ボルシチにダイエット効果はある?おすすめ紹介も

おふくろの味というのは国によっても違います。日本でおふくろの味といえば味噌汁が代表的ですが、国が変わればおふくろの味もそれぞれに違ってきます。ロシアでおふくろの味といえばボルシチ、といってもいいくらいポピュラーなスープです。ボルシチには各家庭の味がありますが、使用する材料は大体決まっています。ボルシチは見た目が赤い色をしていますが、これはビーツという野菜を使っているからです。他にもたくさんの野菜や肉を入れて作りますが、どんな具材を使うかも各家庭で異なっています。

今ではすっかりロシアを代表するスープとなっていますが、元々はウクライナで食べられていた料理でした。今はロシア全土で食べられるようになっています。

ボルシチとは?

ボルシチと聞いた時ロシアを思い浮かべるのではないでしょうか?ロシアの赤いスープとしても知られるボルシチは、世界三大スープのひとつにも数えられています。ロシアのおふくろの味としても愛されているボルシチですが、元々はウクライナで食べられていた郷土料理でした。それがいつの間にかロシア全土に広がり、今ではロシアを代表するスープになっています。

冬になると気温が氷点下になることが多いロシアでは、温かいスープが欠かせません。見た目が赤いのは、ビーツという甜菜の一種を使っているからです。甜菜は甘味があることから、日本では砂糖を作る原料としても使われています。ビーツは日本で砂糖の原料に使用する甜菜よりは甘味は少ないものの、ビーツを入れることでスープに甘味が出ます。糖分はエネルギー源として欠かせませんから、寒い地域で生き抜くためには必要不可欠です。

元々はウクライナで食べられていたボルシチですが、ウクライナもロシアと同じように寒さが厳しい地域です。糖分を含むビーツを温かいスープとして食べるのは、寒い冬を乗り越える先人の知恵でもあったのです。ボルシチにはビーツの他にも野菜や肉を入れます。具沢山にすることで、栄養価も高まり疲労回復にも役立つことから、農民たちにも親しまれるようになります。

寒い季節だけのスープというイメージですが、夏は冷やしても美味しいので、年間を通して食べられるスープなのです。ロシアではボルシチを食べる時、サワークリームを添えます。赤いボルシチに白いサワークリームのコントラストが見た目にも楽しめます。サワークリームを添えるのは、見た目を楽しむためではなく栄養バランスを整えるためという理由があります。サワークリームには、乳酸菌が豊富に含まれているので、栄養豊富で、お腹にも優しいスープとなるのです。

スープのベースはブイヨンを使います。ブイヨンは、肉や野菜、スパイスを煮込んで作るダシのことです。ブイヨンは旨みがありますがそれだけでは物足りません。味はサワークリームを使うので、少し酸味が加わります。自分でボルシチをつくる場合は、味付けは好みに合わせてアレンジできます。ブイヨンではなくコンソメを使えば少し味が変わりますし、塩コショウで味を調えてもいいでしょう。

本場ロシアではマヨネーズで味つけしたり、ソースやケチャップで味付けをしたりなど、各家庭で違いがあります。自分で作るならしょう油をプラスしてもいいかもしれません。

ボルシチの栄養とカロリー

ボルシチはロシアの赤いスープとしてよく知られています。ロシアのおふくろの味としてもお馴染みで、各家庭によって材料や味付けが異なります。日本で言うところの味噌汁のようなイメージですが、どこの家庭でもボルシチには必ずビーツを使います。ボルシチの赤い色はビーツの色素が出ているからです。

日本ではあまり馴染みがないですが、ビーツというのは甜菜の一種で、見た目には赤いカブのような野菜です。ボルシチが栄養豊富なスープになるのは、ビーツを使うからといってもいいくらいです。ビーツはカリウム、ナトリウム、カルシウム、ビタミンB群、ポリフェノールが豊富に含まれています。ボルシチには、ビーツ以外にも野菜や肉をたっぷり使いますので、それぞれの材料の栄養も加わり、栄養満点のスープになります。

ビーツはボルシチに欠かせないものですが、肉や野菜はお好みでアレンジできます。カロリーを抑えたい時は、使う肉をチキンやラムにすることで対処できます。ボリュームを出したい時はビーフやポークを多めに使ってもいいですし、野菜の種類も自由にアレンジできます。どんな材料を使うかによってカロリーは変わってきますが、一般的なボルシチのレシピで作った場合は、1人分あたり215kcalくらいです。一般的なレシピでは、牛肉を使います。野菜はビーツ以外では、ミネストローネに使う材料とほぼ同じです。

