けんちん汁のおすすめ | 栄養やカロリー、ダイエットほか

けんちん汁でダイエットできる?おすすめ紹介ほか

けんちん汁とは、くずした豆腐に大根、にんじん、ゴボウ、里芋、蒟蒻などの具材を胡麻油で炒め 、出汁を加えて煮込み、最後に醤油で味を調えたすまし汁のことです。豚汁と見た目は変わらないのですがその最大の特徴としては、豚肉はおろかだしでさえも動物性のものを全く使わないということです。なぜなら、けんちん汁はもともと精進料理であったため、肉や魚を使わずに野菜でうま味を出しているということです。動物性の食品を使っていないのでおいしいの?と思うかもしれませんが、具材をごま油で炒めることで具材の風味を最大限に出していますし、こんぶや干しシイタケでとった優しいダシが美味しさの一つです。栄養素も豊富でカロリーも低めな優れた汁ものです。

最終更新日: 2018-09-06   閲覧数:15

けんちん汁のおすすめ | 栄養やカロリー、ダイエットほか

けんちん汁の栄養とカロリー

けんちん汁は、くずした豆腐とともに、大根やニンジン、ゴボウ、里芋や長ネギなどといった具材をごま油で炒めてから、干しシイタケや昆布といった植物性のだしで煮出した汁ものです。醤油で味を調えますが、最大の特徴としては、具材はおろかダシにも一切動物性の食品を使っていないことです。そのため、あっさりとした味の中にも野菜などのうまみが絶妙に溶けだしている素材の味が引き立てられます。もともと精進料理であったため、豚汁などとは決定的な違いがあります。

けんちん汁の栄養素はきわめて豊富であり、特に具材の栄養をそのまま摂取できます。豆腐は、カルシウムやタンパク質が豊富であり、けんちん汁には欠かせない食材です。また、けんちん汁には根菜が深い味わいを出すのですが、その存在にも栄養価が高いです。たとえば、里芋は芋類の中でも糖質が少ないだけでなく、老廃物を排出するカリウムが多いです。ゴボウは食物繊維が多く、カリウムやビタミンCそして胃腸を整えるはたらきのある大根も欠かせません。にんじんも健康的な野菜であり、カロテンの多さは全食品トップクラスです。長ネギは食物繊維、ミネラル、ビタミンB群が豊富で代謝を促進してくれます。

けんちん汁に入っているのは野菜だけではありません。シイタケでだしをとったり、しめじやえのきといったキノコを入れる人もおいですが、これらは低カロリーであるが不溶性食物繊維、そしてカリウムや代謝を促進するビタミンB群が豊富です。また、こんにゃくについても不溶性食物繊維が多くカルシウムも多い栄養食品です。それを健康にいい油で知られているごま油で炒めますので、低カロリーでありながらも身体の調子を整えてくれます。

具が多く、汁物の中では塩分が控えめということも特徴的です。そしてその塩分を分解してくれるカリウムはスープの塩分のリスクを大幅に軽減してくれます。これらのけんちん汁は見るからに健康に良さそうですが、そのカロリーについてはおわん一杯約67キロカロリーです。

これは、豆腐や、糖質を含む根菜類、油揚げなどが多く入っていますので思ったよりは高めになるかもしれません。しかしながらいろいろな具材がありますので飽きも来ず、満腹感も得られますので食品としてはかなり優秀です。もし、けんちん汁でカロリーダウンを考えているのであれば、豆腐や油揚げを少なめにする、糖質の比較的多い芋類などを控えるといった工夫によってカロリーダウンできます。

けんちん汁でダイエットできる?

