深蒸し茶のおいしい淹れ方は?おすすめランキングほか

お茶は日本人にとって馴染み深いものです。「お茶」と聞いてイメージするのは緑茶ですが、実は緑茶にもいくつかの種類があり、それぞれに製法が異なります。大きな括りでは緑茶でも、細かく見ていくと味や香りは違ってきます。好みなどもありますので、自分にとって飲みやすいお茶を選ぶのが一番です。

最も多く飲まれているのは煎茶ですが、煎茶の他には深蒸し茶も人気があります。一見すると煎茶も深蒸し茶もよく似ていますが、製造方法が違うので、味や香りは全く違ってきます。飲み比べてみるとその違いがよくわかります。お茶の葉を作る時最初に「蒸す」という工程があります。これはどのお茶でも同じですが、深蒸し茶は煎茶よりも蒸す時間を長くしています。

緑茶と深蒸し茶の違い

緑茶はどこの家庭でも飲まれています。茶葉で飲むのが面倒な時は、ペットボトル入りのお茶もありますから、子供から大人まで手軽に飲めるのも魅力です。お茶と名がつくものでも実はいろいろな種類があって、種類ごとに味も香りも、見た目も違ってきます。日本では緑茶がポピュラーですが、紅茶やウーロン茶など一見全く違うように見えるお茶も、実は元をたどると同じ茶葉から作られています。

同じ茶葉を使っているのに、なぜ仕上がりが変わるのか?これについての答えは、製造工程の違いです。茶葉を蒸す時間、炒る時間、発酵させる時間の違いだけでも、できるお茶は全く違ってきます。緑茶だけでも製造方法の違いで、全く違う仕上がりになります。

お茶と言ったら煎茶のことと言っていいくらいポピュラーです。お茶屋に行けばたくさんの種類の茶葉が並んでいますが、今はスーパーやコンビニでも茶葉が買えます。急須で入れるのが面倒なら、ペットボトル入りのお茶もありますし、ティーパック入りのお茶を選べば後片付けも楽です。国内で最も多く飲まれているのは、煎茶です。もう一つ深蒸し茶というのがあります。緑茶と深蒸し茶の違いを比較してみましょう。

茶葉を作る時、最初は生の状態です。生の茶葉を蒸すのが最初の工程となります。煎茶は蒸す時間が30秒と短いのに対し、深蒸し茶は煎茶よりも蒸す時間が2倍~3倍と少し長くなります。時間にして60秒~最長で180秒ほどです。最初に行う蒸す時間が違うと、仕上りも違ってくるのです。大きく分けて煎茶と深蒸し茶と呼んでいますが、蒸す時間の違いによりさらに種類は増えます。

一般的な煎茶は浅蒸しで20秒~30秒間蒸します。30秒~40秒蒸すと中蒸し、40秒~60秒蒸すと深むし、90秒~120秒蒸すと特蒸し、140秒~180秒蒸すと極蒸しとなります。蒸す時間を変えるだけで、コクや味、香り、見た目の色もそれぞれに違ってきます。蒸す時間が短いほどお茶の色は澄んでいて黄色に近い緑色です。蒸す時間が長くなるほどお茶の色は濃く深い緑色になります。香りも蒸す時間が短いほど強く、むす時間が長いほど淡くなりますが、味もそれぞれに違ってきます。

蒸す時間が短いと味が薄く渋みが強くなり、蒸す時間が長いほど味は濃く渋みは少なくなっていきます。極端な例で言えば、浅蒸し茶と極茶では、見た目も味も香りも全然ちがってきまます。茶葉の形状も蒸す時間によって変わるので、比較してみるとわかりやすいです。

深蒸し茶の効果・効能とは?

