ピーナッツバターの栄養とカロリーは?おすすめ紹介ほか

ピーナッツバターは、パンに塗って食べると美味しいので、子供から大人まで人気があります。その名前からも想像できるように、ピーナッツとバターから作ります。フルーツを砂糖で煮て作るジャムとは少し見た目もテクスチャーも違いますが、ジャムの一種としてスーパーなどでは同じコーナーで販売されています。

ピーナッツバターは比較的入手しやすいので、市販されている物を使うことが多いものの、材料を揃えれば自家製ピーナッツバターを作ることもできます。ピーナッツバターを作る場合、砂糖を入れるか入れないかによって味は変わってきます。自分で作る方が、濃度や味を調整できるので、自家製ピーナッツバターを作るのもいいかもしれません。

ピーナッツバターの栄養とカロリー

ピーナッツバターは、ピーナッツとバターという材料自体のカロリーが高い物を組み合わせているので、カロリーはジャムというカテゴリーの中ではかなり高めです。ピーナッツバター100gあたりのカロリーは、640kcalとなっています。これは普通の食事1回分と変わらないくらいで、近いところでは玉子丼が1人分約636kcalとなっているので、かなりの高さであることがわかります。

普通にピーナッツバターを食べる場合、1度に100g食べることはほとんどないでしょう。パンに塗る程度なら、せいぜい1回に大さじ1杯くらいです。大さじ1杯あたりのカロリーは、77kcalですから、それほど高くなりません。ただし他のジャムに比べると、大さじ1杯あたりのカロリーは少し高めです。ジャムの中ではポピュラーでよく食べられている、イチゴジャムと比較しても、イチゴジャム大さじ1杯が54kalですから、やはりピーナッツバターはカロリーが高いことがわかります。

ピーナッツバターに使われるピーナッツは、脂質が多いことでも知られています。ピーナッツは半分以上が脂質で出来ていますので、それを使うためカロリーは高くなります。さらにバターを使うこともあり、高カロリーな食べ物となってしまいます。カロリーが高いのは仕方ないことですが、その分濃厚で美味しい食べ物として人気もあります。

市販されている物の中にも、カロリーを気にする人のために、砂糖を使わない無糖ピーナッツバターもありますし、自分で作る時も砂糖を使わずに作ることができます。甘味が欲しい時は、砂糖の代わりにはちみつを使うのもおすすめです。高カロリーなため、少量でも満足感があり、腹持ちもいい方です。ピーナッツの半分以上は脂質ですが、タンパク質も含まれています。

ちなみに大さじ1杯のピーナッツバター77kcalを消費するには、ウォーキング29分、なわとび9分、水泳11分、エアロビクスで14分かかります。ただし77kcalというのは、ピーナッツバターだけのカロリーです。食パンに塗って食べる場合は、食パンのカロリーもプラスされるので、それを消費するにはもっと多くの運動が必要になります。

高カロリーだからとダイエットには敬遠されがちですが、少量なら栄養価も高くエネルギー源にもなるので、うまく取り入れればダイエットを邪魔することはありません。ピーナッツバターはそのまま食べても美味しいですが、いろいろアレンジできるのも魅力です。お菓子や料理まで幅広く活用できるのもポイントです。

ピーナッツバターにはどんな効能があるの?

ピーナッツバターはジャムのカテゴリーの中では、一番カロリーが高いのが特徴です。カロリーを気にする人や、ダイエット中の人からは敬遠されがちですが、ピーナッツバターには様々な効果が期待できるので、うまく取り入れていけば美容と健康にも役立ちます。ピーナッツバターに期待できる効果を紹介します。

ピーナッツバターの材料となり、主役と言ってもいいピーナッツには、オレイン酸が豊富に含まれています。オレイン酸は体にいい油としても知られています。カロリーだけで見ると、ダイエットには不向きと思われますが、オレイン酸が豊富だから、脂肪を増やす原因を改善する効果が期待できるのです。

日本人の多くは和食を食べますが、主食の米やそのほかのおかずでも、糖質が多く含まれる物が多いため、どうしても糖質を摂り過ぎる傾向があります。糖質は食後の血糖値が上がりやすいので、糖質の多い食事をしている人は血糖値が上がりやすい状態です。これを改善するために、インスリンというホルモンを分泌します。インスリンは血糖値を下げる働きがありますが、この時糖質が脂肪に変わるため太りやすくなってしまいます。オレイン酸はインスリンが過剰に分泌しないよう抑える効果が期待できます。ピーナッツはカロリーが高いものの、低GI食品としても知られていますから、血糖値が急激に上がるのを防ぐ効果も期待できます。これらの効果は、生活習慣病予防にも役立ちます。

ピーナッツバターの主原料となるピーナッツには、タンパク質も豊富に含まれています。ダイエットをするには、筋肉を動かし、脂肪を燃やすということが大切になるので、筋肉をサポートするタンパク質は欠かせません。ピーナッツバターに含まれるタンパク質は、植物性ですから体にも優しく、ダイエットだけでなく筋肉の健康維持にも欠かせません。

ピーナッツバターには、ピーナッツの鉄分や亜鉛など、血を作るのに必要な成分も含まれています。鉄や亜鉛は食事からも摂取できますが、どうしても不足しがちです。血を作る成分が上手く摂取できないと貧血の原因になったり、冷え性の原因になったりしてしまいます。特に女性は貧血になりやすい傾向があります。ピーナッツバターには、活性酸素を除去するポリフェノールやビタミンEという、抗酸化作用のある成分も含まれています。ピーナッツバターは高カロリーですが、食べる量を間違えなければ、ダイエットや生活習慣病予防に役立つ万能食材なのです。

ピーナッツバターの活用レシピ | アレンジレシピ

ピーナッツバターは自宅でも作ることができます。作るのが面倒な場合は、市販されているピーナッツバターもたくさんあるので、味や濃度などお好みで選べます。ピーナッツバターの作り方から紹介します。

材料はピーナッツとバターです。味を追加したいなら砂糖や塩を適量、なめらかに仕上げたい場合はオイルをプラスしてもいいでしょう。ピーナッツのみで作ることもできますので、お好みで調整できます。落花生を使う場合は、殻をむき薄皮をとっておきます。薄皮をむいた状態で売られているピーナッツを使ってもOKです。香ばしさを出すために、一度ピーナッツをフライパンで軽く炒っておきます。その後ピーナッツを砕いてすりつぶします。

フードプロセッサーやミキサーがあれば簡単ですが、ない場合はすり鉢ですり潰すこともできます。ピーナッツは半分以上が脂質ですから、すり潰すと油分が出てきます。味を加える場合は砂糖や塩を入れます。滑らかにするためにオイルを入れてもOKです。フードプロセッサーやミキサー、またはすり鉢ですりつぶしていくと、次第に油分が出てきてペースト状になります。ピーナッツは、あらかじめバターで炒めたバターピーナッツを使っても美味しく出来ます。バターを入れなくて済むので、その分少しカロリーを調整出来ます。

ピーナッツバターは、お菓子作りだけでなく料理にも活用出来ます。砂糖が入った物でも、和え物に使えますし、ドレッシングにも活用出来ます。ドレッシングにピーナッツバターを混ぜるだけで、簡単に美味しいピーナッツだれができるのでぜひ試してみてください。ピーナッツだれを使う料理なら、ソースを作る時にもピーナッツバターを使うと時短になって便利です。

自家製ピーナッツバターで、自家製のピーナッツだれを作っておくと、料理のレパートリーも広がります。炒め物や麺類などにも使えますので、いつもの料理にひと手間加えるだけという手軽さも魅力です。ちょっとおかずが一品足りない時は、茹でた野菜にピーナッツだれをかければ、簡単に胡麻和えが出来ます。炒め物に使えば、コクと香りが出てさらに美味しくなります。

ピーナッツバターを使って作るたれは、ごまだれによく似ています。味と香りは多少違いますが、胡麻の代わりにピーナッツバターを使うことができるので、代用にしてもいいかもしれません。味噌や豆腐などとも相性がいいので、寒い時期は鍋の隠し味にピーナッツバターを使うのもおすすめです。

ピーナッツバターのおすすめ

10位: スキッピー ピーナッツバター チャンク 340g

スキッピー ピーナッツバター チャンク 340g
¥145/100g
36%安
¥493 ヨドバシカメラ
¥508 爽快ドラッグ
他1ショップ

9位: 三育フーズ ピーナツバター 150g

三育フーズ ピーナツバター 150g
¥316/100g
¥474 ケンコーコム
¥486 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

8位: ダイショウ ピーナッツバタークリーミー 粒入り 250g

ダイショウ ピーナッツバタークリーミー 粒入り 250g
¥143/100g
37%安
¥321 SEIYUドットコム(西友)
¥410 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

商品説明

ピーナッツ加工品の製造で有名なダイショウの主力商品「ピーナッツバタークリーミー」は昔ながらの懐かしい味わいのピーナッツクリームです。香料や着色料、防腐剤などを使わずピーナッツ本来の味わいを最大限に引き出してあり、国内焙煎したピーナッツをペースト状にして優しい食感のクリーミーなスプレッドに仕上げているのが特徴です。

「ダイショウ ピーナッツバタークリーミー 225g」は使いやすいサイズの容器で、トーストしたパンに塗ったりホットケーキやパンケーキにつけたり、生の食パンでサンドイッチにしたりするのがおすすめの食べ方です。毎朝食べても飽きない病みつきになる味で、甘さと塩加減がちょうどよく、ピーナッツ独特の香ばしさやほろ苦さもしっかり残っています。姉妹品で粒入りのピーナッツバターやチョコレート、きなこ、ゴマを使用したスプレッドもあるので、ピーナッツバターを合わせてパンにつけるとより一層深い味わいが楽しめます。

「ダイショウ ピーナッツバタークリーミー 225g」は野菜の和え物やおひたし、肉料理のソースなど料理にも応用できます。クッキーやパウンドケーキを焼くときの製菓材料にしたり、アイスクリームに添えるのもおすすめです。

7位: アリサン ピーナッツバタースムース 454g

アリサン ピーナッツバタースムース 454g
80円お得
¥292/100g
¥1,324 ケンコーコム
¥1,404 Amazon(アマゾン)

6位: 明治屋 ピーナッツバター クランチー 200g

明治屋 ピーナッツバター クランチー 200g
¥162/100g
¥324 ケンコーコム
¥337 (x12) Amazon(アマゾン)
他1ショップ

5位: アヲハタ スヌーピーピーナッツバター 160g

アヲハタ スヌーピーピーナッツバター 160g
¥206/100g
¥330 ケンコーコム
¥345 LOHACO(ロハコ)
他1ショップ

商品説明

アヲハタ スヌーピーピーナッツバター 瓶160gは、その瓶に描かれたスヌーピーのイラストのかわいさにまず最初に目が行ってしまうピーナッツバターです。焙煎温度を工夫して丁寧にローストしたピーナッツを使ったこちらのピーナッツバターは、香ばしくてまろやかな風味が特徴です。ピーナッツが持つ香ばしさに加えて、ほんのりとした甘さもあるので、お子様も喜んで食べてくれます。

瓶にはかわいらしいスヌーピーのイラストが描かれています。シールなどではなく直接印刷されているので、水やお湯で洗っても大丈夫。ピーナッツバターを食べ終わった後はおしゃれなガラス容器として使う楽しみもあります。

パンに塗ってピーナッツバタートーストとして朝食に食べたり、マヨネーズやコショウなどの調味料とあえてスティック野菜につけて食べたり、ピーナツ和えにしたりと、工夫次第でいろいろな食べ方をすることができます。甘すぎないので、大人のお酒のおつまみとしてもおすすめです。このピーナッツバターを使うだけで、手軽にいつものお料理の幅を広げることができるのがうれしいですね。

ピーナッツ、粉糖、食用精製加工油脂、食塩が主な原材料です。大さじ約1杯(20グラム)あたり、約119キロカロリーとなっています。

4位: スキッピー ピーナッツバター クリーミー 340g

スキッピー ピーナッツバター クリーミー 340g
¥145/100g
36%安
¥493 ヨドバシカメラ
¥508 爽快ドラッグ
他1ショップ

3位: アリサン ピーナッツバタークランチ 454g

アリサン ピーナッツバタークランチ 454g
64円お得
¥292/100g
¥1,324 ケンコーコム
¥1,404 Amazon(アマゾン)

2位: 諏訪商店 ピーナッツペースト 180g

1位: ダイショウ ピーナッツバタークリーミー 粒入り 250g

ダイショウ ピーナッツバタークリーミー 粒入り 250g
¥142/100g
37%安
¥319 イトーヨーカドー
¥321 SEIYUネットスーパー(ス)
他2ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。