安い 安い・激安の コーヒーフレッシュ

人気順にもっと見る

コーヒーフレッシュ全23商品の価格を、1個あたり安い順に紹介。 最安No.1商品は「クレマトップ 袋5ml×40」の¥4.4/個で、あなたがいつも買っている商品より安いかも!?
スマートショッピングではメロディアンなど有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料がかかると最安ショップが変わるかもしれないので、送料いれて価格比較も確認することをおすすめ。

コーヒーフレッシュのブランド

「コーヒーフレッシュ」カテゴリの新着口コミ

500lm入りでぽしょんよりも使いやすい

何十年来のクレマトップの大ファンです。とてもリーズナブルで助かります。親子3人で頂戴しております。これからもヨロシクお願い致します。

近くのスーパーよりも安いので、こちらでまとめ買いしてます。

仕事に使っています。 重いものを送料無料で届けていただいて感謝しています。

とても気に入っています。ありがとうございます

使い勝手の良いコーヒーフレッシュです。 到着が遅いこと以外は特に不満ないので、 早めに注文すれば問題ないと思われます。

定期的に購入しています。価格と分量のコスパが良いのでとても重宝しています。

少量サイズなので使い残しが無くなりました。一回に少しだけ使用する方に最適の量かなと思います。

早速送って頂き有難うございます。コーヒーにはこれでなくてはと思っており又おいしくいただいております。またの機会もおねがいいたします。

夏はアイスコーヒーを飲むことが多いので特に便利です。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

コーヒーフレッシュ通販で賢い買い方

コーヒーフレッシュとは和製英語で、コーヒーなどに加えるポーション入りのクリームのことです。粉末タイプの商品は、クリーミングパウダーといいます。日本以外では粉末タイプと液体タイプは区別されずに「クリーマー」などと呼ばれています。また、ミルクティーは、紅茶に牛乳を加えた、あるいは牛乳に紅茶を加えたもので、植物性脂肪が主原料となるコーヒーフレッシュは通常は紅茶には使用しません。

コーヒーフレッシュ

コーヒーフレッシュは1958年にアメリカのカーネーション社が開発し、「コーヒーメイト」のブランドで販売したものが最初です。カーネーション社は後にネスレが買収し、コーヒーメイトはアメリカではクリーマーの代表的な製品となっています。日本では、1976年に「メロディアン」が、1977年にめいらくの「スジャータ」が販売開始され、コーヒーフレッシュの語を広めました。1970年代には他社の製品も販売され、安さと便利さが評判となり家庭用・業務用とも日本全国に普及し現在に至っています。乳脂肪を主原料とする生クリームと混同されがちですが、市販される大多数の商品における主原料は植物性脂肪です。そのため乳糖不耐症の人でも飲用できるのが特徴です。

通販ショップの安さ・品揃えは?

コーヒーフレッシュでおすすめの通販ショップは、お得に買うなら-1.5%安いLOHACO(ロハコ)。一方幅広く選ぶなら14商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ取扱商品数ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

14

-3.8%

LOHACO(ロハコ)

9

-1.5%

コーヒーフレッシュのブランド別最安商品

ブランド最安商品商品名最安ショップ最安価格容量・入数単位あたり価格
メロディアンメロディアン 業務用コーヒーフレッシュ 500ml メロディアン 業務用コーヒーフレッシュ 500ml LOHACO¥ 406 1個
¥406/個

コーヒーフレッシュの周辺を探す

コーヒーフレッシュの関連サブカテゴリ

コーヒークリームのブランド

関連キーワード


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops