ポトフの栄養とカロリーは?おすすめ紹介も

ポトフはフランスの家庭で昔から食べられている、具沢山のスープのことです。ポトフという名前はフランス語で、鍋を火にかけるという意味があります。日本でお馴染みのおでんのようなイメージです。日本のおでんはダシに様々な具材をいれて煮込みますが、ポトフも煮込むという意味では同じです。

ポトフの材料は肉と野菜がメインとなります。日本のおでんと同じように、各家庭の味があるので、使用する材料により味も変わってきます。肉類ではウインナーやベーコン、ビーフやチキンなどが使われます。野菜はジャガイモやキャベツ、ニンジンやタマネギなど好きな物をいれて作れるのがポイントです。具沢山で温かいポトフは、寒い冬に食べられるのでこれもおでんに共通しています。

ポトフのおすすめ | 栄養やカロリー、ダイエット効果は?

ポトフの栄養とカロリー

ポトフは日本のおでんに似ていることから、洋風おでんと呼ばれることもあります。材料はお好みで好きな野菜や肉類を使います。具沢山のスープだから栄養満点なところが魅力です。ただし使用する具材によって栄養やカロリーは変わってきます。ここでは定番のポトフのレシピを元に栄養とカロリーをチェックします。

使用する材料によりカロリーは多少変わってきますが、だいたい1人分で340Kcalくらいです。ポトフを作る時は、肉と野菜を使いますが、肉は1種類だけの時もあれば、2種類使うこともあります。野菜はジャガイモ、ニンジン、キャベツ、セロリ、カブ、玉ネギが定番となっているので、大抵のポトフに入っています。肉に関してはチキン、ビーフ、ポークにより栄養やカロリーも変わりますが、いいダシが出ることからウインナーを入れることが多いです。後はチキンブイヨン、水、塩コショウを使い味を調えます。肉の臭みを消すためにブーケガルニやローリエを入れると、香りがよくなります。

カロリーが気になる時は肉を入れずに野菜だけで作ることもできます。肉を使うと340kcalとやや多めになりますが、肉を一切使わない場合は140kcalとかなり減らすことができます。肉の代わりにウインナーやベーコンを使うこともできますが、この場合はカロリーが290kcalと少し上がります。

栄養については使用する具材でも変わりますが、一般的なポトフで見ると、タンパク質、脂質は少し少なめで、脂質と炭水化物と食物繊維が多くなります。各種ビタミンやミネラルも含まれているので、栄養バランスは整っています。ポトフは使用する材料により、カロリーが大きく変わるのが特徴です。

ただしカロリーを気にしすぎて肉を一切使わないと、肉類から出る旨みがなくなってしまうので、ちょっとあっさり過ぎる印象です。できるだけカロリーを抑えつつ旨みをプラスしたい時は、ニンニクやトマトを入れるのもおすすめです。香りづけとトマトの旨みであっさりしていても、満足感のあるポトフになります。

ポトフは具材を大きめにして煮込むので、食べ応えを楽しむのがポイントです。ゴロゴロとした大きい具材でもじっくり煮込むと柔らかくなり食べやすいです。煮込むほどに美味しくなるので、焦らずゆっくり煮込みましょう。多めに作って残りは、カレーやシチューにリメイクできるので、ポトフを元にアレンジメニューも楽しめます。買い物に行く時間がない時は、冷蔵庫にある材料で手軽に作れるのもポイントです。

ポトフはダイエットに効果的?

ポトフは具沢山の温かいスープです。野菜がたっぷり入っているからヘルシーでダイエットにもいいというイメージですが、ポトフは本当にダイエット向きなのでしょうか?ポトフをダイエットに取り入れる場合、肉類を一切使わず野菜だけで作ることもできます。しかし、カロリーは抑えられますが、かなりあっさり系のポトフになってしまいます。野菜だけのポトフでは、普通の1人分ではすぐにお腹がすいてしまうので、空腹感と戦うダイエットになってしまう可能性があります。

我慢できずにほかの物を食べてしまうくらいなら、肉類をいれてみましょう。多少カロリーは高くなりますが、ボリュームが出るので、腹持ちが良くなります。しかしダイエット食としてポトフを取り入れる場合は、カロリーだけでなく糖質にも注意が必要です。野菜を多めにすればカロリー控えめでヘルシーなスープになるイメージですが、ポトフの使うジャガイモや玉ネギは野菜でも糖質が多めのため、たくさん食べると糖質もおおく摂ることになります。

ダイエットをする上では、カロリーだけでなく糖質の量も考えないといけません。糖質として考えた場合は、肉類は糖質が少ないので、ジャガイモや玉ネギを多めにするよりも、肉類をプラスしてボリュームを出した方が、糖質は少なくボリュームが出るので満足感も得られますし、多少腹持ちも良くなります。カロリーだけを考えて野菜のみのポトフを選んでしまうと、物足りないのでたくさん食べてしまいがちです。カロリーは少なくても、糖質をおおく摂ることになるので、ダイエットには不向きとなってしまいます。

ダイエットにポトフを取り入れる時、いつ食べるかによっても効果は変わってきます。野菜たっぷりの温かいスープは朝や昼に向いているように思われがちですが、ダイエットに取り入れるなら夜がおすすめです。朝や昼に食べた分は、何もせずゴロゴロ寝ているなら話は変わりますが、普通に生活しているだけでもある程度カロリーを消費できます。

夜は代謝も下がる時間帯ですし、食事をしたら寝るだけとなるので、あまりカロリーは必要ありません。夜にポトフを食べればカロリーや糖質を抑えることができるので、ダイエットにも効果的なのです。ただし糖質を少なめにするのがポイントですから、ジャガイモや玉ネギは少なめに、肉を多めにしましょう。炭水化物は極力控えたいのでポトフだけで物足りない時は、フルーツやヨーグルトをプラスしてもOKです。

ポトフのおすすめ

2位: まるごと野菜 じっくり煮込んだポトフ 200g

まるごと野菜 じっくり煮込んだポトフ 200g
¥106/100g
62%安
¥212 イトーヨーカドー
¥266 (x6) Amazon(アマゾン)
他3ショップ

1位: エスビー 世界の食卓から ポトフ 箱50.4g

エスビー 世界の食卓から ポトフ 箱50.4g
¥458/100g
¥231 ケンコーコム
¥233 (x10) Amazon(アマゾン)

ポトフのおすすめ | 栄養やカロリー、ダイエット効果は?

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。