ブイヤベースの味やカロリーは?おすすめ紹介も

フランス料理として有名なブイヤベース。

魚介のうまみと香味野菜の香りが楽しめ、クセも強くないため、子供から大人まで楽しめる味になっています。

世界三大スープと呼ばれているほど、世界中でも有名で、人気の高いスープでもあります。

最近では簡単にブイヤベースを楽しめるスープも販売されており、家庭で簡単にフランス料理の味を再現することが出来ます。

ブイヤベースを利用したレシピも多く出てきており、アレンジレシピも多くなっています。

興味はあるけど使い方がわからない方のために、ブイヤベースの味やカロリー、利用したレシピを紹介します。これを機にブイヤベースを使ってご家庭でフランスの味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ブイヤベースの味とカロリー

ブイヤベースはいまでこそ日本でもあちこちで名前を見かけるようになりましたが、そもそもは家庭料理の名称です。

フランスの伝統料理で、フランスで採れたエビやムール貝といった魚介と一緒に玉ねぎやセロリといった香味野菜を煮込む料理です。漁をした際に形が悪くなってしまったものを煮込んだことから始まっており、日本でいう寄せ鍋のような感覚で楽しまれています。今ではトマトやジャガイモといった野菜も一緒に煮込まれており、利用される素材も店や家庭によって違っているようです。

味のイメージとしては、魚介のトマトスープなのですが、トマトの味が弱く、代わりに玉ねぎやニンニクといった香ばしい香りが強く出ます。

魚介出汁といいつつも、メインが貝になるため、臭みが少なく、日本の魚介出汁のような濃さはないのが特徴です。

スープ自体もサラサラと飲みやすく、一緒に入れている食材をメインで楽しむ料理です。そのため一緒に入れられるエビや貝なども大きくそのままの形で入っていますし、ジャガイモなどもそのままの姿で煮込まれています。

お店によっては少し香辛料が入っており、辛いところもありますが、基本的には素材の甘みが楽しめるスープです。

最近ではこのスープを利用したスープパスタなど、ブイヤベースのスープを利用した料理も見かけます。

コンビニなどでもブイヤベースを見かけることが多くなり、日本でメジャーな食べ物になってきました。

ブイヤベースのカロリーは一緒に煮込んでいる具にも左右されますが、1人前380キロカロリー程度です。寄せ鍋などと同等のカロリーですが、塩分が少なく、寄せ鍋よりは健康的といえます。

エビや貝、白身魚などがメインの食材となるため、基本的に高タンパク質でありながら、脂質が低く、非常にダイエットに向いています。また野菜も豊富にとれ、セロリのような香味野菜も取れるため、バランスが良い食事ともいえます。

またジャガイモのように糖質のとれる食材も入っているため、これだけで十分お腹がいっぱいになります。

食事のためのスープといえるため、寄せ鍋などのようにしめを楽しむものではなく、その分カロリーが低いといえます。

さらには香辛料を足せば発汗作用も期待できるため、よりカロリー消費への貢献が可能です。

お店などではパンと一緒に食べられることが多いですが、カロリーを気にするのであれば、ジャガイモなどを多めにとるようにした方が良いかもしれません。

ブイヤベースの簡単レシピ | アレンジレシピも

一見難しそうに見えるブイヤベースですが、実は簡単にできます。市販のブイヤベースソースを利用すれば、より早く、そして本場の味を楽しめるため、おすすめです。

用意するものもお好みの具材で大丈夫です。本場では、ムール貝、エビ、タラなどの白身魚が一般出来です。ムール貝などはスーパーでも手に入りにくい食材なので、代わりにあさりなど手に入りやすい貝類を選んであげると良いでしょう。

エビは殻付きで頭付のものの方が、うまみが出ておすすめです。またアレンジとして、タコなどを加えるのもおすすめです。

魚介の他にはニンニク、セロリや玉ねぎ、トマト缶、入れたい野菜を用意します。火が通りにくい食材があれば、先に電子レンジなどで火を通すと後が簡単です。

熱した鍋にオリーブオイルを引き、ニンニクを熱します、ニンニクの香りがしたら玉ねぎやセロリを加え、よく熱します。そのあとトマト缶とブイヤベースの素をいれ、場合によっては水やワインで濃さを調整します。

煮立ったらアクを取り、弱火にして煮ます。この時にバターやしょうゆをいれると日本人好みの味になります。

15分ほど煮立ったら最後に魚介と野菜をいれ、魚介に火が通るまで煮込んで完成です。

食材を切って炒めて煮るだけと非常に簡単です。アレンジでサワークリームやパセリを最後にのせるのもおいしく食べられます。

食材を買いそろえるのが面倒な時はシーフードミックスでも代用ができます。ブイヤベースの素はネットで簡単に手に入ります。

ブイヤベースのアレンジレシピとしては、食べ終わった後のトマトリゾットや、パスタを茹でてのスープパスタがおすすめです。

そのほかにもブイヤベースのスープがあるのならば試してほしいのが、お隣イタリア発祥のアクアパッツァです。

アクアパッツァはタイなどの白身魚をトマトとあさりと一緒にワインで煮たものです。

一品でメイン料理になり、見た目も華やかな料理ですが、ブイヤベースソースがあれば簡単に作ることが出来ます。

用意するのは頭付の白身魚とあさり、プチトマトです。ニンニクを熱した鍋に白身魚をいれ,皮に焼き目をつけたらあさりと半分に切ったプチトマトを並べてブイヤベースソースをいれ、蓋をするだけで完成します。

ブイヤベースとの違いを楽しみたかったら、白ワインの量を増やし、薄めのスープを作り上げます。あまり汁気の多いメニューではないため、ブイヤベースソースも少なめで大丈夫です。

万能なブイヤベースソースは家庭に一つあるととても便利です。

ブイヤベースのおすすめ

7位: 味の素 クノール スープDELI ブイヤベーススープトマト仕立て 3個

味の素 クノール スープDELI ブイヤベーススープトマト仕立て 3個
¥559/100g
¥127 SEIYUネットスーパー(ス)
¥143 (x6) Amazon(アマゾン)
他3ショップ

6位: 味の素 クノール カップスーププレミアム ブイヤベーススープトマト仕立て 3箱

味の素 クノール カップスーププレミアム ブイヤベーススープトマト仕立て 3箱
¥470/100g
¥204 SEIYUネットスーパー(ス)
¥216 (x4) Amazon(アマゾン)
他3ショップ

5位: ジェンセン ブイヤベーススープ 400ml

4位: フェリーノ スープ デ ポワソン 460g

フェリーノ スープ デ ポワソン 460g
74円お得
¥282/100g
32%安
¥1,297 爽快ドラッグ
¥1,390 ケンコーコム

3位: ふらんす厨房 ブイヤベース 箱72g

ふらんす厨房 ブイヤベース 箱72g
¥534/100g ¥384/個

2位: エスビー 世界の食卓から ブイヤベース 箱48.2g

エスビー 世界の食卓から ブイヤベース 箱48.2g
¥444/100g
¥214 爽快ドラッグ
¥231 ケンコーコム
他1ショップ

1位: フェリーノ スープ デ ポワソン 780g

フェリーノ スープ デ ポワソン 780g
¥235/100g
44%安

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。