野菜ジュースおすすめランキングと栄養・効果・飲み方

野菜ジュース

現代人は野菜が不足しているとされています。普段の食生活の中であまり野菜を食べないという方は多いでしょう。そのような方のために開発されたのが野菜ジュースです。野菜ジュースを飲むことによって、しっかりと野菜の栄養を補うことができるのです。そのため昔から今に至るまでずっと野菜ジュースは人気商品となっています。しかし、そんな野菜ジュースを飲むことが本当に意味があるのか半信半疑な方がいるかもしれません。そこでこちらでは野菜ジュースを飲むことによる効果について紹介しましょう。野菜ジュースにはどのような栄養分が含まれているのかも説明します。野菜ジュースのことが気になっている方はぜひとも参考にしてください。そして野菜ジュースを有効活用しましょう。

野菜ジュースの栄養は?

野菜ジュースにはどのような栄養が含まれているのか紹介しましょう。まず野菜ジュースの種類によって含まれている野菜が違うため、当然栄養も異なってきます。そのため野菜ジュースを選ぶ際には原料となっている野菜に注目しましょう。

たとえばトマトの含まれている野菜ジュースにはリコピンがたくさん入っています。リコピンは生の状態のトマトを食べるよりもジュースにした方が吸収効率が高くなるというメリットがあります。そのため野菜ジュースでリコピンを摂取することはとてもおすすめなのです。そんなリコピンには抗酸化力があります。これによって活性酸素を取り除いてくれるのです。活性酸素は老化の原因となってしまいます。生活習慣病のもとにもなってしまうでしょう。そのためリコピンを摂取することによって、病気を防ぎ若返りを果たすことができるでしょう。

野菜ジュースの栄養は?

ニンジンの含まれている野菜ジュースにはβカロテンが入っています。βカロテンというのは健康や美容にとても良い効果を発揮してくれるでしょう。たとえばβカロテンからビタミンAが生成されます。これは視力を保つために役立ってくれます。他にもビタミンAは粘膜を正常に保つために効果を発揮します。皮膚の健康を維持するためにも役立ってくれます。皮膚の新陳代謝を高めてくれるのです。また、体を成長させるという効果もあります。子供がビタミンAを不足してしまうと成長に大きな障がいが出てしまうことがあるのです。そのためビタミンAというのはとても重要です。

野菜ジュースには食物繊維が多く含まれています。食物繊維というのは腸内環境を正常な状態に保つために役立つのです。便意を促してくれるため、便秘を解消することができるでしょう。便秘に困っている方には最適な栄養素なのです。現代人は食物繊維の摂取不足となっていることが指摘されています。そのため普段野菜をあまり食べない方はぜひとも野菜ジュースで食物繊維を吸収するべきでしょう。

他にもビタミンやミネラルもたくさん入っています。ビタミンやミネラルは人間が生きていくために必要なものであり、体内でいろいろな活躍をします。健康や美容を維持するためには必要不可欠なのです。野菜ジュースならばさまざまなビタミンやミネラルが含まれているのです。それを飲むだけで摂取できるためとても効率が良いのです。このようにいろいろな栄養が含まれており、それらが大きな効果を発揮してくれるのです。

野菜ジュースの効果

実際に野菜ジュースを飲むことによってどのような効果を期待できるのでしょうか。まず前提として野菜ジュースと本物の野菜とでは吸収できる栄養はまったく同一ではありません。この点は注意しましょう。あくまでも野菜ジュースというのは野菜不足を補うためにあるものなのです。野菜ジュースを製造する際には加工されています。濃縮されたり、殺菌されることがあるのです。その過程で失われる栄養素もあれば、逆に濃密になる栄養素もあるのです。また、野菜ジュースの種類によって成分はかなり異なっています。そのため、それぞれの商品ごとにどのような効果が期待できそうなのかチェックしておきましょう。

まず野菜ジュースを飲むことによってお通じが良くなるでしょう。それは食物繊維がたくさん含まれているからです。これによって蠕動運動を刺激することができるのです。これによってきちんと腸内が動くようになり快便へとつながるのです。便秘というのはさまざまな病気の原因となったり、美容を妨げてしまう可能性もあるのです。ダイエットの障害にもなってしまうでしょう。野菜ジュースで便秘を解消することができれば大きな効果を得られるのです。

また、野菜ジュースによってダイエットにも効果を発揮するでしょう。野菜ジュースにはたくさんの酵素が含まれており、これが血糖値の上昇を抑えてくれるのです。これによって脂肪を溜め込みにくい体になります。

野菜ジュースの効果

野菜ジュースを飲むことによって満腹感を得ることができます。そのためたとえば間食として利用したり、朝食代わりに利用することもできるのです。野菜ジュースによって食事の量を減らすことが可能なのです。このようにしてダイエットに活用するという飲み方があります。

野菜ジュースによって美肌や美白を目指すことも可能でしょう。美容のためには野菜を食べることが大切なのです。しかし、毎日のように継続して野菜を食べ続けることが困難な人は多いでしょう。そのような方は野菜ジュースによって栄養を補えるのです。普段の食事だけでは野菜が不足してしまったとしても、野菜ジュースも飲むことによって、すべての栄養をバランス良く摂取できるようになるのです。この効果はとても大きいでしょう。

野菜ジュースのおかげで病気になりにくくなります。栄養状態が良好であれば免疫力も高まり、抵抗力が高まっていくからです。常に健康を維持したいならば野菜ジュースは役に立つでしょう。このようにさまざまな効果を期待できます。

野菜ジュースの効果的な飲み方は?

野菜ジュースは効果的に飲むようにしましょう。そのためのポイントをまとめました。まず食事の際には飲み物の代わりに野菜ジュースを飲むようにしてみましょう。そうすれば日常的に自然に野菜ジュースを飲めるようになります。これによって効率よく栄養を吸収することができるのです。ただし、食事の内容とのバランスを考えることは大切です。野菜ジュースの方にも豊富な栄養が含まれているため、食事の内容によっては特定の栄養素を過剰に摂取してしまう可能性があるからです。野菜ジュースを飲むことを前提とした食事を準備すると良いでしょう。

野菜ジュースの選び方も大切でしょう。いい加減に買ったものを飲むのではなくて、きちんとどのような栄養が含まれているのかを確認するべきです。あなたが補いたい栄養を含んでいるものを買いましょう。また、野菜ジュースの中にはあとでビタミンCや食物繊維を添加している製品があります。それを買えば、しっかりと食物繊維とビタミンCを摂取することができるため、チェックしてみてください。

飲むタイミングも重要な問題となります。たとえば炭水化物を先に食べてしまうとそれによって血糖値が急激に上昇するようになります。そうではなくてまずは野菜ジュースを先に飲むようにしましょう。そして、そのあとに炭水化物を取るようにするのです。これによって血糖値の上昇をゆるやかにすることができるのです。これは肥満や糖尿病を予防するためにとても効果的な飲み方となります。

野菜ジュースの効果的な飲み方は?

もしダイエットを考えているならば、野菜ジュースを朝に飲むことをおすすめします。朝ならば食事の代わりに野菜ジュースだけを飲むことが可能でしょう。朝に水分補給をすることは重要です。また、朝の方が栄養素は吸収しやすいため、野菜ジュースに含まれている栄養を有効活用できるでしょう。腸の働きを促す効果もあるため、便秘気味の方にもおすすめの飲み方となっています。

もし勉強や仕事などの集中力を高めたいならば15時前後に飲むことをおすすめします。この時間帯にブドウ糖を取ることによって頭に栄養をおくることができるのです。野菜ジュースにはブドウ糖がたくさん含まれています。これが脳にとっての栄養素となってくれるのです。

このように野菜ジュースというのは飲み方にも気をつけるべきなのです。できるだけ野菜ジュースの効果をしっかりと発揮できるような飲み方を心がけるようにしてください。そうすればきっと野菜ジュースのメリットを活かせるでしょう。

野菜ジュースおすすめランキング

1. 1日分の野菜 200X24

1日分の野菜 200X24
¥357/l ¥71/個
39%安
¥71 (x24) Amazon(アマゾン)
¥71 (x24) ケンコーコム
他4ショップ
「伊藤園 1日分の野菜」は、厚生労働省の推奨する1日分の野菜350gを使用した野菜汁100%の野菜飲料です。野菜を搾る過程などで減少してしまう栄養成分(カルシウム・マグネシウム・ビタミンC)を補い、自社基準として設定している1日の野菜推奨摂取量350g分に含まれる主栄養成分値(β-カロテン・ビタミンC・カルシウム・マグネシウム・カリウム)を充たしています。持ち運び便利な200mlサイズで、常温でも冷やしておいしく感じられる野菜ジュースを是非この機会にお試し下さい。砂糖・食塩不使用です。

