小麦粉おすすめランキングと種類別カロリー、保存方法

小麦粉(薄力粉)

小麦粉は、世界中で重宝されています。穀物の一種であり、小麦から作られたものです。小麦粉を使って、さまざまな料理が作られています。

また、応用範囲が幅広く、世界中でいろいろなレシピに使われています。日本でも小麦粉の独自の使い方がたくさん存在しています。

小麦粉は、多くの方が馴染みのあるものですが、意外と詳しいことを知らない方は多いでしょう。そんな小麦粉についての知識を紹介します。

小麦粉にはどのような種類があるのか、どのような用途で使われていて、どのくらいのカロリーがあるのか、保存をするときのコツについても説明します

小麦粉の種類

小麦粉には、主にグリアジンとグルテニンといったタンパク質が含まれています。これらの割合や、グルテンの性質によって種類分けをします。大きく分けて薄力粉と中力粉、強力粉に分類することができます

強力粉という小麦粉は、タンパク質が12%以上含まれているものとなっています。タンパク質の割合が9%前後となっているものは中力粉と呼ばれます。タンパク質の割合が8.5%以下になると薄力粉と呼ばれています。また、小麦粉からグルテンを分離したときに残った澱粉分のことは浮き粉と呼び、いろいろな原料として使われています。

小麦の表皮や胚芽、胚乳といったものをすべて粉にしたものは全粒粉と呼ばれ、普通に精製された小麦粉と比べるとミネラルやビタミン、食物繊維が豊富になっています。全粒粉の一種として、グラハム粉というものがあり、全粒粉よりもざらざらしているのが特徴です。小麦粉よりも粒子の粗いものについては、セモリナ粉と呼ばれています。

このように種類のある小麦粉ですが、さらに等級によって分けることができます。小麦粉の中に含まれている灰分含量によって等級付けがされています。

小麦粉の種類

0.3〜0.4%のものは特等粉であり、0.4%前後のものは一等粉、0.5%前後のものは二等粉です。さらに、三等粉や末粉という等級もあります。

等級の上位のものの方がミネラル分が少なくなっており、クリーム色をしています。これらの等級と種類を合わせて、表記されていることが多いです。

小麦粉の原料とされているのは当然小麦ですが、その小麦には、いくつかの種類があります。含まれているタンパク質の量や質によって、種類分けされています。

タンパク質の量が多くなっているものから硬質小麦、中間質小麦、軟質小麦と呼ばれています。また、グルテンを豊富に含んでいるものは、デュラム小麦と呼ばれています。

このように、小麦粉の種類は豊富にありますが、それぞれ用途が異なっています。それでは、種類別の小麦粉の用途をみていきましょう。

種類別の用途、カロリーによる比較表

小麦粉には、さまざまな種類がありますが、小麦粉の各種の特徴を活かした料理は何でしょうか?

強力粉という小麦粉は、パンや中華麺、ソフト麺などに使われています。さらには、乾燥パスタに使われるケースもあります。強力粉は硬質小麦を使用しているケースが多く、焼くと硬くなるという特徴があり、洋菓子に使われることはあまりありません。

中力粉は、うどんに使われることが多いです。さらには、お好み焼きやたこ焼きにもよく使われています。また、強力粉と薄力粉を混ぜることによって、中力粉の代わりとして使うこともできます。

薄力粉は菓子類や天ぷらに使われることが多いです。超薄力粉というものもあり、製菓に使用されます。浮き粉は明石焼きや海老餃子、和菓子などに使われ、全粒粉はビスケットやパン、シリアル食品に使われています。セモリナ粉はシリアルやパスタに使われています。

小麦粉は、それぞれの種類に含まれているカロリーはほとんど変わりません。100gあたりだいたい360kcalくらいとなっています。ただし、全粒粉の場合は100gあたり330kcalくらいとなっているため、ほかの小麦粉と比べると多少カロリーは低くなっています。

種類別の用途、カロリーによる比較表

カロリーの違いから、小麦粉を使い分けるという方法はあまり意味がないでしょう。それぞれに適した用途があるため、それにしたがって利用することをおすすめします。

小麦粉というのは、人にとって重要なエネルギー源となっています。そのため、主に主食として食べられています。また、タンパク質も含まれています。

ただし、小麦粉のみでは栄養が偏ってしまうため、ほかの食材を上手く組み合わせる必要があります。小麦粉には、必須アミノ酸であるリジンが不足しています。また、小麦粉にはビタミンやミネラル類が含まれていますが、量的には少ないため、ほかの食材でも補う必要があります。

小麦粉は非常に幅広い用途に使うことができるため、世界中で重宝されています。小麦粉がないと、料理が成立しないというケースもあるでしょう。用途によって強力粉と中力粉、薄力粉を使い分けましょう。

