水あめのおすすめ特集 | 種類や健康効果、使い方は?

水あめの種類や使い方は?おすすめ商品ほか

飴というと固形の物をイメージしますが、水あめは飴なのに固形ではありません。とろみが特徴的で、はちみつやメープルシロップよりも固いのに、飴より柔らかいという不思議な形状をしています。

水あめはそのまま食べることもできますし、甘味料として使うこともできます。和菓子を作る時に使われることが多いですが、一般家庭でも料理をする時、砂糖の代わりに使うことができます。水あめを使うことで味にコクが出て、見た目にもツヤが出るなどメリットも多いです。水あめの特徴や性質、どのように使われているのか、どんな風に使えば美味しく食べられるのかなどを紹介します。水あめは体にもいいと言われていますので、効果についてもチェックします。

最終更新日: 2018-09-05   閲覧数:1319

水あめとは?その特徴は?

水あめは飴の一種ですが、一般的な飴のように固形ではなくとろみがあるので包装紙ではなく、こぼれないよう容器に入れておかないといけません。水あめの原料はデンプンで、デンプンを糖化させることで水あめになります。糖化させるには、酸や糖化酵素が必要になります。一般的な水あめは無色透明です。水あめに空気を入れて練りこむと少し白っぽくなります。

水あめの元になるデンプンは、日本人の主食であるお米や、ジャガイモ、トウモロコシなどに含まれています。お米もジャガイモもトウモロコシも、糖質が含まれているので多少甘味はありますが、甘味料のような甘さは感じられません。何度も噛み砕いていくと、次第に甘みが増してきます。これは噛み砕くことで、デンプンが細かくなり、唾液に含まれるアミラーゼという酵素がデンプンの甘味を引き出しているからなのです。つまり水あめは、口の中で起きている変化と同じような仕組みを利用して作られているというわけです。

水あめを作る場合、数種類のブドウ糖が必要になります。水あめを作る時は、オリゴ糖が使われますが、オリゴ糖はブドウ糖が数種類集まってできたものですから、口の中で起きる変化とは少し違いますが、水あめを作るには欠かせない物となります。

水あめはジャムを作る時にも使われることがあります。ジャムはフルーツを砂糖に煮込んで作る保存食ですが、砂糖の代わりに水飴を使うとツヤとコクが出ますし、砂糖よりもヘルシーなジャムが作れます。和菓子に水あめが使われるのは、砂糖が結晶化しないように防ぐ働きがあるからです。これにより和菓子独特の滑らかな触感になり、なめらかなほど保湿効果も高くなり、しっとりと適度な柔らかさを保つことができるのです。

砂糖よりもヘルシーなのに、甘みがしっかりと感じられることから、ヘルシー志向の人たちからも注目され、砂糖に代わる甘味料として使われることも多くなっています。水あめはスーパーなどでも売っていますので、入手は比較的簡単です。海外ではマクロビオティックに水あめを取り入れるのが流行っていて、人々の健康維持などにも役立てられています。

マクロビオティックに取り入れられているのは、砂糖よりヘルシーという理由以外にも、水あめが持つ効果に注目が集まっているからです。漢方薬には乾燥させ粉状にした水あめが使われていますので、健康効果についても期待できるのがポイントです。入手しやすいので、取り入れやすいのはメリットです。

水あめの種類

水あめは麦芽糖で作るため、ショ糖で作る砂糖とは違い、しつこい甘さではありません。甘味は感じられますが、砂糖よりもあっさりとしているのが特徴です。昔は砂糖が高級品だったため、入手しやすい麦芽を使用し麦芽糖から水飴を作っていました。砂糖よりも短時間でたくさん作れることから、庶民は甘味料として砂糖よりも水飴を使うことが多かったのです。

しかし現在は逆に麦芽が入手しにくくなり、高級品となっています。砂糖の方が価格も安く入手しやすいのですが、健康を考えて砂糖ではなく水あめを使う人もいます。現在主流となっているのは、もち米を原料とした水あめです。昔主流だったサツマイモを使った水あめは、現在高級品となっています。

水あめの基本的な作り方を紹介します。まず蒸したサツマイモを蒸し、蒸したサツマイモに麦芽を入れます。糖化させるには一定の温度が必要ですが、温度を保つと糖化が進み甘みが増していきます。ただしこの状態では水あめの形状にはならないので、余分な物をこして取り除き、煮詰めていきます。煮詰めることで、水あめ独特のとろみが出てきます。

上質な水あめは、無色透明でとても綺麗です。現在主流となっているもち米を使って作った水あめは、少し褐色がかっていて味も透明な水あめより濃くなっています。このように原料によって水あめの種類は変わってきます。無色透明な上質の水あめを、空気を入れるようにして練りこんでいくと、白く濁り銀色がかった色になります。和菓子を作る時は、あえて空気を混ぜて色を変えてから使うこともあります。

水あめは原料の違いで種類は変わりますが、麦芽糖を使った麦芽水あめ、麦芽糖よりもブドウ糖を多く使用した酸糖化水あめ、ブドウ糖よりも麦芽糖を多く使った酵素糖化水あめ、水あめを乾燥させ粉状にした粉水あめに分かれています。種類の違いで見た目も違ってきますが、価格も変わってきます。昔ながらの製法で作る水あめは大量生産できないので価格は高くなり、手軽な材料で大量生産できる水あめは入手しやすく価格も安いなど、特徴が大きく分かれます。

麦芽水あめは現在高級品となっていますが、甘さがあってもしつこくないのは特徴です。酵素糖化水あめは麦芽水あめの次にあっさりしていて、酸糖化水は色付けしやすいので様々な色をつけカラフルにすることもできます。粉状にすると水分がないので、甘さは控えめになります。水あめは種類によって甘さも違いますが、使う目的も変わってきます。

水あめは健康にいいの?その効果は?

水あめは砂糖と違い体にいいところも注目されています。スーパーなどでも簡単に入手できますが、自分で作ることもできます。体にもいい甘味料として、マクロビオティックにも取り入れられています。水あめの作り方や、なぜ体にいいと言われているのか、どんな効果が期待できるのかを紹介します。

まずは水あめに期待できる効果から見ていきましょう。水あめはとろみがあります。このとろみは喉を保護する役目があることから、風邪予防にいいと言われています。水あめ独特のとろみは保湿効果も期待できるので、空気が乾燥しやすい季節には、水あめを食べることで、喉に膜を作り乾燥を防ぐことが出来ると言われています。風邪の原因はウイルスですが、ウイルスが侵入しても、喉の粘膜が水あめでコーティングされていれば、ウイルスは侵入できなくなります。風邪予防にも役立ちますが、風邪を引いてしまった後も、喉を保護してくれるので痛みがある時などに水あめを舐めてみてください。

水あめにはブドウ糖、麦芽糖、デキストリンなどが含まれています。ブドウ糖は体のエネルギー源となりますが特に脳には欠かせない栄養です。高級な水あめに使われている麦芽糖は、砂糖の糖分とは性質が違うので、血糖値が上がりにくいのも特徴です。デキストリンは消化しにくい食物繊維の一種で、脂肪の吸収を抑える働きがあります。麦芽糖とデキストリンは、腸内環境を改善する働きがあるので、お通じがよくなるのもメリットです。

水あめは自宅で作ることもできます。材料はもち米と麦芽糖があればOKです。麦芽糖がない場合は、パン作りに使うモルトパウダーでも代用できます。まずはもち米でお粥を作ります。お粥ができたら少し冷まして60度くらいになるまで待ちます。程よく冷めてきたら麦芽糖かモルトパウダーを入れて、半日~1日置きます。なめらかにするために、こします。

こした物を今度は鍋に入れ、煮詰めていきます。煮詰めていくと水あめ独特のとろみが出てきますので、お好みの硬さになったら火を止め冷まします。ちなみに煮詰める時間が短いとはちみつのようなテクスチャーに、煮詰める時間が長いほど硬さが出てきます。粗熱を取ったら密閉できる容器に移し替え冷蔵庫などで保管しましょう。もち米と麦芽糖を使うと、メープルシロップのような褐色の水あめができます。

そのまま食べてもいいですし、お菓子作りや料理にも活用できます。砂糖よりもカロリーが低いからダイエットにもおすすめです。

水あめの使い方 | おいしいレシピ

水あめは砂糖よりもカロリーが低く、甘味はあるのにあっさりしています。ヘルシーで健康効果も期待できるから、砂糖の代わりに水あめを使うのもおすすめです。水あめの活用術や美味しい食べ方を紹介します。

水あめの甘さととろみをいかした大学芋は、子供から大人まで美味しく食べられる人気メニューです。サツマイモは食べやすい大きさに切って素揚げにします。揚げたサツマイモの油をよく切ったら、水あめと醤油と水を煮詰めて作ったタレを絡ませます。仕上げに黒ゴマを振りかければ、簡単なのに美味しい大学芋の完成です。

たつくりにも水あめを使うとカロリーを抑えつつ、美味しい味になります。小魚だけでもいいのですが、ちょっとアレンジしてナッツを数種類加えましょう。小魚をフライパンで軽く炒っておきます。小魚がこんがりしてきたら、お好みのナッツを入れてさらに炒ります。全体を炒ったら水あめをかけます。塩味がある小魚やナッツはそのままでも美味しいですが、塩味が足りないなら醤油を少し入れると香ばしさが出てさらに美味しくなります。

水あめはお菓子作りにも活用できます。砂糖の代わりに使うだけで、カロリーを抑えつつ甘くて美味しいお菓子が作れます。ケーキやパン作りなど幅広く活用できますし、和菓子を作る時もしっとり感やツヤが出るので、見た目と食感がよくなります。お菓子は洋菓子も和菓子も活用できますし、料理も和洋中何にでも使えます。砂糖の代わりに甘味料として使うだけだからレシピを大きく変えることもなく、味が変わってしまうという心配もありません。

水あめはお菓子作りや料理だけでなく、サラダのドレッシングにも活用できます。自家製ドレッシングに砂糖を使うなら、砂糖の代わりに水あめを使ってみてください。使用するのは少量ですから変に甘すぎることもなく、砂糖よりもヘルシーでしつこくないからあっさりと食べられます。

水あめは風邪予防にいいと言われています。風邪をひいてしまった時、水あめを使ってつらい症状を和らげることもできます。水あめに薄くスライスした大根を漬けます。しばらくすると大根が縮まるので、そうなったら完成です。上澄みを舐めると、喉の痛みが和らぐので風邪を引いて喉が痛い時におすすめです。大根エキスと水あめが喉を保護してくれます。咳が出る時にも試してみてください。ただしこれで風邪が治るというわけではないので、辛い時は病院に行くなり、風邪薬を飲むなりすることをおすすめします。

水あめのおすすめ

1010位: スドー 水あめ 255g

商品説明
煮物、照り焼き等のつや出しや、料理の調味料として、はば広くご利用いただける水あめです。 密封性に優れたバリア容器を採用しております。甘さを比較するのに甘味度があります。ショ糖を基準として比較をするのですが、 水あめはショ糖に比べて甘味がとても低いのが特徴です。
商品詳細
  • 商品重量:1.1 Kg
  • 原材料:水あめ

99位: ミトク 有機玄米水飴 300g

商品説明
有機玄米を有機麦芽のみで糖化させる昔ながらの製法で作られた貴重な有機玄米水飴。たんぱく質、リン、鉄分、カルシウム、ビタミン等を豊富に含み、栄養価が高く身体への吸収が穏やかで、健康維持や病後の体力回復に。砂糖の代用品として菓子作りや料理に。カラメルのようなフレーバー。
商品詳細
  • 商品重量:472 g
  • 原産国名:日本

88位: 明治屋 水あめ 310g

商品説明
熱に強く、色がつきにくい、マイルドな甘さの高麦芽糖水あめです。甘露煮、角煮、佃煮などの照りつけや、みつ豆、大学芋などのお菓子にもご利用いただけます。瓶はワレモノです。取り扱い中にヒビが入ることがありますので、特に開栓にはご注意ください。状態が硬いときは、お湯に少しつけてからご使用ください。
商品詳細
  • 商品重量:5.45 Kg
外部ショップでの口コミ: 1件
  • いつも使っています。佃煮等に使うと煮崩れしなくて良いです。

77位: カンピー 水あめ 270g

商品説明
お菓子作りや煮物、佃煮、つや出しにご利用頂けます。使用しやすいボトルタイプ。
商品詳細
  • 商品重量:1.87 Kg

66位: スドー 水あめ 300g

商品説明
煮物、照り焼き等のつや出しや、料理の調味料として、はば広くご利用いただける水あめです。 密封性に優れたバリア容器を採用しております。甘さを比較するのに甘味度があります。ショ糖を基準として比較をするのですが、 水あめはショ糖に比べて甘味がとても低いのが特徴です。
商品詳細
  • 商品重量:1.98 Kg
  • 原材料:水あめ

55位: スドー 水あめ 1100g

商品説明
糖度82度。大容量のお得サイズの水あめです。コーンスターチに糖化酵素で糖化して作られたものであり、無色透明でほぼ水分と糖質しか含みません。使用方法としては、砂糖の代わりに甘みがほしい時に使用するか、煮物の照りや和菓子・洋菓子・パン作りの原料としてお使い下さい。
商品詳細
  • 商品重量:1.5 Kg
  • 産地(地方):関西
  • 産地(都道府県):兵庫県
  • 成長期別:3歳以上
  • 容器の種類:瓶
  • 原産国名:日本
  • 利用シーン:お正月
レビュー: 4.30点/5点

44位: カンピー 水あめ 340g

33位: ソントン 麦芽糖みずあめ 265g

商品説明
国産馬鈴薯澱粉を100%使用しています。さわやかな甘さの麦芽糖が主成分の水飴です。大学イモや魚の佃煮など様々な料理にご使用頂けます。他にも砂糖代わり等で幅広い用途で使用する事ができます。プラスチック容器に入っておりますので、持ち運びにも便利です。
商品詳細
  • 商品重量:3.56 Kg
レビュー: 4.75点/5点

全対象ショップのレビューは計4件、その平均は4.75点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
爽快ドラッグ4.75点4件

22位: ミトク 玄米水飴 600g

商品説明
玄米を麦芽で糖化させるという伝統的な製法で作られた貴重な水飴です。体への吸収が穏やかで、健康維持や病後の体力回復に古くから愛用されています。琥珀色でコクがあり、カラメルのようなフレーバーで醤油との相性もよく、煮物料理にピッタリ。そのままパンに塗っても美味しく召し上がれます。お砂糖の代わりの甘味料として、煮物などのお料理に。
商品詳細
  • 商品重量:875 g
  • 原産国名:日本
レビュー: 4.73点/5点

全対象ショップのレビューは計22件、その平均は4.73点(5点満点)。レビューが多く、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
ケンコー4.73点22件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • トーストしたパンに塗って毎日食べています。 白っぽい水飴よりコクがあって美味しいです。

11位: マルミ 水あめ 600g

レビュー: 5.00点/5点

全対象ショップのレビューは計22件、その平均は4.73点(5点満点)。レビューが多く、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
ケンコー4.73点22件


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops