ラムネのおすすめ | ダイエット効果やサイダーとの違いは?

ラムネのおすすめとダイエット効果はある?ほか

透明の炭酸飲料であるラムネとサイダーは、ビンの形状が違わなければ見た目には分かりにくいものでもあります。味についても両方とも甘みが感じられるため、飲み比べてみても分かる方は少ないでしょう。ラムネはガラス瓶に入っており、瓶のくぼみにビー玉が入っています。お祭りの屋台や銭湯などで販売されていることが多いですが、コンビニやスーパーでもその姿を見る機会も増えてきました。ただ、ガラス瓶のためか、自動販売機などで販売されていることはないため、出店や銭湯など特定の場所でしか購入する機会が多いといったこともあります。このため、ラムネには夏の風物詩のようなイメージもありますが、果たしてラムネはカロリーが気になるダイエット中に飲んでも良いものなのでしょうか?

最終更新日: 2018-04-04   閲覧数:57

サイダーとの違いは?

本来サイダーはソーダやソーダポップなどと呼ばれているものですが、日本に紹介されたサイダーが、リンゴ酒やリンゴジュースを意味するciderの発音であった為に、そのままサイダーと呼ばれる事になりました。またラムネは、柑橘系のフレーバーを使った飲み物であるレモネードがなまったものと言われており、レモネがラムネと変化していったものとされているのです。こうした経緯からラムネとサイダーは、リンゴの香りが付けられたサイダーと、柑橘系の香りであるラムネとに分けられていましたが、現在のサイダーには柑橘系のフレーバーが付けられたもんも多く、両者に味の違いはほとんど見られなくなって来たのです。

ラムネとサイダーの大きな違いは、多くの方がご存知のように、ラムネ玉と呼ばれるラムネ玉で内からふたをしているのがラムネで、外側から王冠でふたをしているのがサイダーという事になりますが、その製法も違うという事はあまり知られていないでしょう。まずラムネの方ですが、ラムネの味を作る甘味と酸味に香りなどを混合したシロップを瓶に注ぎ入れます。その後炭酸水を一気に吹き込み、中の空気が抜け炭酸水がビンに一杯になった瞬間にビンを逆さにする事で、ラムネ玉がビン口に落ちて中のガスの圧力の作用により、ラムネ玉が口ゴムのところに押し付けられて栓が出来るという構造になっているのです。

ラムネはイギリスで生まれたといわれています。そして、ペリーの黒船によって日本に伝わったのは、今から約150年ほど前です。船員のために持ち込んできており、黒船に乗り込んだ役人にふるまったといわれています。日本い伝わった当初は、ビー玉ではなくコルクで栓がされていました。コルクは少しずつ炭酸が抜けてしまうという欠点があったため、ビー玉で栓をすることが考案されたのです。考案されたのはイギリスで、明治5年の出来事だといわれています。日本でラムネのビー玉栓が量産できるようになったのは、それからしばらく経過した明治25年のことです。現在ビー玉栓が流通しているのは日本とインドのみだといわれています。

ラムネ瓶のくびれは、逆さまにした時に素早く栓ができるように、入口になるべく近づくように作られたものだったわけです。サイダーですが、炭酸水とシロップは直前に混合されており、ビン容器に炭酸ガスを吹き込む事で圧力差が無くなり、その後炭酸水を入れても吹きこぼれないようになります。

あのガラス玉はビー玉じゃなかった?

まず、ビー玉の呼び名については2つの説があり、一つ目はガラス細工の事をビードロと呼んでいた為にビー玉となったという事と、ガラス玉にはA玉とB玉が存在していた為にB玉が呼び名となった説です。ガラス玉作りの際には、綺麗に規格通りに丸く整ったものは、A玉として採用されており、規格外の製品はB玉として処理されていました。ラムネの瓶を割って、中のガラス玉をご覧になった方なら、ガラス玉が非常に綺麗でまん丸としている事がお判りいただけるでしょう。これはガラス玉が飲み口付近のゴムの部分に綺麗にはまる為には、ガラス玉がいびつであっては中のガスが抜けてしまうので、綺麗な円形の球体でなくてはならなかったのです。

つまり、ラムネの瓶に使われるガラス玉はエー玉が使われており、この規格通り作られたガラス玉がラムネ玉と呼ばれているわけです。規格外となったビー玉は、子供たちのビー玉遊びのおもちゃとして扱われましたが、おもちゃのビー玉も別口で作られていました。明治の終わり頃から本格的に流行り出したビー玉遊びでしたが、昭和40年代頃まではめんこと同じく、子供に大人気の遊びだったのです。おもちゃ用のビー玉は、様々に色づけられたものが多く、集めていく楽しさもあったのです。

ラムネの瓶に使われるガラス玉は、正確にはビー玉ではなくエーダマだという事が、良くお判りいただけた事でしょう。この丸いエー玉は、炭酸飲料のラムネの瓶に使われる為に、ラムネ玉とも呼ばれていますが、基本的にこのラムネ玉とビー玉はよく似た作業工程によって作られて行きます。まずガラスの原料となるのは、主原料の珪砂で、珪砂とは珪石が砂状になったもので、石英の事を指しています。石英で無色透明なものは水晶と呼ばれており、時計に使われるクオーツやレンズなどに使われているものです。また、アクセサリーやお守りとして使われ、全てのガラス製品のおおもととなる材料となっています。

この珪砂は融点がとても高く、そのままでは固すぎて加工しにくい為に、ソーダ灰や炭酸カルシウムなど、いくつかのを溶媒を混ぜる事で珪砂の融点を下げる事ができますので、加工が非常に楽になり火力も抑えられる事でコストダウンにもつながるというわけです。こうしたガラスの原料は、丹念に混ぜられ溶かされていきますが、融点が下がったといっても1200度以上の温度で溶かさなければなりません。その後溶けた硝子が柔らかな飴状になったところで、機械でカットしてローラーに転がしていき成型するのです。

ラムネにダイエット効果はある?

ラムネは一般的な炭酸飲料と同じく、甘味料を使っていますので、ほぼ同じカロリーとなりますが、ほとんどが甘味料ですので、ラムネ100mlあたり43kcalと一般に売られている炭酸飲料水とさほど大差ありません。ダイエットを行う場合、脂質のカットや炭水化物のカットを行うのが常道ですが、ラムネに含まれている甘味料はほぼ炭水化物と同じ糖質という事になります。ただし、ラムネ1本でも200mlで86kcalという事もあり、1日1本程度とそれ以上飲み過ぎなければ全く問題はありません。

ダイエットを行う方ならば、知っておかなければならないのが極端なダイエットは、リバウンドを呼んでしまうという事です。リバウンドとは英語でreboundと書き、跳ね返りを意味する言葉ですが、ダイエットにおいては、いったん目標体重まで落としたものの、再び元の体重かそれ以上の体重に増加してしまう事を意味した言葉なのです。糖質は人間にとって、三大栄養素となる糖質ですので、極端なダイエットによる食事制限はこうしたリバウンドの元になる事も多いわけです。ラムネに含まれている糖質は、200ml中に砂糖50g程度の分量が含まれている計算になりますので、逆に言えば非常に計算し易く計画的なダイエットにも役立てる事ができるというものです。

ラムネにも含まれている糖分ですが、この糖質というものは我々が日常的に主食としている米飯と同じく、炭水化物にあたります。炭水化物と言う名称のゆえんは、その原子記号にあり、炭水化物はCmH2nOnと言う記号で表され、mとnは原子の数を表すもので、cが炭素で残りのH20は水を表しています。つまり、炭素に水が結合した物質のように見える為に、炭水化物と呼ばれているわけです。この炭水化物となる糖質は、脳にとっては主力のエネルギー源となっており、糖分を取らなければ低血糖に陥る為に、糖質は全ての人類にとって欠かす事の出来ない栄養素になっているのです。

ラムネにも含まれている糖分ですが、この糖分が足りなくなった場合、血液中のブドウ糖の濃度が異常に低くなる事があり、エネルギー不足になりますので疲労感が蓄積していく原因となるのです。また、時には脳がエネルギー欠乏状態になりますので、日差しのきつい場所でめまいが起こりやすくなり、失神してしまう事もあります。またお腹がすくと、イライラして怒りっぽくなるのもこの低血糖のせいである事も多く、こうした状態で勉強や仕事などを続けていても、全く頭に入らないという事も起こるわけです。



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops