低カロリーな昆布でダイエット?種類や栄養、おすすめ昆布ほか

昆布のおすすめと栄養・種類・ダイエット方法

昆布

低カロリーな食材が気になる方は多いでしょう。最近はダイエットをしている方が増え、痩せるための食生活に気を使っている方が多いです。いろいろな食材がある中で、ダイエットに効果的なものとして昆布があります。昆布は低カロリーであり、ダイエット方法としても紹介されることが多いため、おすすめの食材です。

それでは昆布にはどのような種類や栄養が含まれているのでしょうか?日本人に馴染みのある昆布ですが、その詳しいことについてはあまり知らない人が多いでしょう。ダイエットに昆布を活用するためにも、昆布について深く知っておきましょう。そのために役に立つ情報を紹介します。昆布について詳しくなりましょう。

最終更新日:   閲覧数:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昆布の種類

昆布の種類は生育している環境が影響するので、産地によって分けられます。国内の昆布の大部分は北海道で採取されたものです。それ以外では青森県と岩手県、宮城県でも採取されます。日本に存在する昆布は全部で14属45種あります。世界の昆布の大部分が日本で生育しています。

最も代表的な昆布は真昆布と呼ばれているものです。こちらは主に道南で採取されています。上品な味わいで甘みがあるのが特徴です。真昆布を使うと、質の高いだしがとれます。そのため、鍋物に使われることが多いです。また肉厚となっているため、真昆布を使った佃煮もよく食べられています。塩昆布に使われたり、とろろ昆布として食されることもあります。

利尻昆布もよく食べられています。こちらは北海道の北の方で生息しています。甘みがあり、真昆布と比較すると少し塩味がするのが特徴です。京都では会席料理に利尻昆布が使われていることが多いです。これでだしをとると、濃い味がして香りの良いだしになります。鍋物や吸い物に使われることが多く、湯豆腐にも最適です。

昆布の種類

羅臼昆布というものもあります。とても濃厚なだしをとることができます。鍋物や煮物として使われることが多いです。知床半島の根室側の沿岸部のみで生息しています。羅臼昆布でだしをとると、にごるという特徴があります。だしの王様と称されるほど、おいしいだしがとれます。

  • 日高昆布

北海道の日高地方で採取されるものはと呼ばれています。こちらは味が良く、やわらかくて煮やすいことから、さまざまな用途に使われています。昆布巻きにしてみたり、煮物の具材として用いることもあります。良い味がとれるため、だしに利用されることもあります。

  • 長昆布

長昆布というものがあります。こちらはその名の通り、細長い昆布のことです。佃煮昆布にしたり、昆布巻きやおでんの材料として使われることもあります。細目昆布という種類もあり、納豆昆布やとろろ昆布に使われています。

ほかにもかごめ昆布や厚葉昆布、猫足昆布などがあります。このように昆布の種類は豊富であり、それぞれに個性があります。そのため、それぞれの用途に合わせて適した昆布を選ぶと良いでしょう。いろいろな昆布を使い分けることができるようになれば、昆布の良さを料理に活かせるようになるでしょう。日本料理には欠かせない食材が昆布であり、多くの家庭で重宝されています。

昆布の栄養とカロリー

昆布は栄養豊富であり、とてもヘルシーな食べ物です。昆布の中にはさまざまな栄養が含まれています。それでいてカロリーはかなり低いです。昆布のカロリーは1食分あたりで5Kcalに満たないくらいとなっています。そのため、カロリーはほとんど気にしなくてもいいレベルとなっています。

昆布にはカルシウムが豊富に含まれています。カルシウムといえば牛乳を思い浮かべる方がいるかもしれませんが、実は昆布の中には牛乳の6倍ものカルシウムが含まれています。そのため、カルシウムを摂取したいのであれば、昆布の方が効率が良いです。カルシウムは骨や歯を形成する基本となるものです。

ほかにも、体のさまざまな機能を維持したり、調整するためには欠かせないものとなっています。人間にとって重要なミネラルであり、きちんと毎日摂取しなければいけません。カルシウムを摂取したいのであれば、昆布はとてもおすすめです。子供にぜひとも食べさせてあげましょう。

昆布の栄養とカロリー

また、昆布の中には食物繊維が豊富に含まれています。水溶性食物繊維であるフコイダンとアルギン酸が特に多いです。昆布の中には、ごぼうやさつまいもの5倍以上もの食物繊維があります。そのため、食物繊維を摂取したいのであれば、昆布はとても良いものです。うどんや煮物の中に昆布を加えるだけでも簡単に摂取できるようになるでしょう。

昆布が特に栄養的に優れている点はヨウ素でしょう。すべての食品の中でも、ヨウ素の含有量は昆布がトップレベルとなっています。ヨウ素は交感神経を刺激して、脂質糖質やタンパク質などの代謝を促してくれます。ヨウ素によって基礎代謝を高めることができ、子供の場合は脳の発達にも良い影響を与えるでしょう。

このように昆布はとても栄養豊富ですが、それぞれの種類ごとに栄養素の量は異なっています。真昆布はカリウムやビタミンCがとても豊富です。利尻昆布はビタミンB1や食物繊維がとても多いです。羅臼昆布の中にはタンパク質やリンといった成分が多量に含まれています。

これから昆布を食べようと考えているのであれば、自分が摂取したい栄養素を特に多く含んでいるものを選ぶと良いでしょう。健康のためには栄養のバランスを考えることが大切です。特定の栄養素ばかりに偏ってしまうのは避けるべきでしょう。それぞれの昆布の栄養素の割合をチェックしておくことは大切です。ミネラルがとても豊富に含まれており、ビタミン類も豊富なため、さまざまな健康効果を期待できるでしょう。

昆布でダイエットと注意点

昆布はダイエットに向いている食品です。カロリーはほとんど含まれていません。そのため、昆布を食べることによって太ってしまう心配はないでしょう。しかも栄養が豊富に含まれているため、ダイエット中で食事の量を制限している方にとってはありがたい食品となっています。

昆布は栄養価がとても高いです。ミネラルやビタミン類が豊富に含まれていて、さらには食物繊維も含んでいます。タンパク質もしっかりと摂ることができます。これとほかの食材を上手く組み合わせることによって、一日に摂取するべき栄養素をしっかりと食事で摂れるようになるでしょう。

また、昆布に含まれている食物繊維によって、便秘解消の効果を期待することができます。便秘はダイエットをしている方にとって、絶対に解決するべき問題です。便秘によって、消化吸収が悪くなってしまい、脂肪も蓄積しやすくなってしまいます。昆布を毎日食べることで、お通じがよくなるでしょう。

昆布でダイエットと注意点

昆布をダイエットに活用したいのであれば、毎日の食事の中に昆布を含めたメニューを取り入れるようにしましょう。さまざまなレパートリーを考えることができます。しかし、昆布の料理を考えるのが面倒だという方もいるかもしれません。その場合、白米と昆布をただ混ぜ合わせて食べるという方法がおすすめです。昆布を刻んでおいて、それをご飯と一緒に混ぜるだけです。食事のとき、自然に白米と一緒に昆布を食べることができるようになります。

昆布が入ることで、噛む回数が増え、自然と満腹感を感じやすくなります。白米を食べる量を減らすことにもつながるでしょう。昆布の中には酢昆布やとろろ昆布のように気軽に食べられるものもあります。間食に昆布を食べるようにするという方法もあります。スナック菓子よりも昆布を食べた方が太る心配がないため、安心できます。

ただし、昆布の過剰摂取には気をつけてください。昆布にはヨウ素が含まれています。 ヨウ素をたくさん摂取してしまうと病気になってしまう可能性があります。甲状腺の機能にも影響が出てしまうかもしれません。また、昆布料理の中には塩分がたくさん含まれているものもあるため注意しましょう。

昆布はほどほどの量を毎日食べることをおすすめします。できるだけ塩分を使わないレシピを考えて、昆布を食べるようにしましょう。無理なく続けることで、痩せられるようになるでしょう。

昆布おすすめランキング

55位: くらこん 煮っこり しそ 100g

商品説明

北海道産昆布を100%使用し、うす塩味に仕上げている佃煮昆布です。佃煮には紫蘇も加わっているため、ごはんに乗せると紫蘇の葉のよい香りががふんわりと広がります。ごはんやおにぎり、お茶漬けにはもちろん、そのままでも美味しく食べられます。また「袋に入った佃煮は手や箸が汚れて取り出しにくい」という声から、くらこん社独自の『煮っこりオープン』という外装を採用しています。袋が大きく開くので、取り出しも楽に出来てプチストレスを感じません。

また、こちらの佃煮に含まれている紫蘇ですが、漢方では、葉を蘇葉、種子を蘇子といって、利尿、発汗、去痰、鎮咳などの薬として広く用いられています。葉はとても栄養価が高く、特にカロテン(ビタミンA)の多さは、全野菜の中でもトップクラスです。カルシウム、鉄分といった無機質も豊富で、ビタミンもB1、B2、Cと豊富に含まれています。それら豊富な栄養素のおかげで、紫蘇はさまざまな効能があることが知られていますが、神経をしずめる働きもそのひとつです。普段から紫蘇を常食していると、神経のイライラがおさえられ、精神安定に力を発揮します。そんな万能食材である紫蘇を手軽に取れる佃煮を食卓のお供にしてみてはいかがでしょうか。

レビュー: 4.18点/5点

全対象ショップのレビューは計11件、その平均は4.18点(5点満点)。レビューが多く、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
爽快ドラッグ4.18点11件
外部ショップでの口コミ: 2件
  • お弁当に買ってみました。くらこんさんの昆布なので、間違いないお味でした。
  • このメーカー商品はお買い得なので頻回に利用しています。しそ風味はそれほど強くないですが、味も良いのでコスパ的に満足しています。

44位: フジッコ ふじっ子 袋52g

商品説明

「ふじっ子」はそれ一つで料理の味付けが完成する“スーパー調味料”でもあります。その秘密は昆布のうま味、しょうゆの風味、砂糖の甘味、塩味がバランスよく合わさり、ふっくらやわらかでまろやかな味わいを感じられるからです。元々昆布には「グルタミン酸」と呼ばれるうま味成分が豊富に含まれています。そんなうま味の宝庫である昆布をフジッコ社独自の調味技術でさらに美味しく味付けしているため飽きない美味しさを感じることが出来ます。おにぎり、お茶漬けなど定番の料理はもちろん、炒め物やサラダ、パスタなどの味付けに、さっと手軽で美味しい料理を作ることが出来ます。

また昆布には私たちが意外と知らない栄養が含まれていることをご存知でしょうか。昆布は低カロリーな反面、牛乳の6倍以上のカルシウムを含んでいます。また食物繊維はゴボウの約5倍、交換神経を刺激することでタンパク質や脂質糖質の代謝を促すヨウ素の含有量は食品中でトップレベルという栄養満点な食品なのです。特にヨウ素は子どもにとっては、体や知能の発育を促進させる働きがあり、カルシウムも丈夫な骨を作る働きがあるので育ち盛りのお子様には是非食べさせたい食材です。日頃のごはんやお弁当に、栄養満点な昆布を「ふじっ子」でぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

レビュー: 5.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は5.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon5.00点1件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • おいしかったです。ありがとうございました。

33位: 東和 かつおこんぶ 30g

商品説明

北海道南かやべ産白口浜真昆布をそのまま斜めに削り、枕崎産鰹節と合わせました。保存に便利なチャック袋つきです。何も加えない、厳選した産地の真昆布と鰹節だけの自然のままの香り高く濃厚なうまみを感じることが出来る一品です。冷奴・湯豆腐になどシンプルな食材にぴったりです。また温かいご飯に混ぜておにぎりに、うどん・そばなどの麺類に、おひたしにもおすすめです。「かつおこんぶ」大さじ1~2杯ぐらいをお椀に入れて醤油をたらし、お湯を注げば簡単お吸い物にもなります。今までにない昆布と鰹のミックス削りで美味しく両方のうま味を味わえます。わざわざダシを取らなくても、かけるだけでお料理がぐっとおいしくなります。昆布と鰹節にはそれぞれうま味成分が豊富に含まれています。昆布にはグルタミン酸、鰹節にはイノシン酸と呼ばれるうま味成分が豊富に含まれており、またそれらは組み合わせることにより相乗効果でさらにうま味を増やすことが出来ます。日本料理の合わせ出しはまさにこの理論を根拠づける調理です。そんな相乗効果で出来上がったうま味を存分に感じられるのがこちらの「かつおこんぶ」です。ぜひ様々な料理に活用してみてはいかがでしょうか。

レビュー: 4.70点/5点

全対象ショップのレビューは計4件、その平均は4.70点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.70点4件

22位: フジッコ 減塩ふじっ子 袋33g

商品説明

塩こんぶ「ふじっ子」はそれひとつでカンタンにお料理の味付けが完成する“スーパー調味料”です。昆布のうま味、しょうゆの風味、砂糖の甘味、塩味がバランスよく合わさり、ふっくらやわらかでまろやかな味わいです。おにぎりやお茶漬けはもちろん、炒め物やサラダなどの味付けに使えば、さっと手軽に美味しいお料理が出来上がります。ただし名前の通り、塩分が多く含まれる食品なので、高血圧など持病を持っている方や健康を気にする方には少し手が出しにくい場合もあります。そんな時、大きな味方になるのがこの「減塩ふじっ子」です。こちらはレギュラー品の「ふじっ子」のおいしさをそのままにしながら、塩分を20%カットすることに成功しています。健康を気にする方に是非おすすめです。

また、昆布には体に必要な栄養が色々と含まれていながら、1食分あたりのエネルギー値はなんと 5 kcal未満という優れた低カロリー食品でもあります。さらに昆布には豊富なカルシウムが含まれています。カルシウムは歯や骨の形成を助ける働きがあり、からだの機能の維持や調整に欠かせないミネラルの1つです。しかし、体内では生成することができず、食物から摂取する必要があります。昆布は牛乳の6.0倍以上ものカルシウムが含まれており、育ちざかりのお子様にもおすすめです。

レビュー: 2.63点/5点

全対象ショップのレビューは計47件、その平均は4.25点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
LOHACO4.40点43件
Amazon3.50点3件
ケンコー総合評価なし1件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • 味がよくメーカーもよくとても感謝している。

11位: くらこん 業務用 塩こんぶ 500g

商品説明

くらこん 塩ふき昆布 業務用 袋500gは塩こんぶを作るのに最適である北海道産昆布を100%を使用して作られています。他社の商品に比べて昆布を細く切って仕上げているため、他の食材にからみやすく、昆布の旨みが良くしみわたって美味しいと評判の高い商品です。また、昆布は柔らかくなり過ぎないように、歯ごたえが残るような絶妙の硬さに仕上げられているため、浅漬けやお茶漬けなどにも最適な商品となっています。業務用サイズで500gもあるため、塩こんぶが大好きな方も満足できるような内容となっています。塩昆布はどんな料理にも合うため料理が苦手な人でも美味しく作ることが出来るととても重宝されています。なかなか業務用の大きいサイズが無いため、購入する人が多いのでしょう。炊き込みご飯に混ぜたり、炒め物に使用したり、浅漬けやサラダにまで使えるのが嬉しいですね。塩ふき昆布はキャベツに混ぜてごま油を垂らすだけでも1品出来てしまうため、一人暮らしの人でも簡単にご飯が出来てしまうと評判です。また、ピーマンの佃煮を作る際に混ぜたりすると、いつもの佃煮も味わいのあるものになりますね。値段は通常1600円前後ですが、最安値では1300円前後で購入できる場所もあります。

商品詳細
  • 商品重量:499 g
  • 産地(地方):北海道地方
  • 産地(都道府県):北海道
  • 保存方法:賞味期間:(メーカー製造日より)300日
  • 容器の種類:パック
  • 原産国名:日本
レビュー: 4.26点/5点

全対象ショップのレビューは計168件、その平均は4.29点(5点満点)。レビュー数が充実しており、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.30点150件
爽快ドラッグ4.17点18件
外部ショップでの口コミ: 3件
  • 美味しいだけでなく万能調味料にもなり重宝しています。リピ間違いなしの商品です。
  • スーパーだと少ないサイズのものしかないので いつも何袋かまとめて購入していたので 業務用を見つけて ラッキー 塩昆布キャベツが大好きで毎日食べてます。
  • 大竹しのぶさん愛用ですと聞いてかいました。  なるほど 美味しいです。

昆布おすすめランキングの上位商品比較

  商品画像 商品名 最安価格 単位あたり価格 メーカー ブランド
1位の商品くらこん 業務用 塩こんぶ 500gくらこん 業務用 塩こんぶ 500g¥1,404¥281/100gくらこんくらこん
2位の商品フジッコ 減塩ふじっ子 袋33gフジッコ 減塩ふじっ子 袋33g¥147¥445/100gフジッコフジッコ
3位の商品東和 かつおこんぶ 30g東和 かつおこんぶ 30g¥540¥1800/100g東和食品東和
4位の商品フジッコ ふじっ子 袋52gフジッコ ふじっ子 袋52g¥213¥410/100gフジッコフジッコ
5位の商品くらこん 煮っこり しそ 100gくらこん 煮っこり しそ 100g¥169¥169/100gくらこんくらこん

「昆布おすすめランキング」に挙げた商品以外にも、「昆布」カテゴリ内で最近スマートショッピングで注目を集めている商品をご紹介します!

22位: フジッコ 減塩しそふじっ子 袋28g

外部ショップでの口コミ: 1件
  • とても、全て、全部、非常に、最大級に、本当に、良かったで、あります。

11位: フジッコ ふじっ子 きざみ ごま入り 袋32g

外部ショップでの口コミ: 1件
  • 美味しいです。 お弁当のふりかけ用です。 

昆布の関連ページ

スマートショッピング人気記事


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。