最終更新日:
 
閲覧数: 15

オーガニックコーヒーのおすすめと味・特徴・効果

オーガニックコーヒー

オーガニックコーヒーとは、化学肥料や農薬などを使わずに栽培されたコーヒーのことであり、多くの認証機関があります。最近では健康志向の高まりとともに、人気になってきています。もちろん、生産過程だけでなくコーヒー豆を加工する過程においても化学物質を使っていません。

オーガニックコーヒーは余計な物質が入っていないため、コーヒー本来の風味を味わうことができ、えぐみや苦みが少ないという印象があります。オーガニックコーヒーの営業効果も注目されています。

コーヒーには、ポリフェノールが含まれており、抗酸化作用があります。そのためがんや脳卒中を予防するなどの働きがありますが、オーガニックコーヒーですと余分な物質がないので、そのような効果をより実感できます。

オーガニックコーヒーとは?

野菜や畜産物など、多くの食品でオーガニックのものを求める人が増えています。これは、昨今の健康ブームの表れで、安心安全なものを味わいたいと思う人が増えてきているということにも起因しています。では、オーガニックとはどのようなものでしょうか?

オーガニックとは、一言でいうと有機栽培のことです。農薬や化学肥料を使わずに有機肥料によってつくられたもののことで、アメリカでは90年代から健康に関心のある人を中心にブームになっています。オーガニックコーヒーとそうでないコーヒーは、コーヒー豆の品種自体に違いはありません。コーヒー豆の栽培方法に違いがあるのです。農薬や化学肥料などを使わずに栽培されたコーヒー豆で淹れたコーヒー、または焙煎したコーヒー豆、それがオーガニックコーヒーです。

オーガニックコーヒーとは?

オーガニックコーヒーは一見すると普通のコーヒーと変わりありません。なので、オーガニックコーヒーを名乗るにはきちんとした有機栽培が行われているという認定が必要なのです。実は、オーガニックは今世界中でブームになっているので、オーガニックを認定する認証団体が多数存在し、多くの認定機関がその品質をチェックしています。

オーガニックコーヒーと認定されるためには、少なくとも3年以上の期間、農薬や殺虫剤化学肥料などを使っていない土地で栽培されたものでなければなりません。コーヒー豆の栽培だけでなく、コーヒー豆を加工する段階においても、添加物や加工補助剤などを使用していないことという基準が設けられています。オーガニック認定機関は、OCIAという国際的認証機関がありますが、オーガニックが進んでいるアメリカではいくつかの基準があります。そのほかにも、世界各地でさまざまな基準が設けられています。

基準をクリアしたコーヒー豆は、日本に輸入・販売される際に有機珈琲専門の焙煎認定を受ける必要があります。これらの認定を行うとき、普通の豆と混同しない製造工程でつくられているかなどが重要になります。オーガニックコーヒーについては、このように産地だけでなく、加工業者においても「有機加工食品の製造業者」の認定を受けなければならないのです。

オーガニックコーヒーはおいしい?

オーガニックコーヒーは有機栽培によって栽培されており、身体に優しいものであることは言うまでもありません。では、オーガニックコーヒーの味はどうでしょうか?

コーヒーのおいしさは、焙煎などの加工過程によって味が変化します。オーガニックコーヒーは農薬や化学肥料を使っていないため、香りが普通のレギュラーコーヒーよりも良く、栽培環境によって味の変化も楽しめます。メーカーによってはオーガニックコーヒーの良さを存分に出そうと、産地の異なるコーヒー豆をそれぞれ最適な方法で焙煎しています。そして、それらを最も良い割合で配合したものが、ブレンドコーヒーになるのです。

オーガニックコーヒーはおいしい?

しかし、オーガニックコーヒーのすべてがおいしいのか?というと、必ずしもそうとは限りません。なぜなら、オーガニックコーヒーは栽培の過程で化学肥料や農薬を使わないため、病気などにかかりやすくなります。たとえば、コーヒーの樹が感染しやすいサビ病などが蔓延してしまうと、有機栽培は他の栽培よりも打撃を受けやすく、おいしいコーヒー豆ができません。

オーガニックコーヒーの多くが、効率よりも品質を優先して手間暇をかけて育てられています。その結果、ブラジル・グアマテラ・メキシコ・コロンビアなどで栽培されているオーガニックコーヒーの豆は、芳醇な香りでコーヒー本来の味を引き出していると好評です。コーヒー特有のえぐみが少なく、後味がスッキリしているのでブラックで飲むのが苦手な人でも飲みやすいという声もあります。

どんな効果があるの?