小麦粉は100種類以上もの製品が出されており、加工されたものも含めると小麦粉の利用されている商品の種類は非常に膨大な量となっています。

小麦粉の保存方法

小麦粉というのは未開封の状態であれば、かなり長持ちします。未開封で賞味期限は強力粉の場合だと、6ヶ月くらいとなっており、薄力粉や中力粉は1年くらいです。ただし、一度開封してしまうとしっかりと保存しなければ、すぐにダメになってしまうため気をつけましょう。

小麦粉を一度開封したなら、正しく保存しましょう。基本的には、直射日光があたらず、高温多湿でない場所であれば、常温で保存することが可能です。真夏であってもそのような場所であれば、常温しておいて問題はないでしょう。

また、冷蔵庫に保存する方がいるかもしれません。その場合、結露して固まってしまったり、カビやにおいが移ってしまうといった可能性があるため、あまりおすすめしません。

小麦粉の保存方法

開封後は、しっかりと開け口を締めておくことが大切です。そうすることによって、湿気や虫による被害、においなどのトラブルを避けることができます。密閉できる容器の中に入れておきましょう。また、一度開封したのであれば、しっかりと保存しておいたとしても、どんどん状態が悪くなってしまうため、できれば早めに使い切った方が良いでしょう。

小麦粉は、虫害が起きやすいとされています。ダニや虫が発生してしまうことがあります。その中でも、ダニは特に厄介なため、気をつけましょう。目視でダニがあることを見つけるのは難しく、取り除くことは困難なため、保存をするときに十分な注意が必要です。

小麦粉は、しっかりと密閉して保存しておかないと、においや虫、湿気などの問題が生じてしまう可能性がありますが、正しく保存をしておけば長持ちする食材です。正しく保存して長く使いましょう。

小麦粉(薄力粉)おすすめランキング

5位: ニップン 薄力小麦粉 1Kg

ニップン 薄力小麦粉 1Kg
¥14/100g
88%安

商品説明

「ニップン 薄力小麦粉 1Kg」は、製粉業や食品業の大手「ニップン(日本製粉)」の商品です。ネットでは1袋140円程度から販売されています。こちらの商品は100gあたり約14円くらいと、同様の商品と比べてもかなり低価格です。クッキーなどのお菓子はもちろん、お好み焼きやチヂミ、シチューのルーに揚げ物の衣…と毎日大活躍の小麦粉が、お財布にやさしいのは本当に助かりますね。

小麦粉でお菓子作りというとケーキやクッキーなどの洋菓子がまず思い浮かびますが、和菓子を作ることもできます。おすすめは「ういろう」です。一般的には米粉やワラビ粉を使ってセイロなどで蒸し上げますが、小麦粉を使って電子レンジで簡単に作ることができます。小麦粉とお砂糖、水をよく混ぜてから、耐熱容器に漉し入れます。あとは電子レンジで加熱し、粗熱を取って切り分ければ完成です。砂糖を黒砂糖にしたり、抹茶や小豆を混ぜたり、色々なアレンジを楽しむこともできますよ。耐熱容器も適当なものが無ければ、牛乳パックでも大丈夫です。添加物なしの安心おやつが、いつも家にある材料で簡単に作れるのでおすすめです。子供はもちろん、高齢の方にも喜ばれます。ネットで購入するときは送料を考え、ほかの物と一緒に買うときに一緒に買ったほうがよさそうです。

4位: 日清フーズ 手打ちうどんの小麦粉 チャック付 1kg

日清フーズ 手打ちうどんの小麦粉 チャック付 1kg
¥35/100g
70%安
¥353 イトーヨーカドー
¥406 (x5) Amazon(アマゾン)

商品説明

「日清フーズ 手打ちうどんの小麦粉 チャック付 1kg」は、パスタなどの食品を幅広く扱う日清フーズの商品です。うどん用の小麦粉ということで、一般的な薄力粉よりも粘りが強い中力粉です。こねやすくて作りやすいので、初心者の方にもおすすめです。ネットでは1袋320円程度から販売されています。粉100gで1食分のうどんができるので、1袋で10食分です。自分でうどんを打つのは時間も手間もかかりますが、1食32円とは安いですね。家族や仲間とわいわいイベントにしてしまえば、格安で楽しい時間と美味しいうどんが味わえて一石二鳥です。

自分でうどんを打つというのは結構ハードルが高いようにも感じますが、材料は粉、水、塩、打ち粉、ととてもシンプルです。作り方も、時間はかかりますが簡単な工程の積み重ねです。食塩水を作り粉と混ぜ、「捏ねてねかす」を2回繰り返した後は、のばして切ってゆででから水洗いして完成です。ホームベーカリーがあれば捏ねる作業も楽々ですね。こちらの粉だけでも十分美味しくできますが、地粉(地元産の小麦粉)などをブレンドすると素朴な風味の味わい深いうどんができます。

「うどんの小麦粉」という名前ですが、中力粉なのでパンやホットケーキ、クッキーなども作ることができます。

3位: パナソニック パナソニック 小麦グルテン SD-PGR10 500g

パナソニック パナソニック 小麦グルテン SD-PGR10 500g
309円お得
¥194/100g
¥972 ヨドバシカメラ
¥1,284 ケンコーコム

商品説明

「パナソニック パナソニック 小麦グルテン SD-PGR10(500g*2袋)」は、お米からパンを作れるパン焼き機「ゴパン」専用の商品です。ネットでは500g入り2袋で1000円程度から販売されています。実店舗ではスーパーなどでは扱いが無く、ゴパンを売っている電気店などでの販売となっているので、ネットで購入しているという方も多いです。お米でパンを作る際に加える材料で、これだけではパンを焼くことはできません。

小麦グルテンは、小麦から取り出したたんぱく質を中心とする物質です。強い粘りを持ち、お麩の原料にもなります。パン生地をふんわり焼き上げるためには、発酵で生じるガスを粘りのある生地に閉じ込める必要があります。小麦粉でパンを作る場合には、小麦粉に水を加えることでグルテンができて粘りが乗じるので更にグルテンを加える必要はありません。しかし、お米を使う場合には粘りが足りないので、グルテンを加えるのです。

ゴパンで白米から食パン1斤を作る場合には、白米220gに対して小麦グルテン50gを使います。(他にも水やバター、砂糖、塩、ドライイーストなどが必要です。)お米が原料のパンであっても、小麦グルテンが入っていると小麦アレルギーの方は食べられないので気を付けましょう。

2位: 日清フラワー 薄力小麦粉 袋1kg

日清フラワー 薄力小麦粉 袋1kg
¥20/100g
83%安
¥204 SEIYUドットコム(西友)
¥212 ヨーカドーネットスーパー(ス)
他7ショップ

商品説明

「日清フラワー 薄力小麦粉 袋1kg」は、小麦粉やスパゲティなどでおなじみの日清フーズの商品です。スーパーなどでもおなじみの商品ですが、1㎏なので結構重くてかさばるということで、ネットショップで購入する方も多いです。ネットでは1袋200円程度から販売されています。

最近はケーキミックスやお好み焼き粉など手軽なミックス粉も色々と販売されていますね。でも、ケーキであればベーキングパウダー、お好み焼きやたこ焼きなら顆粒ダシなど、ちょっとした材料を小麦粉に混ぜるだけで結構何でも作れるものです。週末のたこ焼きパーティーや誕生日のケーキなど小麦粉を使って手作りすれば、食べ盛りの子供がいるご家庭なども、皆で楽しめてお財布にも優しくて大助かりですね。バターで炒めた具材に小麦粉を絡ませてから牛乳を注いで煮込む、というなんちゃってクリームシチューもおススメですよ。シンプルな材料であっさり優しい味に仕上がります。

ちなみに同じ日清フーズの薄力粉には「バイオレット」という商品もあり、「フラワー」よりもきめが細かくなっています。ケーキをよりふんわり、てんぷらをよりサクッと仕上げたいという時は「バイオレット」の方がおすすめです。

1位: オーマイ こんな小麦粉ほしかった 袋400g

オーマイ こんな小麦粉ほしかった 袋400g
¥40/100g
66%安
¥159 SEIYUネットスーパー(ス)
¥214 (x2) Amazon(アマゾン)
他2ショップ

商品説明

「オーマイ こんな小麦粉ほしかった 袋400g」は、パスタなどでおなじみの日本製粉の「オーマイ」ブランドの小麦粉です。ネットでは1袋160円程度から販売されていますので、100gあたり40円程度です。

小麦粉はお料理の色々な場面で活躍しますが、ちょっと扱いにくい面もありますね。こちらの商品は、小麦粉の粒子を選り分けて粒ぞろいにすることで、ダマになりにくくサラサラになっています。サラサラなので、ケーキ作りの時などふるわなくても大丈夫。一手間減らせて調理台が粉だらけになることもありません。また溶けやすくダマになりにくいので、ホワイトソースなども簡単になめらかに仕上がります。小麦粉にまつわるちょっと不便を解消してくれる、まさに「こんな小麦粉ほしかった」という商品です。

400gと手ごろなサイズなので、ムニエルやフライにまぶしたり、カレールーやとろみづけに使ったりと日ごろから、お料理に小麦粉をよく使う方におすすめです。ムニエルの粉やホワイトソースなど加工済みの市販品も多いですが、こちらの商品のように手軽に使えるものがあれば、自分の好みの味付けで必要な量だけ使えますね。化学調味料などが気になる方は無添加にできるという利点もあります。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。