プルーンジュースのおすすめとダイエット効果はある?ほか

プルーンジュースに使用されているブルーンは、便秘に悩む方の心強い味方ともいえる食材のひとつです。鉄分が含まれていることでも知られているプルーンは、生タイプよりもドライフルーツの方が栄養価が高くなります。プルーンジュースはこのドライプルーンが使用されています。

プルーンジュースのプルーンは、果物のスモモと同じ仲間で、日本語の呼び方では「西洋スモモ」と言われることもあります。もっとも旬の時期は真夏ですが、プルーンジュースとして加工されているため、一年中美味しいプルーンジュースを味わうことが可能です。また、プルーンはアメリカ産が多く出回っていますが、日本の長野県でも栽培が盛んです。

そんなプルーンを使ったプルーンジュースには、非常に多くの栄養が含まれており、美容を気にする方に好んで飲まれています。プルーンジュースはダイエット、そしてお通じ解消にどのくらい役立つのか、効能やカロリーなども詳しくご説明いたします。

プルーンジュースのカロリーはどれくらい?

プルーンジュースのカロリーは、100mlあたり77kcalとなっていますが、果汁100%のプルーンを使用している商品とあって、栄養価も高いです。さらにプルーンジュースは、ほかの果実ジュースに比べても非常に栄養価が高く、ミネラルが豊富に含まれている事でも知られています。特に果汁100%タイプのプルーンジュースは、果汁の自然の甘みを生かしており、自然な甘みと酸味を生かしたジュース作りを行っていますので、小さなお子さんから体力が落ちてしまいやすいご高齢の方まで、安心して飲んでいただける果汁飲料となっています。また、プルージュースによる美容効果も優れています。果物は日々の健康や美容を気遣う上で積極的に食べたいものですが、意外と高カロリーである場合も多いです。しかし、プルーンジュースのプルーンは低カロリーなので、ダイエット中でも安心して摂取することができます。さらに、果物には果糖があり、糖質制限ダイエット中には不向きなものでもありますが、プルーンジュースに使われているプルーンの甘味は、ソルビトールが一部含まれています。このソルビトールは、砂糖よりも7割もカロリーが低くなっています。また、ソルビトールが持つ性質には食べ物が長く消化管に留まらせないというものがあります。このことから、食事を摂った際にプルーンジュースを飲むことで、食事のカロリーを消化管から吸収しにくくなるため、ダイエットにも最適です。

プルーンジュースに使われいているプルーンの原産地の多くは、もともとコーカサス地方と呼ばれる場所で、ちょうど西アジアの黒海とカスピ海に挟まれた地域です。その後プルーンはアメリカへのカリフォルニアに移植され、発育条件も適応していた事から、アメリカの99%は現在でもこのカリフォルニア産のプルーンなのです。カリフォルニア産のプルーンは、サンスイートプルーンとして、多くの国々に輸出されているのです。しかし、日本国内でも、プルーンの育成に比較的気候の合った長野県などでは、プルーンの生産が行われており、プルーンジュースの生産と販売も行っています。

ダイエット中はどうしてもカロリー制限を行うために、必要な栄養も不足しがちになりますが、プルーンジュースを飲むことで無理なく栄養の補給を行うことができます。ただ、プルーンジュースに含まれているカロリーの吸収を抑える働きがあるソルビートは、摂取しすぎてしまうと人によってはお腹がゆるくなりやすいため、適切な量を飲むようにしましょう。

プルーンジュースの効能は?

プルーンジュースの効能は、原材料となるプルーンの効能に準じたものです。プルーン、にはミネラル類やビタミン類、水溶性の食物繊維であるペクチン、抗酸化作用効果の高いポリフェノールなど、さまざまな有効成分が豊富に含まれています。したがってその効能を見ると、貧血改善効果が高いと言われるほうれん草よりも、プルーンは優れた効果を発揮する事が、1973年のアメリカにおける研究で明らかにされています。また、ポリフェノールには優れた抗酸化作用がありますので、コレステロールの酸化も抑えられ、動脈硬化などの生活習慣病の予防に多大な期待が寄せられているのです。

更にプルーンジュースに含まれる豊富なカリウムは、体内でナトリウムとバランスを取り合って存在する事が知られており、ナトリウムを体外に排泄する働きがありますので、高血圧の予防やむくみの改善にも期待が寄せられているのです。そして、豊富なβカロテンを含んでいるプルーンは、免疫力を高める作用がある為に、風邪などの感染症を予防したり、病後の回復にも役立つ事でしょう。プルーンは、生食でも美味しく食べられるほどの甘みを持っていますが、この糖分は単糖類であるブドウ糖や果糖が非常に多く含まれており、吸収力が良く疲労回復にも役立ちます。

便秘に効くということでも人気があるプルーンジュースは、そのまま間食として飲むのももちろん良いのですが、アレンジして、お菓子や料理に入れることで、よりおいしくいただくことができます。プルーン100%のジュースであれば、ホットケーキミックスやパウンドケーキミックスにほんの少し混ぜるだけで、色鮮やかで、いつもと違うテイストのスイーツになります。そのままだと使いづらいのであれば、少し煮詰めて、とろっとしたペースト状にしておくのと、アレンジがしやすくなります。また、ヨーグルトに入れたり、お好みのフルーツでスムージーにするのも良いでしょう。さらに、カレーの隠し味としてプルーンジュースを入れるのもおいしいです。そして、プルーンジュースは赤ちゃんへの離乳食としても取り入れることができます。赤ちゃんが便秘がちで気になる、という場合には、キャベツやバナナと混ぜてミキサーにかけます。そのまま少し飲ませるだけでも、腸の動きがとてもよくなりますし、赤ちゃんもとても飲みやすいです。赤ちゃんの場合は、いきなり大量に飲ませるのは良くありませんので、量は調整していきましょう。

プルーンは便秘解消にいいって本当?

プルーンには、水溶性食物繊維であるペクチンが、一般の果実と比べても豊富に含まれている事が知られており、欧米では便秘の妙薬として利用されていた実績のあるものなのです。このプルーンは、こうした食物繊維の働きだけではなく、ミネラル成分の影響もあり、マグネシウムなどのミネラル類の複合作用もある為に、便秘の予防や改善に対して、多大な効果を期待することができます。また、便秘の症状の無い方がプルーンを摂取したことによって便が緩くなってしまうという事もありますが、これはプルーンの便秘抑制作用のせいなので、量を調整する事で解消することができます。

女性に多いといわれている便秘は、美しさを追求する女性たちにとって、一番の大敵となるものです。ほとんどの方の便秘の原因となるものは、機能性便秘と呼ばれるもので、その中には急性の便秘と呼ばれるものがあり、これは、一時的な便秘の事を言い、水分摂取が足りなかったりするため、プルーンを摂取することで便秘解消を行うことが期待できます。

また、プルーンのもつ栄養は、赤ちゃんや小さなお子様の便秘解消にも適しています。赤ちゃんや小さなお子様は一度排便に対して不快感を覚えてしまうと、排便を避けてしまうようになりやすいと言います。そのならないためにも、離乳食や普段の食事に食物繊維の含まれた食品を加えることによって、良い腸内環境を作る必要にあるでしょう。そんな時におすすめなのがプルーンです。

プルーンジュースは、固形のものが食べられない赤ちゃんや、食感が苦手というお子様にであっても飲みやすく食物繊維を摂取することができます。また、便秘薬と違って天然の果物ですから、体に負担がかかることもありません。

また、便秘薬とは違い、プルーンジュースは天然のものなので、赤ちゃんがお腹にいる妊婦さんの便秘解消にもプルーンは最適と言えます。過剰に摂取しすぎしまうと、便がやわらかくなりすぎてしまうこともあるので注意が必要ですが、プルーンジュースであれば、飲む量を調整することで、体にも負担にならず、お腹の状態を調整することができます。また、便秘解消以外にも免疫力向上、疲労回復などの効果が期待できるため、プルーンジュースは妊婦さんにうってつけのドリンクだと言えるでしょう。

ダイエット効果はある?

プルーンはミラクルフルーツと呼ばれるほど、栄養価に富んだ食物です。プルーンジュースのダイエット効果は、その栄養素からもよく分かります。プルーンには、水溶性食物繊維が含まれており、この食物繊維こそがダイエットに欠かせないデトックス作用をもたらしてくれるものとなっています。またプルーの80%以上が水分ですので、カロリーが心配という方でも安心です。

食物繊維は腸内細菌を育てるのに有効に働くほか、ダイエット時には気になる便秘を未然に防いでくれる作用があります。そして赤血球の元となる鉄や銅といったミネラルのほかにも、造血に必要な葉酸やビタミンB_などのビタミンB群も豊富に含まれており、ビタミンCなどの成分がバランスよく含まれていますので、ダイエット時に起こりやすくなる貧血も抑えてくれます。またカルシウムやマグネシウムは、骨の構成成分ですので、ダイエット時に不足になりがちな栄養素の補充によって、骨密度のバランスも保つ事ができます。

他の栄養素を見ていくと、炭水化物、食物繊維質、脂肪、タンパク質などが含まれています。また、β-カロテンやチアミン、リボフラビン、パントテン酸、葉酸と非常に幅広いビタミン類が多いのが特徴です。またミネラル類にも恵まれており、ナトリウム、カルシウム、リン、亜鉛と、かなりのミネラルが豊富に含まれている事がお判りいただけるでしょう。

生のプルーンはとても傷みやすく、あまり日持ちのしないものですが、その理由のひとつとして糖分を多く含んでいるから、と言われています。また生のプルーンは、時期的に夏場の6月から7月の果実ですので、生で食べるにはこの時期しかお目にかかる事ができないわけです。しかしプルーンジュースであれば、1年中飲む事ができ容器もボトルやパッケージに入っていますので、どこへでも持ち運びのできる優れた携帯飲料に早変わりするというものです。プルーンがダイエットに向いているのはその栄養価の高さにあります。

プルーンジュースのおすすめ

4位: 信州 プルーンジュース(160g*30本入)

信州 プルーンジュース(160g*30本入)
¥1215/l ¥194/個

3位: プルーン100 125X18

プルーン100 125X18
247円お得
¥684/l ¥86/個
¥85 (x36) ヨドバシカメラ
¥93 (x36) Amazon(アマゾン)
他1ショップ

2位: 信州アップル&プルーン 190g×30本

信州アップル&プルーン 190g×30本
¥808/l ¥154/個

1位: サンスウィート プルーン100%(900mL)

サンスウィート プルーン100%(900mL)
¥440/l
40%安
¥396 爽快ドラッグ
¥408 SEIYUネットスーパー(ス)
他2ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。