ロシアではサワークリームと一緒に食べますが、サワークリームは100gあたり387kcalあるので、サワークリームを使う場合は、それもプラスして考えた方がいいかもしれません。ちなみにサワークリーム大さじ1杯あたりのカロリーは、58kcalです。サワークリームをプラスすると多少カロリーは増えますが、乳酸菌が摂れるので全体の栄養バランスは良くなります。

日本でも少しずつビーツが注目されるようになっていて、生のビーツも入手できますが、どこのスーパーや八百屋でも手に入るというまでには至っていません。自分でボルシチを作る場合は、缶詰のビーツなら入手しやすいので、缶詰を使うのがおすすめです。ビーツは皮をむく時も手や調理器具が赤く染まるくらい色素が強いので、缶詰を使う方が手軽で簡単というのもメリットです。

本場ロシアではブイヨンを使いますが、コンソメや鳥ガラスープの素を使えば、ある程度ベースに味が付いているので、味付けもしやすいです。肉や野菜はお好みでOKですが、具沢山にした方がボリュームと美味しさがアップします。

ボルシチはダイエットに効果ある?

ボルシチはビーツを使う赤いスープとしても知られています。ロシアではお馴染みの家庭料理です。各家庭で使う材料や味つけは違いますが、具沢山で栄養満点なスープとして愛されています。ダイエットを考える時、食事制限が必要です。スープはダイエットにも人気ですが、ボルシチはたっぷりの野菜と肉を使うので、栄養価が高く腹持ちもいいことからダイエットに取り入れる人もいます。ボルシチのダイエット効果についてチェックしてみましょう。

なぜダイエットにボルシチがいいのか?これについては、野菜がたっぷり入っているからヘルシーというイメージがあるように思えます。レシピ本に載っている材料で作った場合、1人分のカロリーが、215kcalですから確かにヘルシーです。サワークリームを加えても適量なら全体でも300kcal以内に収まります。ボルシチはカロリーで見た場合もダイエットに良さそうなイメージですが、注目すべきはビーツに含まれる成分なのです。

ビーツには、カリウムが豊富に含まれています。カリウムは塩分の排出を促す働きがあるので、むくみ解消効果が期待できます。太っている人はむくみやすい傾向にあるので、カリウムの作用は重要です。ビーツにはナトリウムも含まれています。ナトリウムは塩分のことですが、カリウムとのバランスが重要となります。どちらも摂り過ぎ、不足し過ぎは健康に影響を与えますので、最初から両方含まれているビーツは、体内のナトリウムとカリウムのバランスを維持するのにも役立ちます。

ビーツにはビタミンB群の一種である、パントテン酸も含まれています。パントテン酸は、悪玉コレステロールを減らす働きがあるので、脂肪分の多い食事を好む人にもおすすめです。これは生活習慣病予防にもつながるので、ダイエット以外にも効果が期待できます。

ビーツが持つ独特の赤みは、ポリフェノールの一種ベタシニアンの色素です。ポリフェノールは、高い抗酸化作用があることでも知られていますが、実は脂肪燃焼をサポートする働きもあります。細胞の若返りを助ける働きは、代謝を促進させ脂肪を燃えやすい体に導くのに役立ちます。ボルシチにはビーツの他にも、野菜や肉を使いますから、ダイエットで不足しがちな栄養を補うのにも役立ちます。糖質の少ない野菜を多めに使えば、ダイエット食にもピッタリです。

ボルシチはメイン材料となるビーツの入手が難しいことと、煮込むのに時間がかかります。レトルトタイプやインスタントなら手軽に食べられます。

ボルシチのおすすめ

5位: MCC ボルシチスープ 袋160g

MCC ボルシチスープ 袋160g
31円お得
¥116/100g
72%安
¥185 爽快ドラッグ
¥224 ケンコーコム
他1ショップ

4位: MCC ロシア風ボルシチ 160g

MCC ロシア風ボルシチ 160g
¥189/100g ¥302/個
55%安

3位: アマノフーズ アマノフーズ ボルシチ 18.5g×4個

アマノフーズ アマノフーズ ボルシチ 18.5g×4個
¥1330/100g ¥246/個

2位: MCC モスクワ風ボルシチ 210g

MCC モスクワ風ボルシチ 210g
¥233/100g
44%安

1位: 成城石井 ボルシチ 200g

成城石井 ボルシチ 200g
¥214/100g
49%安

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。