アロエベラジュースのダイエット効果とおすすめの飲み方

アロエベラジュースには、近年、ブームとなっているスーパーフードのひとつである、アロエベラが入っています。アロエベラは、ユリ科アロエ属の多肉植物です。観賞用植物として知られているアロエの種類のひとつです。もともとは西インド諸島のバルバドス島の植物です。

アロエベラの肉厚の葉の部分は、ゼリーのようになっています。このゼリー部分は、アロエベラゲルといって、ムコ多糖体と呼ばれる物質が含まれています。ムコ多糖体は、免疫の力を強めるはたらきがあることが注目されてるようになりました。アロエベラジュースの他にも、ヨーグルと、最近ではスキンケアなどにも利用されています。ダイエットなどにも良いとされるアロエベラジュースの効果や、飲み方などもご紹介いたします。

アロエベラジュースにはどんな栄養があるの?

アロエジュースの基本的な栄養素としては、高血圧の予防に必要なカリウムをはじめ、ナトリウム、カルシウム、リンなどが挙げられます。また、タンパク質や炭水化物も含まれていますが。いずれも少量なため、カロリーを心配する必要はありません。

アロエ特有の栄養素としては、整腸作用を促すアロエエモジンや老化防止に役立つアロエマンナンといったものが挙げられます。いずれも健康な体を保つための栄養として欠かせません。

日本でよく見かけるキダチアロエとアロエベラは、同じアロエの仲間ですがその性質や大きさも異なるもので、日本でよく見かけるキダチアロエは、寒さに強い耐寒性がありますが、アロエベラは沖縄などの温かな地域でしか育てる事ができません。また、アロエベラは熱帯性の植物で、キダチアロエの10倍以上に育つ事も多く、キダチアロエよりも肉厚で収穫量が多い為に商用で利用される事が多いのです。構成成分は同じアロエですのでよく似ていますが、 キダチアロエにはアントラキノン類が少ない位で、下剤としての作用は低めになっています。アロエベラジュースは、肉厚のアロエベラの固い刃の部分を取り去って、中の透明な部分だけを加工したものですが、カロリーは低くとも栄養素が多いのがその特徴です。

アロエベラとキダチアロエの成分の違いは、キダチアロエにはアロエウルシンと、アロエチンやアルボランを含んでいない事が挙げられますが、その代わりにアロエニンとサポニンの成分を含んでいます。アロエの品種は多く、観賞用植物として世界中で栽培されていますが、観賞用植物は花や美しい葉の模様をいつくしむ為に改良されて来たものであり、薬効成分は少ないとされています。

アロエベラジュースの効果・効能とは?

アロエが胃腸に良いという事は、よく知られており、腸は体の根っことも呼ばれるほど、人の身体にとっては非常に大切な消化器官です。人間の腸内には、100種類以上もの腸内細菌が存在していると言われ、およそ100兆個ものバクテリアが生存しており、その腸内環境は腸内フローラル世も呼ばれ、人にとって良い働きをする善玉菌と悪い働きをする悪玉菌が、常時せめぎ合いを行っており、このバクテリアの割合に腸内環境は左右されています。

腸内環境が悪化すると、便秘をはじめ肌荒れなどの原因となり、食物の残りが腐敗しやすい状態となってしまう為に、ガスが発生しやすくなり匂いのきついおならが発生し、有害成分が増えますので、腸内環境は悪化し便秘に繋がっていくのです。アロエベラジュースには、こうした腸内環境を整える作用にあるアロインなどは、腸内の水分量を増やしてくれ、腸のぜん動運動を活発にしてくれますので、腸内の余分なものを押し出して便秘を解消してくれるのです。また、胃はストレスの影響を受けやすい消化器官で、強力な塩酸である胃酸によって食べ物が消化されますが、ストレスなどの外的な影響によっても胃酸過多となり、胃液が分泌されてトラブルの元になります。

