エスプレッソメーカーのおすすめと種類・選び方・使い方

エスプレッソメーカー

家庭でも簡単にエスプレッソを味わえるとしてエスプレッソメーカーが人気になっています。家庭用としてはスイッチ一つでエスプレッソを作ることができる電動式エスプレッソメーカーが主流になっています。その価格としてはお手頃なものは1万円程度になりますが、最も業務用に近いものでは10万円を超えるものもあります。専用のスチームがついているものでは、ミルクを泡立てることができますのでラテやマキアートなども楽しむことができます。エスプレッソメーカーの選び方としては、値段と機能、そして手入れのしやすさやどのくらいの気圧に対応できるかなどが大切であり、値段が高いものほどいろいろな調整も可能であり、本格的なマシンになります。

エスプレッソメーカーの種類と選び方

家庭でもエスプレッソを作ることができるというエスプレッソメーカーが最近流行しています。エスプレッソは、マシンなどの専用器具で豆に圧力をかけて一気に押し出したコーヒーのことであり、濃厚なコクと強い香りを楽しめます。短時間で少量だけ抽出してデミダスカップという専門の小さなカップで飲みます。そのため、エスプレッソを作るのであれば通常のコーヒーメーカーでは不可能であり、専用のマシンを使う必要があります。

エスプレッソメーカーは、通常のコーヒーメーカーとは違う仕組みのあるものであり、エスプレッソしか入れられない機種や、場合によっては通常のドリップコーヒーを淹れられる機種などさまざまなものがあります。

エスプレッソメーカーは、いろいろな種類があります。まずは直火式エスプレッソメーカーです。直火式エスプレッソメーカーは、安価で扱いが簡単な機種です。沸騰させたお湯の蒸気でコーヒー豆からコーヒーを抽出する仕組みになっています。クレマと呼ばれる表層の泡が発生しないという欠点もありますが、持ち運びもできます。

エスプレッソメーカーの種類と選び方

家庭でエスプレッソマシンを使う、その時に最もイメージされるのは電気式エスプレッソメーカーです。電気式エスプレッソメーカーにはいくつかの種類があります。まずは電熱器でお湯を沸かして発生した蒸気を使用する蒸気式のエスプレッソメーカーや、ポンプで加圧するポンプ式のエスプレッソメーカーです。そのほかにも、エスプレッソマシンと同等の操作が必要なレバーピストン式のエスプレッソマシンも少しずつ人気になっています。

このようなエスプレッソメーカーの選び方ですが、まず、初心者は電気式のエスプレッソメーカーを選ぶとよいでしょう。直火式エスプレッソメーカーは取り扱いが難しく、喫茶店のエスプレッソのような味人はならないからです。

ドリップコーヒーも一緒に楽しみたいという人は、ドリップコーヒーにも対応している電気式エスプレッソメーカーを選ぶとよいでしょう。ほかにも、カプチーノを作るためのクリームを泡立てられる器具がついているものもあります。ただし、このように機能が複雑になればなるほど、値段が高くなる傾向になりますので注意が必要です。

自分の予算と目的に応じて、自分のコーヒーライフにあったエスプレッソメーカーを選ぶとよいでしょう。そのほかにもポイントとしては、使いやすさやおていれのしやすさ、適切なポンプ圧であるのかをチェックしましょう。

エスプレッソメーカーを上手に使うには?

エスプレッソメーカーは家庭でもエスプレッソを楽しむことができます。しかしながら、きちんと使用しないとおいしいエスプレッソを淹れられません。エスプレッソをつくるにはまず、エスプレッソメーカーのポーターフィルターに粉を詰めていくドーシングという作業を行います。これは、コーヒー豆を粉にするグラインダーが必要になってきます。エスプレッソに使用するコーヒー豆は通常のものでも構いません。しかしながらより上質なエスプレッソを淹れるためには、一般的にイタリアンローストと呼ばれる深煎り豆を使います。挽き方としては粉々にする細挽きが適しています。あまりにも粒が大きいとエスプレッソメーカーが目詰まりを起こしてしまうことがあるからです。味にこだわるのであれば、よりコーヒー豆を細かく粉砕できるエスプレッソ用グラインダーがあります。

ポーターフィルターにコーヒー粉を入れていくドーシングという作業が終われば、次はバスケットに粉が均一に入るようにならすレベリングを行います。まずは、適量のコーヒーの粉をバスケットにしっかりと均一に入れることを目的にしましょう。次のタンピングという作業も大変重要です。タンピングとは、均一に入れられたコーヒー粉を押し固めていく作業です。エスプレッソは、通常のコーヒーメーカーよりもかなり高い9気圧という負荷のかかったお湯で抽出するものです。そのお湯を通してコーヒーの成分を引っ張ってもらうことで抽出されます。そのため、受け手であるコーヒー粉にも圧力がかかりますので、粉が寄れてしまわないよう、タンパ―と呼ばれる器具を使ってしっかりとおさえます。

エスプレッソメーカーを上手に使うには?

この時のポイントは、バスケットの粉すべての表面に均一の力、そして強い力で押し固めることです。このタンピングの力加減がうまくいかないと抽出がうまくいかないこともあるからです。この一連の作業が終わって、エスプレッソメーカーにセットして抽出することになります。抽出時間はだいたい20秒から30秒程度と通常のコーヒーよりもかなり短く、抽出量もたいてい20グラム程度と少ないです。

直火式エスプレッソメーカーはもっと難しいです。直火式エスプレッソメーカーではコーヒーの粉を押し付けるのではなく、平らにならす程度にとどめておきましょう。それから、きちんと固定し、弱火にかけます。ガス代の上で器具が安定しない場合は道具を使って均一に火が通るようにしましょう。数分経つとポコポコという音がしますのでそれで完成です。

エスプレッソメーカーの価格

エスプレッソメーカーは、多種多様のものがあります。値段が驚くほど安いものもありますが、業務用などになると100万円台というのも存在します。ですが、たいていの人が購入するのは、喫茶店など業務で使用するものでもない限り、家庭用のエスプレッソメーカーです。

家庭用のエスプレッソメーカーには2種類あり、直火式エスプレッソメーカーは比較的値段が安いです。3000円程度のものからありますし、高いものでも10000円程度で済むことが多いです。しかしながら、直火式エスプレッソメーカーは自分で火加減などを見ないといけませんので初心者にはおすすめできません。多くの人が家庭用にエスプレッソメーカーを購入するのは、やはり電動式エスプレッソメーカーが多いです。

エスプレッソメーカーの価格

その値段は、とても幅が広く機能によって違ってきますのでよく考えてから選ぶことが必要です。一番廉価なもので使い勝手が良いのが、25000円程度の電動式エスプレッソメーカーです。探せば10000円台で売っているところもあるでしょう。初心者は、特にこれくらいの値段のエスプレッソメーカーから始めたほうが良いかもしれません。電動式エスプレッソメーカーで安いものは、10000円を切るものもありますが、これは安いものならよい、という人や使用頻度があまり高くない人に向いています。

一方で、喫茶店のようなエスプレッソを味わいたいのであれば、業務用マシンと同じようにポンプ式の抽出機構を採用しているエスプレッソメーカーが良いでしょう。これは、安いものでも60000円程度しますが、抽出温度や水の硬度を調整することができますので、好みの一杯を入れることができます。これらのエスプレッソメーカーはボディもステンレスですので、見た目にも良いですし耐久性もあります。

本格的な電動式エスプレッソメーカーを求めるのであれば、10万円程度の家庭用ハイエンドモデルもあります。これは、ほとんどプロのバリスタが使用するものに近いものがあります。エスプレッソメーカーを使いこなしていろいろな味を追求したいという人には向いています。一方、初心者には大変難しいですので、上級者用がおすすめです。このような家庭用ハイエンドモデルの電動式エスプレッソメーカーは、たいてい海外からの輸入品ですので、本場イタリアのエスプレッソの味が本格的に味わえます。レバーによって抽出加減を細かく調整することもできます。自宅でカフェを楽しみたい人からプロを目指す人まで対応できるでしょう。

