赤だしの健康効果とは?おすすめ紹介ほか

赤だしとは、赤味噌にカツオや昆布のだしを混ぜたものです。特に米や麦麹でつくられたものを赤味噌と呼んで、赤だしとは大豆に豆麹を混ぜて作られた豆味噌のことを赤だし、と呼んで区別する場合もあります。赤だしはもっぱら味噌汁に使われることがおおくほんのりとした甘さと豆本来の風味を味わうことができます。もともとが料亭で使われていたものでしたが、戦後初めて商品化されました。味噌汁の具材としてはあさりやなめこなどにもマッチしますし、豆味噌同様にナスや豆腐の田楽、中華料理の肉なすやホイコーローにも使うとよいでしょう。このような赤だしは、栄養価も高く、ダイエットに効果的な成分も含まれていますので、栄養維持やダイエットにも向いています。

赤だしのおすすめ | 栄養やカロリー、健康への効果は?

赤だしの栄養とカロリー

主に豆味噌で作られており、その味噌にカツオや昆布などを混ぜた赤だしは栄養価も豊富です。赤だしは赤っぽい色をしていますが、それは味噌として発酵熟成する際のメイラード反応によるものです。赤だしに使われる赤味噌や豆味噌は、1年以上もの長い熟成期間を置くことから、全部赤い味噌になっています。赤だしの特徴は、塩分が強く熟成や発酵が進んだ味噌を使用していることから、コクがありますので、それだけで味わうことができます。それゆえに、味噌汁などに多く利用されるのです。

赤だしの栄養素としては、メイラード反応で生み出された赤褐色の物質、メラノイジンという成分が肌や細胞の老化を防いでくれます。さらには血管の老朽化など身体を錆びさせるという悪名のある活性酸素を除去してくれます。そのため、赤だしはアンチエイジングにも機能します。

味噌はもともと健康に良い発酵食品の一つです。主な栄養素はたんぱく質でありその効能は肉に匹敵するほどです。特に生命維持に必要な、そして体内では生成できないアミノ酸である必須アミノ酸を豊富に含みます。さらには、他の大豆製品と同じように、大豆イソフラボンを豊富に含んでいます。大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをしますので、ホルモンバランスの乱れを整えたりするのに役立ちますし、美肌効果もとても高いものです。

赤だしは、栄養豊富な大豆製品の中でも発酵食品ですので大豆たんぱく質が酵素によって加水分解されています。特に赤味噌、豆味噌については発酵時間もとても長いため、より多くの栄養素を含んでいるといえます。また、必須アミノ酸8種類が含まれているだけでなく、ビタミンEに代表される抗酸化作用があります。

赤だしは他の味噌と比べて、ビタミン類やカリウム、リンやタンパク質を含み、炭水化物が少ないといえます。さらにはだしを添加する際にあたって魚介類などの栄養がまたいきわたります。このような赤味噌のカロリーですが、100グラム217キロカロリーです。これは、ご飯4分の3膳ですので、比較的高カロリーであるといえます。ですが、赤だしとして摂取するのであれば、味噌汁一杯39キロカロリーですので、さほどカロリーが高いとは言えません。

赤だしは、コレステロールを抑えたりアンチエイジングや自律神経のバランスを整えるなど、病気の予防にも大きな効果があります。そのため、適度な量を日々の生活に取り入れたいものです。

赤だしの効果とは? | 健康にいいの?

赤だしは赤味噌や豆味噌にダシを加えたもので、もっぱら味噌汁として利用されています。このような赤だしは栄養素も豊富であり、ダイエットにも向いていますし腸内環境を整え、さまざまな病気を予防するのによいとされています。

味噌に含まれている大豆のタンパク質は、体内で消化されてアミノ酸になります。それが、体内では生成することができない必須アミノ酸であり、消化や排出を助けてくれます。特にその必須アミノ酸のロイシン、イソロイシンなどは、脂肪燃焼を助けてくれる働きがあります。もちろん、味噌、もっといえば大豆からできたものであればロイシンやイソロイシンを含みます。しかしながら、赤だしはより熟成期間の長い味噌を使っていますので、このような有効物質を効果的に摂取することができるのです。

また、赤味噌はメイラード反応という反応によって赤くなるのですが、そのメイラード反応で生み出されたメラノイジンという成分は腸内を刺激して腸内環境を整えます。結果的に代謝をアップさせるため、ダイエットに役立つだけでなく、新陳代謝を活発化し、タンパク質の生成を助けて美肌にも役立ちます。

ほかにも、味噌が発酵したり熟成したりする際に生成された大豆ペプチドもダイエットに効果的です。ペプチドを摂取することで、血液中の食欲抑制因子であるレプチンが増加し、食欲増進因子であるグレリンが減少するといわれています。そのため、食べ過ぎを防ぐためにも赤だしは効果的です。大豆ペプチドには、交感神経の働きを良くするという働きがあり、基礎代謝が上がりますので太りにくい体を作るのに役立つのです。

ほかにも、味噌自体が持っている、栄養に良い成分はたくさんあります。たとえば、ビタミンEが含まれていることです。ビタミンEには高い抗酸化作用がありますので、老化を防ぎますし、リノール酸という物質は美白効果がありますので、美肌を求めている女性に最適です。また、これ以外にもコリンという物質は肝臓に入ったアルコールが脂肪となって蓄積することを防ぎます。そのため、お酒を飲み過ぎてしまった次の日の赤だしは、二日酔い対策にも効果的ですし、脂肪肝を改善することもできます。

それ以外にも、赤だしは生活習慣病やがんを予防するという効果まであります。もともと味噌というのは栄養素が豊富ですが、赤だしは熟成期間の長い赤味噌を使っていますので、もともと持っている味噌のよい成分をよりくまなく抽出できるのです。

赤だしのおすすめ

10位: マルサンアイ 本場赤だし 3種の具 3食

¥204 SEIYUネットスーパー(ス)
¥205 (x10) Amazon(アマゾン)

9位: マルサンアイ お徳用20食入り赤だし 袋20食

8位: マルコメ料亭の味 赤だしとうふ カップ24g

マルコメ料亭の味 赤だしとうふ カップ24g
¥354/100g
64%安
¥85 爽快ドラッグ
¥108 (x6) Amazon(アマゾン)

7位: マルサンアイ 即席みそ汁 赤だし 12食入り 袋215.2g

マルサンアイ 即席みそ汁 赤だし 12食入り 袋215.2g
¥133/100g
87%安
¥286 ヨドバシカメラ
¥287 イトーヨーカドー
他2ショップ

6位: 永谷園 赤だしみそ汁 4袋

永谷園 赤だしみそ汁 4袋
¥283/100g
71%安
¥102 SEIYUネットスーパー(ス)
¥117 爽快ドラッグ
他3ショップ

5位: アマノフーズ いつものおみそ汁 赤だし三つ葉入り バラ 7.5g

アマノフーズ いつものおみそ汁 赤だし三つ葉入り バラ 7.5g
¥1160/100g
¥87 ヨドバシカメラ
¥108 (x10) Amazon(アマゾン)

4位: マルサンアイ おわんにポン 赤だし 袋40g

3位: アマノフーズ 業務用 赤だしなめこ NR30 195g

アマノフーズ 業務用 赤だしなめこ NR30 195g
¥900/100g
¥1,755 爽快ドラッグ
¥1,765 ケンコーコム
他2ショップ

2位: ひるげ 赤だし ドライタイプ 袋9gX6

¥213 SEIYUネットスーパー(ス)
¥226 爽快ドラッグ
他3ショップ

1位: 永谷園 1杯でしじみ70個分のちから 赤だし 袋58.8g

永谷園 1杯でしじみ70個分のちから 赤だし 袋58.8g
¥162/100g
84%安
¥95 SEIYUドットコム(西友)
¥108 ヨドバシカメラ
他4ショップ

赤だしのおすすめ | 栄養やカロリー、健康への効果は?

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。