コーヒーはカフェインを含んでいるため健康効果があまりないのでは?と思われがちですが、実はコーヒーには良質なポリフェノールが含まれているなど、健康効果の高い飲み物であることが知られています。コーヒーに含まれている良質なポリフェノールなどの栄養素をしっかりと摂取するには、やはりオーガニックコーヒーが最適です。オーガニックコーヒーは農薬や殺虫剤、化学肥料などを使用していないので、コーヒーが本来含んでいる栄養素を自然な形で体内に摂取できます。

では、コーヒーにはどんな健康効果があるのか見てみましょう。

どんな効果があるの?

まずひとつ目は、抗酸化物質が含まれていることです。身体の中がさびつくとされている活性酸素は、動脈硬化やがんなどの生活習慣病、肝臓の疾病などを引き越しやすいとされています。コーヒーには抗酸化作用がありますので、肝臓がんや糖尿病などを予防することができます。脳卒中のリスクも軽減でき、美容にも良いのです。それ以外にも、記憶力を向上することによって認知症を予防することまでできます。

オーガニックコーヒーは、汚染されていないクリーンな環境で栽培されています。そのため、ポリフェノールを豊富に含んでおり、身体によい飲み物でしょう。そのポリフェノールが抗酸化をもたらし、身体を若々しく保ってくれます。ポリフェノールは、1日あたり1,000〜1,500mg摂取するのが良いと言われています。これは緑茶なら、10杯程度に含まれる量ですが、コーヒーの場合は5杯程度で摂取できます。

ただし、いくらオーガニックコーヒーとはいえ、ほかのコーヒー同様にカフェインも含まれています。カフェインには覚醒作用があるため、過剰に摂取しないよう注意が必要。最近では、オーガニックコーヒーでもカフェインを含まないカフェインレスコーヒーなども発売されています。「コーヒーは好きだけど、夜眠れなくなるのは困る……」という人は、カフェインレスコーヒーがおすすめです。

オーガニックコーヒーのおすすめ

4位: マウントハーゲン オーガニック ロースト&グラウンドコーヒー 250g

マウントハーゲン オーガニック ロースト&グラウンドコーヒー 250g
¥387/100g
51%安

商品説明

1986年ドイツ、ブレーメンの近くにあるセントマグナスという美しい村でマウントハーゲンのビジネスは始まりました。現在マウントハーゲンはヨーロッパにおいてオーガニックコーヒーのリーディングブランドへと成長を遂げています。

そんなマウントハーゲンは、エキゾチックなコーヒーの国というイメージだけではなく、多くの部族が暮らす美しく野生味溢れたパプアニューギニアに農園があります。同様にパプアニューギニアと同じような魅力を持った国ペルー、メキシコ、ホンジュラス、他の国々からも良質なコーヒー豆を調達しています。

良質な土地で手摘みされたコーヒー豆は、コントロールされた条件の下で非常にゆっくりと発行が行われ、完璧な香りを引き出してゆきます。 コーヒー豆は何回も洗浄され、焙煎のため出荷される豆は注意深く厳選され乾燥します。 コーヒー豆は、穏やかに200℃で少なくとも14分間焙煎します。これにより、不要な酸味を減少させると同時に、何種類もの異なる複雑な味を呼び覚します。焙煎後はコーヒー豆の完全な状態を維持するため急速に冷却されます。

このように時間をかけて作られたコーヒーは余すことなくアロマを引き出されます。そのためバランスのとれた素晴らしい香りを持つ円熟した味わいのコーヒーを楽しむことが出来ます。

3位: チモトコーヒー 有機栽培珈琲 180g

チモトコーヒー 有機栽培珈琲 180g
¥346/100g
56%安
¥623 ケンコーコム
¥634 (x2) Amazon(アマゾン)

商品説明

化学的に合成された肥料及び農薬を一切使用せず、3年以上の間、堆肥等により土づくりを行った農園で収穫された有機栽培コーヒーです。香り、甘さを感じられるようにグァテマラとコロンビア産の豆を、そしてコクと甘さを感じられる世にメキシコ産の豆をバランス良く配合しています。生産者のこだわりと優しい心遣いを感じられる一品です。

