っているので、食べ応えがあります。カロリーは1袋242kcalと、10商品の中で一番高かったです。お値段も高いですが、変わり種を楽しんでみたい方にオススメ

評価
辛さ 評価 評価 評価 評価 評価
食感 評価 評価 評価 評価 評価
具材 評価 評価 評価 評価 評価
コク 評価 評価 評価 評価 評価
コスパ 評価 評価 評価 評価 評価

パッケージと外観

商品説明

元々、戦時中に海軍の力をつけるための食料として食べられていた、海軍カレー。現在もその流れを汲んでいて、海上自衛隊では毎週金曜日になると、夕食にカレーが提供されます。横須賀は海軍との歴史が深く、そのことから横須賀名物として生み出されたのが、よこすか海軍カレーでした。牛肉・玉ねぎ・じゃがいもなどがたっぷり入っており、食べ応え抜群。スパイスの効いた、独特の辛さも特徴です

商品詳細

  • 商品重量:1.21 Kg
  • 産地(地方):中部地方
  • 産地(都道府県):静岡県
  • 原産国名:日本

2位: ハウス食品 とろうま牛角煮カレー 中辛 210g

ライター評価

とろっとろの牛角煮がたまらない!ルーにも肉の旨みが染みてる!

コメント

多くのネットショップで熱い支持を受けていた商品。初めて食べましたが、確かにこれはリピートしたくなるおいしさ!

ルーはサラッとしていますが、肉の旨みがたっぷり染み込んでいます。牛角煮もとろけるような柔らかさ。ただし、具は牛角煮のみなので、物足りなく感じる人もいるかもしれません。

評価
辛さ 評価 評価 評価 評価 評価
食感 評価 評価 評価 評価 評価
具材 評価 評価 評価 評価 評価
コク 評価 評価 評価 評価 評価
コスパ 評価 評価 評価 評価 評価

パッケージと外観

商品説明

ハウス食品から販売されている、「とろうま角煮カレー」シリーズの牛肉タイプ。スパイスとハーブで下味をつけ、独自の製法でやわらかジューシーに仕上げた角切り牛肉が絶品。ルーはスパイシーでコクがあり、牛角肉との相性もぴったりです。

商品詳細

  • ブランド:とろうま
  • 辛さ:中辛
  • 賞味期限:360日
  • 内容量(g):210g
  • 表示すべきアレルギー項目 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:乳、小麦、牛肉、大豆、鶏肉、豚肉、りんご
  • 原材料 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:牛肉、牛脂豚脂混合油、チャツネ、小麦粉、ソテーオニオン、カレーパウダー、生クリーム、りんご濃縮果汁、ウスターソース、でんぷん、食塩、香辛料、チキンコンソメ、砂糖、酵母エキス、カレールウ、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、乳化剤、酸味料、香辛料抽出物、他

レビュー: 4.06点/5点

全対象ショップのレビューは計365件、その平均は4.27点(5点満点)。レビュー数が充実しており、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
LOHACO4.30点313件
ヨドバシ4.00点23件
ケンコー4.29点14件
爽快ドラッグ3.93点15件

外部ショップでの口コミ: 1件

カレーが食べたい時、簡単に用意ができて大変便利です。美味しいカレーだと思います。

1位: 銀座カリー 中辛 180g

ライター評価

弊社メンバー大絶賛。レトルトカレー界のエンペラー。

コメント

栄えある第一位に輝いたのは、銀座カリー!かなり昔に食べたのですが、 そのときとてもおいしかった記憶があったので今回選んでみました。やっぱり大正解
レトルトなのに、まるで一晩煮込んだかのようなコクと旨味を感じます。具材は肉と玉ねぎのみですが、たくさん入っているので食べ応えもあります。多少価格は高いですが、値段以上の味に満足すること間違いなしです。

評価
辛さ 評価 評価 評価 評価 評価
食感 評価 評価 評価 評価 評価
具材 評価 評価 評価 評価 評価
コク 評価 評価 評価 評価 評価
コスパ 評価 評価 評価 評価 評価

パッケージと外観

商品説明

「銀座カリー」は明治発のレトルトカレーで、Amazonなど、ネットでの評価が非常に高い商品です。また、テレビではレトルトカレーランキングトップと紹介されたこともあります。

