粕汁の栄養とカロリーは?おすすめ紹介も

ダイエットに美容に発酵食品がかなり注目されていますが、そのなかで飲む天敵と形容されるほど栄養たっぷりなのが甘酒です。甘酒の原料となる酒かすについては、豊富な栄養が含まれています。そのため、美容効果も栄養効果も高いと言われています。その酒かすで作られているのが粕汁です。粕汁とは、酒粕を加えて煮込んだ日本の汁物料理です。だしに酒粕を溶かして根菜や魚介などの具材を入れて作ります。このような粕汁には酒粕の栄養がたっぷりと含まれていますので、ダイエットや美容にも最適です。このような粕汁の栄養効果をしっかりと知っておくことが必要です。栄養たっぷりの粕汁を毎日の生活に取り入れて栄養を効果的に摂取するとよいでしょう。

粕汁のおすすめは?栄養やカロリー、ダイエット効果を調査

粕汁の栄養とカロリー

粕汁の栄養は豊富であり、毎日を健康にしてくれる食べ物です。粕汁はだしに酒粕を溶かして味噌や醤油などで味をととのえ、鮭やぶりなどのあら、ニンジンや大根、ゴボウなどの根菜類などを入れる汁ものです。

粕汁の栄養素としてまず挙げられるのが酒粕です。酒粕は、それ単体で高い栄養価を含んでいるスーパーフードに匹敵する伝統的な日本の発酵食品です。酒粕に含まれている栄養素は、人間の身体を作ってくれるタンパク質がまず挙げられます。それ以外には、代謝を良くしてくれるビタミンB1、細胞の再生を助けてくれるビタミンB2、細胞の働きを正常に保ってくれるビタミンB6などが含まれています。これらのビタミン郡には疲労回復を促進するはたらきもあります。

また、たんぱく質の代謝エネルギーを生み出す皮膚や粘膜の健康を維持するためのパテントン酸、妊婦や妊活中の人が摂取するとよいと言われている葉酸も含まれています。また、食物繊維も豊富ですし、ホルモンの分泌を助けてくれる亜鉛、ナトリウムやカリウム、リン、カルシウムやマグネシウム、鉄分まで豊富に含まれています。酒粕は体にいいだけでなく肌にも良いので、化粧品として使用する人がいるくらいなのです。

粕汁は、このように栄養豊富な酒粕で作っていますので、身体を正常に働かせ、栄養を取るためには重要な汁ものです。粕汁は、健康維持だけでなく病気予防の効果もあります。酒粕にはインスリンと似たはたらきがありますので、糖尿病の予防や改善を行います。さらに、酒粕にはα―ハイドロオキシ酸という成分が含まれておりリンパの働きを活性化させ、ガンも予防してくれます。免疫力を高めますので、アレルギーを弱める働きもあるくらいです。

このような粕汁の高い栄養効果が着目されています。もちろん酒粕自体もそうですが、中に入れる魚や根菜、あげやネギ、しょうがなどについても栄養効果が高いです。汁物ですので、溶け出てしまった食材の栄養素まで効果的に摂取できます。そのため、粕汁に入れる具材を工夫することも健康のために有効です。

このような粕汁のカロリーですが、176グラム、おわんいっぱいで107キロカロリーとなっています。汁物にしてはカロリーが高いと思うかもしれませんが、具材がたくさん入っていますので、満腹感もありますし、一杯で必要な栄養素が多く摂取できますので効果的です。粕汁は身体を温めますので、カロリー以上に健康やダイエットに効果のある汁物です。

粕汁はダイエットに効果ある?

粕汁には、栄養素も豊富ですが、ダイエット効果もあることで知られています。実は、酒粕にはタンパク質の一種であるレジスタンスプロテインがあります。レジスタンス、というのは抵抗という意味で、レジスタンスプロテインは消化酵素で消化されにくい性質を持つということになります。ダイエットに効果的な物質のいくつかは、腸まで吸収されずに途中で分解されてしまい、せっかくの効能を表すことができません。しかしながら、酒粕に含まれているレジスタンスプロテインであれば、腸内環境を整えて便秘の改善、痩せやすい体にすることができます。

ほかにもレジスタンスプロテインはコレステロール値を下げ、悪玉コレステロールを駆逐するはたらきがあります。そのため、腸内で取り込んだ脂質も体外に排出されやすくなります。

実は、粕汁の原料、酒粕にはお米の10倍もの食物繊維が含まれています。食物繊維はダイエットには必要不可欠な性質でありこちらも腸内海峡改善、便秘解消に効果があります。また、酒粕には糖質や脂質の代謝を促すビタミンB群が豊富に含まれています。それが、食べたものが脂肪になるのを防ぐという効果があります。

また、酒粕にはタンパク質やその原料となるアミノ酸が多く含まれており、肌の調子を整えたり新陳代謝を活発にするという効果があります。ダイエット中に悩まされがちな肌荒れなどの問題も改善できますし、代謝を良くして余分なエネルギーを貯めこみにくくします。

しかしながら万能な食材と思われている酒粕であっても、カロリーは100グラムで227キロカロリーと、白米と比べてカロリーは高めです。酒粕をそのまま食べるダイエット法などもありますが、そうするとカロリー摂取過多になってしまうという危険もあります。

しかしながら粕汁にすることで、1日当たり50グラム程度の摂取量になりますので、カロリーオーバーになることもありません。具材を魚などのタンパク質、野菜などのビタミンなど工夫することによって、より効果的に栄養を摂取しながらも痩せやすい体にすることができます。それだけでなく、粕汁は身体を温めますので、それだけ代謝が良く、余分はエネルギーを外へ排出してくれます。

疲労回復成分も豊富に入っていますので、運動の後などに粕汁を食べることもよいでしょう。甘酒が苦手な人であっても、粕汁ならば残り物の食材で手軽に作ることもできますし、毎食食べても負担ではありませんので、手軽なダイエット法といえます。

粕汁のおすすめ

4位: 生みそずい 生タイプ粕汁(4食入)

対象ショップで取扱いなし

3位: 黄桜 じろく亭酒粕汁 220g

2位: マルサン粕汁 豚肉とごぼうまんぞく仕立て 1X10

¥1,584 LOHACO(ロハコ)
¥1,585 Amazon(アマゾン)

1位: マルサン粕汁 鮭と大根ほっこり仕立て 1X10

粕汁のおすすめは?栄養やカロリー、ダイエット効果を調査

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。