胃は自らを守る為に、分泌液を出して胃酸から溶かされないように胃壁を守っていますが、胃酸が出すぎると、胃炎や胃潰瘍と十二指腸潰瘍などになりやすくなってしまいます。アロエベラジュースには、アロエウルシンと言う成分が含まれており、潰瘍の表面を覆い傷ついた胃壁を胃酸から守ってくれますので、痛みを緩和し、アロエは血液を固める働きも持っている為に、胃壁からの出血を抑えてくれる作用があります。アロエベラジュースにはアロエシンという成分が含まれており、この成分はビタミンCと同様に美白作用があり、紫外線などによって起こるメラニン色素沈着作用の、チロシナーゼの働きを抑える働きがあるとされているものです。

そして、このアロエシンはしみやソバカスを予防するだけではなく、ターンオーバーによって生まれ変わる細胞の増殖を促進し、メラニン色素を肌の外へと追い出す事ができる為に、既にできてしまったしみやソバカスの解消作用も期待できるのです。つまりアロエベラジュースには、こうした美白や美肌作用がある為に、美容効果が生かされる栄養ドリンクという事になります。アロエジュースに含まれるゼリー質の多糖体は、たくさんの糖が繋がっているもので、様々な働きを持つ成分が多いのです。

健康・美容・ダイエットにいいって本当?

アロエベラジュースには、美容効果である美白作用があり、その有効成分であるアロエシンは、殺菌効果や抗菌作用があるとされ、シミやそばかすの原因となる物質である、チロナーゼ酵素の作用を阻害してくれるものです。またアロエチンもアロエシンと共に、美白作用がある成分とされているもので、高い殺菌力と解毒作用があるとされていますので、外用により化膿や吹き出物の治療、また内服する事によって、風邪や肝臓病などに対しても、効果があるといわれていますので、アロエベラジュースに含まれるアロエチンとアロエシンと共に、ビタミンCとの相乗効果によって、美肌と美白の効果が期待できる事になるわけです。

生のアロエベラを利用した方ならよく知っている事ですが、果肉部分に含まれているネバネバとした成分は、アロエマンナンと呼ばれる成分です。アロエマンナンは、皮膚の老化防止作用や抗腫瘍作用などがあるとされる成分で、アロエベラに含まれているアロエチンには、殺菌作用があるため、ニキビの原因となるアクネ菌の殺菌作用などが、相乗作用をもたらすと言われています。さらに、アロエベラの有効成分であるアロエウルシンには、皮膚の組織を修復させる作用などがあるとされ、アロエを化粧水などに加工する事で、外と内からニキビの治療にも活用いただけます。

アロエベラに含まれる成分は、新陳代謝を活性化させる成分がいくつか含まれますが、ダイエットについての具体的な関連性は特にありませんが、アロエに含まれている成分により、抗酸化作用のある有効成分によって、弱った身体を守る事に繋がります。アロエとダイエットに関しての関連項目は、アロエの粉末をお湯に溶かしたアロエ湯、またアロエを使用したマッサージなどが行われている事もあり、一定のダイエット効果があるとされています。また、アロエベラのゲルは、美容効果のあるローションとしても販売されており、ヨーグルトと飲料やデザート等にも用いられているものです。

アロエベラジュースの飲み方と注意点

アロエベラジュースは、アロエを絞ったものですが、アロエの皮にはアロインと言う成分が豊富に含まれており、苦味がとても強く下剤として使われていますので、ジュースにはこうした皮の部分は含みません。アロエベラジュースは、こうした固くてえぐみの強い部分を取り除き、透明なゼリー部分を粉砕して搾ったもので、にじみ出てきた水分を集めたジュースとして加工されています。アロエの健康効果は多くの有効成分を持ち、これらの成分が互いに相乗効果を生み出す事が知られており、これをシンフォニー・オーケストラ効果と表現される事さえあるのです。

アロエベラジュース上手な摂り方は、食前や夕食後に100%天然のアロエベラジュースを、毎日少量ずつ欠かさず飲む事が効果的だと言われています。しかし、100%アロエベラジュースは、飲みやすいとは言えないもので、飲みやすくする為に水で薄めて飲むか、スムージーに入れて摂ることもできます。アロエベラから作られているジュースは、肉厚の皮を除いたゼリー状の果肉部分しか使いませんので、苦味とエグ味はありませんが、飲みにくさの原因となるものは、アロエベラ特有の青臭さによるものです。

アロエベラジュースは、絞ってすぐに酸化が始まりますので、クエン酸やビタミンCを加えて熱殺菌している商品が多く、これも味をまずくする原因となっています。しかし、飲用として甘みが無い為に飲みにくいだけですので、他の果汁を混ぜたりシロップや蜂蜜を適量入れる事によって、驚くほど飲みやすくなります。また、冷え性やお腹の緩い方は冷たく冷やした飲み物を苦手としていますが、体温ほどの温めで飲む事で体に負担を掛ける事無く飲用する事ができます。アロエベラジュースは、慣れて来ると美味しく感じるもので、果汁100%タイプを焼酎などに入れて召し上がる方も多く、違和感なく飲む事ができるようになって行きます。

また、アロエベラジュースを飲む際の注意点ですが、健康効果を期待してジュースを飲む場合には、余分な添加物入りなどは避け、100%天然に近いものを選ぶようにしましょう。アロエベラジュースを服用していく際、飲む量は少なすぎても多すぎても、適切な効果が得られませんので、製品ラベルなどに書かれている量を目安にし、これを守って飲用しましょう。また、妊娠中と授乳中や、腎臓疾患や甲状腺疾患などの症状で通院などをしている方は、アロエベラジュースを摂ると良くないといわれていますので、かかりつけの医師の指示の元飲用します。

アロエベラジュースのおすすめ

10位: ユウキ製薬 キダチアロエ 新鮮一番しぼり(720mL)

ユウキ製薬 キダチアロエ 新鮮一番しぼり(720mL)
¥2093/l
34%安
¥1,507 爽快ドラッグ
¥1,695 ケンコーコム
他1ショップ

9位: ユニマット 有機のキダチアロエエキス 720ml

ユニマット 有機のキダチアロエエキス 720ml
¥4211/l

8位: 創健社 有機栽培キダチアロエエキス 箱500ml

創健社 有機栽培キダチアロエエキス 箱500ml
¥4392/l
¥2,196 ケンコーコム
¥2,202 爽快ドラッグ
他1ショップ

7位: キダチアロエ原液(720mL)

キダチアロエ原液(720mL)
¥1263/l
60%安
¥909 ケンコーコム
¥929 爽快ドラッグ
他1ショップ

6位: ユウキ製薬 キダチアロエ新鮮生搾り(720mL)

ユウキ製薬 キダチアロエ新鮮生搾り(720mL)
¥1815/l
43%安
¥1,307 爽快ドラッグ
¥1,488 ケンコーコム
他1ショップ

5位: 東京アロエのエキス(500mL)

東京アロエのエキス(500mL)
¥3878/l

4位: キダチアロエ原液100(720mL)

キダチアロエ原液100(720mL)
¥1836/l
42%安
¥1,322 ケンコーコム
¥1,380 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

3位: キダチアロエナチュラルエキス 720ml

キダチアロエナチュラルエキス 720ml
¥3906/l
¥2,812 ケンコーコム
¥2,964 爽快ドラッグ

2位: メキシカンアロエベラ 2L

メキシカンアロエベラ 2L
¥4248/l

1位: 山原生まれのアロエベラジュース 720ml

山原生まれのアロエベラジュース 720ml
¥3281/l
¥2,362 ケンコーコム
¥2,367 爽快ドラッグ
他1ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。