おすすめのエスプレッソメーカーを比較

家庭用のエスプレッソメーカーで人気のものは、やはり電動式エスプレッソメーカーです。なかでも特に海外のメーカーのものはデザイン性や機能性に優れていますので多くの人に好かれています。まず、家庭用のエスプレッソメーカーにもかかわらず本格的な味わいが楽しめるのが「illy FrancisFrancis!X7.1」です。価格が27000円程度という比較的お手頃でありながら、イタリアのカフェで飲むような驚くほど本格的な味を家庭で楽しむことができます。スタイリッシュなフォルムもそうですが、専用のカプセルをセットしてスタートボタンを押すだけでおいしいエスプレッソが抽出されます。操作がわかりやすく、きめ細かいクレマの本格的カプチーノが楽しめます。スチームアームが標準装備されており、繊細なフォームドミルクを作ることができてカプチーノなども楽しめるからです。

次に人気のあるのが、エスプレッソメーカーといえばこのメーカーといっても過言ではないデロンギCO310です。これも2万円台のお手頃価格で、美しさだけでなく本格的な機能もあるエスプレッソマシンです。特にスチール製のボディのデザイン性が高く、インテリアとしても最適です。カフェポッドとパウダーの両方に対応しており、こだわりのエスプレ祖を抽出できます。また、スチームノズルでフォーム度ミルクを作れますので同じくカプチーノなどが楽しめます。

おすすめのエスプレッソメーカーを比較

さらに、本格的に楽しみたい人のためにはASCASO DREAMがおすすめです。10万円台とコストはかかりますが、デザインにもこだわった高級機種であり、ポンプ圧も高く最も業務用エスプレッソマシンに近いエスプレッソメーカーです。ポットとパウダーに対応しており、本格的なエスプレッソやラテアートも楽しめます。

有名コーヒーメーカーも、エスプレッソメーカーを世に出しています。たとえば,UCCのグループ企業ボンマックではエスプレッソメーカーBMEを販売しており、1万円前後で本格的なエスプレッソが楽しめます。お手頃でありながら使いやすく、お金をかけたくない人にも最適です。ほかにもネスレではカプセルタイプの家庭用エスプレッソマシン、Nespresso Lattissima Touch F511を販売しています。操作も手入れも簡単ですし、ミルクのクオリティーにこだわりたい人には最適です。値段は2万円程度ですが、別途専用のカプセルを購入するのでランニングコストがかかるでしょう。このように、エスプレッソマシンの価格は、廉価なものから本格的なものまで数多くありますのでしっかり考えて選びましょう。

エスプレッソメーカーのおすすめ

1. デロンギ エスプレッソ・カプチーノメーカー 2.8kg (EC152J)

デロンギ エスプレッソ・カプチーノメーカー 2.8kg (EC152J)
¥8847/個
¥8,847 ヨドバシカメラ
¥8,935 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

デロンギ エスプレッソ・カプチーノメーカー ブラック×シルバー EC152Jは、リーズナブルで使い勝手の良く、そのうえ機能に優れたエスプレッソマシーンです。

基本的にエスプレッソマシーンはお値段のするものです。付加されている機能によって違ってきますが、おおよそ5万円から20万円ほどが相場になります。ですが、このEC152Jは、1万円台購入できます。最安価格は約11800円くらいです。初めてエスプレッソマシーンを買ってみようかという方にもお求めやすい価格になっています。

この商品は低価格ですが、使われているパーツや仕様にもハイエンドのマシーンと違いはなく、機能にも変わりはありません。抽出方法にはデロンギ社が長年研究を重ねてたどり着いたポンプ式が採用されています。他の機種と同じく抽出時の気圧は9気圧の設定です。

こちらは、コーヒーパウダーとカフェポッドの両方を使用することができます。コーヒー豆を自分で挽いて使うのも良し、お店で買ってきたコーヒーパウダーでもいいでしょうし、セットするだけのお手軽なカフェポッドと作り方が選べる嬉しい設計になっています。

このEC152Jであるとおうちでお手軽にカフェラテやカプチーノを作ることができます。

カプチーノは専用のカップにエスプレッソを30ccほど注ぎ、そこに40℃から60℃のスチームミルク(温まったミルク)と40℃から60℃のフォームドミルク(泡立ったミルク)を注ぎます。比率は1:1:1になります。カフェラテは30ccのカプチーノに対して90から100ccのスチームドミルク、その上にフォームドミルクを1cm弱くらいを注ぎます。


2. モカエキスプレス 4cup用 460g (1164)

モカエキスプレス 4cup用 460g (1164)
¥3345/個
37%安
¥3,345 Amazon(アマゾン)
¥3,734 ケンコーコム

「BIALETTI(ビアレッティ) MOKA EXPRESS 4cup用 1164」は株式会社ストリックスデザインが販売する直火式エスプレッソメーカーです。他に1cup用、2cup用、3cup用、6cup用、9cup用、12cup用、18cup用があります。サイズは約16.5cmx9cmx18.5cmです。重量は460gです。容量は120mlです。材質は本体はアルミニウムです。ハンドル部分はフェノール樹脂です。

イタリア製です。 イタリアでは一家に一台は持ってると言われます。イアリアの老舗「ビアレッティ社」の製品です。直火式ですのでIH調理器には対応してません。使用するコーヒーの粉は、深入り細挽きのエスプレッソ用を使用します。

使い方は、コーヒーの粉と水を用意します。タンクの安全弁の下まで水を入れます。フィルターバスケットにコーヒー粉を入れます。タンクにフィルターバスケットをセットします。上部と下部のタンクを締めます。フタを閉じ、ポッド本体を火にかけます。下部ボッド底面から、火が漏れないように注意します。ゆっくり時間をかけて抽出します。沸騰するとノズルを通って、上部ポッドにコーヒーが噴き出します。噴き出しの音が止めば、火を止めて完成です。


3. モカエキスプレス 18cup用 1.18kg (1167)

モカエキスプレス 18cup用 1.18kg (1167)
¥10661/個
¥10,661 ケンコーコム
¥10,890 爽快ドラッグ
他1ショップ

「BIALETTI(ビアレッティ) MOKA EXPRESS 18cup用 1167」は株式会社ストリックスデザインが販売する直火式のエスプレッソメーカーです。他に1cup用、2cup用、3cup用、4cup用、6cup用、9cup用、12cup用があります。サイズは約13.5cm×22.5cm×32cmです。本体の底辺の長さは12.1㎝です。重量は1180gです。材質は本体はアルミ合金、ハンドルはフェノール樹脂です。容量は900㏄です。

イタリア製です。使用するコーヒー粉は、エスプレッソ用の深煎り極細挽きの使用が適しています。IH機器での使用はできません。

モカを美味しく淹れる方法は最初に上部ポッドと下部ポッド、バスケットを取り外します。下部ポッドに安全弁の下まで水を入れます。コーヒーの粉を表面が平らに、バスケットに適量入れます。上部と下部のポッドを閉めます。フタを閉じ、ポッドを直火にかけます。ハンドルが熱くならないか気を付け、下部ポッドの底面より火か漏れないか加減します。ゆっくり時間をかけて抽出します。沸騰するとノズルを通って、上部ポッドにコーヒーが噴き上がります。噴出の音が止めば火を止めて完成です。使い始めは臭いが気になることがあります。使用前に、3回ほど沸かして使用すると気になりません。


4. モカメロディ 3cup用 400g (9817)

モカメロディ 3cup用 400g (9817)
¥5079/個
¥5,079 ケンコーコム
¥5,366 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

「BIALETTI(ビアレッティ) MOKA Melody 3cup用 9817」は直火式のエスプレッソメーカーです。他にMOKA Melody Sportシリーズとして、ローマ、インテル、ミラン、ナポリがあります。エスプレッソの香りと、出来上がり時のメロディーが、極上の癒しを生み出します。

サイズは約幅8.5cm×17cm×18cmです。本体重量は約400gです。タンク容量は約160㏄です。3cup用です。材質は本体はアルミ合金、パッキンはシリコン樹脂、ハンドルとツマミはフェノール樹脂、フィルタープレートとフィルターバスケットはアルミニウム合金です。イタリア製です。IH機器での使用はできません。

使い方は、エスプレッソ用の細挽きのコーヒーの粉と新鮮な水を用意します。タンクの安全弁の下まで水を入れます。フィルターバスケットにコーヒーの粉を入れます。フィルターバスケットをタンクにセットします。上部タンクと下部タンクをしっかり回して締めます。直火にかけます。沸騰するとノズルを通って、上部にコーヒーが噴き上がります。しばらくすると、完成を知らせるメロディーが流れてきます。メロディーはトルコ行進曲です。アルミ製なので、キャンプやピクニックなどのアウトドアにも持参可能です。