けんちん汁は、メインのおかずとしては低カロリーですし、さらにはそれ以上に野菜を中心にいろいろな栄養素を摂取することができます。なかでも、肉類を使わずに植物性たんぱく質を取り入れていることから、健康やダイエットに効果があるでしょう。

また、けんちん汁はカロリーだけでなく糖質量が約6.5グラムと控えめであることも特徴です。なぜなら、糖質の多い肉類などを含んでいませんし、素材のうまみを生かした味付けになっていますので、糖質量の多い調味料を使わなくてもしっかりとした味にできるからです。

けんちん汁は食物繊維が豊富なゴボウやニンジン、こんにゃくやキノコなどを含んでいますので、頑固な便秘にもききますし、余分なエネルギーを貯めこまず体の外へ排出できます。ほとんどの汁物がそうであるように、けんちん汁においても身体を温めて代謝を良くするはたらきがあります。また、ビタミンB群が豊富ですので、ダイエット中の疲れた体に疲れを溜めにくくしてくれます。

より効果的にダイエットをするのであれば、きちんとカロリー計算をしてけんちん汁を作ることです。特にけんちん汁はカロリーが低いですが糖質の多い根菜類などを大量に入れてしまうと、カロリーオーバーになることがあります。具材をバランスよく配分し、カロリーが偏らないようにしましょう。特にキノコ類やこんにゃくなどは、食べ応えがありながらもカロリーは低く、不溶性食物繊維が豊富ですので、そのような具材は積極的に取り入れるようにしましょう。

また、けんちん汁は具材が豊富ですのでけんちん汁だけでは水分が不足してしまいます。水分不足はダイエットには逆効果ですのでけんちん汁ダイエットをするのであれば、水分は意識をして摂取するようにするとよいでしょう。けんちん汁はともすれば副菜となりがちで、なかなかメインのおかずとしては機能しないかもしれません。しかしながら、けんちん汁でダイエットをするのであれば、けんちん汁をメインとして、ご飯を食べ過ぎないようにしましょう。けんちん汁はご飯が進みますので、この点を注意する必要があります。

また、けんちん汁は新陳代謝を良くしてくれる働きもあります。そのため、より効果的にダイエットを使用と思うのであれば、運動を効果的に取り入れていくようにしましょう。そして、肉類や魚類を使っていませんので、3食をけんちん汁にするのではなく、バランスの良い食事をとりましょう。

けんちん汁のおすすめ

22位: 創健社 創健社 創健社 けんちん汁 みそ仕立て 4食入

商品詳細
  • 商品重量:40.8 g
  • 原材料:味噌(国内産)、澱粉、カツオエキス、砂糖、ごま油、チキンエキス(九州、山口、広島、岡山、愛媛)、酵母エキスパウダー、昆布エキス、唐辛子、具[ほうれん草(宮崎)、ごぼう(福岡)、鶏肉(九州)、人参(宮崎)、ねぎ(福岡)、乾しいたけ(中国)]、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
外部ショップでの口コミ: 1件
  • リピートして何回も購入しています。手軽に飲めて、味も美味しくて具もたくさん。気に入っています。ランチのお弁当のお供にちょうど良いです。

11位: まるごと野菜 7種具材の味噌けんちん汁 200g

商品説明
野菜のやさしい味わいに、ごろごろ野菜で、しっかり満足。7種具材=じゃがいも、だいこん、にんじん、ごぼう、ねぎ、こんにゃく、油揚げ合わせ味噌を使用することにより、味にまろやかさとコクが感じられます。野菜 約40g(だいこん、にんじん、ごぼう、ねぎ)ご飯と一緒にお楽しみください。
商品詳細
  • 商品重量:1.37 Kg
  • 原材料:野菜(じゃがいも、にんじん、キャベツ、たまねぎ、にんにく)、ソテートマト(トマト、たまねぎ、植物油脂、にんにく、食塩)、トマトペースト、炒めたまねぎ、チキン風味調味料、でん紛、ミルポワペースト、クリーミングパウダー、オリーブオイル、オニオンエキス、黒こしょう、バジル、調味料(アミノ酸等)、香料、(原材料の一部に小麦、乳成分、大豆、豚肉、ゼラチンを含む)
レビュー: 3.50点/5点

けんちん汁のおすすめ | 栄養やカロリー、ダイエットほか



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops