どんな効果があるの?りんごジュースのおすすめも

リンゴジュースはダイエットに大きな効果があることが知られています。リンゴジュースに含まれているペクチンと食物繊維には腸内環境を整える効果があります。腸内環境が改善すると体内に蓄積された老廃物が排出されますので、それによって代謝が亢進してダイエットが進むことになります。

更にリンゴジュースには多くの植物酵素が含まれていますので、酵素の働きによって体の持っている基礎代謝量がアップしますので、それによってダイエットが進むことも期待されます。更には、リンゴジュースに含まれているぺプチンとポリフェノールには脂肪の吸収を抑える働きもあります。

したがって、リンゴジュースを毎日飲むことによって自然と無理なくダイエットを進めていけるようになります。

りんごジュースの栄養

日本で一番有名なリンゴと言えばふじで、酸味と甘みのバランスが良く食感もしっかりしている為に、輸出量もかなり多い人気のリンゴと言えるでしょう。りんごジュースの栄養素は、果実のリンゴに基づいたものがあり、食品分析表を見てみると可食部100gあたり、炭水化物15.5g、糖質12.4gで食物繊維は水溶性のものも含めて1.4g、脂肪0.2gで飽和脂肪酸0.01gと多価不飽和脂肪酸0.03gを含み、タンパク質は0.1gほどです。水分量は多く全体の84%を占めるほどで、ジュースに含まれる水溶性食物繊維は0.4g、果肉に含まれる不溶性食物繊維は1.0gと食物繊維は多く、有機酸を0.5g含んでいます。

リンゴはビタミンとミネラルに富んだ果実であり、ビタミンA相当量は1μgでβ-カロテンが12μg、ビタミンB1チアミンは0.02mg、ビタミンB3のナイアシン0.1mg、ビタミンB5パントテン酸0.03mg、ビタミンB6が0.04mg、ビタミンB7ビオチン0.5_g、ビタミンB9の葉酸が2μgと、重要な栄養素であるビタミンB群を多く含みます。また抗酸化作用の強い成分であるビタミンCの4mg、ビタミンEの0.1mgは共に相性の良いビタミンであり、互いに影響し合う事によってその作用を数倍にしてくれる事が知られています。

そして、多くのミネラルは体液や血液に作用するものが多く、補助的に体づくりに携わっている成分が多いもので、カリウムは120mgと量が多く、ナトリウムや余分なミネラル分を排出してくれる効果があります。その他にも二との身体に重要なミネラルは、カルシウム3mg、マグネシウム3mg、リン12mg、鉄分0.1mgと体に吸収されやすい形で、リンゴジュースに含まれますので、即効性のある栄養素としての役目を果たしてくれる事でしょう。天然果汁タイプのリンゴジュースは、クエン酸やリンゴ酸を多く含み、ペクチンを多く含んだ栄養満点の果実なのです。

ちなみに、日本には盆栽などに使われている品種の和リンゴがありますが、小粒で酸味が強い為にあまり食用には向いていないと言われています。日本では各地でリンゴの栽培が行われていますが、そのほとんどが西洋種のリンゴでその収穫量は青森県産のリンゴが全体量の60%以上を占め、長野県産のリンゴと合わせると全体の収穫量の75%にもあたります。リンゴは品種も多く、世界では千種類以上ものリンゴが収穫されているといいますが、日本では品種登録により約85種類のリンゴが生産されていると言います。

りんごジュースの効果・効能とは?