5. ヴィーナス 4cup用 500g (1682)

ヴィーナス 4cup用 500g (1682)
¥3734/個
¥3,734 ケンコーコム
¥3,941 爽快ドラッグ
他1ショップ

「BIALETTI(ビアレッティ) Venus 4cup用 1682」は株式会社ストリックスデザインが販売する直火式のエスプレッソメーカーです。4cup用でマグカップ1杯程度の量です。他に2cup用、6cup用、10cup用があります。

サイズは約幅9.5cm×奥行12.5cm×高さ17.5cmです。本体重量は500gです。容量は200mlです。材質は本体がステンレス鋼(クロム18%、ニッケル8%)です。本体下部はステンレス鋼(クロム18%)です。ハンドルとツマミはナイロン、パッキンはシリコン、フィルタープレートとフィルターバスケットはステンレス鋼(クロム18%)です。中国製です。IH機器での使用はできません。使用するコーヒー粉は、エスプレッソ用の深煎り極細挽きが適しています。ステンレスを主に使用し、美しいビィーナスラインを実現しています。

使用方法はタンクに水を入れます。(安全弁の下まで)フィルターバスケットにコーヒーの粉を入れます。フィルターバスケットをタンクにセットします。上部と下部のタンクをしっかりと回して締めます。直火にかけます。沸騰して上部にコーヒーが噴き上がってきます。噴き上がりの音が止まれば完成です。


6. ヴィーナス 6cup用 620g (1683)

ヴィーナス 6cup用 620g (1683)
¥4499/個
¥4,499 ケンコーコム
¥4,634 爽快ドラッグ
他1ショップ

「BIALETTI(ビアレッティ) Venus 6cup用 1683」は株式会社ストリックスデザインが販売する直火式のエスプレッソメーカーです。他に2cup用、4cup用、10cup用があります。

サイズは約幅10.5cm×奥行13.2cm×高さ19.7cmです。本体重量は620gです。容量は280mlです。材質は本体がステンレス鋼(クロム18%、ニッケル8%)です。本体下部はステンレス鋼(クロム18%)です。ハンドルとツマミはナイロン、パッキンはシリコン、フィルタープレートとフィルターバスケットはステンレス鋼(クロム18%)です。中国製です。IH機器での使用はできません。

ステンレスが生み出す、ビィーナスのような美しいフォルムが特徴です。使い始めは臭いが気になる人がいます。3回程度沸かしてから、使用すると気にならなくなります。コーヒーの粉は、エスプレッソ用の深煎り極細挽きが適しています。エスプレッソはゆっくりと抽出することが美味しさの秘訣です。弱火で火加減に気を付けましょう。

本製品はショップにより販売価格に1割程度の差が出ています。価格比較を行い、お得に購入をしましょう。その際には送料にも気を付けましょう。


7. モカエキスプレス 1cup用 240g (1161)

モカエキスプレス 1cup用 240g (1161)
732円お得
¥2394/個
55%安
¥2,394 ヨドバシカメラ
¥3,409 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

「BIALETTI(ビアレッティ) MOKA EXPRESS 1cup用 1161」は株式会社ストリックスデザインが販売する直火式のエスプレッソメーカーです。他に2cup用、3cup用、4cup用、6cup用、9cup用、12cup用、18cup用があります。サイズは約7cm×13cm×13.5cmです。重量は240gです。材質は本体はアルミ合金、ハンドルはフェノール樹脂です。イタリア製です。IH機器では使用できません。

使用方法は、エスプレッソ用の深煎り極細挽きのコーヒーの粉と水を用意します。タンクの安全弁の下まで水を入れます。フィルターバスケットにコーヒーの粉を入れます。フィルターバスケットをタンクにセットします。上部と下部のタンクをしっかり接続します。直火にかけます。沸騰するとノズルを通って、上部にコーヒーが噴き出してきます。噴出音が止み、抽出が終われば完成です。直火にかける際には火加減に十分注意しましょう。じっくりと弱火で、時間をかけて抽出するのがコツです。

本製品はショップにより1,000円以上の販売価格差があります。十分に価格比較を行い、最安ショップで購入されることをオススメします。送料込みだと、高くなるショップもあるので注意しましょう。


8. モカエキスプレス 2cup用 290g (1168)

モカエキスプレス 2cup用 290g (1168)
¥3644/個
31%安
¥3,644 爽快ドラッグ
¥4,269 Amazon(アマゾン)

「BIALETTI(ビアレッティ) MOKA EXPRESS 2cup用 1168」は株式会社ストリックスデザインが販売する直火式のエスプレッソメーカーです。イアリアの老舗「ビアレッティ社」の製品です。他に1cup用、3cup用、4cup用、6cup用、9cup用、12cup用、18cup用があります。サイズは約8cm×14cm×14.5cmです。重量は290gです。材質は本体はアルミ合金、ハンドルはフェノール樹脂です。イタリア製です。IH機器では使用できません。

使用方法はタンクの安全弁の下まで水を入れます。フィルターバスケットにコーヒーの粉を入れます。コーヒーの粉はエスプレッソ用の深煎り極細挽きが適しています。タンクにフィルターバスケットをセットします。上部と下部のタンクを回して締めます。フタを閉じ、ポッドを直火にかけます。下部ポッドの側面から、火が漏れないように火加減に注意します。時間をかけてゆっくり抽出します。沸騰するとノズルを通って、上部のポッドにコーヒーが噴き上がります。噴き出し音が止めば、火を止めて完成です。使い始めの際は、臭いが気になる人もいます。3回程度、沸かして使用すると気にせず使用できます。


9. モカエキスプレス 12cup用 1kg (1166)

モカエキスプレス 12cup用 1kg (1166)
¥8617/個
¥8,617 ケンコーコム
¥8,716 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

「BIALETTI(ビアレッティ) MOKA EXPRESS 12cup用 1166」は株式会社ストリックスデザインが販売する直火式のエスプレッソメーカーです。髭おじさんのトレードマークでお馴染みの、イアリアの老舗「ビアレッティ社」の製品です。他に1cup用、2cup用、3cup用、4cup用、6cup用、9cup用、18cup用があります。サイズは約13.5cm×22cm×28.5cmです。重量は1,000gです。材質は本体はアルミ合金、ハンドルはフェノール樹脂です。イタリア製です。IH機器では使用できません。

使用するコーヒーの粉は、エスプレッソ用に適している深煎り極細挽きがオススメです。使い始めは臭いが気になる場合があります。2、3回程度、沸かしてから使用すると気になりません。美味しいエスプレッソを淹れるコツは、時間をかけてゆっくり抽出することです。直火にかける際に、火加減に注意し、下部ポッドの側面から火が漏れないようにしましょう。

本製品はショップにより激しく価格差があります。購入の際は、いくつかのショップの価格比較を行い、最安ショップを見つけて購入しましょう。その際、送料には注意しましょう。


10. ミニエキスプレス 2cup用 290g (1284)

ミニエキスプレス 2cup用 290g (1284)
¥3591/個
32%安
¥3,591 ケンコーコム
¥3,644 爽快ドラッグ

「BIALETTI(ビアレッティ) MINI EXPRESS 2cup用 1284」は株式会社ストリックスデザインが販売する直火式のエスプレッソメーカーです。サイズは約8㎝x13cmx16cmです。重量は290gです。材質は本体はアルミニウム合金です。パッキンはシリコン樹脂です。ハンドルとツマミはナイロン樹脂です。フィルタープレートとフィルターバスケットはアルミニウム合金です。イタリア製です。IH機器での使用はできません。

使い方は、新鮮な水とエスプレッソ用の深煎り極細挽きのコーヒーの粉を用意します。本体下部に水を入れます。中のフィルターに粉をセットします。直火にかけます。しばらくすると、抽出されたコーヒーが上部のパイプから直接カップに注がれます。火加減は弱火、もしくはとろ火でじっくり時間をかけて抽出しましょう。レトロな雰囲気がする可愛らしい製品です。直火にかける際は、ボトム部分が非常に小さいので注意が必要です。小型のガスバーナーの口を持つコンロを使うか、五徳を使用すると良いでしょう。エスプレッソ用のデミタスカップは、コーヒーの飛散防止のために、抽出口の高さより少し深いものを用意しましょう。使い始めの臭いが気になる場合は、3回程度沸かして使用すると気になりません。


より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。