おすすめの飲み方とアサイージュースランキングほか

美容のためにいいとされている食品は多くありますが、中でもアサイージュースに使用されているアサイーは、世界中のセレブなどに愛用されている食品です。アサイージュースに使われているアサイーは、もともとブラジルやアマゾンの地域で多く収穫されていましたが、今では日本国内でも多くの方に知られるようになってきました。

アサイーはブルーベリーのような甘酸っぱい味わいが特徴的で、ジュースになることでより一層飲みやすくなっています。日本国内ではアサイーはジュースとして活用されることが多く、いろんなメーカーが商品を販売しています。アサイージュースは手軽に飲むことができる食品として様々な場面で活用していくことができる、現代人には最適なジュースといえるでしょう。そんなアサイージュースの気になるカロリー、また美容に役立つ効果などをご紹介します。

アサイージュースってどんなジュース?

アサイーは、1本のワカバキャベツヤシに3から4房の果実を実らせ、その収穫量は1房でも3kgから6kgもの量が取れます。ヤシ科の植物ですが、その実は非常に小さく直径でも1㎝程しかなく、可食部が実の全体量の5%ほどですので、そのまま食べるという事は無く、利用する際にはこれらの実をまとめてペースト状にしたうえで利用するのが一般的でなのです。そして、このペースト状の物をパルプと言い、これをパックしたものが一般的に流通しているもので、このペーストを圧搾して絞り出した果汁が、アサイージュースとなるわけです。

日本人にとって、あまりなじみのないアサイーですが、最近では健康食品コーナーは勿論の事、スーパーやコンビニでも見かけるようになってきました。日本でこのアサイーが認知された経緯は、日本の有名プロサッカー選手が愛飲していた事がその発端で、この選手は慢性的な貧血に悩まされ続けたといいます。このプロサッカー選手は、アサイージュースを飲み続ける事によって、長年の懸念であった貧血症状が緩和され、効果があった事をマスコミ関係者などのメディアに語ったところ、このアサイージュースの話題が一気に広まり、広く日本国内で認知される事に繋がったのでした。

アサイーの実は、見た目はブルーベリーの果実の様で、一目見たら甘酸っぱさを感じる果実ですが、実は甘みや酸味などはほとんど無く、無味に近い非常にあっさりとした果実です。ブラジルが原産国ですが、原産地アマゾン周辺でワカバキャベツヤシは栽培されており、現地での食べ方はフルーツのような食べ方はあまりされておらず、ピューレ状にすりつぶしたパルプを利用しています。具体的には、現地で常食とされているマンジョッカというキャッサバ芋をフレーク状にした、ファリーニャと砂糖を混ぜて主食として食べていますが、ブラジル人が主食としている訳では無く、あくまで現地住民の食べ方です。

また、好みで干し肉や塩エビなどと一緒に食べますが、フルーツと一緒に食べるような事は無いようです。日本で売られているアサイーは、アサイージュースやペースト状にされたパルプと呼ばれる商品と、アサイーを粉末にしたものとが売られており、近所にこうした商品が見つからない場合でも、インターネットのサイトショップなどで、手軽に購入できます。市販のアサイージュースは、元々アサイーに味がありませんので、甘みや酸味を付け他の果物とミックスされたものが、ジュースとして流通しています。

アサイージュースのカロリー

アサイージュースに含まれるアサイーは、他の果物よりも脂質が多いとされています。しかし、このほとんどは必須脂肪酸であり、体内で酸化しにくく残りにくい脂質です。また、動脈硬化の予防やコレステロールの低下といった効果が見込まれています。したがって、一見カロリーが多いように見られるアサイージュースは結果的にダイエットの味方でもあり、健康改善に一役買ってくれると言えるでしょう。

アサイージュースのアサイーは、現地で主食にされるほど、栄養価値が高く、その特徴としては多くの栄養素と、ポリフェノールなどが多く含まれている事にあります。アサイー100gあたりの栄養価は72kcalとなっていて、主に炭水化物とタンパク質、脂質がアサイーの三大栄養素となっています。この他には、ビタミンA相当のβカロテンを含んでいて、ビタミンB群としてはビタミンB1、B2など豊富なビタミンB群を含んでいます。さらにビタミンCやビタミンEも含んでおり、ミネラル類に関してはナトリウム、マグネシウムなど豊富な種類のミネラルを含んでいると言えます。

また効果的な栄養素としては、アントシアニン、フェルラ酸などを含みますが、これら栄養素の中でも含有量が目立つ成分が、ナトリウムや鉄分、カルシウム、ビタミンと健康に重要な栄養素が十分に含まれた果実と言えるでしょう。また、女性に特に多い症状とされている貧血にアサイージュースは効果があるとされています。一般的に、貧血予防に効くとして鉄分が多く含まれているレバーを推奨する方がいますが、毎日摂取するのは大変ですし、そもそもレバーが苦手という方もいるでしょう。しかし、アサイージュースなら、手軽に摂取することができますし、レバーに含まれている鉄分の3倍近い栄養を取り組むことができます。また、アサイーの果実100g中に含まれるポリフェノールの量は約4000mgと言われており、驚く事にこのポリフェノールの量は、赤ワインの約30倍相当にあたるもので、ブルーベリーの18倍に相当する事になります。

アサイーで使用されるアサイーは、収穫された後、すぐに酸化が起き鮮度が落ちてしまいますので、生の果実を手に入れることは難しいとされます。その為流通は生の実をそのまま冷凍したものや、ペースト状のパルプをパックしたもの、そして乾燥させた粉末が市場に流通する事になります。しかし、こうした加工技術が進んだおかげで、アサイージュースも日本にたくさん出回るようになりました。栄養価が高くヘルシーなアサイージュースはダイエットに非常に向いています。

アサイージュースの効果がすごい?!

アサイージュースは、赤道直下の強い紫外線と大量に降り続ける雨などの、過酷な環境である南米アマゾンで生育している植物で、こうした環境下に耐える為にポリフェノールを始めとする抗酸化物質で、その身を守ってきました。また動物などと違い、こうした植物の寿命が長いのも、このような抗酸化作用のある成分を豊富に持っている為とされています。アサイージュースの優れた効果は、このポリフェノールによるところが大きく、赤ワインの30倍あるとされるポリフェノールの恩恵は、かなり高い効果が期待できます。

健康に気を使う方は、抗酸化作用による活性酸素の除去作用はご存知の事でしょう。悪役のようにされている活性酸素ですが、実はこの活性酸素も人間にとっては大事なもので、高い反応活性を持っていますので、外部から入り込んできた異物となるバクテリアなどの微生物を排除する働きがあるのです。また、白血球などの好中球やマクロファージが、体内の異物や毒物を認識し取り込み分解する事は、良く知られているが事ですが、この際にバクテリアなどを分解するのに活性酸素が作用しているわけです。しかし、活性酸素が体内で増えすぎると、体内にある正常な細胞を攻撃してしまう為に老化や病気の原因となると言われています。

実は人の体内の中でも、抗酸化作用のある酵素があり、過剰に作られた活性酸素を除去してくれていますが、車の排ガスや紫外線などの有害成分と、喫煙や加齢などによってこの活性酸素が増えてしまい、体内の活性酸素だけでは追い付かなくなる状況が起こるのです。アサイージュースは、豊富なポリフェノールを持った果実を使用していますので、ポリフェノールの抗酸化作用によって活性酸素を減らす効果があります。これは、一般にアンチエイジング効果と呼ばれるもので、活性酸素による体の錆び付きを抑え、老化抑制作用や体の不調を整えてくれるものです。

また紫色の色素であるアントシアニンは、眼精疲労を改善する作用が知られており、鉄分も多めに含み造血作用のある葉酸とビタミンCの作用によって、貧血を改善してくれるほか、食欲不振や便秘と下痢に免疫力の低下や慢性疲労を和らげてくれる作用があるのです。また、アサイ−ジュースはカルシウムを多く含み、ビタミン類やホルモンを整えてくれる物質が含まれていますので、骨粗しょう症の予防や筋肉のけいれんの予防にも効果があり、高齢者や妊婦さんなどにもぜひ摂ってもらいたい食品と言えるでしょう。

アサイージュースのおすすめの飲み方

日本に入ってくるアサイーは、生で輸入される事は無く、加工された状態で日本国内に入ってきます。アサイーは実をすりつぶしてペースト状にしたパック製品や、アサイーにガラナを加えたパルプなども販売されていますが、使い易さや用途の多い粉末タイプの製品も購入する事ができます。これらの商品は、無添加の物も多く、自分で味を調えなければなりませんが、アサイージュースは、飲料ドリンクとして甘みや酸味を調整しているものです。しかも、アサイーと相性の良いとされる、野菜や果実がミックスされたものが多く、外出先などでもそのままの状態で飲む事ができますので、手軽さや便利さから言えば、やはりアサイージュースに軍配が上がると言えるでしょう。カロリー表示や使用している材料も、書かれていますので、カロリー計算するのも非常に楽なものです。

また、仕事先や学校などで、激しい運動や作業または、長時間モニターを見ながら業務を行う場合も、手軽に飲む事ができ栄養補給が容易に行えます。また、アサイージュースは、液体でとても吸収力に秀でた飲み物ですので、飲むタイミングは朝などではなく、運動前や運動中に飲む事が効果的で、日頃疲れがたまる時間を見計らって飲むと良いでしょう。

アサイージュースのおすすめの飲み方としては、パウダータイプやペーストタイプを、利用するという方法もあります。ペーストタイプやパウダータイプは、濃縮されたアサイージュースと同様で、余分な水分をプラスする事ができ、応用範囲が広く使える為に、あらゆる食材との組み合わせが自由に楽しむ事ができます。まず、現在よく朝食代わりで作る事の多くなったスムージーですが、材料はアサイーパウダーなら5g、ペーストならば20gほど入れ、牛乳か水を100cc、バナナ1/2本、冷凍フルーツか好みの野菜適量、そして好みの量の糖分を入れますが、ヘルシーさを求めるのであれば、バナナの甘みだけでも十分です。ここに氷を入れますが、入れる材料によって5個から増やしていきましょう。

また、デザートにはアサイージュースを使ったゼリーがお勧めですが、美肌効果やデトックス効果を引き出す為に、ゼリーだけではなく寒天を使用する事で腹持ちが良くなります。ヨーグルトを入れると、ドロッとした食感のアサイーボウルを作る事ができますので、トッピングにフルーツやシリアルを乗せて楽しみます。カロリーを気にしない方や、日頃の栄養不足を解消されたい方には、最適の食べ方と言えるでしょう。

アサイージュースのおすすめ

5. ミニッツメイド スムージー アサイーバナナミックス(160g*6本入)

ミニッツメイド スムージー アサイーバナナミックス(160g*6本入)
¥1238/l ¥198/個
74%安
¥1,188 ヨドバシカメラ
¥1,200 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

4. スジャータ アサイー本格濃厚ブレンド 330ml

スジャータ アサイー本格濃厚ブレンド 330ml
¥515/l
89%安
¥170 SEIYUネットスーパー(ス)
¥177 ヨーカドーネットスーパー(ス)

3. スーパーフルーツ アサイー フレーバー 250ml

スーパーフルーツ アサイー フレーバー 250ml
¥1255/l ¥314/個
74%安
¥313 (x12) Amazon(アマゾン)
¥340 ヨドバシカメラ
他1ショップ

2. ブルーベリー&アサイーMix 200X24

ブルーベリー&アサイーMix 200X24
¥402/l ¥80/個
92%安
¥1,931 LOHACO(ロハコ)
¥1,933 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

1. サンバソン アサイーミックスビューティー100% ペット900ml

サンバソン アサイーミックスビューティー100% ペット900ml
¥549/l
88%安
¥494 Amazon(アマゾン)
¥494 LOHACO(ロハコ)
他1ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。