ハーブティー鉄板おすすめ人気ランキング10選【ハーバルセラピストに聞いた!おすすめのハーブティーは?】

ハーブティー鉄板おすすめ人気ランキング10選【ハーバルセラピストに聞いた!おすすめのハーブティーは?】

ハーブティー

ご協力いただいた専門家

紅茶研究家・ハーバルセラピスト:桑原珠玉
紅茶研究家・ハーバルセラピスト:桑原珠玉

紅茶研究家、ハーバルセラピスト。紅茶・ハーブティー専門店Orangery Tea (オランジュリーティー)で、厳選したおすすめ紅茶とハーブティーの販売を行っています。公式サイトでは、紅茶やハーブティーの基礎知識に関する情報も掲載中。公式サイト→https://www.orangerytea.jp/


勉強や仕事の合間にホッと一息つくとき、あなたはコーヒー派ですか?お茶派ですか?

どちらも良いものですが、お茶は気分がリフレッシュするだけでなく、頭も体の疲れも癒してくれます。
ただし、お茶にはカフェイン成分が存在

カフェインには頭を覚醒してくれる作用がありますが、妊産婦や授乳中の方などカフェインの摂取制限を受けている方には、悪い影響を与えることがあります

そんななかで、ハーブティーはノンカフェインであるとともに、多種多様な有効成分を含有した体に優しいお茶です。
西洋ではハーブは古くから薬草として利用され、健康維持のためにもハーブティーはよく飲まれていました。

ハーブティーお茶会

現代でも、セルフケアの一環であるセルフメディケーションのためにハーブティーが利用されています
ハーブティーを飲むと体だけでなく、自律神経などへの働きかけによって気分を落ち着かせてくれる効果も。

この記事では、ハーブティーの種類や効果・効能、おいしい淹れ方についてご紹介します。

↓詳しく見る↓

安いハーブティーはこちら
最終更新日: 2019-07-05   閲覧数:13587

人気商品を徹底比較!価格や味の特徴は?

商品画像
商品名
価格
ブレンド
特徴
商品リンク
1
1,284円
アップル・ハイビスカス・ピーチなど
ピーチの優しい香り。ノンカフェイン
2
1,060円
ペパーミント・ローズヒップ・カモミールなど
4種のハーブティーが入ったバラエティパック
3
535円
アップル・シナモン・オレンジジュースなど
ほのかな酸味・オレンジとスパイスの香り
4
508円
ペパーミント
メンソールの清涼感あふれる香り。眠気覚ましにも
6
257円
ローズヒップ・ハイビスカス
濃厚な紅色、甘酸っぱい味わいでリフレッシュ
7
915円
エルダーフラワー・ハイビスカス・カモミールなど
5種類の有機ハーブをブレンド。ほんのり赤みのある水色
8
567円
カモミール・スペアミント・レモングラスなど
就寝前にぴったりのブレンドティー。
9
497円
ハイビスカス・ブルーベリー・ブラックカラントなど
オーガニック・ノンカフェイン・甘酸っぱい
10
679円
シナモン・カルダモン・エルダーフラワーなど
ホットでスパイシーなハーブを10種ブレンド
2019年7月現在の情報です。

ハーブティーのタイプ

ハーブティーとは、簡単に言うとハーブをお湯で煎じて飲むもの
ハーブの種類だけハーブティーがあるといっても過言ではなく、実にさまざまな種類があります。

ハーブティー各種

フレッシュハーブティーとドライハーブティー

まず、ハーブの状態で「フレッシュハーブティー」と「ドライハーブティー」で大きく分けることが出来ます。

フレッシュハーブティーは摘みたてのハーブを使用し、ドライハーブティーは乾燥させたハーブを使用。
それぞれの違いを知ることで効果的な使いかたが出来ます

フレッシュハーブティーは、新鮮な状態のハーブの花弁や葉、茎などを茶葉とし、最近ではプランターや庭を使って自宅でハーブを栽培している人も増えています。

ハーブティー乾燥

ドライハーブになる前の、さわやかなフレッシュハーブ独特の香りはお料理によくあいます
お茶だけではなくお料理にも活用されることが多いのではないでしょうか。

日本の家庭で栽培しやすいのは、カモミールやミント、バジルなど。
花屋さんでも、鉢植えのものがよく売られています。

一方で、ドライハーブティーはハーブを乾燥させて茶葉として使用
ネット通販などで販売されているほとんどのハーブティーがこのタイプです。

ドライハーブティーはハーブの種類によっても異なりますが、1年ほど長期保存することが可能に。 このため、家庭に常備するのにも向いています。

ドライハーブティーは、水分をほとんど乾燥させて飛ばしたハーブを使用することから、薬効成分が凝縮されていて抽出量が多いと言われています。

フレッシュハーブと比べるとおおよそ3倍の薬効成分の抽出量があるとされ、薬効を期待するのであれば、ドライタイプのハーブがおすすめです

ストレートハーブティーとブレンドハーブティー

ハーブティーには、1種類のハーブのみを使用したストレートハーブティーがあります。これは別名シングルハーブとも。

それに対して、何種類かのハーブを混ぜたブレンドハーブティーもあります。

ハーブティーブレンド

ハーブティーの上級者はストレートハーブティーを好みますが、一般的にはブレンドハーブティーのほうが飲みやすく好まれています
また、ストレートハーブティーのほうが薬効は高いと言われていますが、それは一概には言い切れません。

ブレンドハーブティーと言っても、コーヒー豆のブレンドのように、さまざまなコーヒー豆をブレンドするわけではありません。
ハーブだけではなく、その他の食品をブレンドすることがあります

飲みやすいハーブティーとするために、ドライフルーツとブレンドしたハーブティーや、紅茶などの茶葉を使用したブレンドハーブティーも存在。

ハーブティー一服

ハーブを何種類かブレンドする場合は、味わいや香りだけでなく、それぞれの薬効がどのように作用するかにも重点を置かれます

ハーブを何種類かブレンドするとき、まずどういった薬効を目的とするかが重要視され、そのうえで薬効を助けるようなハーブと組み合わせるのが一般的。

このようにブレンドすることで、薬効の相乗効果が期待できます。

しかし目的が相反するようなハーブ同士のブレンドは、それぞれの薬効を相殺するので、おすすめできません

ハーブティーの種類とその効果・効能

ハーブティーの薬効

ハーブティーに使用されるハーブは薬草としての役割もあり、さまざまな薬理効果を得ることができます。
そのため体調や体質改善の目的によって、適したハーブティーを選ぶことが大切です

ハーブを使ったアロマテラピーも、気分や体調によってさまざまな種類のアロマを使い分けていますね。

ハーブティーは直接ハーブのエキスを体内に摂取するため、より高い薬効を感じることができます。 ハーブティーを淹れたときに部屋中に漂う香りでアロマテラピー効果を得ることもできるため、一石二鳥にもなります。

ハーブティーの効果・効能は、ハーブの種類だけあるといってもいいほど多種多様なものがあります。 そのなかでも特に女性にうれしい効果・効能があるハーブティーについて、いくつかご紹介します。

1
カモミールティー

ハーブティーハイビスカスティー

カモミールティーはキク科の「カモミール」というハーブを使ったもの。

ハーブティーで飲まれるのはそのほとんどが「ジャーマンカモミール」という種類の花の部分を乾燥させたもので、柔らかな口当たりとりんごのような清涼感のある香りが特徴です。

カモミールは、αビサボロール・マトリシン・アピゲニン・ルテオリンなどの有効成分を含有。

効果効能としては、抗炎症作用や抗アレルギー作用、ハーブティーの中でも高いリラックス効果が期待できます。

また、アンチエイジングにも効果があるとされており、女性にも人気のハーブティーとなっています。

↓カモミールティーの詳しい情報はこちら↓
カモミールティーおすすめ人気ランキング10選

2
ルイボスティー

ルイボス

ルイボスティーは南アフリカ原産の豆科植物「ルイボス」が原料で、日本に広まったのはここ20年ほどの間。

渋みが少なくさっぱりとした味わいが特徴で、飲みやすいようさまざまなハーブとブレンドして販売されています。

抗酸化作用のあるフラボノイドや多くのミネラルを含んでおり、アンチエイジングや免疫力向上高血圧の抑制といった効果が期待でき、美容だけでなく健康維持や体質改善目的としても飲まれています。