2. 1日分の野菜 ペット900g×12

1日分の野菜 ペット900g×12
¥320/l ¥288/個
45%安
¥3,455 ケンコーコム
¥4,054 爽快ドラッグ
"1日分の野菜 ペットボトル900g×12本入"は、コップ1杯(180ml)で1日分の野菜が摂れる100%野菜ジュースです。にんじんやトマトをベースに様々な野菜をブレンドしました。にんじん本来の甘みを引き出すナチュラルスイート製法により、苦味を抑えて飲みやすい野菜ジュースに仕上げています。野菜本来の甘みをさらに楽しめるように、通常の野菜ジュースより1.6倍の濃さになっています。

3. 野菜一日これ一本 ケース200ml×12

野菜一日これ一本 ケース200ml×12
562円お得
¥356/l ¥71/個
39%安
¥71 (x12) ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥71 (x24) ヨドバシカメラ
他4ショップ

「野菜一日これ一本」は、30品目もの野菜を350g分ぎゅっと濃縮して作られた野菜飲料です。様々な野菜をバランス良く使用しており、日ごろ不足しがちな野菜の栄養を補給することができます。さらに食塩・砂糖・香料・保存料はもちろん、添加物も使用せず作られているので、日頃野菜不足が気になる大人の方はもちろん、野菜嫌いの方や成長期のお子様など、家族みんなにおすすめです。

野菜ジュースに限らず、甘い飲み物を飲む際は糖分が気になりがちです。しかし、「野菜一日これ一本」は、前述した通り製造過程において砂糖を使用せず、あくまで野菜の甘みのみで作られています。同様に、昨今食品の糖質含有量がなにかと話題になりますが、「野菜一日これ一本」の糖質は1パック当たり13.7gです。コーラやオレンジジュースなどの飲料は約22g、カフェラテが17g、一般的な野菜・果実ミックスジュースが14.6gなので、これらと比較すると低い数値であることが分かります。しかし野菜由来で低めの値とはいえ、糖類の摂り過ぎには注意が必要です。1日1~2本を目安に、食事全体のバランスを考えて活用するのがベストです。

また、こちらは200mlパックの12個入りセットなので、家族みんなで飲む方や毎日飲まれる方はコスパも良くおすすめです。


4. ぎっしり15種類の旬野菜 900g 1箱(12本)

ぎっしり15種類の旬野菜 900g 1箱(12本)
219円お得
¥161/l ¥145/個
72%安
¥1,734 LOHACO(ロハコ)
¥1,890 ヨドバシカメラ
他3ショップ

「ぎっしり15種類の旬野菜」は伊藤園の野菜ジュース。伊藤園といえば野菜ジュースでは充実野菜、お茶ではおーいお茶などが有名ですね。伊藤園は野菜の産地や製法の透明性を重視しており、安心して飲める飲料を提供しています。

この「ぎっしり15種類の旬野菜」は製品効能と価格のバランスに優れた商品といえます。トマトを始め15種類の野菜を凝縮させており、添加物は使用せず100%の純野菜ジュース。野菜本来の味わいを楽しむことができます。飲み口の方はカゴメのどろりとした味わいとは異なり、薄めであっさりとした感じで、ゴクゴク飲めてしまうようになっています。甘さがなく、これぞ野菜ジュースといった感じでしょうか。その反面、1Lあたり161円と非常に低い価格に抑えられており、負担なく野菜ジュースを飲みたい方に好評を博しています。賞味期限も長く、買い置きしておくと家族みんなで飲めるサイズも嬉しいですね。

がっつりと効果を求めるのではなく、野菜が少なめになったからお財布に優しく野菜ジュースを飲みたい方におすすめ。飲み続けやすい商品です。

<参考>
・食塩、砂糖は無添加
・食物繊維含有量:0.7~1.9g


5. 食事と一緒に飲むサラダ 195X15

食事と一緒に飲むサラダ 195X15
¥425/l ¥83/個
¥1,242 ヨドバシカメラ
¥1,249 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

「食事と一緒に飲むサラダ」はカゴメの野菜ジュース。一本で約1/2日分以上の野菜195gを摂取できる優れものです。カゴメの野菜ジュースだけあって、食塩や砂糖、人工的な栄養は含まれておらず、野菜100%の純正野菜ジュースになっています。「野菜一日これ一本」と比べて含まれる野菜の量は少ないですが、食物繊維量がかなり多いことに特徴があります。

コンセプトとして食事と一緒に飲んでほしいということで、食事を邪魔しない、甘さのない野菜ジュースになっているとのことです。実際に飲んでみると、ドロドロした口当たりもあってか、甘くはないがとても飲みやすいという感想を受けました。味の方はちょっとトマトが強いかな、といった印象です。価格の方は1Lあたり425円と野菜ジュースの中では高めの部類です。しっかりした野菜ジュースの独特な口当たりを求めている方、含まれる野菜の量や食物繊維量にこだわりたい方におすすめです。食物繊維が豊富であることから、便秘などを気にされている方にもおすすめ。

<参考>
・食塩は無添加。砂糖、人工的な栄養も添加していない。
・食物繊維含有量:2.1g


6. ぎっしり15種類の旬野菜 ペット900mlx24本

対象ショップで取扱いなし

「ぎっしり15種類の旬野菜 ペット900mlx24本」は伊藤園から発売されている野菜ジュースです。このジュースはトマトを中心にしており、その他ににんじんやセロリ、小松菜、モロヘイヤなど全部で15種類の野菜が使われていることが特徴です。

このジュースは野菜汁100%のブレンドであり、手軽に野菜の栄養分を摂りたい人にとって便利なのに加えて、砂糖と食塩が不使用なので、塩分や糖分を控えたい人にも向いている飲み物と言えるでしょう。コップ1杯(180ml)あたりのカロリーも約35kcalであるため、ダイエット中の人もカロリーを気にせずに飲めるジュースです。

ぎっしり15種類の旬野菜 ペット900mlx24本は、ペットボトルに野菜ジュースが900ml入ったものが24本セットになっているので、毎日野菜ジュースを飲んで健康づくりに役立てたい人に便利ですし、家族みんなで飲みたい場合にも適しています。本数が多いと感じるかもしれませんが、賞味期間は9カ月あるため、余りすぎて困るということは無いでしょう。

ぎっしり15種類の旬野菜 ペット900mlx24本のおすすめの飲み方は、1日に1杯必ず飲むなどの習慣を作り、健康管理の一環にすることです。また、トマトを中心とした美味しいジュースは、スープなどの料理にアレンジすることも可能なので、オリジナルレシピを考えてみるのも面白いでしょう。


7. 野菜一日これ一本 パック200ml

野菜一日これ一本 パック200ml
441円お得
¥369/l ¥74/個
37%安
¥73 (x24) LOHACO(ロハコ)
¥87 SEIYUネットスーパー(ス)
他1ショップ

「野菜一日これ一本」は、栄養のバランスに配慮して30品目の野菜350g分をぎゅっと濃縮しています。葉・果・茎・根の様々な野菜をバランス良く使用しているので、日ごろ不足しがちな野菜の栄養を補給することができます。さらに食塩・砂糖・香料・保存料はもちろん、栄養強化を目的とした添加物を使用せず作られています。そのため家族みんなにおすすめの野菜飲料です。

野菜ジュースは生の野菜ほど栄養が取れないと考えられがちです。もちろん、野菜を搾汁、加熱などの処理をしてジュースにすると、ビタミンCや食物繊維など減少する成分はあります。しかし、加熱しても減少しにくい栄養素はたくさんあります。カルシウムやカリウムなどのミネラルや、野菜の色素であるカロテノイドなどです。これらの中には、リコピンやβ-カロテンのように、生の野菜から摂るよりも野菜ジュース等の加工品で摂る方が吸収率の良い栄養素もあります。またジュースにすることで生の野菜だと食べられない人でも簡単にその栄養素を取ることが出来ます。

健康的な食生活の基本は色々なものを少しずつ、バランスよく食べることです。普段の食事で野菜をバランスよく摂るように心がけ、その補助として「野菜一日これ一本」を活用するのがベストです。


8. 野菜一日これ一本 ペット720ml×15

野菜一日これ一本 ペット720ml×15
55円お得
¥309/l ¥223/個
47%安
¥3,339 ヨドバシカメラ
¥3,427 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

栄養価が高い30品目もの野菜を350g分ぎゅっと濃縮して作られた野菜飲料が「野菜一日これ一本」です。トマト、にんじん、ピーマンなどの代表的な緑黄色野菜に加え、クレソン、ビート、紫いも、明日葉など、一度の食事では到底摂取することが出来ない様々な野菜をバランス良く使用しています。ゆえに日ごろ不足しがちな野菜の栄養を補給することができます。さらに食塩・砂糖・香料などの添加物を使用せず作られているので、日頃野菜不足が気になる大人の方はもちろん、野菜嫌いのお子様や生活習慣病が気になる方など、あらゆる方の栄養補助におすすめです。

720mlペットボトルタイプなので、コンビニなどでよく目にする紙パックタイプに比べて持ち運びなどには不便ですが、1ℓあたりの値段は格段に安くなります。ご家族で飲まれる場合などには、価格も抑えられるので家計に優しく最適です。さらにこの720mlペットボトルが15本入ったセットになっているので、一つ買えばその都度買いに行く手間が省けます。このような飲料は一本一本が重く買いに行くのも意外と重労働です。忙しい主婦の貴重な時間を節約できるので賢くまとめ買いするのがおすすめです。日頃の食生活の補助としてぜひご活用下さい。


9. 野菜一日これ一杯 ペット720ml

野菜一日これ一杯 ペット720ml
¥285/l ¥205/個
51%安
¥205 (x3) LOHACO(ロハコ)
¥232 SEIYUネットスーパー(ス)
他1ショップ

トマト、にんじん、ピーマンなどの代表的な緑黄色野菜に加え、クレソン、ビート、紫いも、明日葉など、栄養価が高い30品目もの野菜を350g分ぎゅっと濃縮して作られた野菜飲料です。一度の食事では到底摂取することが出来ない様々な野菜をバランス良く使用しています。ゆえに日ごろ不足しがちな野菜の栄養を補給することができます。さらに食塩・砂糖・香料などの添加物を使用せず作られているので、日頃野菜不足が気になる大人の方や、野菜嫌いのお子様など、家族みんなの栄養補助におすすめです。

「野菜一日これ一本」は濃縮タイプのジュースです。これは原料となる野菜・果実からジュースを搾汁した後、濃縮(水分を除く)し保管した濃縮原料に、再度水分を加え、元の濃度に戻す(還元)作業を行うタイプのジュースです。濃縮中にジュースの香気成分が揮散するため、香りは減少しますが、比較的低い温度でかつ短時間で濃縮できるため、安定的な品質でジュースを提供でき、ご家族の健康を考える上で大切なメリットになります。

こちらは720mlペットボトルタイプです。コンビニなどでよく目にする紙パックタイプに比べて持ち運びなどには不便ですが、1ℓあたりの値段は格段に安くなります。ご家族で飲まれる場合などには、価格も抑えられるので家計に優しく最適です。


10. デルモンテ野菜ジュース 食塩無添加 900gx3本

デルモンテ野菜ジュース 食塩無添加 900gx3本
¥208/l ¥187/個
64%安
¥562 LOHACO(ロハコ)

まるで家庭でしぼったジュースのように濃厚で果肉感があり、すっきりとした味わいが特長の野菜ジュースです。すっきりとした味わいの秘密は独自製法のセロリなどの野菜ピューレーと香辛料のブレンドです。緑黄色野菜を中心に旬に収穫した21種類の野菜を使用しています。コップ1杯約200mlで厚生労働省推進の「健康日本21」に記載された一日分の目標摂取量である緑黄色野菜120g以上が使用されています。また食塩無添加なので、日頃塩分量に注意しなくてはならない方やお子様にもおすすめです。

野菜ジュースは様々な野菜が含まれている分、物によっては野菜がもつえぐみも味に表れる場合があり、それによって苦手意識を持っている方も多くいます。しかしデルモンテの野菜ジュースは野菜本来の甘みや旨みが強く、嫌なえぐみを感じることがありません。そのため野菜ジュースが苦手な方でも飲みやすく、おすすめです。

またこちらはトマトをメインにしたジュースなので、そのまま飲むのはもちろん料理に活用することも出来ます。カレーやシチュー、パスタなどにおすすめです。900gペットボトル3本セットの大容量なので、日頃の飲料としても料理に活用しても大満足の量です。ご家族みんなの毎日の栄養補助に役立つ一品です。


より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。