グァバジュースの味や効果は?おすすめも

グァバジュースには、ビタミンCやビタミンE更にはミネラルやカリウムが豊富に含まれています。これらの成分は抗酸化作用をもっていますので、老化防止と美容増進効果を与えてくれます。お肌に出来てしまった、シミやそばかすをなくしてくれる作用もグァバジュースにはあります。免疫力も高まりますので、風邪をひきにくくなります。

また、グァバジュースには寿命を延ばしてくれることが示唆されているポリフェノールも豊富に含まれていますので、健康寿命を延ばすことが可能になります。しかもポリフェノールには糖の吸収を抑える働きがありますので、肥満防止にもなります。更には、糖尿病などの生活習慣病の予防にもグァバジュースは大きな効果を持っています。

グァバジュースのグァバってなに?

グァバは南国のフルーツで、おもに熱帯地方の果樹木ですが、高さはさほど大きくはならず3mから4mほどの樹高に成長します。花期は春から初夏にかけてで、さくらによく似た形の白い花を咲かせ、果実の生る収穫期は9月くらいで、未成熟期の青い果実が黄色に色づく頃が成熟した証拠で、熟れた果実は酸味があり、あっさりした甘みがあります。果実はピンク色の果肉ですが、横に輪切りすると5弁の花びらのような模様が見え、薄いピンク糸をしており固い種が詰まっています。この種は過食し過ぎると、お腹が緩くなる作用がありますので、飲み込まないように気を付けます。

果実の流通過程においては、完熟前の果実を収穫する事が多く、グァバの実を手に入れても中がまだ熟していない場合がありますが、目安は皮の色で少し黄色に色づくまで、新聞紙などに包み常温で放置しておきます。完熟したグアバは皮ごと柔らかな果肉と一緒に食べられますので、グァバの食べ方としては、横割りにしたグァバの実の白い綿と種の部分を、スプーンなどで取り去った後、適当な大きさにカットして食べると良いでしょう。グアバは品種も多いもので、黄色だけでなく色が白や赤とピンクの品種もあり、優しい酸味と甘みが魅力の南国フルーツです。

現地では生食で食べられているほか、ジャムやジュースにゼリーなどにも加工され販売されますが、世界の熱帯地域で栽培されているという事もあり、食べ方にも特徴が見られるようです。東南アジア周辺では、この完熟したグァバの実に、食塩や唐辛子粉とかプルーンの粉末や酸梅粉など付けて食べるのが、現地では日常的な食べ方なのです。酸梅粉とは乾燥梅干しの粉末で、東南アジアにも梅干しがあるのは、戦時中の日本の影響によるものと言われます。またグァバは茹でて食べる事もある果実で、茹でたグアバはジャムにゼリーやネクターにされるほか、キャンディーなどのお菓子にもなって幅広く利用されているのです。

日本でも鹿児島以南で生産されていますので、インターネットショップを使えば、収穫時期に簡単に果実を手に入れる事もできます。グァバは未成熟だとあまり甘みも無く美味しくなりませんので、が成熟しているのか見極める必要があります。まず皮の色を見て青いままであれば未塾果で、熟して来ると弾力が出てきます。また形が良いのを選ぶ事も大事で、重みも重要な要素と言えますが、熟して来ると南国フルーツ特有の方かがしますのでこれも目安となります。

ビタミンCが豊富?!グァバジュースの効果・効能

柑橘類で一番ビタミンCの含有率が高いのはレモンですが、果実の仲間ではこのグァバはアセロラに次いで2番目にビタミンCの含有率が高い果物とされています。つまりグァバジュースには、こうしたビタミンCを中心にした健康要素が多いという事になるわけです。グァバジュースに豊富に含まれるビタミンCや水溶性の食物繊維には、血液中の悪玉コレステロールを減少させ、血液を綺麗にしてくれる作用があり、血流を正常に戻してくれる力があります。さらに、フラボノール類のポリフェノールの一種であるケルセチンは、ビタミンPというビタミン様物質のひとつで、おもにビタミンCの働きを補助してくれる成分を含んでいるのです。

