コーヒーメーカーおすすめランキングと選び方・使い方

コーヒーメーカー

コーヒーメーカーにはさまざまなメーカーのものがあり、主にミル付きドリップ式コーヒーメーカーと、普通のドリップ式コーヒーメーカーがあります。ミル付きですと、コーヒー豆から自動で挽いてくれますので便利です。最近では、カプセルを購入してセットするカプセル式コーヒーメーカーもあります。それぞれにメリットデメリットがありますのでしっかりと選びましょう。コーヒーメーカーの使い方は、まずフィルターをセットしてそこにコーヒー粉を用意し、タンクにお水を入れてスイッチを押すことです。最近では浄水機能のついているコーヒーメーカーもありますが軟水を使用するとおいしいです。カップを温めておくと冷めにくくおいしく味わえます。

コーヒーメーカーの選び方のポイント

こだわりのコーヒーをだれでも手軽に入れることができる、これがコーヒーメーカーの主たる特徴です。そのなかで、コーヒーメーカーの商品はとてもバリエーションが多く、簡単には選ぶことができません。自分に合ったコーヒーメーカーを選ぶためには、まずどのような種類の製品があるのかを知り、その特徴を知ったうえで選ぶとよいでしょう。

コーヒーメーカーと言われてまずイメージするのが、ドリップ式コーヒーメーカーです。ドリップ式コーヒーメーカーは、コーヒー豆やコーヒー粉をセットして、水タンクに水を補充してからスイッチを入れ、コーヒーを作ることができるという優れものです。ドリップ式コーヒーメーカーには2種類あり、ミル無しドリップ式と、ミル付きドリップ式というように分類されます。

ミル無しドリップ式は、世界中で最も普及していますが、ミルがついていないので粉コーヒーにしか対応していません。もちろん、コーヒー豆を購入すると大抵のお店で粉にしてもらえるため支障はありませんがやはり挽きたてには劣ることもあります。ですが、ミルがない分スペースも取らず値段も安価であるというメリットがあります。ミル無しドリップ式のコーヒーメーカーを購入し、別途ミルを購入する人もいます。

コーヒーメーカーの選び方のポイント

一方でミル付きドリップ式のコーヒーメーカーもあります。最近では全自動タイプのものがほとんどであり、コーヒー豆を入れてタンクに水を入れておいてあとはスイッチを押すだけで、コーヒー豆を挽いてくれるところから全自動で行います。

多くのメーカーが取り扱っていますので、自分のライフスタイルや予算に合うものを選びましょう。もちろん、ミル付きドリップ式コーヒーメーカーのほうが価格は高くなります。

最近では、カプセル式コーヒーメーカーも世に出ています。コーヒー豆から作るのではなく、すでにコーヒー液の元となる専用のカプセルを購入してそこからコーヒーを抽出します。カプセルをセットするだけで簡単ですし、コーヒーの出がらしを掃除するといった手入れの手間も省けます。また、カプセルはコーヒーだけでなく、ラテやカプチーノといったものも選べますので、選ぶ楽しみもあります。一方でカプセル式コーヒーメーカーを作っているのは、大手コーヒーメーカーなど一部のメーカーに限られています。コーヒー豆や粉から作るわけではないのですが、専門のカプセルを購入する必要がありますので、ランニングコストが高くなる傾向にあります。それぞれの特徴を抑えて選ぶようにするとよいでしょう。

コーヒーメーカーの正しい使い方

コーヒーメーカーはさまざまな機種のものがあり、その機種によって使い方も違います。ですので、使い方をしっかりと抑えておくことが重要です。一般的なペーパーフィルターを使用したコーヒーメーカーであれば、まずはフィルターをセットするところから始めます。コーヒーメーカーの上部にペーパーフィルターをセットする部分がありますので、そちらにまずはセットします。その際には、コーヒーメーカーの形状に合わせたペーパーフィルターを使用するとよいでしょう。サイズにも違いがありますが、形にも違いがあるからです。ペーパーフィルターを使用する際は、フィルターの圧着部分を折ってぴっちりと密着するようにします。

フィルターをセットすると、今度はコーヒー豆を挽きます。ミル付きドリップ式コーヒーメーカーであれば、全自動でコーヒー豆を挽くところからやってくれます。もちろん、コーヒー店では豆でなく挽いて販売してくれますが、豆を挽くことにより表面積が大きくなると味わいを損ないやすいので、直前に挽くようにします。そして、熱を加えると香りも飛んでしまうので、熱を加えないように丁寧に挽くとよいでしょう。コーヒー豆をセットする際には、中央に山盛りになるようにします。あまり細かく挽きすぎると苦みが出ることがありおすすめできません。

コーヒーメーカーの正しい使い方

コーヒー粉のセットが終わったら、コーヒーメーカーに水を淹れます。着脱式のタンクであれば簡単に水が入れられますが、きちんとメモリ通り水を入れましょう。そうして初めて、コーヒーメーカーのスイッチを押します。

コーヒーメーカーを使用する際に注意しておくべきことは、新鮮なコーヒー豆を使用することです。特に焙煎日をチェックして新しいものを購入します。可能であればコーヒー豆を購入し、ミルで挽くところから始めるとよいでしょう。使う水は何でもよいのですが、一般的には軟水を使ってコーヒーを淹れたほうがおいしいと言われています。最近では浄水機能の付いたコーヒーメーカーも販売しています。そして、コーヒーをおいしく味わうのでしたら、あらかじめコーヒーカップを温めておきましょう。冷たいカップにコーヒーを淹れるとそれだけで冷めてしまい味が変わってしまうからです。

コーヒーメーカーの分量は決められていますが、水を多くしたり少なくすることで、自分の好みの濃さにできたりします。また、アレンジメニューが楽しめるコーヒーメーカーもありますので、いろいろ試してみるとよいでしょう。

コーヒーメーカーおすすめランキング

1. 珈琲通 珈琲メーカー ブラック 540ml (EC-TC40-TA)

珈琲通 珈琲メーカー ブラック 540ml (EC-TC40-TA)
435円お得
¥1980/個
62%安
¥1,980 ヨドバシカメラ
¥2,119 イトーヨーカドー
他2ショップ

「珈琲通 コーヒーメーカー EC-TC40-TA [4杯分]」は象印マホービン株式会社が販売するコーヒーメーカーです。サイズは高さ23cm×幅20.5cm×奥行15.5cmです。商品重量は1.1㎏です。材質はポリプロピレン、繊維状活性炭、ホウケイ酸ガラスです。電源は100Vです。消費電力は650Wです。付属品として計量スプーンとペーパーフィルターが付いています。色はブラックです。中国製です。

水タンクに水道水を入れてもカルキ除去を行なうので、コーヒー豆本来の美味しさが引き出せます。コーヒーカップで1~4杯分に対応しています。ドリップコーヒーが抽出可能です。ミル機能は付いていません。ドリップ後、サーバーを保温する機能が付いています。水タンクには水以外のお酒や牛乳、コーヒーなどを入れてはいけません。故障の原因となります。ガラス容器は直火にかけたり、電子レンジにかけたりは出来ません。続けてコーヒーを淹れる場合は、スイッチを切って5分以上待ってから使用しましょう。

非常に安価に購入できるので、多くの人から支持を得ています。ただし、ショップにより販売価格に差が出ている商品ですので、価格比較は必ず行いましょう。最安ショップを見つける際には、送料にも気を付けましょう。


2. タイガー コーヒーメーカー ブラック 1080ml (ACE-S080-KQ)

タイガー コーヒーメーカー ブラック 1080ml (ACE-S080-KQ)
895円お得
¥6705/個
¥6,705 Amazon(アマゾン)
¥8,539 イトーヨーカドー
他1ショップ

「タイガー マイコンコーヒーメーカー カフェブラック 8杯用 ACE-S080KQ」はタイガー魔法瓶株式会社が販売しているコーヒーメーカーです。本体サイズは幅28.0cm×奥行17.4cm×高さ34.5cmです。本体重量は2.8㎏です。材質は本体・計量スプーンはポリプロピレンです。水容器はAS樹脂です。サーバーはステンレス魔法瓶です。電源はAC100Vです。消費電力は750Wです。ペーパフィルター2枚と計量スプーンが付いています。コードの長さは1.25mです。満水容量は2.8㎏です。中国製です。

注ぐお湯の量と時間をマイコンで制御しています。深蒸しドリップとシャワードリップで美味しいコーヒーを作れます。操作パネルでは、好みの味を選べる「マイルド」、「スト口ング」の他、「アイス」コースもあります。使用後は自動で電源がオフになります。消し忘れの心配が不要です。水タンクは取り外しが楽で、給水やお手入れに便利です。サーバーは煮詰まりを防止できる、電気を使わないで保温が出来る真空ステンレスサーバーです。分解できるので毎日のお手入れも簡単です。

本製品はショップによって販売価格に差があります。価格比較を行って最安ショップで購入するのが賢い選択です。


3. V60 アイスコーヒーメーカー ブラック 700ml (VIC-02B)

V60 アイスコーヒーメーカー ブラック 700ml (VIC-02B)
¥1291/個
75%安
¥1,291 Amazon(アマゾン)
¥1,298 ケンコーコム

「V60アイスコーヒーメーカー 1個」ハリオ株式会社が販売するアイスコーヒーメーカーです。サイズは幅18cm×奥行12cm×高さ22cm、口径11.6cmです。本体重量は516gです。材質はガラスボールは耐熱ガラスです。フタ・ドリッパー・アイスストレーナー・分水器・ハンドルバンドはポリプロピレンです。実用容量は700mlです。付属品としてV60ペーパフィルターが10枚付いています。アイスコーヒーで2杯~4杯用です。日本製です。熱湯の使用は可能です。食器洗浄機の使用は可能です。耐熱温度差は120℃です。

ドリップをしながら氷でコーヒーを一気に冷やせます。急冷式のアイスコーヒーメーカーです。長いアイスストレーナーがコーヒーを一気に冷やします。香りとコクを逃がさずに本格的なアイスコーヒーを楽しめます。ドリッパーは円錐形で、コーヒーの旨味を引き出します。

アイスストレーナーを外せば、ホット用としても使用可能です。ドリッパーと分水器を入れ替えると、コンパクトに収納が可能です。洗浄の際は、柔らかいスポンジで中性洗剤を使用します。クレンザーや研磨剤が付いているスポンジの使用は禁止です。ガラスが傷つき、破損の恐れがあります。


4. メリタ コーヒーメーカークリーナー アンチカルキ 120g 6袋入 (MJ-1501)

¥489 Amazon(アマゾン)
¥642 ケンコーコム
他1ショップ

「メリタ アンチカルキ コーヒーメーカークリーナー 1個」はメリタジャパンが販売しているコーヒーメーカー用のクリーナーです。化粧箱サイズは110㎜×180㎜×214㎜です。製品重量は158gです。1箱にクリーナー20gが6袋入っています。成分はクエン酸です。家庭用のコーヒーメーカーのクリーナーです。

使用方法は本製品20g1袋を500mlの水に溶かし、水槽に入れます。ペーパーフィルター以外のコーヒーメーカーの付属品をセットします。スイッチを入れて約半分の水溶液を抽出します。スイッチを切り30分ほど放置します。再度スイッチを入れて、残りの水溶液を抽出します。ポット内の水溶液を全て捨てます。再度、水槽に最大容量の水を満たします。スイッチを入れて全ての水を抽出します。これを2回繰り返し、内部をすすいで完了です。クリーニングの目安は40回使用で1回を目安にします。ステンレスやガラス容器は、本製品を水に溶かし30分漬け置きして洗浄してください。

本製品でクリーニングをすると、確かにコーヒーの味が蘇ります。幾度か洗浄を繰り替えす面倒な点もありますが、美味しいコーヒーを飲むために定期的なコーヒーメーカーのクリーニングは欠かせません。


5. パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ ブラック 670ml (NC-A56-K)

パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ ブラック 670ml (NC-A56-K)
2920円お得
¥15741/個
¥15,741 LOHACO(ロハコ)
¥15,741 ヨドバシカメラ
他3ショップ

パナソニック パナソニック パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ ブラック NC-A56-Kの価格幅は広く、最安値で約16000円ぐらいです。

全自動コーヒーメーカーで、コーヒー豆を挽いてドリップするのに手が掛からないことと挽いたコーヒー豆の粉をこぼすことが無い手軽さにメリットがあります。コーヒー豆、コーヒーフィルター、水さえセットすれば挽きたての美味しいコーヒーが出来上がります。ひとつひとつの作業時間がありますので、ドリップのみのコーヒーメーカーに比べると時間は掛かります。それでも5分ほどで美味しいコーヒーを飲むことができます。

豆の挽き方は4種類あり、別売りになっているメッシュフィルターを使えば好みの挽き方ができます。別売りのメッシュフィルターが無くても2種類の挽き方ができ、ドリップ方法は2種類あります。デザインはシンプルで、その分使い方が直感的に分かるので操作は難しくありません。部品の取り外しも簡単に出来るので、いつも清潔な状態で使えます。

煮詰まらないように出来上がったコーヒーを保温してくれる機能も付いて、いつでも適温のコーヒーが飲めるコストパフォーマンスの高い商品です。

毎日コーヒーを飲む人には違いが実感できるコーヒーメーカーです。


6. カリタ コーヒーメーカー用 サーバー ET-103 ブラック 1200ml (31045)

カリタ コーヒーメーカー用 サーバー ET-103 ブラック 1200ml (31045)
¥1286/個
75%安
¥1,286 Amazon(アマゾン)
¥1,381 ケンコーコム

「カリタ カリタ コーヒーメーカー用 ET-103サーバー」は株式会社カリタが販売するコーヒーメーカー用のサーバーです。サイズは口径が約115mm、底径が約150mm、高さが約130mmです。本体重量は401gです。材質は、本体が耐熱ガラスです。フタ、ハンドルはポリプロピレンです。バンドはステンレスです。ガラスはタイ製、フタとハンドル、バンドは日本製です。容量は1200mlです。電子レンジでの使用はできません。ハロゲンヒーター直火での使用はできません。耐熱温度差は120℃です。

ET-103コーヒーメーカーの専用のサーバーです。他のコーヒーメーカーには適合しない可能性があります。確認の上、購入しましょう。容量も大きく、満足してる方が多いです。コーヒーメーカー用としてだけでなく、ハンドドリップしたコーヒーや紅茶、だし汁などの保管にも適しています。比較的、値段も安価で求めやすい商品です。使用していたサーバーの破損で、代替品として購入される方も多いです。

本製品はショップによる販売価格差は大きくありません。お得に購入するには送料が左右します。送料を比較検討の上、最安ショップを見つけて購入をしましょう。


7. カリタ イブリック300 ブロンズ 300ml 220g (52186)

カリタ イブリック300 ブロンズ 300ml 220g (52186)
¥3151/個
39%安
¥3,151 Amazon(アマゾン)
¥3,470 ケンコーコム

「カリタ カリタ イブリック300」は株式会社カリタが販売するイブリックです。サイズは75mm×80mm×205mmです。本体重量は158gです。材質は銅製です。容量は300mlです。1~2人用です。日本製です。イブリックはトルココーヒーを淹れるのに欠かせない道具です。フィルターを使わず、コーヒー粉と水を直火で煮だすことが基本です。

本製品を使った美味しいコーヒーの淹れ方は、深入りのコーヒーを用意し、パウダー状に挽きます。好みで砂糖と、カルモダンを入れ、水から弱火で加熱します。1杯分の目安はコーヒー粉8g、水80㏄程度です。スプーンで混ぜながら煮出します。一度、沸騰させて火から降ろす作業を2~3度繰り返します。細かな泡が浮かんで来れば完成です。イブリックからカップへの注ぎ方は、泡を消さないように注ぐことです。粉もカップに注ぎます。飲むのは上澄みを頂きます。コーヒーが好きで、色々と楽しみたいと思う人にピッタリの製品です。独特のトルココーヒーの独特のコクと旨味を堪能できます。

本製品はショップにより価格差が大きいです。価格比較は必須です。購入の際には、送料を吟味の上、最安ショップを探し出しましょう。


8. イワキ NEWコーヒーハウス ブラック 600ml (KT8685-BK)

イワキ NEWコーヒーハウス ブラック 600ml (KT8685-BK)
37円お得
¥855/個
77%安
¥855 ヨドバシカメラ
¥971 爽快ドラッグ
他2ショップ

「パイレックス NEWコーヒーメーカー ブラック 箱1個」はAGCテクノグラスが販売すコーヒーメーカーです。色は他にレッドもあります。サイズは幅17.5cm×奥行12cm×高さ16cmです。実用容量は600mです。材質は本体が耐熱ガラスです。フタ、ハンドル、ドリッパーはポリプロピレンです。耐熱温度は120℃です。市販のペーパフィルター2人~4人用が使えます。

ガラス製ですので、コーヒー本来の味を損なわずにドリップできます。ポットにドリッパーが内蔵されているコンパクトタイプです。収納にも便利です。タイ製です。ポットが透明ガラスなので、コーヒーのドリップ具合が目に見えてわかります。美味しさのタイミングを測ることが出来ます。ポットはフタをしたまま電子レンジに使用が可能です。直火にかけることはできません。デザインもよく、手軽にドリップコーヒーを楽しむのに適しています。

洗浄の際、丸洗いが可能です。ただし、ポットの口が狭いので、男性だと手が入らない可能性があります。元より手に入れやすい価格帯ですが、ショップによって販売価格に差が出ています。価格比較を行い、お得に購入を実現しましょう。送料には特に注意を払いましょう。


9. 富士パックス販売 コーヒーメーカークリーナー 110番 120g (FP-275)

富士パックス販売 コーヒーメーカークリーナー 110番 120g (FP-275)
¥890/個
83%安
¥890 爽快ドラッグ
¥942 ケンコーコム
他1ショップ

「富士パックス コーヒーメーカークリーナー110番(6包)」は富士パックス販売株式会社が販売するコーヒーメーカー用のクリーナーです。サイズは個装で幅8cm×高さ13.5cm(ヘッダー含む)×奥行3.5cmです。重量は1包20gです。材質はクエン酸とリンゴ酸です。日本産です。

6包入りで、様々なタイプのコーヒーメーカーのクリーナーとして使用が可能です。コーヒーメーカー内部や給湯管には、水垢が蓄積し水中の石灰分、コーヒーの色素などが付着します。洗っても水だけでは落ちません。本製品を使用すれば、簡単にクリーニングが可能です。鉄、銅、アルミニウム、真鍮及びホーロー、銀加工製品には使用できません。

使い方は、1包20gを200mlの水に溶かします。コーヒーメーカーのタンクに注ぎます。ペーパーフィルター以外の付属品全部をセットします。電源を入れます。水溶液が半分抽出されたところで、電源を切り30分放置します。電源を入れ、残りの水溶液を抽出します。サーバー内の水溶液を全て捨てます。再度タンクに水を入れ、水溶液を抽出します。この作業を数回繰りかえし、内部を注げば完了です。コーヒーメーカー30回使用ごとに、一度の洗浄が目安です。


10. エアロプレス コーヒーメーカー ブラック 498g

エアロプレス コーヒーメーカー ブラック 498g
109円お得
¥3936/個
¥3,936 Amazon(アマゾン)
¥4,778 ケンコーコム
他1ショップ

「小川珈琲 エアロプレスコーヒーメーカー 1個」は小川珈琲株式会社が販売する空気の力を利用したコーヒードリッパーです。アメリカ製です。構成部品はチャンバー、プランジャー、キャップスプーン、パドル(ヘラ)、ファンネル、ペーパーフィルターです。

コーヒー粉量、挽き目、湯量の調節で、色々な味わいのコーヒーを抽出できます。お湯があれば、電気を使用せずに美味しいコーヒーの抽出が可能です。使用後はコーヒーとフィルターは、一押しで捨てることが可能です。

使い方はコーヒーの粉を入れて、お湯を注ぎプレスが基本です。キャップにペーパーフィルターを入れます。チャンパーの底にはめ込みます。チャンパーに計量したコーヒー粉を入れます。ブランジャーに適量のお湯を入れます。カップの上にチャンパーをセットします。ブランジャーのお湯をゆっくりと注ぎます。お湯とコーヒー粉を、バドルで10秒程度混ぜます。ブランジャーをチャンパーに差し込みます。ブランジャーの底がコーヒー粉に達するまで、20~30秒間、ゆっくりと圧力を加えます。美味しいコーヒーの出来上がりです。最初から完成まで約1分です。食器洗浄機には対応していません。ペーパーフィルターはエアロプレス用の物を使用します。


より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。