アーモンドバターのおすすめ | 栄養やカロリー、使い方は?

アーモンドバターの栄養とカロリーは?おすすめ紹介も

アーモンドはナッツ類の中でも、栄養価が高く、美容と健康にいいとイメージがあります。特にビタミンEとビタミンBが豊富で、ダイエットにも役立つところが注目されています。栄養価が高いので、食べ過ぎは禁物ですが、1日数粒なら全く問題ありません。

しかしアーモンドを食べ続けるというのも、飽きてしまうでしょう。こういう時は、アーモンドバターを取り入れるというのもおすすめです。アーモンドバターは、アーモンドを細かく砕いてバターと混ぜたものです。手軽にアーモンドの栄養を摂取出来ることから、海外セレブにも注目されるようになり、それが日本にも広まっています。まだあまり知られていない、アーモンドバターの持つ魅力や使い方などを紹介します。

最終更新日:   閲覧数:169
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーモンドバターとは?

アーモンドバターは、その名の通りアーモンドとバターで作られています。アーモンドを細かく砕いてバターに混ぜるとペースト状になります。こうすることでバターのように使いやすくなるのです。オイルを混ぜてなめらかにしたタイプもあります。

アーモンドはナッツの中でも栄養価が高く、食べ過ぎると太るというイメージがあります。さらにバターをプラスするので、とてつもなく高カロリーな食べ物というマイナスイメージを持たれがちです。確かに食べ過ぎればカロリーオーバーになりますが、アーモンドの成分を考えると、適量を見極めれば美容と健康に役立つ食品となることがわかります。

アーモンドには元々油分が含まれています。この油分はほとんどがオレイン酸です。オレイン酸は体にいい油としても知られています。オレイン酸には、悪玉コレステロールを減らす働きがあることが確認されています。つまり、アーモンドバターを食べても、オレイン酸が含まれているので、食べ過ぎない限りは悪玉コレステロールを減らしてくれる心強い味方となってくれるのです。

アーモンドにはビタミンB2も豊富に含まれています。ビタミンB2には、代謝をサポートする働きがあるので、ダイエットにも役立ちます。代謝があがれば脂肪を燃やす力も高まるので、ダイエットしたい時にも取り入れられます。アーモンドは食物繊維が豊富に含まれるので、アーモンドを丸ごと使うアーモンドバターにも食物繊維が含まれています。食物繊維は水分を吸収すると膨らむので、満腹感を得やすくなります。つまり少量でも腹持ちがよくなるので食べ過ぎを防いでくれる効果も期待できます。

アーモンドに含まれる豊富なビタミンEは、高い抗酸化作用があることでも知られています。抗酸化作用は体の酸化を防ぐ働きです。老化を予防する効果も期待できますので、まさに美容と健康に役立つ物なのです。日本ではまだあまり知られていませんが、アーモンドバターはジャムのように瓶詰めにされた物が販売されています。テクスチャーはメーカーによる違いもあり、クリーム状の物、バター状の物、ペースト状の物などいくつか種類があります。

アメリカでは普通のバターと同じような感覚で、アーモンドバターが使われています。使い方もバターと同じように何にでも使えますので、美容と健康に気を使っている人は、一度アーモンドバターを試してみてはいかがでしょうか?見つからない場合は、ネットで探せば簡単に見つかります。

アーモンドバターの栄養とカロリー

アーモンドバターのカロリーは、100gあたり633kcalとかなり高めです。アーモンドとバターという元々カロリーの高い物を組み合わせているので、やはりカロリーは相当高めになってしまいます。ただし1度に100g食べるということはないので、大さじ1杯あたりのカロリーの方が参考になるかもしれません。

アーモンドバター大さじ1杯だと101kcalとなります。アーモンドバターは海外ではポピュラーですから、日本でアーモンドバターを探すと、輸入品であることも少なくありません。海外からの輸入品の場合、単位が違っていることがあります。1オンスあたりのカロリーは、179kcalとなります。ちなみに1オンスは約28gです。

アーモンドバターは自宅でも簡単に作ることができます。アーモンドもバターもスーパーに行けば売っていますし、作り方はアーモンドを砕いてバターに混ぜるだけという至って簡単な方法です。自家製アーモンドバターをつくる場合、アーモンドとバターの種類を選ぶだけで、カロリーも変わってきます。

例えばアーモンドそのものは100gあたり578kcalです。湯通ししてから使うだけで100gあたり581kcalと少し下がります。乾燥焼きしたアーモンドは100gあたり597kcal、乾燥焼きして塩をプラスしたアーモンドも同じです。バターは100gあたり717kcalですが、これも無塩と加塩では同じです。

こうして見ると微妙な違いですが、カロリーを気にしているなら、少しでもカロリーを抑えるために、アーモンドを一度湯通ししておくなど工夫もできます。食べやすくするために、砂糖やアーモンドプードルをプラスすることもできます。市販のアーモンドバターは、塩を入れている物、砂糖を入れている物、何も入っていない物など種類があるので、お好みや目的に合わせて、パッケージの表示を細かくチェックしておくことをおすすめします。

材料を選んで自分で作れば、理想のアーモンドバターが作れます。自家製アーモンドバターを作る場合は、バターとよく混ぜた後に、アーモンドプードルを加えると食感や香りが良くなります。アーモンドプードルというのは、砕いて細かくしたアーモンドのことです。アーモンドバターを作る時、最初に砕いたアーモンドを取って置いて後から混ぜてもいいですし、それとは別のアーモンドバターを使ってもいいでしょう。砕く時はフードプロセッサーがあると簡単ですが、ない場合はビニール袋などに入れて、綿棒などで叩いて砕くという方法でもOKです。自宅でも意外と簡単に作れるのでぜひ試してみてください。

アーモンドバターの使い方は?

アーモンドバターはいろいろなアレンジができるのも魅力です。アーモンドバターの使い方を紹介します。一番簡単なのは、パンに塗ったりトーストに塗ったりして食べる方法です。ピーナッツバターとも少し違う、アーモンドの香りと食感が楽しめます。

毎朝スムージーを飲んでいるなら、スムージーにアーモンドバターをプラスするのもおすすめです。アーモンドバターを使う時は、アーモンドミルクと相性がいいので、ぜひ試してみてください。アーモンドミルクにも好き嫌いがあるので、苦手な場合は牛乳や豆乳でもOKです。

アーモンドバターにも種類があるので、塩が入っていたり、砂糖が入っていたりすれば使い方も変わってきます。塩も砂糖も入っていないタイプならオールマイティに使えて便利です。何も味が付いておらず、アーモンドとバターだけのシンプルなアーモンドバターなら、スープやサラダに使っても美味しくなります。

サラダに使う場合は、ドレッシングを作る時にアーモンドバターを入れるだけです。サラダに砕いたアーモンドを入れることがありますが、イメージ的にはこれと同じです。バターがプラスされていますが、ドレッシングに入れて使えば、サラダにもコクと香りが出て食べやすくなります。スープに使う場合は、いつも通りお好みのスープを作り、アーモンドバターを入れるだけです。シンプルなスープには、アーモンドの香りとバターのコクが出て、いつもより少し贅沢な味になります。濃厚なスープには、量を調整すればしつこくなりませんし、コクが出て美味しくなります。

アーモンドバターに砂糖が入ったタイプは、お菓子作りにも活用できます。バターを使うのと同じ容量でも活用できますし、クレープ生地にアーモンドバターを塗って、好きな果物を入れれば美味しいデザートが食べられます。パンやクッキーを焼き時にアーモンドバターを入れても美味しくなるので試してみてください。

アーモンドバターはソースとして使うこともできます。甘いソースや塩味のソースなど、お菓子やおかずまで幅広く使えます。アーモンドもバターも、いろいろな食材に合うので、アーモンドバターがあれば、料理のレパートリーも広がります。日本ではまだあまりポピュラーではないため、数は少なく1個あたりの価格も高めですが、入れる量は総大量ではありませんから、1つあればしばらく持ちます。いろんな物に使えるので、コスパで考えるとそれほど悪いわけではありません。

アーモンドバターのおすすめ

44位: サンクゼール サンクゼール アーモンドバター P-0550 1個

商品説明
穀物やナッツを利用し、素朴でやさしい甘さのペーストに仕上げたバター(スプレッド)シリーズです。バターという名称ですが、動物性のバターは使っていません。 穀物やナッツ、植物の種をペースト状にして、素材のおいしさを引き出すように仕上げています。 香ばしくローストしたアーモンドをすりつぶし、蜂蜜を加えて程よい甘さに。粒々の食感が楽しい!
商品詳細
  • 原産国:日本
  • 賞味期限:製造日より360日
  • 内容量:125g
  • 寸法:58×58×77mm
  • ブランド:サンクゼール
  • 容器の種類:瓶
  • 表示すべきアレルギー項目 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:大豆
  • 保存方法 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:開栓後は冷蔵庫(10℃以下)で保存し、早めにお召し上がりください。

33位: ワイルドフレンズ アーモンドバター 283g

商品詳細
  • 商品重量:454 g
  • 容器の種類:ペットボトル
レビュー: 2.90点/5点

全対象ショップのレビューは計2件、その平均は2.90点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon2.90点2件

22位: ユウキ食品 業務用 アーモンドペースト 400g

商品説明
原材料はアーモンド100%。丹念に練り上げ香ばしく仕上げました。トースト・パイ・クッキーやケーキなどデザートにはもちろん、料理では和え物等にお使い下さい。無塩・無糖のため、アーモンドベースとした中華料理・和食等多様にお使いいだけます。はちみつや砂糖とまぜてペーストとしてトーストにぬったり、パンやお菓子に練り込んだりと使い方の用途が広がります。乳化剤を使用していない為、分離することがありますが、品質には問題ありません。スプーン等でよくかき混ぜてからご使用下さい。
商品詳細
  • 商品重量:458 g
レビュー: 2.20点/5点

全対象ショップのレビューは計34件、その平均は3.33点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon3.40点33件
Amazonパントリー1.00点1件

11位: 三育フーズ アーモンドクリーム 150g

商品説明
1ビン中アーモンドの粒が約71個分入ったおいしいクリームパン食のほかにおいしさ広がる食べ方として、クッキー、ケーキなどの洋菓子の材料としても御利用頂けます。
商品詳細
  • 商品重量:299 g
  • 容器の種類:瓶
  • 原産国名:日本
レビュー: 4.30点/5点

全対象ショップのレビューは計50件、その平均は4.30点(5点満点)。レビューが多く、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.30点50件
外部ショップでの口コミ: 3件
  • アーモンドの香りが香ばしく、美味しいです。 黒ゴマジャムと一緒に、食卓に並べて、その日の気分で食べ分けています。
  • ゴマと一緒に注文をして、ゴマ、アーモンドと毎日交互に味を楽しんでします。
  • ピーナツバターより脂っぽくなくあっさりしてよかった

アーモンドバターのおすすめの上位商品比較

  商品画像 商品名 最安価格 単位あたり価格 メーカー ブランド
1三育フーズ アーモンドクリーム 150g三育フーズ アーモンドクリーム 150g¥519¥346/100g三育フーズ三育フーズ
2ユウキ食品 業務用 アーモンドペースト 400gユウキ食品 業務用 アーモンドペースト 400g¥2,367¥592/100gユウキ食品ユウキ食品
3ワイルドフレンズ アーモンドバター 283gワイルドフレンズ アーモンドバター 283g¥1,900¥671/100gワイルドフレンズワイルドフレンズ
4サンクゼール サンクゼール アーモンドバター P-0550 1個サンクゼール サンクゼール アーモンドバター P-...¥642サンクゼールサンクゼール

アーモンドバターの関連ページ



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops