あんずジャムのおすすめは?味やカロリー、効能、使い方を紹介

あんずジャムのカロリーと効能は?おすすめ紹介ほか

あんずジャム

あんずはアプリコットとも呼ばれていて、たまの状態で食べることもできますが、一般的には干してドライフルーツにするか、砂糖で煮込んだジャムで食べられています。あんずの種は杏仁豆腐の材料としてもお馴染みですが、漢方にも使われています。

あんずは甘酸っぱさが特徴的ですから、ジャムにすることで甘さが加わり一層美味しくなります。あんずは果実酒にしても美味しいことから、いろいろな食べ方があるのも魅力となっています。

見た目は桃のようにも見えますが、実はバラ科に属しています。品種によって皮の色や果肉の色も違いますが、甘酸っぱさは共通しています。日本国内では、青森県があんずの産地として有名です。あんずの効果や食べ方を紹介します。

最終更新日: 2018-04-04   閲覧数:2719

あんずジャムはどんな味?

あんずは見た目が桃に似た、バラ科の果実です。甘酸っぱい香りがしますが、味はかなり酸味が強いので、そのまま食べることもできますがジャムや干してドライフルーツにして食べるのが一般的です。

あんずとは

あんずはとてもデリケートなフルーツです。熟したあんずはとてもいい香りがしますが、その分傷むのも早いので、フレッシュのあんずは必ず冷蔵庫で保管します。冷蔵庫で保管しても、3日くらいが限界ですから早めに食べきるようにします。干すことで多少長持ちしますが、それでも保存する場合は冷蔵庫がおすすめです。

あんずは生の状態でも食べられますが、他のフルーツに比べると一般にはあまり流通していません。旬の時期は6月~7月ですから、旬の時期は時々スーパーなどにも並ぶことはありますが、それ以外ではフレッシュなあんずはほとんど出回っていません。

日本では青森県があんずの生産量が多いことで知られていますが、国内産のあんずは酸味が特に強いので、生のまま食べるよりドライフルーツにしたり、ジャムやシロップ漬けにしたりする方が多くなります。

見た目は桃に似ていますが、桃よりも少しサイズが小さいのが特徴です。あんずは種が大きいので、フレッシュの状態で食べる場合は、種に注意しましょう。自家製ジャムも作れますが、市販の物も多く出回っているので、市販のあんずジャムなら比較的入手しやすいです。

あんずジャムとは

ジャムはあんずを砂糖で煮込んで作りますが、甘いシロップ漬けにしても美味しく食べられます。あんずをジャムにすると、あんずが持つ独特の酸味と砂糖の甘さがうまく調和して、甘みの中にも酸味が感じられスッキリとした後味になります。

作り方、活用のポイント

砂糖で煮てジャムにすれば、フレッシュな状態やドライフルーツにした状態よりも長持ちします。密閉できる容器に入れ冷蔵庫で保管すれば、しばらく持ちます。ジャムは使う材料によって味や香りが変わります。

元々甘みが強いフルーツは、ジャムにする時砂糖を調整しないと甘すぎることがあります。あんずはかなり酸味が強いので、砂糖を多めに入れても甘すぎることはありません。ただし砂糖を多めにすると、糖分の摂り過ぎになる可能性があるので、注意が必要です。

ケーキ作りなどに使う場合は、ピューレ状の物もあるので、目的に応じて種類を使い分けるのがポイントです。あんずジャムパンに塗ったり、ヨーグルトに入れたりしても美味しく食べられますし、料理やお菓子作りにも活用できます。

あんずジャムのカロリーはどれくらい?

あんずはアプリコットとも呼ばれています。見た目は桃によく似ていますが、桃よりも少し小ぶりでオレンジがかった物が多くなります。酸味が強いので、そのまま食べることもできますが、ジャムやシロップ漬けにして食べるのが好まれます

カロリー

あんずはかなり酸味が強いので、砂糖と一緒に煮るジャムにしても甘すぎないのがいいところです。一般的なレシピであんずジャムを作った場合のカロリーは、100gあたり262kcalとなります。パンに塗ったりヨーグルトに入れたりして食べるのが人気ですが、この場合は100gも使わないので、使ってもせいぜい大さじ1杯です。大さじ1杯あたりのあんずジャムのカロリーは、55kcalとなります。

