マヌカハニーのおすすめと効果・効能・選び方

マヌカハニー

最近、プロポリスと共に、健康食品コーナーで見かけられるようになってきたマヌカハニー

このマヌカハニーとは、マヌカの木の花から採れる蜜のことをいいます。採取方法が限られており、ミツバチによってのみ採ることができます。

マヌカハニーは、ニュージーランドが生産国となっており、現在のところニュージーランドでしか、マヌカハニーは生産されていません。その理由として、マヌカの木はニュージーランド特有の植物であり、ほかの国には存在していないというのが主な理由です。

この木はフトモモ科の低木で、ニュージーランドだけに自生しており、日本の桜によく似た花を付けますが、ニュージーランドの原住民の間では、古くからこのマヌカの木を民間薬として珍重してきたのです。

今、話題のマヌカハニーとは

マヌカハニーとは、ニュージーランドに自生するマヌカの花から採れるはちみつのことです。マヌカの木は古くから薬草として使われており、マヌカの葉を煎じて薬草として飲んだり、外傷の治療薬として使用したりしていました。英語ではTea Treeとも呼ばれることで、お茶として飲まれていたことがわかっています。そのため、ただの甘味料として使うこともできれば、治療の用途で使用することも可能です。「たかがはちみつ」と考えている方もいるかもしれませんが、じつは近年、スーパーフードとして注目を浴びるほどさまざまな効果を持っているのです。

ニュージーランドでは、このマヌカの木をニュージーランド全体で見ることができますが、逆に言えばそれだけ大切に扱われてきた証拠でもあり、決して無駄な伐採をせずに守りつがれてきた、言わば人々を癒やす特別な木とも言えるでしょう。マヌカハニーは、このマヌカの木の花から蜜を採取するハチの巣から、その蜜を取り出したはちみつですが、ほかのはちみつとは違いはるかに高い品質を持ったはちみつが取れるのです。古代から世界の各地で利用されてきたはちみつですが、マヌカハニーはこうしたはちみつよりも優れた特性があるために、人気が高く高値で取引されています。

今、話題のマヌカハニーとは

マヌカハニーをもっと知るためには、UMFとMGOのことを知っておかなければならないでしょう。ともにマヌカハニーの表記されているものですが、UMFとは、ユニーク・マヌカ・ファクターを意味する言葉で、これはマヌカハニーの、特筆する効能である殺菌作用を、消毒液として使われているフェノール溶液と比較することで、科学的に数値化したものなのです。当然マヌカハニーの殺菌能力を知る上で使われるものですが、例えば+15の表記であれば15%の含有率を示しているもので、濃度15%のフェノール溶液に匹敵する抗菌効果があるということにもなります。

フェノール溶液は、ゴミや汚水の消臭剤として使われたほかに、病院などでは消毒剤として使われてきた非常に殺菌力の高いもので、現在はこうした使用が禁止されていますが、コンクリートの劣化を調べるための試薬などで、1%溶液が発売されています。また専門の特別な研究設備などでは、無菌状態を作り出すためにも使われています。そしてMGOとは、メチルグリオキサールという成分を表しているもので、マヌカハニーに抗菌作用をもたらす食物の含有量を表しているものですが、双方が供に表記されているものではなく、商標登録の違いによる規格が異なるものとお考え下さい。

マヌカハニーにはどんな効果・効能があるの?

マヌカハニーを理解する上で、MGOとUMFの規格は共に重要な数値を示すものであり、購入の際にはこの数値を見て選ぶようにしましょう。MGOは有効成分の含有量で、UMFは有効成分の比率を表しているものであり、双方を比較するとその判断基準は難しく、悩ましいものです。

しかし、この基準は一定の割合が定められていますので、その基準に合わせて比較することが可能なのです。

また、ややこしいことにこれらの基準のほかにも、NPAという規格が表記されていることがあります。Non-Peroxide Activityの略語で、かんたんにいえば、メチルグリオキサールがどれだけ働いて、どの位の抗菌効果があるのかを数値で表しているものです。

さらにTAという規格もあります。Total Activityの略で、マヌカハニー独特の抗菌成分以外に、普通のはちみつが持つ抗菌成分である、過酸化水素を加えた抗菌力を合算した数値のことをいいます。マヌカハニー単体の数値では無く、それ以外の数値がプラスされている為に、非常にわかりにくい規格となっています。

現在はそうしたトラブル防止の為に、標記の禁止がなされていますが、市場競争が過熱していた2015年以降の製品には残されている可能性があります。2017年現在では、3つの表記方法があり、消費者にとっては非常に区別しにくいものとなっています。

マヌカハニーにはどんな効果・効能があるの?

マヌカハニーは、効果で販売されていますが、果たしてどのような効果や効能があるのでしょう。

マヌカハニーははちみつですので、はちみつの効果が、そのまま存在しています。まず、優れた殺菌効果があります。傷薬となる以外にも、口内炎の治療やうがい薬、咳止め効果があり、アルコール分解を助けますので、二日酔い防止やその解消に役立ちます。

糖質ですが成分が溶けていますので、非常に吸収率もよく、素早くエネルギーに変わります。運動後の疲労回復には、マヌカハニーを溶かしたドリンクなどは、最適な栄養補給剤として徴用されるでしょう。

またマヌカハニーには、オリゴ糖も含まれています。オリゴ糖には、腸内環境を整えるビフィズス菌を増やす整腸効果があり、下痢や便秘にも効き、動脈硬化の予防にもなります。さらにルテインという成分も含まれており、この成分の効能には目の疲労回復や白内障の予防に効くとされているものです。

そして、リラクゼーション効果もあり、鎮静効果がありますので、催眠剤としても使われています。何よりもこのマヌカハニーの最大の特徴は、自然食品であること。本場ニュージーランドでは、はちみつの採取に、人の出入りを制限して無農薬で作られています。

マヌカハニーの味や選び方は?

一般的に、マヌカハニーには独特の風味があります。普通のはちみつよりも水分量が少ないために濃厚で、香りも強く、クセがあるのが特徴です。見た目も生キャラメルや水あめのようにねっとりして、茶色で濃い目の色をしています。独特の風味を「薬っぽい」と感じる方もいますが、しっかりとした甘さがあります。味は採集エリアやメーカー、効果の数値によって変わり、抗菌作用の高いものほどクセが強い傾向です。

マヌカハニーを選ぶときの目安として、効果の数値をチェックしましょう。抗菌作用が科学的に測定されている中でも、UMF、MGO、MGSのマークがついているマヌカハニーを選ぶようにすると間違いがありません。この3つのマークは2015年にニュージーランド政府によって正式標準と認定されています。また、どの数値も大きいほど効果が高いです。ポピュラーな基準はUMF、MGOの2つと言えるでしょう。

UMFとは、マヌカハニーにだけ含まれる特殊な抗菌効果を数値化したものです。そしてMGOとはマヌカハニー独自の抗菌成分である「メチルグリオキサール」の含有量が、マヌカハニー1kgの中に何mg含まれているかです。MGSとは、2010年に作られた、より正確な測定方法に基づく新しい基準です。

そのほかにもNPAやTAという表記があります。NPAはUMFと同じ評価基準であるため、「NPA=UMF」です。TAはマヌカハニーが含んでいる、独自の抗菌成分と普通のはちみつにもある抗菌成分のすべてを足したものの表記方法です。そのため、「TA30+」と書かれていても、実際には「UMF20+」しか含まれていないことがあるため、気を付けましょう。

マヌカハニーの味や選び方は?

マヌカハニーの正式標準であるUMF、MGO、MGSの表記を比較すると、マヌカハニーを選ぶことが簡単になるでしょう。この3つを比べる大体の目安は以下の通りです。

UMF10+ = MGO100+ = MGS5+

UMF20+ = MGO400+ = MGS12+

効果の目安としては、UMF10+(MGO100+)以上が日常生活において役立つレベル、UMF20+(MGO400+)以上が高い効果を実感できるレベルです。しかし、UMF20+以上は全体の1%しか採れず、UMF10+以上を見ても全体量の20%しか採れません。そのため、効果が高いほど値段が高くなっています。また、効果の高さに伴って薬のようなクセも強くなるため、はじめてマヌカハニーを購入するときは、数値が低いものから試してみるといいでしょう。

ニュージーランドでは、マヌカハニーが実際に医療の現場でも使われており、その効能は間違いなく高いものと判断できます。しかし、数値偽装の問題もあるため、信頼できるブランドやメーカーのものを選ぶことが重要です。

マヌカハニーのおすすめ

1. マヌカヘルス マヌカハニー MGO250+ 250g

マヌカヘルス マヌカハニー MGO250+ 250g
¥1600/100g
¥3,999 Amazon(アマゾン)
¥4,733 爽快ドラッグ
他2ショップ

マヌカヘルスマヌカハニーMGO250+250gは、ニュージ―ランド産で、マヌカヘルスのブランドで提供される人気と安さを両立させたコストパフォーマンスが抜き出た栄養商品です。商品名に記された「マヌカ」とは、ニュージーランドに自生する木のことを指します。季節が巡ってくると白やピンクの花を咲かせます。それはそれは可憐な花です。ニュージーランドの先住民であるマオリ族が好んで用いてきたのがマヌカー癒しの木。それから採取されるハチミツは独自のコクと香りを持ち合わせています。このコクと香りはほかのハチミツには見られません。マヌカのハチミツに含有されるのは、食物メチルグリオキサール(MGO)です。この含有量が多いのがこの商品の魅力です。「MGO250+」とは何を意味するのでしょうか?それは、1キログラムの中に含まれるMGOが250ミリグラムであることを意味しています。マヌカハニーがなぜおいしいかと言うと、MGOの効能を実感することができるからです。からだの内側から自律的に健康を維持したり、体調を管理したりしたい消費者の皆さんにお薦めの商品です。マヌカヘルス・ブランドの輸入総代理店コサナの希望小売価格(定価)は5,616円です。主要ショップの平均価格は5,070円前後。主要ショップの最低価格は3,990円台後半、最高価格は5,990円台後半です。


2. マヌカヘルス マヌカハニー MGO400+ 250g

マヌカヘルス マヌカハニー MGO400+ 250g
224円お得
¥1982/100g
¥4,955 Amazon(アマゾン)
¥6,394 爽快ドラッグ
他2ショップ

マヌカヘルス マヌカハニー MGO400+ 250gは、はちみつの中でもニュージーランドにのみ自生しているマヌカの花から採取されています。抗菌成分である食物メチルグリオキサ-ル(MGO)をたっぷりと含んでいて、400+という数字は含有量を表していて、1kg中に400mg以上含んでいるということを示しています。値段は高めですが、栄養豊富で健康維持や美容にも良いのが特徴です。

そのまま食べてもいいですし、ヨーグルトや紅茶などのドリンク類の甘味として使うと食べやすいです。抗菌作用が強いので、冬場の風邪薬代わりに常備している方もいます。口腔内のケアにも良いので、のどから風邪を引いて体調を崩しやすいという方にもうってつけのはちみつです。

お値段はやや高めですが、濃厚でクリーミーな味わいには驚かされる事でしょう。また、抗生物質や農薬なども全く使っていない安心して食べられる純粋なはちみつですから、毎日食べ続けることで栄養補給ができるので美容と健康に役立てる事ができます。本場のニュージーランドでは治療薬としても使われているほどですので、冬場の寒い時期だけでもマヌカハニーを美味しく食べながら健康のサポートに取り入れてみるのも良いでしょう。


