マロンクリームのおすすめまとめ | カロリーや使い方を紹介

マロンクリームのカロリーは?おすすめ商品ほか

マロンクリームは栗を使って作るクリームのことです。モンブランなどにも使われています。マロンクリームの他に、マロンペーストもお菓子作りに使われていますが、マロンクリームの方が柔らかくふわふわとしています。

マロンクリームはモンブランの他にも、パフェなどに使われます。洋菓子やスイーツにも欠かせない物ですが、自宅でも市販のマロンクリームを使えばおいしいお菓子を作ることができます。市販のマロンクリームは、トーストに塗って食べてもおいしいので、自分好みの使い方ができるのもポイントです。マロンクリームは自分で作ることもできますから、お菓子作りが好きな人は挑戦してみてはいかがでしょうか。マロンクリームの使い方やカロリーをチェックします。

最終更新日:   閲覧数:464
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マロンクリームのおすすめまとめ | カロリーや使い方を紹介

マロンクリームのカロリーはどれくらい?

マロンクリームは、栗と砂糖バターを使って作りますので、100gあたりのカロリーは267kcalとなります。大さじ1杯なら48kcalくらいです。市販のマロンクリームは、メーカーによって原材料が違うので、カロリーはそれぞれに違っています。

お菓子作りをする時にマロンクリームを使う場合、市販の物を使うことも多くなります。缶詰や瓶詰めなどタイプもいろいろですが、市販のマロンクリームは既に砂糖やシロップ、バターやバニラエキスなどが入っているので、甘い香りと味がします。これはこれでおいしいのですが、自分で作る場合は砂糖の量を調整できるので、甘さ控えめにすることができます。ちょっと手間はかかりますが、砂糖を少なめにすればカロリーも抑えられるので、自分で作ってみるのもいいかもしれません。

市販のマロンクリームは、ジャムのような感覚でトーストやパンケーキに塗って食べてもおいしいです。お菓子作りが得意なら、マロンクリームを使ったモンブランやマロンケーキを作ってみましょう。マロンペーストを使って、生クリームをホイップしてマロンペーストと混ぜてマロンクリームを作るということもできます。

市販のマロンクリームはなめらかで、甘味もしっかりとしています。マロンペーストは、クリームより少しねっとりとしていて、甘味は少なめです。マロンピューレは栗を蒸して潰した状態の物で、甘味はほとんどなく栗の味だけです。クリーム・ペースト・ピューレを使い分けることもできます。

瓶詰めのマロンクリームは、ジャムのようにも見えますが、一般的なジャムと比べるとマロンクリームは少し価格が高めです。缶詰や瓶詰めなどタイプによる違いもありますが、大体1つに250gくらい入っているので、1つあればいろいろ使えて便利です。マロンクリームはお菓子作りに使ういイメージが強いですが、実は料理にも使えます。肉料理のソースとしても使われていますので、料理に使ってみるのもいいかもしれません。料理に甘味をプラスしたい時にも便利でおすすめです。

マロンクリームはフランスからの輸入品が多いので、価格が高いのも輸入品だからという理由があります。国内のメーカーが販売しているマロンクリームも、原産国はフランスとなっている物が多く見られます。ネットで探すと輸入品のマロンクリームでも、安い物が見つかりますからチェックしてみてください。一般的なスーパーではあまり見かけないので、探す時はネットがおすすめです。

マロンクリームの使い方

マロンクリームを使ったレシピや、自家製マロンクリームの作り方を紹介します。市販のマロンクリームも便利ですが、ヘルシーにしたい時は自家製マロンクリームがおすすめです。自家製マロンクリームは、ちょっと難しいように思えますが、コツさえわかれば意外と簡単にできます。栗は入手できる季節が限られるので、自家製マロンクリームを作る時は多めに作っておくといいかもしれません。使い切れない分は冷凍保存ができます。

まず栗の皮をむき、渋皮もきれいに取り除いておきます。最初に外の硬い殻をむき、それから水にさらしておくと、渋皮が取れやすくなります。渋皮を取り除いたらきれいに洗います。そのままでもいいのですが、きれいな色のマロンクリームを作りたい時は、渋皮を取ってからクチナシの実を入れた水に漬けて置くといいでしょう。

栗がきれいになったら、茹でます。マロンクリームを作るには栗を柔らかくして潰す必要があるので、蒸してもいいですし、電子レンジでもOKです。柔らかくなったら鍋に入れ栗を潰してから、牛乳を入れて混ぜながらしばらく煮込みます。ある程度なめらかになったら、一度ミキサーにかけなめらかにします。ミキサーでは面倒なら、ブレンターを使ってもいいでしょう。なめらかになったらまた鍋に移して、今度は砂糖を入れて煮詰めていきます。煮詰め具合で硬さを調整できますので、お好みの硬さになるまで煮詰めたら粗熱を取り、そこにラム酒やバニラオイルを入れたら完成です。

カップケーキを焼いて、その上にマロンクリームを盛ってモンブランしして食べてもいいですし、ケーキを焼く時生地にマロンクリームを混ぜてもおいしいマロンケーキが食べられます。他にもタルトやクッキーなど、いろいろなお菓子に使えます。マロンクリームはいろいろなお菓子作りに使えますが、カロリー控えめにしたい時は砂糖を調整しましょう。

マロンクリームはトーストに塗って食べてもおいしいですし、スポンジ生地があればロールケーキも簡単に作れます。時間がない時はホットケーキミックスにマロンクリームをプラスすれば、簡単にマロンケーキが作れます。仕上げにマロンクリームをたっぷり乗せて、贅沢なモンブランにしてもいいでしょう。ホームベーカリーでパンを焼く時に、マロンクリームを入れるのもおすすめです。マロンクリームというと洋菓子のイメージですが、和菓子にも使えるのでいろいろ試してみてはいかがでしょうか?

マロンクリームのおすすめ

66位: クレマンフォジエ マロンクリーム 100g

商品詳細
  • 内容量:101~299g

55位: クレマン・フォジエ マロン・クリーム 78g

44位: クレマンフォジエ マロンクリーム 250g

商品詳細
  • 内容量:101~299g

33位: クレマンフォジエ マロンクリーム 250g

商品詳細
  • 商品重量:249 g
  • 保存方法:※直射日光及び高温多湿を避けて保存してください。
  • 容器の種類:缶
  • 原産国名:フランス
レビュー: 4.60点/5点

全対象ショップのレビューは計4件、その平均は4.60点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.60点4件

22位: ルコルド マロンクリーム 245g

商品説明
1895年フランス・パリに創立したフランス料理・菓子学校ル・コルドン・ブルーのシェフ監修によるグルメシリーズ。口どけ滑らかに仕上げたマロンクリームに、栗の食感も楽しんでいただけるよう固形の栗も加え、ヴァニラの香りをアクセントにつけました。糖度61度。
商品詳細
  • 商品重量:408 g
  • 容器の種類:瓶
  • 原産国名:フランス

11位: エスビー ボンヌママン カシスジャム 瓶225g

商品詳細
  • 商品重量:390 g
  • 原材料:砂糖、カシス、濃縮レモン果汁/ゲル化剤(ペクチン)、(一部にオレンジ・りんごを含む)
レビュー: 1.85点/5点

全対象ショップのレビューは計13件、その平均は3.13点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon3.70点11件
爽快ドラッグ総合評価なし2件

マロンクリームのおすすめまとめ | カロリーや使い方を紹介

マロンクリームの関連ページ



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops