ジンジャーエール鉄板おすすめ人気ランキング10選【キリッと辛口のウィルキンソンなどジンジャーエールの魅力を紹介!】

ジンジャーエール

ほんのり感じる生姜の風味と、ほど良い炭酸がおいしいジンジャーエール

ジュースとして飲んだり、料理やカクテルに用いられたりと幅広い活用法のある炭酸飲料としても知られています。

味も飲みやすい甘口から大人向けの辛口までさまざまで、商品によっては生姜が使われていないジンジャーエールも。

この記事ではそんなジンジャーエールの特徴に触れながら、選び方のコツやおすすめの商品を紹介していきます。

また、自家製ジンジャーエールの作り方やジンジャーエールを使ったアレンジレシピも動画付きで解説!

ジンジャーエールの奥深さを知りたい方や、アレンジレシピを知りたいという方はぜひチェックしてみてください!

↓詳しく見る↓

安いジンジャーエールはこちら
最終更新日:2020-08-26  閲覧数:17526

ジンジャエールとは?【由来やカロリーについて】

ジンジャーエール

生姜の風味と炭酸の爽やかさが絶妙にマッチした炭酸飲料のジンジャーエール。

ジュースとして飲むだけでなくカクテルや料理にも活用されています。

ジンジャーエールは、炭酸水生姜の香りと味を付け、カラメル色素で着色したノンアルコールの炭酸飲料のこと。

ジンジャーエールは、イギリスで飲まれていたジンジャービールという生姜の入ったアルコール飲料をヒントに作られました。

ビールのようにしゅわしゅわとした生姜入りの炭酸飲料だったため、ジンジャーエールという名前になったのだとか。

日本でジンジャーエールが売り出されたのは1966年からで、当時刺激のある辛味は、若い人たちの間でなかなか定着しなかったと言われています。

生姜が入っていなくてもジンジャエール!?

“ジンジャーエキスが含まれているからジンジャーエール”と思っている方が多いのではないでしょうか?

現在、販売されているジンジャーエールは生姜が入っていないものばかりです。

上記でも紹介したとおり、「生姜などの香りと味を付け、カラメル色素で着色した炭酸飲料」がジンジャーエールの定義

実際に生姜が入っていてもいなくても、生姜の風味がついていれば「ジンジャーエール」と名乗ることができます

ジンジャーエールのカロリーと成分

カロリー

甘くスパイシーで爽やかな飲み口のジンジャーエール。

ジンジャーエールのカロリーは他の炭酸飲料と比べて控えめと言われています。

そこで、ウィルキンソンの辛口・甘口ジンジャーエールとコカコーラ、三ツ矢サイダーを例に挙げ、気になるカロリーや成分を表にまとめてみました。

100ml当りエネルギー(kcal)たんぱく質(g)脂質(g)炭水化物(g)食塩(g)
ウィルキンソン
辛口
ジンジャーエール
37kcal0g0g9.3g0g
ウィルキンソン
甘口
ジンジャーエール
39kcal0g0g9.5g0.02g
コカコーラ45kcal0g0g11.3g0g
三ツ矢サイダー42kcal0g0g11g0.02g

ウィルキンソンの辛口ジンジャエールのカロリーは100ml中37mlほど

それに対し、コカコーラは100ml中45ml、三ツ矢サイダーは100ml中42mlとなっており、これらと比べるとジンジャーエールのカロリーは控えめと言えるでしょう。

成分に目を向けると、糖分となる甘みの炭水化物が100ml中9gほど。

ジンジャーエールはほとんどが天然由来の成分であり、カロリーも他の炭酸飲料と比べて低くなっています。

また、国内の有名な商品にはカフェインが含まれていません

ジンジャーエールおすすめ人気商品の比較一覧表

ジンジャーエールのプロット画像
商品画像
商品名
タイプ
特徴
商品リンク
1
コカコーラ・カナダドライのジンジャーエール
ドライタイプ
甘すぎずキリッとした爽やかさ
2
アサヒ飲料・ウィルキンソンのジンジャーエール
ゴールデンタイプ
生姜と唐辛子のピリッとした辛味
3
富永貿易・神戸居留地のLASジンジャーエール
ドライタイプ
スパイシーな中にすっきりとした甘さ
4
サントリーのジンジャーエール
ドライタイプ
甘さを抑えたさっぱりとした味わい
6
光食品・ヒカリのオーガニックジンジャーエール
ドライタイプ
オーガニック・無添加に拘ったジンジャエール
7
友桝飲料・ネオのプレミアムジンジャーエール
ゴールデンタイプ
バーテンダーが開発した濃厚な味わい
8
コダマ飲料のジンジャーエール
ドライタイプ
爽やかな香りとスパイシーな甘み
9
ブレナムジンジャーエールのレッドキャップ
ゴールデンタイプ
世界一辛いと言われるアメリカ産ジンジャーエール
※2020年3月現在の情報です。

ジンジャーエールの2大メーカー【ウィルキンソンとカナダドライ】

ジンジャーエールメーカー

日本国内のジンジャーエールは数社から販売されているものの、特に有名なブランドは「カナダドライ」と「ウィルキンソン」の2つ。

コンビニやスーパーの店頭でジンジャーエールを探すときにも、ほぼ目にするブランドです。

本格派も納得の「ウィルキンソン」

「アサヒ飲料」のウィルキンソンは、生姜特有の辛味を残した本格派ジンジャーエールが多く、辛口が好きな方には特に人気の商品。

炭酸が強く、カクテルなどで割って愛飲されることも。

中には甘口の商品も販売されていますが、甘くないジンジャーエールを探している方は基本的にこちらのメーカーがおすすめです。

ウィルキンソンを代表する、辛口ジンジャーエール

100年を超える伝統ブランド「ウィルキンソン」を代表する、辛口のジンジャーエール

飲むほどに刺激と力強い辛味が広がり、グラスに注げば大人の雰囲気を楽しめる商品。

カクテル作りに最適なので、この商品を使ってさまざまなお酒と割ってみましょう。

日本でもポピュラーな「カナダドライ」

「コカ・コーラ社」のカナダドライは、ドライタイプということで辛味を抑えた甘口ジンジャーエールとして人気を集めています。

ほとんどの方はジンジャーエールといえばカナダドライの商品を浮かべるのではないでしょうか。

コンビニでもよく見かけ、日本でメジャーな甘口はどんな方でも美味しく楽しめます。

ジンジャーエールの入門編!初めての方でも美味しく飲める

他の炭酸飲料にない独特のさっぱり感ほど良い炭酸の刺激を楽しめるジンジャーエール。

甘さは控えめで、一般的にジンジャーエールの入門ともいえる商品です。

喉が渇いた時でも一気に飲むことができ、すっきりとした心地よい後味がたまりません。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。