日本にはいくつかのお茶の産地があります。静岡県はお茶の産地としても有名です。静岡県の中でも掛川市はお茶の栽培が盛んなこともあり、掛川市民の多くは毎日のようにお茶を飲んでいます。お茶の中でも特に人気なのが深蒸し茶だと言われていますが、深蒸し茶をよくのむ掛川市民には、驚くべき特徴があることがわかってきています。

日本人の死亡原因で最も多いのがガンと言われています。掛川市民は全国でもガンの死亡率が低いという結果が報告されています。更にはガン以外でも掛川市民は医療費がほかの地域に比べて4分の3ほどしかかかっていないこともわかっています。なぜ掛川市民だけがこのような統計になっているか?共通点は、毎日のようにお茶を飲んでいることでした。

掛川市で飲まれているお茶は、ほとんどが深蒸し茶ということから、ガンの死亡率が低いのも、医療費があまりかかっていないのも、深蒸し茶をよく飲んでいることに関係しているのではないか?と注目されるようになったのです。ちなみにガンの死亡率が少ないランキングで上位にランクインしている地域は、全てお茶の産地だということもわかっています。

なぜ掛川市では深蒸し茶が多く飲まれているのでしょうか?掛川市は日照時間が長いという特徴があります。日照時間が長いとお茶の葉が太陽を浴びる時間も長くなります。これにより日照時間が少ない地域の茶葉に比べて、少し渋みが強くなってしまうのです。渋いお茶が好きな人には絶好の条件ですが、飲みやすさを考えると渋みが強いお茶は好みが分かれるので、万人受けしません。

そこで渋みを抑えるために、掛川市で作るお茶はほとんどが深蒸し茶になるのです。蒸す時間が長くなると、茶葉の成分が溶け出しやすくなります。普通の煎茶よりも、お茶が持つ成分を豊富に取り入れることができるようになります。お茶に含まれる成分には、健康効果が期待できるものも多いため、深蒸し茶を多く飲んでいる掛川市民は、ガンの脂肪率も低く、健康でいられる人が多いので、病院に行くことも少なくなり、医療費があまりかからないというわけです。

普通のお茶にも健康効果が期待できますが、深むし茶の方がより体にいいことがこれで証明されたのです。掛川市民はガンの脂肪率が低いだけでなく、ほかの病気の発症率も低いことが確認されています。これは高齢者にも当てはまることですから、今日からでも深蒸し茶に変えてみるのもいいかもしれません。目安は1日に400ml~~600mlと言われています。

深蒸し茶のおいしい淹れ方

お茶は茶葉の違いで、挿れ方が違います。一番美味しい状態で飲むためには、正しい挿れ方を知っておくことが大切です。お茶にも種類がありますが、それぞれに入れ方は違っています。健康効果が期待できるとして注目されている、深蒸し茶のおいしい淹れ方を紹介します。

濃さはお好みもありますが、定番の入れ方として紹介しますので、好みに合わせて調整してもOKです。まず分量は2人分で深蒸し茶は4gです。ティースプーンで2杯分くらいの量です。深蒸し茶を美味しく淹れるには、お湯の温度も重要です。熱湯では温度が高すぎるので、苦味や渋みだけが際立ってしまい、せっかくの深蒸し茶の良さが消えてしまいます。お湯の温度は80度にしましょう。ポットのお湯を使う場合は、そのままでは少し熱すぎるので、一旦湯のみ茶碗にお湯を入れ少しおいてから急須に注ぐとちょうど80度くらいになります。わからない場合は、お茶用の温度計を使うとはっきり温度がわかります。

急須に80度のお湯を注いだら、30秒間待ちます。お湯の量は湯のみ茶碗の大きさにもよりますが、一般的な湯のみ茶碗なら2人分で150ml~200ml程度です。30秒経ったら、すこじずつ交互に注ぎ、最後の1滴まで残らず絞るように注ぎ入れましょう。

お茶は水によっても味が変わってきます。上質の茶葉を使っていても、水によって味が変わるので、水にも注意しておくといいかもしれません。水が美味しい地域なら水道水でも十分ですが、水道水にはカルキが入っているので、お水が美味しい地域でもひと工夫加えてみてください。浄水器を使ってもいいですし、一旦水を沸かしてから備長炭を入れておくだけでカルキが抜けて美味しい水になります。

カルキ抜きをした水でも、お茶を入れる前にはもう一度沸かします。沸かしてカルキを抜く場合は沸騰してからやかんや鍋の蓋を取り、5分以上沸かしましょう。ポットにお湯を入れておくと、大体95度くらいで保温されます。このままでは少し熱いので、一旦湯冷まし用の器や湯のみ茶碗に入れておき冷ましてから急須に注ぎます。

深蒸し茶を美味しく淹れるには、茶葉の保存方法も重要です。未開封の場合は冷蔵庫や冷凍庫でもOKですが、開封後は茶筒に入れて冷暗所で保存します。茶筒はできるだけ密閉できるものを選びましょう。開封後はできるだけ早く飲みきってしまうのも、美味しく飲むためのポイントです。密封できる容器がない場合は、容器ごと冷蔵庫で保管します。

深蒸し茶おすすめランキング

10位: 磯田園 深蒸し茶 熱湯緑茶 150g

9位: 川原製茶 深むしやぶきた 100g

商品説明

国産のこだわりぬいて選んだ茶葉を茶の間に提供してくれるのが川原製茶です。川原製茶のこだわりは強く、川原製茶 深むしやぶきた 100gにも見ることができます。

川原製茶 深むしやぶきた 100gに使われている茶葉は三重県南勢地区大台山系に育まれた茶葉です。すべて川原製茶が自社管理の元自社生産しているお茶ですから、こだわりは高いと言えるでしょう。丹精込められた茶葉を深く蒸したのが川原製茶 深むしやぶきた 100gです。茶葉の芯まで蒸気を通すことでお茶本来の味を楽しむことができるでしょう。川原製茶 深むしやぶきた 100gは茶葉の形や体裁を考えず、お茶本来の味にこだわっているのが特徴です。しかも二煎三煎と入れても味わいに変わりはなく、深く濃い味わいが続きます。まろやかで飲みやすい緑茶を提供してくれるのが川原製茶 深むしやぶきた 100gのメリットです。ただ取り寄せと言うショップがほとんどのため、注文してもすぐに手に入れられない可能性もあります。新茶の出荷時期には割と多く取り扱いがあるようですが、冬を過ぎるころには入荷待ちと言うショップも多いです。

川原製茶 深むしやぶきた 100gはゆっくりと80度程度のお湯で淹れることで深い味わいを楽しむことができます。保存する際は劣化しやすいので注意が必要ですが、ゆっくりとお茶の香りを楽しんでみてください。

8位: 葉桐 茶問屋の深むし緑茶 333g×3

葉桐 茶問屋の深むし緑茶 333g×3
¥210/100g
57%安
¥2,094 Amazon(アマゾン)
¥2,257 ケンコーコム

7位: 梅の園 荻原名人の深むし茶 100g

¥1,066 ケンコーコム
¥1,296 Amazon(アマゾン)

6位: 森半 一番摘み 深むし緑茶 100g

5位: 川原製茶 深蒸し煎茶 100g

4位: 井ヶ田製茶 深蒸し茶 井ヶ田の一品 100g

3位: つぼ市製茶 利休深蒸し茶 ティーバッグ 22パック入 39.6g

つぼ市製茶 利休深蒸し茶 ティーバッグ 22パック入 39.6g
¥1227/100g

2位: 福喜多留 深蒸し緑茶ティーバッグ 40パック入 200g

福喜多留 深蒸し緑茶ティーバッグ 40パック入 200g
¥540/100g

1位: 国太楼 おいしいカフェインレス深蒸し茶 40g

¥430 ヨドバシカメラ
¥494 LOHACO(ロハコ)
他1ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。