↓ルイボスティーの詳しい情報はこちら↓
ルイボスティー鉄板おすすめランキング10選

3
ローズヒップティー

ハーブティーローズヒップティー

ローズヒップティーは、野ばらが咲いた後にできる赤い果実「ローズヒップ」を使用しています。水色はルビーのような赤みを帯び、甘い香りとほど良い酸味を感じるのが特徴。

ビタミンCを豊富に含んでおり、フラボノイドやビタミンA・E、ミネラルといった栄養素を多く含有。

高い美容効果があるとされ、免疫力向上やホルモンバランスの調整、生理痛の改善といった女性に嬉しい効果が期待できるハーブティーです。

おもにハイビスカスとブレンドされて販売されています。

↓ローズヒップティーの詳しい情報はこちら↓
ローズヒップティー鉄板おすすめ人気ランキング10選

4
ハイビスカスティー

ハーブティーハイビスカスティー

南国に美しく映えるハイビスカスの花を使ったものとよく誤解されてしまうハーブですが、実際は「ローゼル」という植物のがくの部分を乾燥させたものを使用します。

ローズヒップと効果効能が似ており、鮮やかな赤色と酸味があるのが特徴。

ハイビスカスにはポリフェノール・アントシアニン・クエン酸・リンゴ酸・ペクチン・ビタミンに加え豊富なミネラル成分も含まれています。

ビタミンCによる疲労回復や美容効果などが得られる、女性に人気のハーブティーの一種。

5
ペパーミントティー

ハーブティーペパーミントティー

ペパーミントは、アイスクリームやチョコレート、カクテルなどのトッピングとしても人気のあるハーブです。

透き通るような黄緑の水色をしており、メントールのすっきりとした清涼感が特徴。

メントール以外には、ポリフェノール・ミントポリフェノール・ルテオリンなどの有効成分が含まれており、口臭予防に最適。

また、抗炎症作用で口内の炎症を緩和する効果が期待でき、乗り物酔いや吐き気にも効果的。リフレッシュ・集中力アップにも役立つなど、ペパーミントは非常に優れたハーブの一種です。

6
ラズベリーリーフティー

ハーブティーラズベリーリーフティー

ラズベリーの葉を乾燥して作られるハーブティー。

「安産のお茶」としても古くから欧米で親しまれており、妊娠中の方に嬉しいビタミンB1・B3・Eやミネラル類などの栄養素を豊富に含有。

妊婦の方の陣痛緩和や健康管理に役立つとされ、リラックス効果で心身を落ち着かせてくれます。

妊活中の方や産後でも役立つハーブティーですが、子宮周りの筋肉に働きかける作用があるとされ、妊娠初期での飲用はあまりおすすめされていません。

7
ラベンダーティー

ハーブティーラベンダーティー

ラベンダーティーは、華やかなアロマの香りを持つラベンダーの花を乾燥して作られます。

お湯を注ぐと周囲にラベンダーの香りが広がり、清々しい花の香りとわずかな渋み・苦味を感じる味わいが特徴。

香り成分の精油を始め、鎮静作用を持つリナロールや酢酸リナリル、フラボノイド・タンニンなどの成分を含んでいます。

おもにリラックス効果が期待でき、寝る前に飲むと、1日の疲れを落として安眠へと誘ってくれます。

8
リコリスティー

ハーブティーリコリスティー

日本では甘草と呼ばれるリコリスは、古くから中国で漢方として使われてきた歴史が存在。

リコリスティーは後味が残る甘さが特徴で、低カロリーで飲めるため、ダイエット中の方にも向いているハーブティーです。

甘み成分である「グリチルリチン」は抗炎症作用や抗アレルギー作用があり、リコリスティーを飲むと鎮痛や免疫向上、リラックス効果が期待できます。

9
ジンジャーティー

ハーブティージンジャーティー

日本語で生姜を意味するジンジャーは、体を温めて新陳代謝を高める効果が期待できます。

市販のジンジャーティーは他のハーブや紅茶・レモン・はちみつなどがブレンドされており、寒くなる冬や冷え性の方には最適。

ハーブの香りが漂い、リラックスにも効果的。体を温めることで、あらゆる病気の予防にもなります。

10
レモングラス

ハーブティーレモングラスティー

レモングラスはイネ科オガルカヤ属の多年草で、レモンに似たすっきりとした香りを持っています。

レモングラスの葉を使って作られるのがレモングラスティーで、クセのないレモンティーのような味わいが特徴。

精油とフラボノイドが含まれており、気分をリフレッシュさせる効果が期待できます。眠気覚ましにもなるので、朝の目覚めや勉強・仕事の休憩時間におすすめ。

消化促進効果もあるとされるので、食後にも適したハーブティーです。



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops