ブルーベリーのおすすめと効果・効能を紹介

ブルーベルージュースは、目に良い効果がある果物として、一躍知られるようになった果物であるブルーベリーのジュースです。ブルーベリーは、古くはネイティブアメリカンの栄養源として栽培されていたといわれています。アメリカに移住してきたヨーロッパ人に分け与え、今ではアメリカでは無くてはならない果物となっています。ブルーベリーに使用されるブルーベリーが日本に伝えられたのは今から60年ほど前で、アメリカから日本の気候にある樹を研究者が持ち込みました。日本中に広く知られるようになったのは、1980年ごろです。ジャムとして全国的に発売されたのがきっかけです。さらに、目に良い果物としてメディアで紹介されたことから、爆発的にヒットするようになりました。

そんな歴史を持つブルーベリーを使用したブルーベリージュースにはどのような効果・効能があるのでしょうか。カロリーなども併せてご紹介いたします。

ブルーベリージュースの栄養は?

ブルーベリーは、水分を84%以上含む瑞々しい果実ですが、栄養素の種類は他の果物と比べても豊富であるのがその特徴です。なかでもビタミンの種類が多く、体の免疫力を高めるβ-カロテンや、日ごろの疲れを取るために欠かせないビタミンB1などが含まれています。さらにホルモンバランスを整えるビタミンB6や美肌に欠かせないビタミンC、ビタミンE、ビタミンKなど、複数のビタミンが含まれているのが特徴です。ミネラル分はナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムと、多くの種類を含まれているため、少量を摂取するだけでも健康にも良い果物だといえます。

また、ブルーベリーに含まれる栄養素のうち、蛋白質の種類が多いのも特徴です。必須アミノ酸であるトリプトファンが含まれているため、正常な睡眠サイクルを得られます。さらにアルギニンやアスパラギン酸、グルタミン酸といったものが含まれています。そのほか、炭水化物は100gあたり14.49gで、そのうち糖分となるものが9.96gです。また、食物繊維も2.4g含まれており、バランスの良い果実である事がわかります。

最近は日本の健康食品コーナーでも、定番の商品として見かける事が多くなってきたブルーベリーですが、少し前まではそうした目的で利用される事は無く、ほかのベリー類と同じ様に、ケーキやパイにタルトなどと菓子に添え物として使われる事がほとんどでした。その大きな理由としては、ベリー系の果実は他の種類の果実と比べてみると、ビタミンやミネラルといった栄養素の含有量が比較的低い為に、果物の仲間としては格下に見られがちであった事が影響を及ぼしていました。しかし、近年の研究によってその価値が見直された事から、一気に健康食品などといった利用価値がクローズアップされて来たのです。

目にいいって本当?ブルーベリージュースの効果と効能

ブルーベリージュースを含むブルーベリーは、よく眼病に良いとか目に良いと言われていますが、これは戦時中にパイロットの間で、ブルーベリーを食べた者が視界が良くなり、非常に目に効くという話が広まった事によるものです。ビタミンAは夜盲症などの鳥目と呼ばれる症状に効果がある事は実証済みで、昔の人はこのビタミンAが不足している事が多く、ビタミンAを含む食材の多くが、目に良いとされてきた事実がこれを物語っています。

ビタミンAは、強い抗酸化作用を持っており、目の網膜で光を感受する機能にかかわるロドプシンの成分となる事がわかっており、視力低下の予防や、白内障の予防をしますので、目薬にも使われている成分です。また、ビタミンAが欠乏すると、夜盲症や乾燥眼炎となる事もわかっていますし、ブルーベリーに含まれているビタミンEやビタミンB2といった成分も、多くの目薬に加えられている成分で、視力を回復させ、視力低下予防効果に役立っている事がわかっています。したがってブルーベリーは、成分的にも目に良い栄養素が含まれた果実であり、直接目薬を使うだけではなく、即効性こそありませんが、ブルーベリージュースを飲む事により、栄養素として吸収できるのです。

ブルーベリージュースが、目に良い成分が含まれている事はお判りいただけたと思いますが、ブルーベリーの紫色の色素も目に良いとされる成分です。このアントシアニンに関しても、まだまだ研究段階の成分であり、充分なデータがあるわけではありませんが、アントシアニンは抗酸化作用がある成分で、ブルーベリーにはこのアントシアニンが大量に含まれています。目が悪くなる一番の原因は、長時間目を使い続けたり、強い光や文字などの集中する事によって目を酷使してしまうことによって視力が悪くなって行きます。

これは、酷使する事で、目の網膜にあり視力の調整を司っている、ロドプシンという蛋白質の再合成が遅れてしまう事に原因があり、再合成が遅れるとその症状として、目がショボついたり焦点がぼやけるなどの疲れ目の症状があらわれてくるのです。ブルーベリージュースに多く含まれているアントシアニンは、このロドプシンの再合成を促進する働きがあり、こうした視覚機能を改善する効果があることが明らかになっているのです。また、ブルーベリージュースには、活性酸素を除去する効果や腸内環境を整える効果、体調を整える効果などが知られており、尿路殺菌作用がある為感染症を防止します。

カロリーはどれくらいなの?

ブルーベリーの100gあたりにおけるカロリーは、57kcalです。また、ブルーベリージュースでは100mlあたり42kcalと一般的な炭酸飲料とほとんど変わりません。また、ブルーベリージュースは、品種によっても栄養素となる成分や、糖度が変わってきますので、メーカーブランドによっても多少の差があります。ブルーベリーは、以前はどちらかというとそのまま食べるイメージが少なかった食品で、生のブルーベリーが市場で回るようになったのは、比較的最近です。また時期よって収穫される量も違ってきますので、そのままではなく、ジャムやスイーツの材料として加工されることが多い食品です。その他にも、缶詰やドライフルーツ、フルーツのソース・果汁・抽出エキスなどにも加工されています。

ブルーベリーの加工品として、もっとも出回っているブルーベリージャムのカロリーは、大さじ約1杯(20グラム)で、おおよそ33キロカロリーです。最近ではカロリーを抑えたジャムも販売されていて、同じく大さじ1杯では、18キロカロリーほどとなっています。ブルーベリー自体は、それほどカロリーが高い食品ではありませんが、ジャムになると、保存食品という性質上、糖分が大変多く、カロリーが高めの食品となっています。

ブルーベリーはダイエットとしてもおすすめの食品です。朝食にトーストを食べるという方は多いと思います。先日、トーストにジャムを塗ることによって、ダイエットにつながる、という新常識がテレビで紹介されたことによって、あちこちで話題となりました。ブルーベリーをはじめとするジャムは、果物に砂糖をまぶし、過熱することで作られます。ジャム独特のとろっとした状態は、ペクチンという物質の効果です。ペクチンはブルーベリーなど植物の細胞と細胞を結び付けている役割がある多糖類で、水溶性食物繊維と呼ばれるものです。ペクチンが含まれている食品を摂取することによって、小腸の中で脂肪分が吸収されることをおさえるはたらきが期待できます。また、血糖値が上がりづらくなり、コレステロール値も抑えられるという効果があるといわれているのです。またブルーベリーに含まれているポリフェノールは、ジャムになっても壊れることがなく摂取できます。さらに、熱を加えることによって作り出されるメラノイジンという物質は、生のブルーベリージャムにはありません。抗酸化作用もあることから、ダイエットに役立つのです。適量は、食パン1枚に大さじ1杯とされています。もちろん、食べ過ぎはカロリー超過につながりますが、ジャムはカロリーが高いからと敬遠するのではなく、朝食に取りいれることで、ダイエットにつなげましょう。

ブルーベリーの効果としては、眼精疲労や視力低下を防ぐ作用、抗酸化作用によるアンチエイジング作用による若返り作用、皮膚細胞の活性を促しますので美白効果や肌荒れ防止作用、豊富な食物繊維による便秘防止の改善作用、膀胱炎などの予防作用などがあります。

ブルーベリージュースのおすすめ

4位: ブルーベリー・ビルベリー100 720ml

ブルーベリー・ビルベリー100 720ml
¥3238/l

3位: 野田ハニー ブルーベリー100%ジュースC 500ml

野田ハニー ブルーベリー100%ジュースC 500ml
82円お得
¥1824/l
¥912 ケンコーコム
¥1,078 Amazon(アマゾン)

2位: ブルーベリー100 瓶500ml

ブルーベリー100 瓶500ml
1057円お得
¥2183/l ¥1091/個

1位: 順造選 ブルーベリー 500ml

順造選 ブルーベリー 500ml
1108円お得
¥1246/l ¥623/個
42%安

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。