本格的なブイヨンから出たまろやかなコクと、玉ねぎの甘さが出たルーが特徴。パッケージそのままのビーフがしっかりと入っており、牛肉の旨みを感じることができます。まさに本格的な欧風カレーです。

ルーがとても濃くしっかりと煮込まれている感じが楽しめるので、ご飯がすすむ味。気軽に買うことのできる値段のレトルトカレーとは、思えないクオリティです。また、銀座カリーには辛さのバリエーション以外にも、ハヤシ、デミグラス、チーズと多くの種類があるので、食べ比べてみるのもおすすめです

商品詳細

  • 商品重量:1.16 Kg

レビュー: 4.33点/5点

全対象ショップのレビューは計9件、その平均は4.25点(5点満点)。レビュー数が充実しており、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
ヨドバシ4.25点9件

外部ショップでの口コミ: 1件

おいしかった!送料無料になるとなおうれしいですね。

比較を始める前は、さまざまな種類があるといっても、それほど味に違いはないだろうと。
ところが、いざ食べ比べると商品ごとに全く異なる味わいで、なかなか興味深かったです

レトルトカレー辛さ比較

単純な甘さであれば、「王子様カレー」がダントツの甘さ。
中辛商品の中で一番辛かったのが、「よこすか海軍カレー」で、一番甘かったのは「おいしいカレー」でした

試食していて驚いたのですが、中辛って意外と辛くないんですね!

中辛というと、もっとピリ辛のイメージがあったのですが、今回選んだ10商品はどれも舌に残るほどの辛さはありませんでした

最も辛いと感じた「よこすか海軍カレー」も、辛いというよりは、スパイスの刺激を強く感じました。正直「よこすか海軍カレー」以外は、後味のピリ辛具合が違うくらいで、辛さにあまり大きな差はありませんでした。

カレーで忘れてはいけないのが、「具材」。レトルトはやはり全体的に具が少ないなあという印象。自然とランキング上位の商品は、具が多いものが集まりました。

その中でも、「カレー曜日」はひときわ具材が大きくて食べ応えがありました。見た目に関して言えば、手作りのカレーとなんら変わりなく見えます。

「銀座カレー」などの高価格な商品は、それだけ味にこだわりがあって、おいしいということを改めて知りました
たまには価格を気にせずに、高級なレトルトカレーを楽しむのも良いですね。

もちろん「メガ盛りカレー」などの、低価格でボリュームのある商品は、日々の節約生活にとても助かっています。

レトルトカレー、甘め派?辛め派?食感も比較!

レトルトカレープロット画像
商品名 100gあたりの価格(円) カレーの種類 コク 特徴
1 銀座カリー 中辛 180g 94 ビーフカレー ★5 一晩煮込んだようなうまみが味わえる
2 ハウス食品 とろうま牛角煮カレー 中辛 210g 110 ビーフカレー ★4 牛肉がとろとろ
3 ヤチヨ よこすか海軍カレー 200g 166 ビーフカレー ★4 スパイスが効いている
4 カレー曜日 中辛 250g 91 ビーフカレー ★4 野菜が大きくてゴロゴロ
5 ちょい食べカレー 中辛 30g×5 170 ビーフカレー ★2 冷たいままでもおいしい
6 おいしいカレー 中辛 180g 60 ビーフカレー ★3 カロリー低め
7 ボンカレー ボンカレーゴールド 中辛 180g 76 ビーフカレー ★3 昔ながらの味
8 メガ盛りカレー 中辛 300g 39 チキン、ビーフカレー(ひき肉) ★2 ボリューム、コスパ最強
9 カリー屋カレー 中辛 200g 49 ビーフカレー ★2 ストック用におすすめ
10 カレーの王子さま レトルト アレルギー特定原材料等27品目不使用 甘口(1コ入) 155 野菜カレー ★1 お子様のカレーデビューに
2018年7月時点の価格です。

レトルトカレー批評家が教える!おすすめのレトルトカレー

約500種類以上のレトルトカレーを食べ尽くしている「なるなぎさん」。
コンビニやスーパーなどで手軽に買えるレトルトカレーのおすすめ商品を紹介していただきました!


なるなぎさまプロフ画像
レトルトカレー批評家:なるなぎ

小さいころからカレーライスが大好きで、毎週土曜日はレトルトカレーを食べる日と決めています。コンビニで買えるレトルトカレーから名店の味を再現したカレー、ご当地カレーなどジャンルにこだわらず、お店やインターネットで美味しそうなものを見つけたら、つい手あたりしだい買ってしまいます。とくに最近はレトルトでも凝ったものや本格的な味のものが多いので、お店で提供されるカレーに匹敵する味を家庭で楽しめるのが魅力です。


じんわりとスパイスがきいていて、十分な食べ応え!

カレー職人 ビーフカレー 中辛(170g)

なるなぎさん レトルトカレー レビュー 画像
なるなぎさんプロフ
なるなぎさん

レトルトカレーは湯煎するものが多いなか、こちらは“レンジでチンするだけ”で簡単に食べられます(湯煎もできます)。レンジでもしっかりとムラなく野菜やお肉に熱が通っており、柔らかく歯ごたえもあります。

しかも、この価格ながら具材(とくにジャガイモや玉ねぎ)の味がきちんとルーにしみ込んでおり、コクもあって価格がワンランク上のレトルトカレーにも引けをとりません。また、今回“中辛”をチョイスしましたが、食べ進めるほどに、じんわりとスパイスがきいて十分食べ応えがありました。

なるなぎさん レトルトカレー レビュー 画像2

価格同様、カロリーも低いので、好きなときにサクッと食べられます。同じメーカーのボンカレーが好きな方にはとくにおススメのカレーです。

一度に3つの味が楽しめる新感覚のカレー!

エスビー デミグラスチーズカレー 中辛 200g

なるなぎさん レトルトカレー レビュー 画像
なるなぎさんプロフ
なるなぎさん

カレーにチーズを後からトッピングする人は多いと思いますが、これはカレールーに最初からチーズが溶けこんでおり、ルーはトロトロ、ほんのりチーズの良い香りがして、食欲をそそります。

味もデミグラスソースのコク、ブイヨンの旨みがしっかりと効いており、例えて言うなら、某ファミレスで出るデミグラスソースのかかったチーズハンバーグをご飯に絡めて食べている感じです。

なるなぎさん レトルトカレー レビュー 画像2

しかし、カレー本来の辛さも十分にあり、チーズ、デミグラスソース、カレーと一度に3つの味が楽しめる新感覚のカレーです。

すべてのお肉に脂が乗っていたのはポイント高い!

黄桜 京都麦酒地ビールカレー 袋220g

なるなぎさん レトルトカレー レビュー 画像

なるなぎさんプロフ
なるなぎさん

地ビールカレー?ということで、どんな味がするのだろうと思っていましたが、ビールの味はほとんどせず、ごく普通のカレーです。

麦汁で煮込んでいることもあり、一口目は甘くまろやかな口当たりでしたが、そのあとにピリッとした辛さがきます

後味として、チーズ独特の風味がわずかながら口の中に広がります。

なるなぎさん レトルトカレー レビュー 画像2

具は小さめですが、しっかりと煮込まれた定番の牛肉、じゃがいも、ニンジンが入っており、レトルトながら、すべてのお肉に脂が乗っていたのはポイント高いです。

アルコールは一切入っていないので、お酒の苦手な方にも安心しておススメできるカレーです。

ご飯でもパンでも◎!"ふりかけ"のような新しいカレー

ちょい食べカレー 中辛 30g×5

なるなぎさん レトルトカレー レビュー 画像
なるなぎさんプロフ
なるなぎさん

スティックタイプで持ち運びしやすく、袋の形状も縦長なのでルーが容易に絞り出せました。温めても常温でも食べることができる商品で、まずは常温でご飯にかけていただきました。

常温ながらルーにとろみがあって、具も小さめながら、にんじんと牛肉のミンチがしっかりと入っています。一口食べた感想は中辛ながら少し甘いなと感じましたが、食べ進めると、ほどよく辛さが舌にまとわりついて本格的なカレーに負けないくらいの辛さはありました。

つぎに食パンにトーストしていただきました。ルーはあっさり系ですが、パンからこぼれ落ちることもなく、トッピングにカレー定番のチーズをかけてトーストすると、カレーピザのようになって絶品でした。

なるなぎさん レトルトカレー レビュー 画像2

ご飯に“ふりかけ”をかける感覚で気軽にお弁当と一緒に持ち歩くことができ、それほど辛くはないのでお子様やご高齢の方にもおススメの商品です。

カレー研究家が教える!おすすめのレトルトカレー

カレー研究家として、TVをはじめ、各メディアで大活躍の「スパイシー丸山さん」。
手軽に本格な味が楽しめるレトルトカレーを紹介していただきました!


スパイシー丸山さまプロフ画像
カレー研究家:スパイシー丸山

インド料理からお家カレーまで精通する次世代のカレー研究家。日本野菜ソムリエ協会カレーマイスター養成講座講師。カレーイベント『スパイシー丸山のカレー夜会』不定期開催。著書に「初めての東京スパイスカレーガイド(さくら舎)」がある。


無印のカレーの中でもダントツの人気を誇るバターチキン!

無印良品 無印良品 小さめカレー バターチキン 90g(1人前) 02504823 良品計画 化学調味料不使用

スパイシー丸山さんプロフ
スパイシー丸山さん

ファンの多い無印のレトルトカレーですが、その中でもダントツの人気を誇るバターチキンは何度でも食べたいです。

バターチキンらしいマイルドかつ濃厚なグレービーにトマト系の酸味、ほんのり効かせたスパイスの香りアクセント!この絶妙なバランス感がリピーターを生み出しているんでしょうね。

ライスで食べてももちろん美味しいですが、オススメはバケットなどのパン類との合わせ技。スーパーなどでナンをGETするとさらに雰囲気が出てインド料理店気分に!

オシャレな器に盛り付け、いつもよりも贅沢なカレータイムを過ごしてみてください。

インドカレー好きなら押さえておきたいカレー

にしきや チャナマサラ 06 袋100g

スパイシー丸山さんプロフ
スパイシー丸山さん

マニアックなレトルトカレーを作り続ける「にしきや」のインド料理シリーズはインドカレー好きなら押さえておきたいところ。

肉系カレーも美味しいですがぜひ味わっていただきたいのがベジカレーのラインナップです。

こちらのチャナマサラは北インドスタイルのヒヨコ豆のカレー。

ホクホクしたヒヨコ豆をトマトベースのグレービーで煮込んだシンプルなカレーなのですが、ほっこりした豆カレーを唐辛子の辛みで引き締める絶妙なバランス感はさすが「にしきや」!

小さいサイズなので“にしきや”の他のインドカレーと組み合わせて豪華に楽しんでみましょう。

シーフードカレー好きなら常備

レインボー 広島名産 かきカレー 200g

スパイシー丸山さんプロフ
スパイシー丸山さん

ご当地カレーはネーミングのインパクトだけで終わってしまうものが多い中、しっかりと美味しいカレーを楽しませてくれるのが、こちらの広島かきカレー。

名前通りの牡蠣を使ったカレーなのですが、ベースのカレーがしっかりしているので牡蠣の風味と旨みがケンカせず絶品シーフードカレーに着地しているんですよね!

唐辛子もほどよく効いたスパイシーな仕上がりも◎、メイン具材の牡蠣がしっかりと入っているところも嬉しいです(具材がほとんど入っていないレトルトって実は多いのです)。

シーフードカレー好きは常備しておきましょう!

意外と知らない!?レトルトカレーの歴史

レトルトカレーカレー

みなさんはレトルトカレーの歴史をご存知でしょうか?

遡ることおよそ50年前、大塚食品が世界初の市販レトルト食品「ボンカレー」を関西で限定発売したのが始まりです

大塚食品が世界に先駆けてレトルトカレーの開発に成功したのは、関連会社の大塚製薬が持っていた、点滴液の加圧加熱の殺菌技術を応用したという背景がありました。

改良&テレビCMで家庭に普及したレトルトカレー

ボンカレーを発売した当初は、半透明パウチを使っていたため、賞味期限は数ヶ月しかもたないというデメリットが。

しかしその後、パウチ素材にアルミ箔を使うことで賞味期限を大幅に延ばした新パウチを開発し、1969年5月から全国発売を始めました

発売当初はなかなか消費者に受け入れられませんでしたが、1973年に放送されたテレビコマーシャルをきっかけに、一気に家庭でも普及。

笑福亭仁鶴さんの「3分間待つのだぞ」というセリフは、当時の流行語にもなりました。

その後、他社も次々にレトルトカレー市場に参入するように。
そのなかでも注目すべき成功をおさめた製品は、1971年発売のハウス食品の「ククレカレー」です

テレビコマーシャルをはじめとするマーケティングも功を奏して、レトルトカレー市場の拡大に貢献。

その後は各社が様々な商品を提供し始め、競争の激しい市場が出来上がりました。

さらには欧風カレーやインドカレー、海軍カレーなど何かに特化したレトルトカレーや、ご当地カレーも販売されるようになりました。

レトルトカレー海軍カレー

日本の食卓の味方!レトルトカレーの消費量と売り上げがすごい!

美味しいレトルトカレーは売れる?

公益社団法人日本缶詰びん詰レトルト食品協会によると、レトルト食品の年間生産量は、30万トンを超えており、年々増加傾向にあります。

中でも生産が一番多い品目が、レトルトカレー。
その量は、なんと14万トン超!レトルト食品生産量のおよそ45%を占めています

レトルト食品のほぼ半分がレトルトカレーということに。驚きですね!

また、レトルトカレーの売り上げは、2017年にはなんと500億円を突破

生産量同様、売り上げに関しても年々増加していて、その人気は衰えることを知りません。

面白いことに、売れている商品の価格も100円台の安い商品ばかりでなく、300円台、もしくはそれ以上の商品も売り上げが増加

つまり、ただお手軽だからというわけではなく、味やこだわりのあるコンセプトに惹かれて購入している人もいるということがわかりますね。

知ってた?海外のレトルトカレー事情

日本ではすっかり人気が定着したレトルトカレーですが、ここで、海外でのレトルトカレー事情に目を向けてみましょう。

アメリカをはじめとした欧米諸国では、1960~70年代に家庭用としてのレトルト食品の実用化が試みられました。

ところが、商品としては育たず、現在でもレトルト商品の普及率は日本と比べるとやや低め

もちろんこれには理由があります。
欧米では、大型の冷凍冷蔵庫が日本よりも早くから普及していました。

そのため、常温保存の必要性がそこまで高くなく、また、欧米ではオーブンでの加熱調理が基本だったことが理由として考えられます。

一方、日本をはじめとしたアジアでは、お湯を使った調理法が一般的。このことが、湯煎で調理できるレトルト食品の普及につながっているのでしょう。

レトルトカレー湯煎

レトルトカレー:3つの人気のヒケツ

レトルトカレーの生産量・売上は年々増加しています。

2014年9月にネットリサーチのDIMSDRIVEが、モニター6,502人に対して行ったレトルトカレーについてのアンケートを行いました。

その結果、40%の人が月に1回以上、また4人に1人が月に2-3回以上レトルトカレーを食べていることが判明

男女別で見てみると、男性で「月1回以上」食べる人の割合は44.7%と4割を超えており、対して女性は32.6%で、3割強という結果でした。

また、ひとり暮らしでは、「月1回以上」食べる人の割合が52.7%と5割を超えており、2人以上世帯の37.4%よりも15.3%も多いようです。

勢いが収まらないレトルトカレーの人気。その秘密は一体なんなのでしょうか。

子どもからお年寄りまで誰でもかんたんに作れる!

まず人気の秘密と考えられるのが、やはり手軽に調理ができるという点です。

レトルトカレーは、沸騰したお湯で3~5分くらいほど温めるか、数分間電子レンジで温めて調理するだけでOK。

たったこれだけで一食分の食事がまかなってしまうので、一人暮らしの社会人や、共働きの主婦層に人気なのもうなずけます。

また、調理には包丁やまな板などの調理器具を使う必要がなく、子どもやお年寄りでも作りやすいのも魅力的

最近では箱を入れたまま電子レンジで温めればいいレトルトカレーも販売されているので、ますます安全に調理しやすくなっています。

お手頃価格で、スーパーでもコンビニでも買える!

次に、価格の手頃さ

レトルトカレーの価格はおよそ100円〜1,000円くらいと、商品によってばらつきがありますが、レトルトカレーの価格帯でよく売れているのは200円以下の商品

低価格帯のものは普段の食事用や、緊急の時の非常食としてストックしている人が多いようです。

このような100円前後の商品は、スーパーやコンビニでプライベートブランドのものが次々と発売されているようです。

200円〜500円の価格帯は、新商品や変わり種タイプを販売している商品が多く、競争が激しい価格帯になっています。

価格が1000円程度するような高級志向のレトルトカレーも、手の出ないほどの価格というわけではありませんね。

手頃に高級感を味わいたい客層をターゲットとした商品だと思われます。

種類の豊富さ!

レトルトカレー

第三に、種類の豊富さが挙げられます。2018年時点で、レトルトカレーの種類は、およそ2,000種類!

一生かけても食べきれないくらいの商品が販売されています。いかにレトルトカレーが人気の食品かうかがえますね。

どんな商品があるのか、かんたんにご紹介していきます。

定番?食品メーカーのレトルトカレー

まずは先ほど紹介した、「ボンカレー」や「ククレカレー」などの、定番商品

これらは30〜40年と売れ続けている安定した人気を誇っています。
特に「ボンカレー」は、ここ数年再び売り上げが上がり、盛り返しをみせています。

その理由としては、電子レンジでの調理に対応したことと、季節限定商品などの販売、イベントの開催などが挙げられます。

多くのレトルトカレーが短命で終わってしまう中、こうして長年、根強い人気を誇る大手メーカー各社。

彼らは、レシピや調理法・宣伝に工夫をこらして、常に消費者が飽きないような商品の開発を続けています

老舗洋食店の看板を背負ったレトルトカレー

皆さん一度は耳にされたことがある「新宿中村屋」に代表されるように、老舗洋食店などもレトルトカレー商品を展開。
老舗の看板を背負った商品は、消費者の期待を裏切ることなく、その商品が定着しました

新宿中村屋 インドカリー スパイシーチキン 200g

特に新宿中村屋の商品は、お店で提供しているメニューの「インドカリー」の再現をモットーに、さまざまなタイプが展開されています。

外部ショップの口コミなどの評価も高く、人気の商品が多数ラインナップ。

プライベートブランド:コンビニからスーパー、無印良品も

一方で、コンビニやスーパーなどの、プライベートブランドの商品も負けていません。

「SEIYU」の「みなさまのお墨付き」や「セブンイレブン」の「セブンプレミアム」や「セブンゴールド」、「ローソン」の「ローソンセレクト」、ファミリーマートの「ファミリーマートコレクション」から続々と販売されています。