りんごの栄養価もさることながら、昔から医者いらずとはよく言ったもので、りんごジュースには様々な有効成分があり、やはり注目すべき点はこの効果的な栄養素となります。特に注目したいところは、生活習慣病を予防する効果で、いくつかの効果的栄養素の相乗効果によって、現在病とされる生活習慣病の予防や、その改善効果に期待したい方はぜひ実践してみましょう。まず、りんごジュースには、りんごポリフェノールと成分があり、強い抗酸化能力があります。

運動をせずに肉料理ばかりを食べていると、体内に悪玉と呼ばれるLDLコレステロールが増える事で、動脈硬化になりやすい状態になります。これは増えすぎた悪玉コレステロールが血管壁に付着する事で、プラークが形成されますので血液が流れにくくなり、そのプラークと供に血栓を形成する事に繋がるのです。りんごポリフェノールは、その強い抗酸化力で脂質の酸化を防ぐ為に血流を改善しますので、LDLコレステロールの増加を抑える事ができるのです。同時にビタミンCとビタミンEの相乗作用により血流も良くしてくれると共に、豊富なカリウムが高血圧の原因になりやすいナトリウムの排出を促し、身体のむくみを取ると共に、血圧の安定にも役立つ事になります。

また生活習慣病で恐ろしいのは、糖尿病の存在と言えるでしょう。糖尿病とはインシュリン自体が分泌されなくなるだけではなく、インシュリンが分泌されたとしても、反応が行われなくなった状態で、血液の中のブドウ糖が細胞に取り込まれなくなりますので、そのまま血液の中に溢れてしまい様々な症状を引き起こす病気です。重度になると失明する事もあり、命の危機さえ危ぶまれますが、昔はカロリーの高いものばかり摂取する肥満の方が多かったのですが、現在は一概に肥えているのが原因ばかりではなくなりました。ダイエットによる過度な炭水化物の食事制限は、脳の栄養素となるブドウ糖補給を優先する為に、ほかの細胞へ行き渡らせないように各処に命令を出すことになります。

怖いのはこの命令の中に、インシュリンに反応しないようにする命令も含まれており、インシュリン反応しなくなる事で血液中のブドウ糖は、脳以外で利用できなるという事が行ってくる為、ダイエットを止めたとたんに高血糖症状になってしまう事で、こうしたダイエット性の糖尿病も増えて来ています。りんごジュースに多く含まれるペクチンは、食物繊維ですが急激な血糖値の上昇を抑える働きがある為に、高血糖が原因で起こる糖尿病の予防や進行を抑える働きがあるとされています。

りんごジュースにはどのくらいカロリーがある?

りんごジュースに含まれる生りんご100gあたりのエネルギーは57kcalとされています。また、リンゴの品種によっても糖度が異なってくる為にカロリーは変わってきますが、果汁100%のストレートジュースでも100ml中46kcalほどになり、一般の炭酸飲料とあまり違いがありません。

りんごジュースの適量は1日200mlから300ml程度でよく、飲み過ぎは糖分の取り過ぎに繋がっていく場合もあります。飲むタイミングとしては、活動前の朝食時が良く、天然果汁100%タイプを選ぶと良いでしょう。飲み方としては半分に分けて飲んでもよく、薄めて飲んでも問題はありません。

りんごジュースには、水溶性の食物繊維であるペクチンが含まれていますが、生のリンゴにはジュースよりも多くのペクチンが含まれています。食物繊維には下痢にも便秘にも効く作用があり、人間の消化器官で一番重要な要素である腸内環境を整えてくれます。普段の食生活において、野菜を取らない食生活を続けていると、腸内には宿便がかなり増えてきますので、腸のぜん動運動を阻害する事で便秘に陥りやすくなって行きます。実際にやせ形で運動を行わないでいると、腹筋力も弱まって来る事で、ポッコリお腹になって行きますが、食物繊維を適量摂り続ける事で、宿便が追い出されて行きますのでやがてこのポッコリお腹も解消されて行きます。

またりんごジュースには、いくつかのダイエット効果があり、りんごポリフェノールには、リパーゼの活性を抑制する働きがあるのです。リパーゼは脂肪を分解する酵素である事はよく知られ、人の消化器官においてり帽を分解する事で、腸内で吸収されやすくしている消化酵素の事です。りんごポリフェノールはこのリパーゼの活性抑える事で、多くの脂肪は腸内で吸収されずにそのまま体外へと排出されるわけです。またこのポリフェノールの働きには、潜在的に肝臓に溜まってしまった脂肪を這う出させる作用があり、肝臓に脂肪分を合成する脂肪酸合成酵素の働きを抑制すると共に、脂肪をエネルギー源として燃やす酵素を活性化させる事で、脂肪肝などの改善にも役立っているのです。

濁っているのと透明の違い

りんごジュースには、琥珀色をした透明のりんごジュースと、黄色みのかかった濁りのあるりんごジュースがありますが、これは表記上混濁果汁と透明果汁に分別されるものです。濁っているのは決して素材となるりんごの果肉が悪い訳では無く、品質の差でもありません。この濁りと透明の差は、りんごジュース作りにおける製法に、その秘密がありました。おろし金やジューサーミキサーなどで、リンゴを絞った事がある方ならわかるでしょうが、リンゴの果汁は本来濁りを伴うもので、たとえ細かい布で漉したとしても、この濁りが取れる事はありません。

これはりんごジュースに含まれている、食物繊維であるペクチンの作用で、これが不純物となってしまいますので、透明度が失われているに過ぎないわけです。この濁ったりんごジュースを透明にするには、さらに細かい特殊なフィルターを使って濾す事で、食物繊維を取り去る事ができるもので、取り除かれたペクチンの果汁は、透明なりんごジュースに変身するのです。実際濁っているものも透明なりんごジュースも、味に変わりがある訳では無く、舌ではほとんど感じないほどの繊維質ですが、ペクチンを多く含む果汁の特徴には、微細にとろみが付けられたような粘りがあるものです。

りんごジュースはそのまま置いておくと、時間経過ですぐに茶色く変色してしまいますが、これはりんごが持つポリフェノールが空気と結びつく事で、酸化する事が原因ですが、レモン果汁などを加える事によって、酸化を防ぐ事ができますのでりんご切った後に酢水やレモン水に漬けておくのはこうした意味があったのです。透明果汁は混濁果汁から、食物繊維であるペクチンなどが取り除かれたものですので、栄養素が取り除かれる事になりますが、水溶性の食物繊維はそのまま残りますので、栄養価値的には不水溶性の食物繊維だけが、ほとんど取り除かれるほどの差でしかありません。

したがって、栄養価的にはさほど際のあるものではありませんが、価格が高めなのにもかかわらず、人気があるのはこの混濁果汁タイプの方がはるかに人気が高くなっています。フイルターをかければ、いくらでも透明のりんごジュースを作る事ができますが、この濁りの色は素材であるりんごが新鮮な証明であり、上質なリンゴでなければ酸化してしまう為に、この色は出せないのです。現在ビタミンCを添加する事で変色を防ぐ事ができますが、この混濁果汁タイプは日本発祥の製法で世界で一般的なのは透明タイプです。

りんごジュースのおすすめ

5位: 小岩井 純水りんご 470ml 1箱(24本)

小岩井 純水りんご 470ml 1箱(24本)
¥206/l ¥97/個
72%安
¥2,322 ヨドバシカメラ
¥2,329 LOHACO(ロハコ)
他3ショップ

4位: ミニッツメイド クー わくわくアップル 缶(160mL*30本入)

ミニッツメイド クー わくわくアップル 缶(160mL*30本入)
¥381/l ¥61/個
48%安
¥1,827 ヨドバシカメラ
¥1,878 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

3位: バヤリース アップル ペット 1.5LX8

バヤリース アップル ペット 1.5LX8
¥111/l ¥166/個
85%安

2位: なっちゃん りんご 430ml 1セット6本

なっちゃん りんご 430ml 1セット6本
¥272/l ¥117/個
63%安

1位: トロピカーナ 100% アップル 1L 1箱(6本)

トロピカーナ 100% アップル 1L 1箱(6本)
¥196/l
73%安
¥1,177 LOHACO(ロハコ)
¥1,178 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

商品説明

口栓付き紙パック。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。