オーガニック食品・商品は、化学的に合成された肥料及び農薬を一切使用しないオーガニックの土壌によって育てられます。そのため、より高い栄養素が含まれていることが最近の研究で明らかになっています。さらに天然の糖分を含む、水の含有量が少なく味が薄まっていない、季節に合わせて育てられている、早い時期での収穫が少ない、保管期間が短いなど、多くの理由により、オーガニック製品の方がより優れた味わいを感じられるのです。コーヒーも同様のことが言え、だからこそ香り高く、自然の甘さを感じられる一品なのです。

さらにオーガニックの農法は土壌を枯渇させることもなく、土や水、空気、野生生物、その他の天然資源を保護する効果もあり、環境にも優しい方法と言えます。

「チモトコーヒー 有機栽培珈琲」はやや深煎りタイプに仕上げた、飲みやすい優しい味のコーヒーです。身体にも環境にも優しいコーヒーで、疲れた体に癒しを与えてみてはいかがでしょうか。

2位: 小川珈琲店 有機珈琲フェアトレード モカブレンド 170g

小川珈琲店 有機珈琲フェアトレード モカブレンド 170g
¥378/100g
53%安
¥642 LOHACO(ロハコ)
¥642 爽快ドラッグ
他3ショップ

商品説明

1952年創業の小川珈琲は、コーヒー専門店としてコーヒー文化を発信すると共に、お客様からの厳しいニーズや多様性に応えてきた老舗の珈琲店です。そんな珈琲店から生まれたモカブレンドは、薫り高く爽やかな味わいが特徴です。

大きな特徴は使用される豆が有機栽培で育てられていることです。有機栽培のコーヒーは、有機肥料による土作りを収穫前の3年以上行い、有機JAS認定を受けた農園で栽培されます。生産国から輸入された有機栽培のコーヒー生豆は、生産から出荷までの工程管理が徹底された、有機JAS認定の工場で焙煎・包装され、安心で安全な「有機コーヒー」として販売されます。そのため環境にも、私たちの身体にも優しいコーヒーです。

さらにこちらはフェアトレード認証製品です。フェアトレードとは生産者が生活を維持できる価格で取引を行い、立場の弱い人々の自立を支援する貿易活動のことで「公平貿易」と呼ばれています。美味しいコーヒーをただ味わうのではなく、こちらの商品を購入することで途上国の生産国を支援するための活動に参加することが出来るのです。

身体に優しく、環境にも優しく、そして途上国の人々にも優しいコーヒーで、いつもと違うティータイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

1位: ムソー オーガニックインスタントコーヒー 100g

ムソー オーガニックインスタントコーヒー 100g
¥1135/100g
¥1,135 ケンコーコム
¥1,284 爽快ドラッグ
他1ショップ

商品説明

有機栽培の良質な豆だけを使用しました。安心して飲める、リッチな味わいの有機JAS認定インスタントコーヒーです。インスタントコーヒーとは思えない奥深い風味に、リピーターの絶えないムソーオーガニック長年のベストセラー商品です。

美味しさの秘密の一つは使用している豆にあります。コロンビアの他の生産地とくらべ、豆粒が大きく芳香が素晴らしいのがムソーオーガニックコーヒーで使用されるシェラネバダ産オーガニックコーヒー生豆の特長です。山の清らかな湧き水と雪解け水が、豊かな酸味・コク・風味を生み出します。また、この豆はアラビカ種豆に属します。通常インスタントコーヒーにはコストの安いロブスタ種豆が使われますが、ムソーオーガニックインスタントコーヒーは贅沢にアラビカ種豆を使用しています。インスタントとは思えない奥深く豊かな風味の1番の理由がここにあります。さらに加工にも工夫がされており、フリーズドライ製法を採用しています。量産用インスタントコーヒーで使用されるスプレードライ製法に比べコストは高くなりますが、低温処理のため、風味がそこなわれません。豆の持つ豊かな風味を壊さないよう細心の注意のもと加工されています。

上記のようにコストや手間をかけたことでオーガニックなのに美味しいインスタントコーヒーをご家庭で楽しむことが出来るのです。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。