これらは300円程度というお手頃価格で、レベルの高いおいしさが人気。

また、「成城石井」や「無印良品」で取り扱われているプライベートブランドのレトルトカレーは、種類が豊富ですね。

特に、「無印商品」のバターチキンカレーは非常に人気が高く、「スパイシーチキンカレー」「クリーミーバターチキンカレー」と横展開がされたほど。

無印良品 無印良品 素材を生かしたカレー クリーミーバターチキン 10袋 38969402 良品計画 化学調味料不使用

おしゃれ雰囲気のまろやか欧風カレー

カレーマルシェ 本格欧風カレー 中辛 200g

ホールとスライスの2種類のマッシュルームと柔らかい牛肉が入った「カレーマルシェ中辛」。

ブイヨンや生クリームなどのまろやかな味わいが特徴のカレーです。

35種類のスパイスとハーブが奏でる黄金の香り

ビーフや野菜がとけこんだ豊かな風味が広がる「ゴールデンカレーレトルト中辛」は、35種類のスパイスとハーブを使用した香り高いカレーです。

スパイスの芳醇な香りとじっくり煮込んだ野菜の旨みがとけこんだ豊かな味わいが楽しめます。

最初は甘く、後から辛い「大阪の味」

「堂島カレー ビーフオリジナル」は何種類もの厳選したスパイスとフルーツをふんだんに使い、コクと旨みを風味豊かに引き出しています。

甘さと辛さの変化を楽しみたい方向けの辛口タイプです。

「フォン・ド・ボー」にこだわる最高級カレー

フランス料理で最高級の味のベースとされる、仔牛肉と香味野菜を丹念に煮込んだ「フォン・ド・ボー」を使用した「ディナーカレーレトルト 中辛」。

具材をじっくりと煮込んだほろほろリブロースとマッシュルームは重厚な欧風ソースと相性抜群。

スパイスの香りが引き立つ、バランスのいい美味しさ

「ハインツ 業務用 ビーフカレー辛口」は香辛料、たまねぎやりんごをバランスよくブレンドし、スパイス感のある本格派カレーに仕上げた一品。

便利な1人前ポーションタイプで、非常食用にも最適です。

実はこんな商品も!3タイプの定番外レトルトカレー

身近なスーパーなどでよく見かける商品だけではなく、レトルトカレーには変り種の商品やご当地カレーなども含み種類が多数

消費者を飽きさせない戦略で、レトルトカレーはその人気を保持しています。
また、単純に種類が多いだけではなく、価格帯の多さも消費者のきめ細やかなニーズに応えた結果とも言えますね。

ここではそんなレトルトカレーにどのような種類があるか掘り下げてみました。

変わり種レトルトカレー

「成城石井」や「無印良品」で取り扱われているプライベートブランドのレトルトカレーは、種類が豊富なだけでなく、変わり種のレトルトカレーも多数。

普通のレトルトは食べ飽きたという方には、変わり種のレトルトカレーがおすすめです。

レトルトカレーグリーンカレー

特に無印良品では、マッサマンカレーやタイカレー、グリーンカレーなどの一風変わったレトルトカレーが販売されています。

主婦が大好きな「カルディ」でも、変り種レトルトカレーはよく販売されています。

一見、ご当地ものかな?
と思うような特殊な食材を使用したレトルトカレーがカルディのオリジナル商品としても販売されています。

その他にも「海軍カレー」やご当地カレーにも多い「ブランド牛カレー」、「いちごカレー」などなど、挙げればきりがありません。

中には「18禁カレー」なんて、ちょっとどきっとする名前の商品も。どんな味かは、ぜひ実際に購入して食べてみてくださいね。

ご当地レトルトカレー

ご当地ものとして、その土地、その土地の名産品を使ったレトルトカレーも多く販売されています。
お土産屋さんなどだけではなく、パーキングエリアやサービスエリアでも購入することも可能。

また、旅行に行かなくてもアンテナショップや物産展などでも市販されることも。

ただし、名産品といっても松坂牛や淡路島の玉ねぎのように万人受けする具材となるような名産ばかりではありませんね。

例えば鳥取県では「梨カレー」、山梨県では「ぶどうカレー」などがご当地カレーとして販売されています。

味重視よりも話題作りのために作れたレトルトカレーが多く、購入する側も「ネタ」として買われるかたが多いかもしれませんね。

高級レトルトカレー

レトルトカレーの中には、コスパと真逆を行ったような商品も

国内の老舗ホテルといわれるような、一流ホテルの名を冠したレトルトカレーがあります。

このようなホテルのレストラン発信のレトルトカレーは実はかなり以前から贈答用として販売されていました。

お味の方ももちろん高級。
ホテルのレストランで提供しているカレーライスの味わいが高い完成度で再現されています。

また、ホテルだけではなく、高級食材を使用したレトルトカレーも。
いずれも定価は1食あたり1,000円前後とかなりお高めです。

吉田ハム 飛騨牛ビーフカレー 220g

ホテルのレトルトカレーは他のレトルト食品と詰め合わせセットなども多く、お中元などの贈答用としても遜色ありません

また、高級食材を使用したレトルトカレーはご当地の食材であればお土産にも、また自分へのご褒美にもGood

手軽に購入・調理ができる上に、飽きないくらいの種類が販売されているのが、レトルトカレー人気の秘密と考えられます。

最近はその人気っぷりに、通販でも多くの種類のレトルトカレーが購入できるようになりました
ぜひみなさんも気になる商品があったら試してみてください。

レトルトカレーのカロリーはどのくらい?

ここまでレトルトカレーのおすすめポイントをたくさん紹介してきました。

しかし、レトルトカレーには、避けては通れない気になる点があります。そう、カロリーです。

カレーはおいしい一方で、どうしても高カロリーで健康にはあまりよくないというイメージがありますよね。

そこで、レトルトカレーに含まれるカロリーはどのくらいなのか、また健康に気をつけながら食べるにはどうしたらいいのか、調査してみました。

意外と低い!?驚きのカロリー

どうしても商品によってカロリーは異なりますが、一般的に一食分のレトルトカレーのカロリーはおよそ200kcal

お店や自宅のカレーのカロリーの平均は、およそ800kcal〜1,000kcal

こうして比較すると、レトルトカレーのカロリーは思っていたよりも低い数値だということがわかります。

さらに商品によっては、およそ180kcalほどと、かなりカロリーを抑えている商品も!

ただし、もちろんカロリーが高い商品もあり、食材にこだわっていたりすると、300kcalを超えるものもあります

そもそもレトルトカレーは具材の量が少ない商品ばかりで、あまりカロリーが高くなることがありません

その上最近は、健康志向の方が増えているため、メーカーもできるだけカロリーを抑えるための工夫をしています。

お店や自宅のカレーライスを食べるのは、ダイエットには不向きですが、実はダイエット中に食べても、そこまで大きな影響はなさそうです

レトルトカレー

健康的なレトルトカレーのススメ

健康的にレトルトを食べるためのポイント

さて、レトルトカレーを健康的に食べるためにはどうすればいいのでしょうか?

まず商品選びのとき、極端にカロリーの高いものは避けるようにしましょう

レトルトカレーが通常のカレーよりもカロリーが低いといっても、残念ながらレトルト食品の中では、カロリーが高い部類になります

カロリーが高い商品の方がおいしく感じられますよね。
しかし健康のために、高カロリーのレトルトカレーに限っては、時々食べるだけにしておきましょう。

また、レトルトカレーは具材があまり入っていません。そのため、レトルトカレーだけを食べていると栄養不足にも

特に野菜が足りていないため、一緒にサラダを食べるようにするとバランスが取れます

もしくは野菜を別に用意して、レトルトカレーと一緒に煮込む方法も
このときの野菜は電子レンジ専用のスチーマーなどで蒸したほうが、余計な油分をカット、さらに時短にもなるのでおすすめです。

ぜひ健康に気をつけながら、おいしいレトルトカレーをたくさん味わってくださいね。

こんな食べ方も!レトルトカレーの本当に美味しい食べ方

「ナン」で食べてみよう

インドでは「ナン」を主食にカレーを食べられていることが多いのは、皆さんもご存知ですね。

最近では、スーパーなどでも「ナン」が販売されることが多く、わざわざインドやネパールカレーの専門店に行かなくてもナンでカレーを食べることができます。

レトルトカレーナン

しかし、ナンに合うカレーは日本のご家庭でよく作られるような、こってりドロッとしたようなカレーよりはやはりさらっとしたインドカレータイプが良いでしょう

ここでおすすめなのが、レトルトカレー

ひよこ豆やマトンを具材にしたレトルトカレーをセレクトすれば、ナンにぴったりのカレーをご賞味いただけます。

またインドカレー専門店などでは、何種類もカレーが提供されますよね?
ご家庭でも、レトルトカレーなら手間いらずで何種類ものカレーを準備することができます

一人暮らしだからもったいない。。。
という方でもご安心を。
無印商品には「小さめカレー」のシリーズがあり、お一人でも2種類くらいは違った味のカレーを楽しめるのではないでしょうか。

ただし、「ナン」はおおよそ1枚で300kcal前後と高めのカロリー
おいしいからって食べ過ぎないように注意してくださいね。

大阪名物?カレーうどんをレトルトカレーで作ってみよう

カレーうどんをレトルトカレーを使って手軽に作ることが出来ます。 便利なのは「スープカレー」のレトルトカレー

鍋にスープカレーと「出汁」を入れて温めるだけで、カレーうどんのつゆが出来上がります
もちろん、カレーうどんの素というレトルト食品もありますが、具材まで入っている商品はごくまれ。

具材もたっぷり入ってお手軽な商品といえば、スープカレーのレトルトカレーとなります。

ご使用の出汁にもよりますが、おおよそ一食分のレトルトカレーに大さじ1.5程度が目安。 お好みで水や牛乳で辛味やマイルドさを調整することもできます。

レトルトカレーカレーうどん

さらにちょい足しレシピとしては、
夏場ならカットするだけでいい、トマトやオクラなどをトッピングしてもさっぱりと。

冬場ならチーズや長ネギなど入れ、少し火を長めに入れると美味しく体があったまって良いですよ。
煮込みうどん風に、ワンポットでうどんと煮込んでもいいですね。



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 

人気記事

Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops