梅ジャムの効能とは?おすすめ商品ほか

梅ジャムは梅で作りますが、ざわざわ梅を買ってこなくても、梅シロップや梅酒で最後に残る梅を使っても美味しい梅ジャムになるのでおすすめです。梅がない場合は梅肉やエキスでも代用できます。

梅というと梅干や梅酒がよく使われるイメージですが、梅ジャムには梅が持つ栄養や成分が丸ごと含まれているので、美容と健康を気にする人にもおすすめです。意外と簡単に作れるので、市販の梅ジャムが見つからない場合は、自家製梅ジャムを作ってみましょう。ジャムにすれば梅干同様長期保存が可能です。しょっぱい物が欲しい時は梅干、甘い物を使いたい時は梅ジャムと使い分けもできます。梅ジャムのカロリーや使い方やおいしい食べ方などを紹介します。

梅ジャムのカロリーはどれくらい?

梅ジャムはその名の通り梅を使って作ります。梅と砂糖というシンプルな材料で作るので、定番ジャムと同じように甘くておいしいジャムになります。梅というと梅干にしたりシロップ漬けにしたり、梅酒にするというイメージですが、実は梅ジャムも人気があり、他の加工方法と同じく、美容と健康にもいい効果が期待できるのです。

梅は果肉として生のまま食べるということはせず、干してから塩漬けにする梅干や、砂糖やお酒に漬けて使うのが一般的です。梅ジャムをつくる場合、生の梅の使うよりも、梅酒やシロップ漬けの残りの梅を使う方が便利です。梅は漢方薬にも取り入れられていますから、健康効果については梅ジャムもほとんど同じです。

梅自体のカロリーは100gあたり28kcalとかなり低めです。1個では焼く11kcalとさらに少なくなります。ちなみに梅干のカロリーは、100あたり33kcalで、1個だと3kcal程度です。梅だけの場合はかなり低カロリーですが、ジャムの場合は砂糖がプラスされるので、砂糖が入る分カロリーは少し高くなります。1回に100g食べることはそうないので、1食分10gと考えても、カロリーは10kcakくらいでしょう。他のジャムに比べても、かなり低カロリーであることがわかります。ジャムを食べたいが、カロリーが気になるというなら、梅ジャムを選ぶようにするといいかもしれません。

梅の旬は5月~7月頃ですから、この時期に生の梅が手に入るなら生の梅を使って自家製梅ジャムを作るのもいいかもしれません。生の梅を使って自家製梅ジャムを作る場合は、梅をよく洗いしばらく水に漬けておきます。水を切り今度は鍋に入れ沸騰するまで待つとアクが出るので、アクを取りながら柔らかくなるまで茹でます。茹でて柔らかくなると、種が取れやすくなるので、面倒でも1個ずつ種を取り除き、実だけ使います。

砂糖はお好みの分量に調整できますが、基本的な目安は梅の量に対して6割の砂糖です。茹でて種を取った梅と砂糖を鍋に入れて、焦げないよう弱火でじっくり煮込んでいきます。煮込む時木べらで梅の果肉をつぶしながら煮ると、食べやすくなります。梅はペクチンが豊富だから、煮込むほどにとろみが出てゼリー状になります。トロトロになるまで煮込んだら、粗熱を取り密閉できる容器に入れて保存すれば、長期保存も可能です。仕上げにレモン汁を加えるときれいな色が保てます。低カロリーですからぜひ自家製梅ジャムを作って、美容と健康に役立ててみてください。

梅ジャムの効能とは?

梅ジャムには様々な効果が期待できるのを知っていますか?おいしく食べて美容と健康に役立つ効果が期待できるので、ぜひ取り入れてみてください。梅ジャムに期待できる効果を紹介します。

梅ジャムには梅エキスがたっぷりと含まれています。免疫力UP、疲労回復、動脈硬化予防、抗酸化作用、殺菌、肝臓をサポートする、血流改善など幅広い効果が期待されています。梅ジャムと同じ梅を使った梅干は、医者いらずとも言われていますが、これらの理由や期待できる効果は梅ジャムにも共通している部分が多いです。

免疫力が高い人は、細菌やウイルスに抵抗する力が高い人です。寒い時期は風邪をひきやすくなりますし、インフルエンザも流行します。梅ジャムの免疫力UP効果は、インフルエンザ予防にも役立ちます。梅干が腐りにくいのは殺菌に優れているからです。胃に発生し悪さをするピロリ菌を退治する効果が期待できるので、体の中から健康をサポートしてくれます。

梅に含まれるクエン酸は疲労回復効果が期待できますが、同時に血流を改善する効果も期待できます。血行不良を起こすと冷えの原因になりますし、年齢とともに基礎代謝が落ち、結構も悪くなるので、動脈硬化のリスクが高まります。そんな時も梅ジャムを食べていれば、血流改善や冷え性改善も期待できるのです。

梅ジャムには梅エキスが豊富に含まれています。梅エキスは肝臓をサポートする効果も期待できます。肝臓は体の中をきれいにするフィルターの役目をしています。その中には脂肪分も含まれるので、脂肪分の多い食事をする人、加齢による衰えから肝機能が低下すると、肝臓に脂肪がたまりやすくなります。梅ジャムに含まれている梅エキスは、肝臓の働きをサポートする効果も期待できるのです。

抗酸化作用は体内の活性酸素を除去するのに役立ちますし、疲労回復効果のあるクエン酸が唾液の分泌を促し、若返るホルモンをたくさん分泌します。これは多くの女性が注目する、アンチエイジング効果につながりますので、梅ジャムは美容にも嬉しい効果がたくさん期待できます。

毎日少量でもOKですし、多少多めに食べても度をこさなければ、美容と健康に役立つ効果が期待できるので、毎日トーストを食べるなら、梅ジャムを塗って食べるのもいいかもしれません。甘さはありますが、梅ジャムは体にいいジャムとしてもおすすめです。子供から大人までおいしく食べられるので、家族みんなの健康管理にも役立てられそうです。

梅ジャムの使い方 | おいしい食べ方

梅ジャムはいろいろアレンジできるのも魅力です。梅ジャムをおいしく食べるために、おすすめの食べ方やアレンジを紹介します。

梅ジャムは砂糖を使いますが、梅本来の酸味が相まってとてもおいしいジャムになります。ヨーグルトに混ぜて食べると、酸味の中に甘みが加わってとてもさっぱりと食べられます。梅ジャムを紅茶にいれたり、炭酸で割って 梅ジャムジュースにしたりしてもおいしいです。

梅干は煮魚をする時の臭み消しに使いますが、梅ジャムにも同じような効果が期待できるので、料理にも活用できます。魚だけでなく肉にも使えるので便利です。梅シロップや梅酒を作って、最後に残る梅を使ってジャムを作ることもできますから、無駄を出さないのもポイントです。

梅ジャムは甘いので、お菓子作りに使うのもおすすめです。普通にケーキ焼く時、梅ジャムを生地に混ぜるだけでOKだから、作り方を大きく変えずに手軽に作れます。ケーキが焼けたら食べる時に、梅ジャムをそれるとよりおいしく食べられます。他にもクッキーやマフィンなど、いろんな焼き菓子にも活用できます。

梅ジャムは甘さの中に酸味もあるので料理にも活用できます。酸味と梅の香りが料理をおいしくしてくれるだけでなく、コクや照りが出るので美味しく見えるのもポイントです。見ても美味しく食べてもおいしい、二度楽しめるのがメリットです。

例えばチキンの照り焼きを作る時、砂糖の代わりに梅ジャムを使ってみてください。既に梅ジャムを作る時に砂糖を使っているので、砂糖なしでも十分美味しくできます。たれに梅ジャムを入れておくだけだから、チキンを焼いてから梅ジャム入りの誰を入れて、煮絡めるだけという簡単な方法で、おいしい照り焼きチキンができます。

梅ジャムは鶏肉以外の肉とも相性がいいので、炒め物にも使えます。砂糖の代わりに使うイメージだとわかりやすいでしょう。程よい酸味も加わるので、味に深みができます。肉と野菜を甘辛い味付けで炒める時も、梅ジャムが便利です。大量に入れるわけではなく、隠し味として使うのでそれほど甘さは気になりません。

お菓子から料理まで、幅広く使えるし、梅ジャムを入れるだけでいつもの料理やお菓子が美味しくなるので、ぜひ試してみてください。梅ジャムはトーストに塗って食べるだけでもおいしいので、手軽に食べられるのもポイントです。自家製梅ジャムで作る、自家製ケーキは味も香りも豊かで美味しくなります。

梅ジャムのおすすめ

3位: ジョイファーム小田原 梅ジャム 200g

対象ショップで取扱いなし

2位: 神尾食品工 梅ジャム 150g

神尾食品工 梅ジャム 150g
¥343/100g

1位: 花九曜印 うめジャム 180g

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。