このケルセチンは、ビタミンCと共に血管をしなやかにするほか、活性酸素によるダメージを防御する抗酸化作用や抗炎症作用があるのです。同様にビタミンCとの相乗効果によって、血流を改善する作用やコレステロール値を下げる作用を向上させてくれますので、生活習慣病である動脈硬化を予防する効果もあるのです。またビタミンCは、あらゆる器官を作り出しているケラチンの合成に関わっているビタミンですが、ケルセチンの働きによって関節痛の症状を和らげてくれる効果が期待できます。

グァバジュースは、常夏の飲み物ですが、ビタミンCが豊富に含まれている為に、寒い時節にも飲んでいただきたいドリンクと言えます。グァバジュースは、抗酸化作用を持つ成分が複数含まれており、こうした成分は優れた抗菌作用を持っています。ビタミンCは、ビタミンの中でも効能の多いビタミンで、あらゆる場面で活躍する事が多く、血液中の白血球の中でも特に好中球と呼ばれる細胞に、多量に含まれているのです。白血球の働きはご存知の通り、外から侵入してくる細菌などの外的を攻撃する事にありますが、ビタミンCは白血球の働きを促進し、さらにビタミンCそのものも細菌やウイルスと闘う力を持っている為に、免疫力や抗菌作用も高くなる事になります。

またビタミンCは、様々な成分と競合して活躍する事が多く、グァバジュースに含まれているビタミンEやβ-カロテンなどと共に摂取する事で、ビタミンCの作用が強まり免疫力を高め、風邪などの感染症を予防したり、病気の回復を早める作用があるわけです。グァバには、ビタミンB群がたっぷりと含まれています。これにより、体内にある糖質の分解が促進され、エネルギーへと効率良く変換されます。さらに、グァバジュースに含まれるクエン酸との働きで、疲労回復の効果をもたらしてくれるのです。

どんな味?カロリーも知りたい!

グァバジュースに含まれるカロリーは68kcalほどで、糖分のほか食物繊維が豊富なのが特徴です。また、脂質としては、飽和脂肪酸や一価不飽和脂肪、多価不飽和脂肪酸、タンパク質などが含まれています。

グァバジュースに使われる品種は沢山あり、ストロベリーグァバは苺の香りで甘酸っぱく、完熟すると果皮や果肉とも赤くなるのが特徴です。グァバの果実は、基本的に完熟すると南国の果実らしく、トロピカルな香りを放ってきますが、それほど甘みの強いフルーツではなく、ほのかな酸味と甘みがマッチした味わいが広がるのが特徴となっています。また、イエローストロベリーグァバは、果肉はトロリとしており、ほどよい甘味と酸味で卵型です。そして、フェイジョアは、パイナップルや苺にりんごを合わせたような甘い香りと風味が特徴で、中心部がゲル状になっています。果物としてはあまり馴染みのない人も多いかと思いますが、フルーツミックスジュースなどの原料にも使われているため、口にしてみたら意外と知っている味だった、なんて場合も少なくないでしょう。

グァバジュースのビタミン類は、β-カロテンがかなり含まれており、一般的な果物ジュースと比べても栄養価が高いドリンクとして知られています。そのほか、抗酸化作用を持つルテインとゼアキサンチンも含まれています。さらにビタミンB1チアミンや、ビタミンB2リボフラビン、ビタミンB5パントテン酸と、ビタミンB群の種類が豊富で、循環器系と脳の機能や細胞膜の構成と補修に必要なコリンも含んでします。また、ビタミンCの量がかなりの量を含んでおり、成人が1日に取る必要のある100mgの倍以上含んでいますので、ストレスの多い方や喫煙者などには是非お勧めしたい果実ジュースです。

グァバジュースのおすすめ

5位: スミダ 4X グァバ 1L

スミダ 4X グァバ 1L
¥1102/l

4位: グァバ搾り 500ml

対象ショップで取扱いなし

3位: グァバ 缶250g

グァバ 缶250g
135円お得
¥620/l ¥155/個

2位: ジェンティーレ フルーツジュース グアバ 1L

ジェンティーレ フルーツジュース グアバ 1L
4543円お得
¥415/l
42%安
¥415 ケンコーコム
¥423 (x12) Amazon(アマゾン)

1位: グァバジュース パック1l

対象ショップで取扱いなし

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。