3. アラタキ マヌカハニー UMF10+ 250g

アラタキ マヌカハニー UMF10+ 250g
¥1925/100g
¥4,812 ケンコーコム

アラタキマヌカハニーUMF10+250gは、ニュージ―ランド産で、アラタキのブランドで提供される栄養商品です。商品名に記された「アラタキマヌカ」とは、ニュージーランドにのみ自生する木のことを指します。このマヌカの花から採集されるのがアラカタマヌカハニーです。ニュージーランドにはネイピアという土地があり、その地のアラタキ社のマヌカハニーを指してアラカタマヌカハニーと商品名にしています。アラタキハニーについてことばを替えて説明をすると、アラタキ社はニュージーランドの北島のネイピアに所在します。アラタキ社のハチミツ(ハニー)はクローバーのブレンドをはじめとして、色とりどりのポットに収納されています。味の色味が豊かで美味なハチミツです。商品名に含まれるUMFとは何を意味するのでしょうか?これはニュージーランドの専門家や研究者が協力して設立したUMF協会に由来し、ハニーの持つ殺菌力を数値で表すUMF(R)というブランドマークを確立しました。UMF規格では、消毒薬フェノール水溶液の殺菌力と比較して消毒・殺菌力を測定します。「UMF10+」とは、フェノール水溶液10%に相当する殺菌・抗菌の効果を持つことを示します。希望小売価格は、4,300円前後、主要ショップの平均価格は4,810円台です。


4. マヌカヘルス マヌカハニー MGO100+ 500g

マヌカヘルス マヌカハニー MGO100+ 500g
79円お得
¥929/100g
43%安
¥4,643 Amazon(アマゾン)
¥5,762 爽快ドラッグ
他1ショップ

マヌカヘルスマヌカハニーMGO100+500gは、ニュージーランドの会社マヌカヘルスから出ている商品です。マヌカハニーのマヌカとは、ニュージーランドにのみ自生し、白い可愛らしい花を咲かせる木の名前です。花は1年の内6週間しか咲かないため、そこから採れるマヌカハニーは、大変貴重な蜂蜜として市場に出ています。マヌカヘルスマヌカハニーは、マヌカハニー100%の贅沢な蜂蜜です。もちろん、抗生物質や農薬は一切使用していません。他のハチミツには無い香りと深いコク、濃厚でクリーミーな味、そしてマヌカ特有の成分食物メチルグリオキサール(MGO)が豊富に含まれていることが特徴です。MGOは、マヌカが持つ強い抗菌力の正体物質です。商品名に付いているMGO100+とは、1kg中に100mg以上のMGOが含まれているという意味を持ちます。食べ方は、一般的な蜂蜜と同様にお召し上がりください。紅茶や牛乳に混ぜたり、パンに塗って食べると、蜂蜜本来の味をお楽しみいただけます。また、ちょっと贅沢にカレーの隠し味にしたり、お肉を煮込む際の最後、照りつけに使っても美味しいですよ!お菓子作りで砂糖の代わりに使えば、優しい甘さに仕上がります。注意点として、1歳未満のお子様は抵抗力が弱いため、蜂蜜の摂取はお控えください。


5. コンビタ マヌカハニー UMF15+ 250g

コンビタ マヌカハニー UMF15+ 250g
¥2722/100g
¥6,804 Amazon(アマゾン)

コンビタマヌカハニーUMF15+250gは、ニュージーランドにあるマヌカハニーメーカー最大手のコンビタの商品です。マヌカハニーという名前を聞いたことがあっても、他の蜂蜜と何が違うのかご存知でしょうか。まずマヌカハニーは、1年の間でたった6週間しか咲かない、マヌカという植物の花から採取される希少な蜂蜜です。マヌカはニュージーランド先住民のマオリ族から、癒しの木と呼ばれ、樹液や葉は健康のために使われてきました。食品としての栄養価も高く、ビタミン・ミネラル、アミノ酸などを豊富に含みます。また、他の蜂蜜と大きく違うところは、メチルグリオキサールが非常に多く含まれていることです。これは抗菌力が強いことを表し、腸内のピロリ菌繁殖が抑制される効果が期待できます。味は、濃厚で、風味が良いことが特徴です。1日の目安は、1回に小さじ2~3杯を3回程度です。100%純粋なハチミツなので、普通のハチミツと同じように使用してください。紅茶やコーヒーに入れたり、パンなどに塗るのもおすすめです。お湯に溶かして飲むと、喉が潤いリフレッシュにもなります。ハチミツは温めるとやわらかくなり、冷やすと固くなります。お好みに合わせて調整してください。また、1歳未満の乳児には、危険ですの与えないでください。


より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。