ジャムだけのカロリーではそれほど多く感じませんが、パンに塗って食べる場合、6枚切りの1枚が158kalありますので、その分もプラスして考えます。あんずジャムをヨーグルトに入れて食べる場合は、ヨーグルト120gで74kcalですから、あんずジャムと合わせても200kcal以下に抑えることができます。

一般的なレシピで作ったあんずジャム大さじ1杯を食べた時の55kcalを消費するには、ウォーキングで21分、ジョギングで13分、なわとびで7分あれば消費できます。水泳は全身を使うので、水泳なら8分で消費できます。カロリーが気になる人は、食べた分のカロリーがいくつになるのか、それを消費するにはどんな運動をどれだけすればいいか覚えておくと安心です。

砂糖を使いますが、適量を守っていればカロリーは低めですし、ダイエットの妨げになることもありません。ただ食べ過ぎるとカロリーオーバーになりますし、糖分の摂り過ぎにもなるので注意が必要です。1回あたりの量はそれほど多くないので、美味しく食べられます。

食べるときのポイント

あんずジャムは手作りすることもできます。カロリーが気になるなら、砂糖を少なめにすればカロリーは抑えることができます。ただし元々の酸味が強いので、少し酸っぱさ目立ってしまうかもしれません。その分あっさりしていますし、後味もスッキリ食べられます。

あんずはジャムにしても甘酸っぱさが残りますが、酸化を防ぎきれいな色を保つためにはレモン汁を加えます。レモン汁は少量のため酸っぱすぎることはありません。

普通のジャムとして食べても美味しいですし、お菓子作りにも活用できます。紅茶にジャムを入れるロシアンティーは、イチゴジャムが定番ですが、あんずジャムを入れと甘酸っぱさが感じられ紅茶が美味しくなるのでおすすめです。

あんずジャムの効能とは?

あんずには豊富な栄養が含まれていますし、種は漢方にも使われているので、健康や美容にいい効果が期待できます。あんずを使って作る、あんずジャムでもその効果はほとんど同じです。あんずジャムに期待できる効果を紹介します。

栄養価

ガン予防

あんずには、ベータカロテン、アミノ酸、クエン酸などが豊富に含まれています。ベータカロテンはポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用があります。あんずには豊富なベータカロテンが含まれていますが、中でもがん予防効果が期待できる、ベータクリプトキサンチンが豊富です。

認知症予防

あんずにはアミノ酸の一種ギャバも含まれています。ギャバは脳の働きをサポートする効果が期待できるので、認知症予防に役立つと言われています。

疲労回復効果

あんずの酸味はクエン酸が豊富に含まれているからです。クエン酸は疲労回復効果があることで知られていますが、他にも殺菌作用や胃腸の働きをサポートする効果も期待できます。あんずジャムならあんずのクエン酸と、エネルギーの元になる糖分も含まれているので、疲れたと感じた時に食べるのもおすすめです。

糖質の吸収を抑える

あんずには、糖質の吸収を抑える働きを持つ成分が含まれているので、糖質が気になる人が食べるといいと言われています。ただし砂糖も含まれるので、量を見極めることが大切です。

冷え性改善

あんずは冷え性改善にも役立つと言われていて、干すことで成分が凝縮された干しあんずは、冷え性改善にも役立ちます。冷え性改善に効果が期待できることから、あんずジャムは女性にもおすすめです。

貧血予防効果

女性におすすめという意味では、貧血予防効果が期待できるところにも注目です。あんずには鉄分も含まれていますので、貧血気味の女性や、貧血を予防したい人にもおすすめできます。少量ならカロリーも抑えられますので、毎日食べましょう。

漢方

あんずの種は、漢方にも使われています。ジャムに種を使うことはありませんが、種には咳止めや痰にいいと言われる成分が豊富に含まれているので、咳止めに処方される漢方に使われています。

あんずはジャム以外にも、干してドライフルーツとして食べることも多いです。干すことで成分が凝縮されるので、ジャムに刻んだ干しあんずを混ぜるのもおすすめです。刻んだ干しあんずを入れれば、歯ごたえも楽しめます。

あんずジャムにも、干しあんずにもそれぞれの良さがあるので、両方を一度に食べられるよう、ミックスすれば贅沢なジャムになります。カロリーが気になる人は砂糖を少なめにすれば、カロリーを減らすことができます。



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops